カンボジアは「バブル」

景気絶好調のカンボジアが積極財政の一方で、デフレ不況の日本は緊縮財政(PB政策)を採る。そればかりでなく、財務省はデフレを助長する消費増税という「阿呆」な経済政策。結果的に、日本の財務省はカンボジアのそれに劣る。汚職を真似しろとはいわないが、財務省の官僚に自浄能力が無いのは明らかだ。

「白河の清きに魚(うお)の棲みかねて もとの濁りの田沼恋しき」

2020年度の国家予算編成、歳出21%増も 2019/10/28(月
カンボジア政府は、2020年度(1~12月)予算案の歳出を前年度比21%増の77億7,000万米ドル(約8,440億円)とする方向で検討しているもようだ。歳出額は11.4%増だった19年度を上回り、過去最大を更新する見通し。クメール・タイムズ(電子版)が25日伝えた。
社会、福祉などを管轄する省庁の予算は10%増の総額20億米ドルで、教育省と保健省に計14億米ドルが充てられる。経済関連10省庁は9%増の総額18億米ドルとし、中でも公共事業・運輸省に最大の8億米ドルを割り当てる。 
国防や安全保障分野には9%増の総額12億米ドルを、国会、閣僚評議会(内閣に相当)など総務分野の省庁・関連機関には2%増の6億2,800米ドルを割り当てる。
このほか、特別予算として21億米ドル相当が計上されるもよう。用途は明らかになっていないが、世界銀行は先に、欧州連合(EU)と締結する武器以外の全品目を数量制限なしに無関税でEUに輸出できる「EBA協定」が来年2月に停止された場合、カンボジア政府は国内総生産(GDP)の3%規模の景気刺激策を導入すると予想している。


現在のカンボジアやラオスは、シナの「(経済)植民地」である。
カンボジアでは、シナが5つのダムを計画し、メコンの水を狙う。メコンは海運の要のみならず、シナはダムの水量を通じて下流国の生殺与奪の権を握る戦略だ。数年後の商売のことしか考えていない日本と違ってシナやアメリカの動きは戦略的である。
「シナの代理人」と呼ばれるフンセン大統領(海南島出身のベトナム人)は一党独裁体制で「シナマネー」をかき集める。フンセンに逆らえば、暗殺される怖い国だ。シアヌークビルは事実上シナに売り渡し、唯一の外港・シアヌークビルはシナの軍港に化けつつある。

NINJA300は何度もシアヌークビル(コンポンソム)へ行ったことがある。昔は綺麗な街だったが、今は汚職とマフィアとカジノと売春が溢れるソドムだ。重慶・四川系シナマフィアの巣窟である。
首都プノンペンの不動産価格は高騰、都内の80平米のマンションは25万ドル程度。ハノイよりずっと高い。カンボジアはドル経済で、RMBがドルに化けて不動産市場に流入を続ける。株式市場も高騰中だ。つまり、カンボジアはRMBの流出先になっているわけだ。
しかし、古き時代のカンボジアを知っているNINJA300は「今も昔も」カンボジアは「地獄のような国」だが、今の豊かになったカンボジアの方が程度が悪いと感じる。
カンボジアのジニ係数は高く、富はシナ人や特権階級のカンボジア人ばかりが得る。平均的カンボジア人の苦難は続いている。カンボジア人はポルポトが文化大革命の影響を受け、シナ製武器を使用していたことを忘れたのだろうか?
腐った場所には、ゴキブリが入り込み、増殖するものだ。

(GDP成長率) ☆10年続く高度経済成長

source: tradingeconomics.com


(1人当たり国民所得) 
☆平均値は高くなったが少数特権階級が巨額所得を得る社会構造で、貧富差は「鬼」。「トリクルダウン」って一体なんだっけ?

source: tradingeconomics.com

(CSX指数チャート、2018年初~) ☆CSX指数はカンボジアを代表する株価指数。2018年後半より、動意付いている。主な買い方は外国人投資家。日本と一緒だー!(笑)





