「二重国籍」と「タックスヘイブン」

欧州共同体(EU)諸国の多くは二重国籍を認めている。そして富裕層は通常、複数の国籍を入手している。

日本人には分かりづらいだろうが、欧州は国際的な戦乱の歴史を経験しており、リスク管理に敏い。複数国籍を保有していれば、戦争で負けても国籍のある国に逃げ込めば良いし、持ち運び可能な高級時計を売却すれば当面の生活、あるいは家屋敷も手に入るかもしれないという歴史があった。

現在の地球上で安定した地域は、大きく分けて「北米」「欧州」「日本」「オセアニア」位だろう。それ以外の地域に居住している富裕層からみれば、こうした安定地域の国籍を手に入れれば、現在居住している国の政治不安定、治安悪を「ヘッジ」することができる。いざとなれば、「パスポート」と「財産」を持って飛行機で高跳びするだけのことだ。裸官である。

実際、97年のシナへの香港返還前には、香港人はイギリス旧植民地繋がりで、ファイブアイズ諸国の「カナダ」「オーストラリア」「イギリス」などの国籍を取得し、実際に数10万人が移住した。偽善者として有名なアグネス・チャンはイギリス国籍を保有している。
また、朝鮮戦争の影響で、アメリカ移住した韓国人は百万を超えるし、台湾でも馬英九元総統は米国籍を保有しているという噂だ。

また、政情不安定な国は同時に経済的に貧しいことが多い。そのため、海外で活躍する優秀な人材を完全に手放してしまわないよう二重国籍を認める国も多い。EU成立後は、スペインやイタリアの芸術家や小説家は、主にドイツに居住するようになった。ドイツに優秀な人材が集まった。

こういう状況だから、世界的に富裕層が複数の国籍を所有していることはめずらしいことではない。日本を含めて二重国籍を認めていない国の方が少数派である。富裕層は「ナショナリスト」ではなく、「グローバリスト」の傾向があるのだ。では、どうやって自国以外の国籍を入手するのか?

簡単なのは、結婚によってその国の永住権を取得すること、また両親のどちらかが他国出身であれば当該国の国籍取得は容易である。しかし、どちらにも当てはまらない場合に手っ取り早い手段は、「国籍を買う」ことだ。
現在10ヵ国で国籍をおカネで買う仕組みが構築されている。

カリブ海のタックスヘイブンだと国籍は1000万円程度で入手できるが、欧州富裕層には地中海のマルタが人気だ。価格は65万ユーロ。欧州各国から飛行機の就航便が多く、至近で治安も良く、気候も温暖でバカンスも楽しめる。税制面では、マルタ国外の収入は非課税、マルタ国内に収入を移動する場合は一律15%が課税される。富裕層にとってはたったの一律15%の課税で済むし、小国のマルタにとっては富裕層が一律15%も税金を納めてくれるということになる。
同じ地中海にあるキプロス国籍は2億4000万円で買えるが、キプロスは領土紛争を抱えているため、外国人富裕層を囲い込むことで自国の立場を有利にする手段にもなっている。ロシア人富裕層の間で人気が高い。
またトルコでは1億円以上の不動産を購入するか、3億6000万円をトルコの銀行口座に3年間預金すれば、国籍取得が可能だ。

カリブ海に浮かぶセントルシアは国籍取得にわざわざ訪問する必要はないし、移住する必要もない。1000万円程度が相場。
中欧にあるオーストリアの国籍取得には28億円もかかる。しかし、国籍の即時での取得が可能で、政府のプライバシー保護法によってオーストリア国籍を取得した事実はどこにも公開されず、母国にも通知されない。オーストリアは富裕層向けのサービスが充実しており、新興国の富裕層が利用する銀行も存在する。シナなど新興国の政府高官などにはうってつけだろう。

例えば、シナではカネを払えば、シナパスポートや韓国パスポートの精巧なコピーが買える。南太平洋のバヌアツではシナ人を対象に、表向き3000万円(実際は1800万円)で国籍を販売している。現在、バヌアツの街はシナ移民で溢れている。シナパスポートでノービザで入国できない国は多いが、バヌアツパスポートはシナパスポートよりノービザで色々な国に行けるようだ。もちろん税制上のメリットもある。

