メルカトル図法

メルカトル図法では高緯度が大きく、低緯度が小さくなる。
日本と※現在のシナを高緯度に移動してメルカトル図法で描くと以下のようになる。




日本は結構、大きい。
※現在のシナは、満州、内モンゴル、ウイグル、チベット、雲南、広西チワン人自治州といった植民地を含んでいるもので、歴史的にみると”シナ”というのはかなり小さな勢力範囲となる。そして、その勢力は拡大したり、伸縮したりしてきた。歴史上、シナ人と異民族は殺し合い、シナ人同士で殺しあってきた。したがって、眷属以外は誰も信じないし、殺戮時の惨さは「通州事件」そのものである。日本ではあくまで侍同士が殺しあうのが戦争だったため、関ケ原の合戦を農民が見学しに行っていたというのは有名な話だ。日本では銃後は戦争には巻き込まれなかったが、シナでは皆殺しだった。





スポンサーサイト



タイで成功した日本の居酒屋

面白い記事なので記録しておきます。
デイトレに通じるところがあると思います。

「変な日本語提灯」で話題になったタイの居酒屋、仕掛け人の日本人を直撃!
「恥骨をノック」「ハエ死ね」「人生迷走中」といった妙な日本語が記された提灯や看板が店内にこれでもかと並ぶ。2015年5月、タイにあるこんな居酒屋が、ツイッターなどのSNSで拡散し、バイラルメディアやまとめサイトに取り上げられ話題になった。
 実は、この居酒屋を経営しているのは日本人。大阪出身の清水友彦氏、41歳だ。日本の居酒屋ビジネスに潔く見切りをつけて飛び込んできたのが、東南アジアの中心にあるタイ、バンコクだった。
 現在タイではネットで話題になった串カツなどを楽しめる居酒屋「しゃかりき432゛(しみず)」を中心に、首都バンコク、タイ東部のリゾート地パタヤ、日系企業の日本人駐在員が多い街シーラチャー、そしてミャンマーのヤンゴンにグループ合わせて19店舗の店を持つに至っている。
 和食ブームのタイには日本からも飲食業界大手が多数参入しているが、個人で進出してきた店ではここまで店舗数を伸ばしているところはほかにはない。

◆「おもしろいかおもしろくないか」が基準
おもしろいかおもしろくないかを基準に鼻で動いている。おもしろくて、いけるんだったら拡大していく。ヤバいと感じたらすぐ引く
 清水氏はこれまでアルバイトも含め、飲食店ばかりで働いてきた。20歳で結婚し、子どもがすぐに生まれた。当時社員として飲食店で働いていたがバイトにしてもらい、トラックにも乗った。そして、6年間働いて貯めた600万円で25席の串カツを中心にした「しゃかりき432゛」を大阪で始めた。26歳のときだ。

「最初は串カツでスタートして、もつ鍋を始めたり、かすうどんをラインナップに加えて、みたいな感じであまりコンセプトを立ててやっていなかった。ノリでやって毎日コロコロ方針は変わった」

 清水氏は基本的にノリと勢いで動いているという。そのポリシーで文化も言葉も違う外国でここまでのし上がった。その商才は結局どのように培われたのか。
「ビジネス的な嗅覚は親の離婚も関係しているのかもしれない。6歳くらいで今のオヤジと母親が再婚して、そのころから自然と人の顔色を見るようになった。人を楽しますことが元々好きだったというのもあるので、才能というよりは自然のものだったとも思う」

 6店舗まで順調に店舗を増やしていたが、限界も感じた。というより、勢いのあった清水氏には恐らく日本は狭かったのかもしれない。
「日本だと従業員が日本人だからすべてが見えてしまう。どこかで遊んでいると、社長のくせになんだって言われる。SNSも気軽に投稿できない。タイは社長は社長だからとあまり言われないが、日本では社長も従業員も一緒だというの目線があった。6店舗くらいの小さい店なら一緒に汗流している社長のほうが合う」
 清水氏は「これ以上は伸びない。売上のあるうちに店は売ってまおう」と考え、当時の店長や弟に300~400万円で安めに売ってしまった。現在、日本で「しゃかりき432゛」を名乗るのは2軒だけになっている。
「全部清算して、そのときのカネを全部持ってタイに来た。腐ってた。あれ以上自分でやっていたら絶対にダメになってた