スポンサーサイト



アンコールワット遺跡

アンコールワットには何度行っただろうか?カンボジアは数え切れないほど行ったがアンコールワットは3~4回だと思う。
最初に訪問したときがもっとも感動した。特に、バンテアイスレイやタプロームが好きだ。アンコールワット宮殿の3階だか4階だかに登って写真を撮った(今は禁止されている)。


アンコール遺跡群、1~6月の収入9%減 2019/07/03(水)
カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群(北西部シエムレアプ州)の入域券を販売する政府系アンコール協会によると、2019年上半期(1~6月)の入域料収入は、前年同期比9.3%減の5,570万米ドル(約60億4,000万円)だった。2日付クメール・タイムズ(電子版)などが伝えた。
入域券の販売数は8.3%減の124万4,443枚だった。国別では中国からの観光客が約54万人と最も多く、以下韓国、米国などが続いた。
6月単月の入域料収入は前年同月比16.4%減の541万6,714米ドル。入域券の販売数は12万6,602枚だった。
カンボジア旅行代理店協会(CATA)のチャイ・シブリン会長は、入域料収入の減少について「中国での規制変更で、同国からの航空便が減っていることが要因」との見方を示す。
アンコール遺跡群の入域料は外国人にのみ課される。現在、価格は1日券が37米ドル、3日券が60米ドル、1週間券が72米ドルとなっている。


ここ10年のアンコール遺跡への観光客はシナ人ばかりと聞いていたが、やっとシナ人観光客が減ったようだ。
貧乏なカンボジアにとっては貴重な観光資源だが、もう少しすれば外貨不足のシナからの観光客は更に減少するだろう。
そうすれば、妻と一緒に再びアンコールワット遺跡へロマンチックな観光をしてみようと思う。いや、その前にバリ島か。ロンドンやレイクディストリクトやスコットランドのお城にも一緒に行っときたいなとも思うしィ、悩みます。

アンコールワットは今はだめだ。まだシナ人が多すぎる。
「遺跡は人混みだらけでつまらない!それに、シナ人ってどこにでも排便しそうだし・・・」「おえ・・・!」









シアヌークビルで建設中のビルが倒壊

カンボジアやラオスにはシナ資金が濁流の如く流入した。いまや、そこはシナの「植民地」である。

ラオスやカンボジアの許認可権を握る政治家や官僚、土地保有者は富裕になったが、国を売って富裕になるようなものであり、かつての欧米白人のアジア植民地化の歴史を今度はシナ人がやっているに過ぎない。
ウイグルやチベット、香港を言うまでもなく、人権意識が低いシナだから、人命なんて使い捨て。工事現場の管理は甘い。
ベトナムでも、これは韓国企業だが、ハノイのランドマーク高層タワーの建設等々でいったい何人のベトナム人が死んだことか。

かつて日本のODA橋梁工事でカンボジア人が多数事故死した事件があった。が、日本企業(大成建設などの担当者)は各家庭を訪問し、一人当たり10万ドルを賠償額として支払ったと聞く。しかし、シナ企業絡みの事故で死亡しても一切何も出てこないだろう。働き手を失った家庭と子供・・・気の毒なことだ。


建設中のビル倒壊、19人死亡=カンボジア
 カンボジア南部シアヌークビルで22日、建設中のビルが倒壊し、地元当局者は19人が死亡、24人が負傷したことを明らかにした。23日までに36人を救出したが、がれきの下には多くの作業員らが閉じ込められているとみられ、救助活動が続いている。
 ビルは7階建てで、中国企業が建設していた。捜査当局はビルや建設会社の責任者ら4人を拘束し、事情を聞いている。シアヌークビルには多くの中国企業が進出し、ホテルやカジノなどリゾート施設の建設を進めている。


