シナ公式統計は大嘘だらけ

"the death toll as 24,589, vastly higher than the 304 that were officially reported at the time. Total cases were also briefly displayed at 154,023, much higher than the officially reported 14,446."

テンセントのスクリーンショットを分析した結果、先週土曜日時点で、死者数は2万4589名(シナ公式発表は304名)、感染者数は15万4023名(同1万4446名)とのこと。




以下、英文参照。引用先:https://www.medicinenet.com/script/main/art.asp?articlekey=228004
Are These the 'Real' Wuhan Coronavirus Statistics?  Source: MedicineNet Health News
Though Chinese officials are updating the number of those infected or killed by Wuhan coronavirus regularly, many have questioned the accuracy of the statistics coming from the Communist government. Some netizens have taken to analyzing screenshots allegedly from China's biggest tech and media conglomerate Tencent, which may have temporarily displayed the total cases and death rate as much higher than official reports suggest.

Tencent's current numbers on its "Epidemic Situation Tracker" site match Chinese government tallies reported elsewhere; if the screenshots are not doctored, they were taken during a brief moment before Tencent replaced the numbers with government ones. A spokesperson for Tencent said this site aggregates and reports health information from China’ s National Health Commission and other health authorties, and said the screenshots that differ from official statistics are doctored, according to the Hong Kong English news site Dimsum Daily.

One of the widely-shared screenshots suggests a death tally 80 times greater than the official report. That screen grab from Saturday listed the death toll as 24,589, vastly higher than the 304 that were officially reported at the time. Total cases were also briefly displayed at 154,023, much higher than the officially reported 14,446.

How Trustworthy Is This Information?
According to the latest official report, 563 people have died in China from the newly identified virus as of Wednesday, 73 of whom died on Wednesday, according to Aljazeera. More than 3,500 newly confirmed cases in China were reported on Wednesday, bringing the official total to 28,018.

While the Communist Chinese government has been frequently criticized for failing to provide transparent information in the past, no news outlet has managed to independently verify if the screenshots were taken from the Tencent website. It is also unclear whether they were altered, let alone how or why they were posted, if indeed they were.
This isn't the first time China's openness about a health crisis has been called into question. During the 2003 SARS outbreak, the US State Department used its influence to "increase transparency and response," from China, according to a 2004 report from the Government Accountability Office.

Furthermore, the report criticized China for its "poor communication within the country, with Hong Kong and Taiwan, and with WHO," which "obscured the severity of the outbreak during its initial stages."

Recently the WHO has supported China's efforts to release information about this new virus.
"We've seen no obvious lack of transparency" from China, Executive Director of the WHO Health Emergencies Program Dr. Michael Ryan told reporters Wednesday, according to Newsweek. "Before we start pointing the finger at China, we need to recognize there are genuine sensitivities around sharing data around new diseases."

On the other hand, the mayor of Wuhan, Zhou Xianwang, said he must have approval from the central government to release disease information, which has contributed to a lack of transparency, as reported last week by the Wall Street Journal.

"As a local government official, after I get this kind of information I still have to wait for authorization before I can release it," he said during a news broadcast.

China seems determined to improve its record of transparency this time, and US health officials have not registered much criticism for the Chinese response to Wuhan coronavirus. HHS Secretary Alex Azar even commended China last week for gene-sequencing the virus rapidly. This has made it possible for the CDC to develop a diagnostic test, and may enable a vaccine to be developed more quickly, according to Politico.
However, Azar also expressed some frustrations. Particularly he said the US twice offered to send CDC experts to China, and neither offer was accepted. US officials have also complained they never received scientific data from China showing the virus could spread from human to human.
But some health experts have acknowledged that a lack of quality information in the initial stages of a disease outbreak may be inevitable.

