ベトナム。完璧なコロナ対策

ベトナムのコロナ対策は完璧だった。
ベトナム人には危機管理能力がある。それを下支えしているのは、国民の危機管理への高い意識だ。
一方、危機管理への意識が異常に低いのは我が日本だ。
米国とシナが手を汲めば、日本はどうなる?非常に危惧している。

ベトナムのコロナ対策はそれを証明した。人口9600万人で犠牲者は35人だ。

参考:VNインデックス

ベトナムの10億ドル長者、6人に。純資産総額148億ドル-米フォーブス報告
 ベトナムの億万長者は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が影響を受ける中、2020年第2・第3四半期(4~9月)の優良株の株価回復で純資産額を大きく伸ばした。米経済誌フォーブスによると、3月18日から10月26日までに10億ドル以上の資産の保有者は4人から6人に増え、純資産額は46億ドル増の計148億ドルとなった。オンラインメディアのVNエクスプレスなどが伝えた。
 トップは引き続き、国内最大の民間企業ビングループのファム・ニャット・ブオン会長で、純資産は18%増の66億ドル。2位は、格安航空会社ベトジェットのグエン・ティ・フオン・タオ最高経営(CEO)で純資産額は5%増の22億ドル。3位はテクコムバンクのホー・フン・アイン会長で、純資産は60%増加し、16億ドルだった。
 鉄鋼最大手ホアファット・グループのチャン・ディン・ロン会長と複合企業マサン・グループのグエン・ダン・クアン会長は、3月時点ではリスト外だったが、今回それぞれ4位と6位に返り咲いた。5位は、チュオンハイ自動車(Thaco)のチャン・バー・ズオン会長で、一族で共有する資産の総額が15億ドルとなった。
 ベトナムの株式市場は、3月に国内初の新型コロナウイルス感染者が確認された後、一時的に下落したが、その後回復。3月18日~10月26日の間に、ホアファット株は91%、マサンは78%、テクコムバンクは30%それぞれ上昇した。特に、ホアファットは、第3四半期に四半期ベースで過去最高益を記録。1~9月に前年同期比56%増の8兆8000億ドン(約3億7950万ドル)の利益を計上した。
スポンサーサイト



タイちゃん&ベトくん

タイ景況は深刻だが、一党独裁のベトナムと違って、なかなか国際的な自由貿易協定に参加できないでいることが一因になっている。国際的な自由貿易協定とは「RCEP」「CPTPP」「タイ・EU自由貿易協定」である。こうしたメガFTA加入はGDPを押し上げるが、いずれもタイ国内の政治的な調整が進まない。



一方、ベトナムはシナと同じく「一党独裁」で少数意見表明の機会さえ与えられない国ゆえに経済発展に邁進できるのが強みだ。

シナを外したGVC創設。ASEANやインドまたはメキシコなどへのシナ工場移管が進むが、タイに比べてベトナムは労賃が安いのが最大の強み。海外直接投資(FDI)では、ベトナムは2014年以降5年連続でタイを上回っている。輸出は2019年にベトナムが初めてタイを上回った。中継貿易のシンガポールは別にして、ベトナムは実質的にASEAN第一の輸出国になった。また、ベトナムはCPTPPに加盟し、ベトナム・EU間FTAも近夏に発効する。

「タイランド」とはタイ語で「自由の国」という意味である。一方、ベトナムは「不自由な国」だ。NINJA300は連日、戸籍局や公安など役所で書類集め、複数の銀行で無駄な時間を費やしている。おまけに銀行側のミスで二度手間だ。窓口女性は謝りもしない。猛暑で昼間は37度近い。これから、再度、移民局と公安であるTT。

☆☆☆そんななか、本日の朗報は旅行代理店のHISが営業再開したこと。4月はベトナムの封鎖、5月以降は日本の封鎖でハノイに閉じ込められてしまったが、いよいよ6月には帰国できると思われる。現在、ホーチミン市のHISに色々と質問を投げかけているところである。☆☆☆

ベトナム株は目先底打ち

武漢肺炎禍だが、ベトナムを代表する株価指数のVN指数は底打ちっぽい姿形にみえる。



今後、上昇するのか、下落するのかはわからないが、短期的には「上昇トレンド」のいい感じだ。

ベトナム株式市場。2019年年末

景気好調のベトナムだが、株式市場は良くない。VN指数で900ポイント辺りまで調整しても驚きはしない感覚だ。
問題は、最大輸入相手国がシナだということ。シナ製品のアメリカへの迂回輸出を許していては国際的な信用は得られない。また、タイと同じく通貨高。RMBがドンに流入している可能性もある。
SBVが下手にドン安誘導すれば、アメリカから為替操作国認定を受けるリスクもある。
そして、最大の問題は最大輸出相手国・アメリカ景気のピークアウト。これがあれば、世界の株価は大きな影響を受ける。ベトナム株式も例外ではない。

(VN指数のNINJAトレンドチャート)





ベトナムの銀行口座保有率。63%

ベトナムの2014年の銀行口座保有率は31%だったが、現在は63%。隔世の感がある。素晴らしい経済発展ぶりだ。
そういえば、9年前のハノイには高層ビルはキンマ―通りのダイウーホテル位だったが、現在のキンマ―通りはロッテタワーやビンコムなど高層ビルだらけである。今は、副都心のミーディン地区にタケノコのように高層ビル建設が着工中だ。

銀行口座、15歳以上の63%が保有 2019/11/12(火)
ベトナム国家銀行(中央銀行)決済課の資料によると、銀行口座を保有するベトナム人の総数は4,300万人で、15歳以上の人口の63%を占めている。9日付VNエクスプレスが報じた。
8日にハノイで開かれたベトナム・フィンテック(ITを活用した金融サービス)・フォーラム(FVF)でのファム・ティエン・ズン決済課長の説明によると、各銀行に開設された口座のうち、身分証明書番号や旅券番号に基づいて1人が複数保有する口座を除外すると4,300万人であることがわかった。
これまで口座保有率は世界銀行の2014年の資料に基づいて31%とされていたが、現在は2倍に増えていた。
ズン氏によると、銀行以上に多様な取引を提供する携帯端末での取引が急増中で、今年は件数で前年比約110%増、金額で130%増になっている。向こう2~3年間はこの成長が続くと予想される。


そして、古い日本と異なって、ベトナムではキャッシュレス決済が浸透してきた。携帯端末の銀行取引が今年は前年の件数で2.1倍、金額で2.3倍とのことだが、今後まだまだ増えるだろう。

驚くべきことに、「日本というスタイル」がすでに時代遅れになりつつあることに日本人のほとんどは気づいていない。テレビが日本礼賛番組をやり始めたのが終わりの始まりだった。
例えば、北米からの大型コンテナ船はシナの港やプサン(韓国)にいったん到着し、荷物を小分けしてフィーダー船で日本に輸送されるのだ。日本の港には大型コンテナ船は来ない。いや、寄港できない。なぜか?
日本の港湾は河口に作られており、深度が浅く、大型コンテナ船には入港が不可能だからだ。それでも、財務省はPB政策で、浚渫はしないし、太平洋岸に新しい港湾を建設することもしない。技術的に出来るのに、しないとは愚かである。キャッシュレス化についても、日本はガラケーの如く、ガラパゴス化しつつある。日本はこれで終わるのか、という懸念が渦巻く。







NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々の想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
各国株価指数
提供は Investing.com
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
にほんブログ村ランキング(海外投資)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、【無料】限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
IR検索
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ、野球他
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・