シアヌークビルは昔は小さな港町で陸路でも海路でも何度も行った。ココンからの船が激しく揺れたのは印象的だった。NINJA300はウインドサーファーだったのでよほどのことが無い限り、船酔いはしないが、海路では周りはゲボゲボだった。街では物価がとにかく安かった。カジノがあった。そして、深港だ。
今、シアヌークビルはシナのシーレーンの重要な位置を占める。海南島、ベトナムやフィリピンから強奪した南シナ海の島々、そしてシアヌークビル、シーレーンはミャンマー、スリランカ、モルディブ、パキスタン、ジブチ、ギリシャと続く。海の軍事路だ。
シアヌークビルのカジノではマネーロンダリングが行われる。コンテナヤードには放射性物質が廃棄されているとの噂だ。牛はよろめいていた。ブッシャーが蠢いていた。
おそらく、NINJA300は二度と行くことはないような気がする。






腐りまくるカンボジア

シナの属州になった感のあるカンボジア。交通警察は賄賂を取るのが仕事。内戦は終わったが、やはりこういう国になってしまった。完全にシナの勢力下にある。カンボジアの官僚連中がシナマネーに勝てるはずがないのだ。
欧州のフランクフルト学派は、ポリティカルコレクトネスを掲げ、日本叩きに余念がない。しかし、シナには目を瞑っている。大事な大事な取引先がシナだからだ。唾棄すべき姿勢である。

以下、参考になるインタビューだったので引用させてもらった。


カンボジアで中国に敗れる日本のしょぼさ 9/27(水) 9:15配信
「世界で愛されるスゴイ日本」といった論調にだまされてはいけない。アジア各地で日本は中国の後塵を拝し、「しょっぱい国」とみられている。たとえば多大な援助を続けてきたカンボジアでも、中国や韓国の企業が目立ち、日本企業の影は薄い。なぜそうなってしまったのか。ルポライターの安田峰俊氏が、現地のエリートたちを直撃した――。

■日本の存在感は私たちの想像よりもはるかに小さい
 カンボジアと聞いて何をイメージするだろうか?  往年を知る人なら、1990年代に内戦の収拾にあたった国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)のトップを、日本人の明石康氏が務めた歴史を思い出すかもしれない。カンボジアはその後も、JICAによるインフラや社会制度の支援、島田紳助氏や渡辺美樹氏をはじめ有名人による学校建設など、「援助」の絆で日本と強く結びついてきた。ゆえに当然ながら、現地の人たちの対日感情は良好で、日本の存在感は極めて大きいはずである――。

 といった想像は、実は半分は事実と異なっている。多くのカンボジア人が日本に感謝しているのは確かだが、同国における現在の日本の存在感は私たちの想像よりもはるかに小さい。家電用品店では韓国のLGや中国のハイアールばかりが並び、電子ガジェット市場もファーウェイやZTE(中国)、サムスン(韓国)などの独壇場だ。プノンペンの街角のシティホールや大統領官邸・スタジアムなどはいずれも中国の支援で建設され、中国銀行や中国工商銀行の支店が中国国内さながらの様子で多数軒を並べている。
 なかでも特徴的なのは、プノンペン市内南東部のKoh pich地区だろう。ここは街全体が中国系企業(一部、カンボジアや第三国の華僑資本も含む)が開発した「中国島」になっており、パリの凱旋門を模したオブジェなどド派手な建築物の工事が続々と進行中である。大量の高層マンションと数百軒の欧風別荘の建築工事も進み、中国国内で派手な投資ができなくなった中国人富裕層が不動産の「爆買い」に訪れている。Koh pich地区ではクメール文字よりも簡体字が幅をきかせ、さながら雲南省あたりの街に近い雰囲気が漂う。