戦乱が多く、治安の悪い地域と異なって日本は政情が安定し、治安も良く、日本パスポートは189ヶ国(2019年7月現在)もの国にビザ不要で渡航できる。そのため、日本人富裕層は欧州富裕層のように複数国籍を取得するというケースは少ない。

しかし、日本は90年代からデフレ経済を経て、欧米のような「階級」が生じつつある。今年4月には「移民法」こと改正入管法が施行された。移民法は、日本が日本でなくなる危険性を秘めるが十分な議論や検証が尽くされなかった。また、日本人でも「階級社会」で下級層となれば、海外で低賃金ワーカーとなる事態も想定される。移民法は日本社会を崩壊させる危険性がある。

一方、国籍法は複雑で、「ザル」法のようにも感じる。
国籍法では手続き上、国籍選択者による「選択宣言」が必要とされる。しかし、現実には「選択」のチェック、「国籍離脱宣言」の宣言のチェックはやらないし、罰則規定はない。
つまり、日本国籍を選ぶ「選択宣言」の時点で法的義務は果たされ、他国の国籍を持ったままでも問題はないということになるのが現実のようだ。
つまり、日米両国の国籍を保有するテニスの大坂なおみ選手は22歳までに選択宣言をすれば「事実上」の二重国籍が認められる。
法務省によると二重国籍の可能性のある人は全国に約89万人ほど存在し、その数は今後も増加傾向にある。

大坂なおみ選手の二重国籍が認められた! 2019年04月10日(水)12時00分

このパターンは大きく4つが存在する。
(1)日本人が意図的に外国籍を取得したケース。
当該日本人が外国籍を意図的に取得したケースだ。この場合、外国籍取得の時点で、法律上は日本国籍は自動的に消滅する。しかし、現実世界では、外国籍を取得した人は手続きとして日本政府に「国籍喪失届」を出さなくてはならないが、この手続きをわざわざする人がどれだけいることか。国籍喪失届をしない場合は、「外国籍なのに日本人のようにふるまっている人」とみなされる。したがって、こうした「元日本人」は在留資格なしで日本に滞在していると、退去強制手続きの対象になるのだが、だれもチェックはしないので野放し状態である。

(2)日本人が国際結婚などで自動的に相手の国の国籍を得た場合。
日本人が外国人と結婚したり、養子縁組をしたり、両親がどこかの国に帰化したり、外国人の父に認知されたりすると、国によっては、自動的にその国の国籍が与えられることがある。この場合、本人の志望による外国籍取得ではないため、日本は二重国籍を認めることになる。

(3)外国人が日本国籍に帰化したとき。
日本に帰化する外国人も二重国籍になり得る。国によっては、自国籍を先に解消しないと外国への帰化をさせてくれない国もあれば、(日本と同じように)外国籍を取得した時点で、母国の国籍が自動的に解消される国もある。こうした国の人は日本国籍を取得しても当然、二重国籍にならない。しかし、それと逆に、他国に帰化しても、母国の国籍放棄を認めない国もある。そんな国の国民が日本国籍を取得した場合、日本は二重国籍を認めることになる。

(4)国際結婚の子供など、未成年のうちに複数の国籍を持つケース。
外国人と日本人の間に生まれたり、または日本人の親の下に出生地主義の国で生まれたりするなど、ほぼ生まれつきで二重国籍になる。その場合、日本は二重国籍を認める。

つまり、日本国籍が自動的に解消される、(1)「意図的に外国籍を取得した人」以外は、どのケースでも二重国籍は事実上認められることになる。

今後、日本の「移民社会化」「階級社会化」に連れて、日本の富裕層も欧州富裕層並に複数国籍を取得しようとするだろう。旧来の日本社会が崩壊し、「階級社会の到来」である。普通に考えて、モラルも何もないのが階級社会ではないだろうか。せっかく、日本人は長い年月をかけて、陛下の下に平等で安全で美しい心を持つ社会を構築したのに・・・一番儲けている連中が税金を支払わなくても良いオカシナ世の中になるだろう。



スポンサーサイト



プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々の想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
各国株価指数
提供は Investing.com
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
にほんブログ村ランキング(海外投資)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、【無料】限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
IR検索
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ、野球他
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・