◆即決した「いわくつき物件」から始めて17店舗の一大チェーンへ
 バンコクにやってきて、最初に見た物件で即決した。日系企業も多い、スクムビット通りアソークにあるビルの地下。この物件はいわく付きというか、以前から入る店入る店が次々と閉店していっていた。そのため、在住日本人は当初冷ややかな目で清水氏を見ていたかもしれない。
 清水氏も最初からそのあたりは承知していたが、店内が正方形であったことと、エリア的に考えても破格の家賃だったことから理想的で即決した。鼻が利くと自負する通り、進出から4年経った今でも元気に営業しているし、撤退していく隣の店もすべて借り、今ではその地下の店はすべてグループ店になっている。
 そして2016年9月現在、タイ国内のみで17店舗にもなった。居酒屋のほかに焼肉やラーメン、寿司、お好み焼きなどの専門店もある。しかし、当初はここまで大きくなるとも思っていなかったそうだ。そこで新たな仕組みを考案した。少なくともタイでこれをやっている飲食店はほかで聞いたことがない。
「日本で仕組み作りに失敗したので、タイでは分配制にしてみた。勤続3年以上の従業員に新店舗出店の際、最大10%出資できるようにした。半月に1回、純利益の1%を受け取れる約束になっている」
 勤続3年以上の従業員に新店舗出店の際、最大10%出資できるようにしたことで、劇的な変化が起こる。モチベーションが上がり、新入社員も出資する先輩らを見て金を貯めようと努力をする。また、全店舗で40人いるスーパーマネージャーが、タイ人目線で意見を出してくれるようになったのだ。
「日本人にはわからない、タイ人の意見が聞けるようになった。それから、待遇も日本人タイ人、分け隔てなく平等にしていることで、タイ人から見れば待遇はいい。だから、今は離職率も低い。会社だけよくても、みんなで儲けた方が長続きすることがわかった」

◆「入ってきたスタッフの得意分野を始める」
 しゃかりきグループにはタイ国内に日本人従業員が14人いる。そのうちの何人かはしゃかりき日本時代の常連だ。そして、彼らのスキルやノウハウもあってこそタイのしゃかりきグループは成長した。
「日本人スタッフのノウハウで、例えば肉とか魚を知っている人が入社すれば新メニューとしてそれを始める。それぞれの従業員が得意な分野を始める、的なノリ」
 と清水氏は笑う。タイ東部のリゾート地であり、タイ随一の歓楽街でもあるパタヤに出店したのもパタヤに住みたい人を雇ったことが理由だった。むしろそれ以外に理由はない。
 もちろん、「ノリ」だけでは特に失敗もある。
「ミャンマーは日本人スタッフは誰も行きたがらなくて、日本人がゼロ。それに州ごとに検問があって、互いに仲が悪い。ひとつ検問を通っても次で引っかかる。トラックごと燃やされたこともあるとかしんどいことが多い」
「催事も狙っている。ローカルに、あそこで食べたな、と思ってもらえるように。いい話ももらえるようになっていて、乾季だけ商業施設の前などで行われるビアガーデンを任せてもらえそうだ。全部屋台にして楽しませようと考えている。フィリピン進出も考えているけど、結構恐いところだと感じた。タイくらい目立ったら殺されてしまうのではないか。それくらい命がけになりそうなので、コシ据えてやらないとしんどいかな。ただ、ビジネスとしてはパイが小さい。たぶんやらないと思う」
 このあたり、彼なりの嗅覚がそう感じさせているのだろう。

◆次なる狙いは「日本」
 そして、一度は清算した大阪でも再び出店することを考えている。
「タイ人スタッフを送り込んで、しゃかりき432゛式のタイ料理店にする。料理だけでなく、タイ好きならばよくわかる、タイならではのあるあるネタをエンターテインメント的に仕掛けていく」などアイデアは尽きない。清水氏の挑戦はまだまだタイ絡みで続いていくことになりそうだ。





プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々の想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

「ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株・2019年1月号/第2回」
URL: https://foomii.com/00138/2019010418534751016

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
各国株価指数
提供は Investing.com
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
にほんブログ村ランキング(海外投資)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、【無料】限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ、野球他
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・