■アメリカ留学の経験があるエリートを直撃
 昨年に某誌の取材でカンボジアを訪れた私は、プノンペン市内で茂木次男氏という日本人と知り合った。茂木氏は過去の商社勤務を経て、新興国への日系中小企業の進出支援にたずさわる経営コンサルタントである。そんな彼を介して紹介してもらったのが、カンボジア人ビジネスマンのK氏だった。
 40代のK氏はこの世代のカンボジア人には珍しい大卒者で、アメリカでの留学歴も持つエリートだった。プノンペンでケミカル分野の企業を経営しながら、政府機関にもポストを持っている(カンボジアではこうした例が多い)。今回の記事では、中国と日本の双方と取引関係がある彼が見た、日中両国の姿をご紹介する。
 取材はプノンペン市内で、英語でおこなった。K氏の回答を通訳してくれたのは日本で博士号を取得したカンボジア人のT氏だ。ちなみに文中で言及される賄賂の具体的な金額などは、裏取りが難しい話でもあり、未確認情報が含まれていることを断っておく(ただし、似たような話は複数のカンボジア人や在カンボジア日本人から聞いている)。

■カネで結びつくカンボジア政府と中国
――プノンペンをすこし歩くだけで感じるのは中国の圧倒的な存在感です。対して日本の存在感は、街の東南部にあるイオンモールと日本車くらいのもので、相対的にかなり薄いと感じます。日本はかつて、1990年代前半にUNTACの代表に明石康氏が就任し、またその後もカンボジアの復興援助に大きく関わってきたと聞いているので、この存在感のなさは意外でした。カンボジア人の対日感情はおおまかに言ってどういうものなのでしょうか。

 【K】UNTACとは「オンタッ」のことですね。カンボジアではこう呼んでいます。やはり私を含めて当時を知る世代には、日本への好感やリスペクトが残っています。往年の日本による多くのインフラ建設や物心両面の支援は、多くのカンボジア人に知られています。政府の上層部でも、それが実際の意思決定にどこまで影響するかはさておき、この感情自体は共有されていると思いますよ。日本は、国としてのイメージがいいんです。

――ありがとうございます。しかし、プノンペンの街は中国企業だらけですし、中国の対カンボジア対外直接投資額は2億4100万ドル(2015年)、同年の日本の投資額の6倍以上です。また、現在の中国はカンボジアに対して、日本の約3倍の資金援助をおこなっています。

 【K】そうですね。わが国の政府は中国が大好きです。中国はとにかくカネをたくさん出す。そのカネがフン・セン首相や高官たちのファミリービジネスに流れているんですよ。

 国内における中国の存在感も、それを反映しています。しかし、わが国の政府高官と結びついた中国のタチの悪い会社は、カンボジアの木材やゴールド、ミネラル、宝石などを安価で買い叩いて中国へ運んでいく。彼らは環境対策もメチャクチャです。一般のカンボジア人は中国企業に不快感を覚えているのですが、政府が勝手に彼らをどんどん誘致するので、どうしようもありません。

■中国への過度の接近は、国家にとっては危険

――先日、私がプノンペン市内で取材した日系ホテルに勤務するカンボジア人女性は、日本語と中国語ができる方でしたが、彼女も「このままでは中国に国が乗っ取られそう」「高官たちは中国からカンボジア政府に借金をさせて、そのカネを自分たちのポケットに入れている」と言っていました。事実、日本のカンボジアへの従来の援助は無償資金協力が多かったのに対して、近年激増している中国の援助は9割が借款だとされています。

 【T(通訳)】そうですね。よこから口をはさみますが、私は現在のカンボジアの中国一辺倒の姿勢にはあまり賛成していません。アメリカや日本など西側の諸国とも、等距離でバランスのある関係を作るべきです。中国だけに傾斜するのは、「また何か起きたとき」に危険です。だって、中国はかつてポル・ポト政権(1976~1979年)の後ろ盾だった国なんですからね。

 【K】そう。中国への過度の接近は、国家にとっては危険だと思います。フン・セン政権の中国好きは、中国は欧米と違って腐敗や人権問題について何も言わずにカネを貸してくれるからですよ。なんせ、中国はポル・ポトが数百万人の国民を虐殺していたときも、カンボジアに何も言わなかったほどの「伝統的な友好国」です。ポル・ポトがあれだけメチャクチャなことをやれた一因は、中国にあります。

――往年、中国がポル・ポト派を支援していた事実は、多くのカンボジア人の間で知られているのでしょうか? 