"To some degree in the early days of any kind of outbreak like this, there is a fog of war where we just have incomplete information, and it takes time for the information to really unfold," Gerald Parker, associate dean for Global One Health at Texas A&M, told Politico.
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- NINJA300 - 2020年02月07日 12:08:12

消された?!
34なら致死率2%でもビンビンだろうに・・RIP

中国メディアによると、湖北省武漢市の病院で6日夜、眼科医の李文亮氏(34)が新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。李氏は昨年末、市当局が「原因不明の肺炎患者発生」を発表する前に「重症急性呼吸器症候群(SARS)の再来」をネット上で警告し、警察に一時拘束された医師の一人。
李氏は1月12日に発熱などを訴えて診療を受けた。 2月1日に新型肺炎と診断された。

- NINJA300 - 2020年02月07日 13:03:32

それは武漢肺炎が発生する前のことでしょ。先日とはいつかハッキリかくのが当然でしょ、ボケたのか?
https://dot.asahi.com/wa/2020010700037.html?utm_source=yahoo_rss&utm_medium=referral

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染者数は世界で9千人を超え、中国国内の感染者数は、2002年から03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者数を上回っている。

 新型肺炎の流行に対する懸念が世界中に広がっているようだ。ところが私が実際に目にした光景は少し違っていた。先日、講演のために武漢市を訪れたが、大きなトラブルは目にしなかったし、市民は肺炎のことをほとんど知らないようにも見えた。

 講演会場で千人くらいの人々と会って話をしたけれども、今のところ体調に変化はない。私はそもそも心配しない性質だが、大勢が集まる場所に足を運ぶことで病気になるかもしれない、と気に病むことはなかった。実は渦中の街に1泊2日し、新型肺炎とは全く関係のない別の理由で市内の病院にも行ったが、院内の様子は特に変わりはなかった。患者のほとんどはマスクすらしていなかった。

 その後、海外で武漢のニュースが大きく報じられるようになり、大パニック、大問題になった。私がいたときは(封鎖前で)、米国や日本のメディアはすでに街中にあふれていた。また一つ、中国が抱えている問題を指摘しようと駆け回っているようにも見えた。中国のミスや欠点を大げさに書けば、新聞や雑誌の売り上げを上げるチャンスになるからだ。

 すべての新聞などメディアは「私たちこそが真実を報道している」と主張しているが、果たしてすべてが真実だろうか。私は新聞を1紙だけ読んでも、真実は何もわからないと思っている。私がなるべく多くの新聞に目を通すようにしているのは、そのためだ。

 また、米国と日本の新聞の報道だけを見ていては、世界で何が起こっているのかわからない。中国やロシアのメディアにも関心を払い、新興国のメディアにも目を通しているうちに、何となく本質が見えてくることもある。そういう意味では、世界をミスリードするのはメディアの仕事だとすら言える。新年早々、米国とイランの対立が先鋭化したときにも、同じ状況だった。世界のメディアは「第3次世界大戦の勃発か」とあおったそうだが、本当に第3次大戦が勃発するかどうかより、そうやって興奮して書かなければ、新聞や雑誌が売れないと考えているのではないか。

実際は、米国とイランの緊張については、それほど大きな変化は起きていないとみている。米国は以前からイランを憎んでいるし、イランも米国を憎んでいる。その構図は少しも変わっていない。米国が実施している対イランの長期的な制裁は、ほとんど効果を上げていない。歴史的に、人々は制裁からうまく逃れる方法を見つけるものだ。制裁好きの政治家たちがいくら拳を振りかざしても、最終的にはブラックマーケットが成長し、人々は、たくましく暮らしていく。

 私は第3次世界大戦が起きると思ったことは一度もないが、世界の多くの人々が「第3次世界大戦が起きると思った」こと自体については、変化ととらえるべきかもしれない。

 時として、大衆はニュースに過剰反応することを知っておくべきだ。感情はマーケットを動かすエンジンとなりうる。パニックに陥ると、買う必要のないモノを慌てて買ったり、売らなくていいものを投げ売りしたりする。投資で成功するには、自分というものがわかっていなくてはならない。どんなときに冷静になり、パニックになるのかを知っていれば、きっとうまくやることができるはずだ。

- NINJA300 - 2020年02月07日 15:54:13

- NINJA300 - 2020年02月12日 09:46:54

新型ではマスクの奪い合いで、「口布(こうきん)の乱」と呼ばれてるそうな。(笑)

- NINJA300 - 2020年02月17日 09:41:04

早々に利確。
しかし、感染者数のトレンド見ると、シナ景気は大打撃。これで本日最下位のトヨタ工場で感染者でも出れば,,,

トラックバック

URL :

プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々の想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
各国株価指数
提供は Investing.com
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
にほんブログ村ランキング(海外投資)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、【無料】限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ、野球他
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・