(参考)東京五輪2020

評論家が「東京五輪2020相場」の参考になる「56年前の東京五輪時の相場環境」について要約してくれている。以下に引用する。

東京五輪相場、短命の予兆 前回に学ぶ光と影 2013/9/12 7:00

 2020年夏季五輪が56年ぶりに東京で開催されることが決まりました。5月23日の急落以降、方向感の定まらない相場展開が続いてきた株式市場は、久しぶりに明るくビッグな好材料に沸いています。

 参考までに五輪関連銘柄といえるものを挙げてみましょう。競技場や選手村などの建設では大成建設や大林組、鹿島、清水建設など。高速道路の補修・整備ではNIPPOやショーボンドホールディングス、ピーエス三菱、横河ブリッジホールディングスなど。セメント需要では住友大阪セメントや太平洋セメントなど。都市再開発では三井不動産、三菱地所、住友不動産など。観光需要で日本航空やANAホールディングス、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、京成電鉄、東京急行電鉄、日本空港ビルデング、帝国ホテル、オリエンタルランドなど。スポーツ用品ではミズノやデサント、アシックスなど。警備・警護ニーズの高まりが見込まれる綜合警備保障(ALSOK)やセコムなどがあります。開催が迫ってテレビの買い替え需要が起これば、シャープやソニーなどが買われる可能性もあります。

 では五輪招致の成功は日本の景気や株価にどのような影響を与えるのか、前回の東京五輪を振り返ってみましょう。国際オリンピック委員会(IOC)総会で東京開催が決まったのが1959年5月26日。実際に五輪が開かれたのは64年10月10日から24日までの15日間でした。

 当時の東京五輪には、競技場などの施設整備に164億円、大会運営に94億円、選手強化に24億円と、計282億円が国家予算として計上され、使われています。しかし東海道新幹線や東京モノレール、首都高速道路など五輪に向けたインフラ整備を含めると、使われた国のお金(予算)は約1兆円とも言われています。

 では、株価は当時どのような動きをしたのでしょうか。東京開催が決まった59年5月26日の東証ダウ平均(現・日経平均株価)は786円でした。それが同年11月30日に976円まで上昇。さらに60年12月28日には1356円、61年7月18日には1829円と大きく値上がりしています。この2年あまりの間に、株価は2.3倍に上昇したわけです。

 しかしその後、東証ダウ平均は伸び悩み、下げ基調を強めていきます。五輪が開幕した64年10月10日には1230円、幕を閉じた10月24日には1206円まで下落。さらに65年7月12日には1020円まで値下がりし、当時の四大証券が慌てて買い支え、1000円の大台を死守する騒ぎに発展しました。これが65年(昭和40年)に起きた「40年不況」「証券不況」です。

 当時は株式投資信託が急成長し、株式市場に大きな影響を与えていたことから「池の中の鯨」と呼ばれていました。55年末に595億円だった株式投信の残高は57年末には1000億円を突破。ピークだった63年末には1兆1703億円と、8年間で20倍にも増加しています。日本株の全国時価総額は63年末で7.7兆円でしたから、株式投信の残高はその約15%を占めていたことになります。株式投信の拡大が株価を相当に押し上げたことは想像に難くありません。

 しかし株価が大きく下落すれば当然、既存の株式投信の残高が激減するだけでなく、新たに販売する株式投信も売れなくなります。こうした販売不振に加え、証券会社は顧客に販売するために保有していた大量の有価証券の価値も低下。業績が悪化し、経営が苦しくなります。危機を乗り切るため、証券業界は日本共同証券や日本証券保有組合を設立し、株価の買い支えに乗り出しました。

 また経営危機に陥った山一証券などでは、顧客が現金や株券を引き出す取り付け騒ぎが起きました。このため山一証券と大井証券が、当時の田中角栄蔵相の鶴の一声で、日銀特別融資を受けて救済されたのもこのころです。

 こうした深刻な不況を乗り切る景気対策のため、政府は65年度に戦後初めて国債を発行。それ以来、日本政府の支出は税収をはるかに上回るようになり、借金の山を築き上げる結果となっています。

 このように前回の「東京五輪相場」では、株式市場は天国と地獄を味わったのです。なぜこんなことが起きたのでしょうか。

 五輪特需を受け、58年度に6.6%の1ケタ成長だった実質国内総生産(GDP)は59年度11.2%、60年度12.0%、61年度11.7%と2ケタ成長が続きました。これに合わせて物価も上昇。58年にマイナス0.4%だった消費者物価指数は59年1.0%、60年3.6%、61年5.3%と急上昇しています。

 そこで日銀は物価上昇に歯止めをかけようと、61年7月22日と9月29日に公定歩合を連続して引き上げ、7.30%としました。これが経済成長と株価上昇にブレーキをかけるきっかけになっています。

 その後、日銀は金利引き下げに転じたものの、経済成長率は62年度7.5%、63年度10.4%、64年度9.5%、65年度6.2%と再び1ケタ成長に戻っています。

 もちろん、株価下落は金利上昇だけが原因ではありません。米政府が国際収支赤字対策として資本流出を規制する政策(利子平衡税)を63年7月から実施。それが米投資家の日本株投資にブレーキをかけ、日本株の下落に拍車をかけたのです。

 このように、五輪特需で一時的に景気がよくなることは事実ですが、それをあまり過大評価して株式を積極的に買っていると、痛い目に遭う可能性があることを、前回の東京五輪が教えてくれています。

 前回と20年五輪とでは、外部環境にも大きな違いがあります。(1)14年4月と15年10月に計5%の消費増税が実施される可能性が高いこと(2)米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和縮小が早ければこの9月にも始まる可能性があること(3)シリアを中心に中東情勢が予断を許さないこと――などです。これらが景気や株価に大きなマイナス材料になることが予想されるため、今回の五輪相場は前回より短命に終わる可能性が大きいと考えておくべきでしょう。

 冒頭に挙げた五輪関連株についても、年初から5割前後値上がりしたものも多いため、銘柄選びには注意が必要です。また特需は一時的なもので、五輪が終了すれば反動減で関連銘柄の業績が大きく落ち込み、株価も大きく下落する可能性があることも忘れてはなりません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々のの想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

「ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株・2019年1月号/第2回」
URL: https://foomii.com/00138/2019010418534751016

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・