 【K】若い人は知らないかもしれない。ただ、一定の年齢以上の多くの人は知っています。政府は親中的ですが、一般にカンボジア人はそれほど中国が好きではない。

■中国企業に比べスピード感に欠ける日本企業

――では、カンボジアの一般市民の対中感情は必ずしもよくないのに、なぜカンボジア国内は中国企業だらけなんでしょうか。

 【K】私の会社は広州や上海の中国企業と取引があり、また日本企業とも取引があります。そのうえで言うならば、中国企業の強みはとにかくスピード感ですよ。一方で日本企業の場合、私たちがよさそうな商品を売り込んみ、たとえ関心を持ったとしてもすぐに買わない。プロジェクトをすぐに決めない。とにかく決断のスピードが非常に遅いんです。一方で中国企業の決断は極めて迅速です。

 【T】中国人は発展途上国を相手にしたビジネスのやりかたを、理解しているのだと思います。カンボジアは貧しい国ですから、すぐに売買ができる相手こそがありがたい。

――日本国内では「世界で愛されるスゴイ日本」みたいなテレビ番組も多いのですが、実態はそうですよね。一般に「親日的」とされる台湾でも、ビジネスの現場では日本企業の鈍重さが非常に嫌われていて、「日本人と関わると損をする」とまで言われているようです。

 【茂木(日本人)】「まずは本社に相談して……」という日本企業の決断の遅さが嫌がられる例は多いですね。しかし、カンボジアのGDP成長率は年7%以上ですよ。こうした新興国で、日本のビジネスのゆっくりしたスピード感に合わせていたら、現地の人はそれだけで損をしちゃうんです。他のことをすればもっと儲かるはずだというんですね。

――ほかに、カンボジアにおける中国企業の好調は経済外交という要因もありますよね。例えば、カンボジアと中国は数年前から関税優遇処置(ACFTA=アセアン中国貿易協定)を設けていて、一般的な商品であれば関税はゼロです。

 【K】通関も簡単ですから、たとえば私の会社が中国の企業にものを注文した場合、ケースひとつみたいな少量のものでもすぐに送ってきてくれる。これは中国製品の価格競争力にも反映されることになります。中国企業のスピード感は、良好なカンボジア・中国関係に支えられている部分も大きいでしょう。

――一方で日本の製品の場合は、普通に関税がかかる品目のものも多いようですね。

 【K】日本製品についてですが、カンボジアにおいてもその品質への信頼性は極めて高い。多くのカンボジア人は、日本の製品はたとえ購入から20年経っても使えると考えている。そのことを先に言っておきます。やはり中国の製品は壊れやすいと感じますからね。

 ただし、日本製品の価格は中国製品の3~4倍に達します。ここまで値段に差があると、多くの人は実際は中国製品を選ばざるを得ません。

――ところでカンボジアで、日本語ができる人材の働き口ってあるんですか? 

 【K】ないことはないですが、日本企業の絶対数が少ないので、微妙なところです。一方で中国語ができる人は需要がある。中国企業だけではなく日本など他国の企業でも、現場の管理職は中国人だったりしますからね。

■賄賂もへっちゃらが強さの重要な要素

――民主化した国家にもかかわらず、フン・セン氏が30年以上にわたり権力を握り続けるカンボジアの政治腐敗はかなり深刻だと聞きます。これは中国企業だけではなく韓国企業にも共通する話ですが、腐敗への耐性の強さも、彼らの強みになっている部分ではありませんか。

 【K】そうですね。私の弟は韓国系の建設会社で働いていますが、なかなか凄まじいですよ。許認可関係でトラブルがあったら、会社で高級車を買って、担当の大臣にプレゼントしてあげる。その後のメンテナンス費用も全部会社側で持ってあげる。これで、あっという間に許認可関係の問題をクリアしていきます。入札ともなれば、裏金のほかに高級車を何台も買ってターゲットに送りつけます。もちろん中国企業も似たようなことはやりますね。

――日本企業は、そういうことはやらないわけですか? 

 【K】やりません。やるのは特に中国や韓国の会社です。あと、台湾や東南アジアの華僑系の会社もやることがある。そうなると、日本の会社はいっそう太刀打ちが難しいでしょう。 

 たとえば政府関連機関の建設分野は腐敗の温床です。この前、中国政府からの援助(借款)で大きなビルが建ったわけですが、こういうときは仮に建設費が200万ドル(約2億1600万円)ならば、100万ドルは賄賂に消える。逆に言えば、ポケットマネーを儲けたい政府の人々にとっては、中国企業に建設を発注するのは実にありがたい話になるのです。あと、このあいだカンボジア政府は中国からヘリコプターを購入しましたが、支払いの3分の1はカンボジアの政府関係者のポケットに入りました。

――うーん。そういえば売上の10%に課されるVAT(付加価値税)についても、今回別の場所で取材した中国企業の社員は、「税務署の役人に月額400ドルの賄賂を渡しているから、うちは無税になっている」と言っていました。いっぽうで日系企業の社員は、本社にそのことを持ちかけたら即座に却下されたそうで……。

 【K】賄賂はよくない。私自身も嫌悪感がある。しかし、中国・韓国企業はなんでもやりたい放題なんです。

 【茂木】カンボジアのためにフォローさせてください。経済特別区(SEZ)など、腐敗が少なく国際的なビジネス環境に近い環境で進出できる場所もありますから、そうした場所なら日本企業は安心して進出できますよ。

――SEZは取材で行ってみましたが、駐在員向けのかなりレベルの高い日本料理店があったりと、日本人にとってはありがたい場所ですね。もっと日系企業に進出してほしいと私自身も感じました。ところで、カンボジアにおける中国企業での労働環境はどうですか? 

 【K】基本的には日本企業のほうがずっといいですよ。日本企業は現地の社員の健康にも労働時間にも配慮してくれるけれど、中国企業はより問題が多い。しかし、たとえストを起こされても、中国企業はすぐに警察にカネを渡して鎮圧させます。

――Kさんご自身はアメリカに留学歴がおありですし、カンボジアの賄賂社会や過度の対中接近には批判的なのですよね。最後に一言どうぞ。

 【K】本来、カンボジア人の8割はフン・セン政権も中国も嫌いです。日本のビジネスにおけるクオリティは中国よりも高いので、カンボジアに来てほしいところですが……。






カンボジア不動産市場終了

カンボジア不動産市場はどうやらシナ不動産市場と前後して終了したようだ。
商業セクターは日系のホテル・オークラやスターツの不動産直接投資が市場需給を圧迫しそう。意思決定の遅い日系はいつも市場の最後にでてくる。市場ピークアウトの良いシグナルだ。
今年上半期のサービスアパートの賃料は供給過剰から前年比7.2%減。今年下半期から2020年にかけてサービスアパートメントの完成予定が続き、あと10年程度は賃料の低下が続くのではないか?
新築住宅マンション平均価格は前期比35.8%減と酷い下落だ。市場の需要は高級マンションから中級マンションへシフトしている。

Knight Frank, the independent global property consultancy, today released its third publication for their Market Highlights Report series, providing insight across Phnom Penh’s commercial and resident 03 August 2016
Knight Frank, the independent global property consultancy, today released its third publication for their Market Highlights Report series, providing insight across Phnom Penh’s commercial and residential sectors for H1 2016.

Commercial Sectors
The completion of Exchange Square by Hongkong Land, scheduled for the end of 2016, is expected to add significantly to the Grade A office space, which has been experiencing higher demand for the past 6 months with Vattanac Tower’s occupancy steadily approaching 50%. Demand for prime office space is forecast to increase in the medium to long-term as various bilateral agreements come to fruition, which are expected to increase the flow of investment into the Kingdom.

A surge in Japanese investment entering Cambodia is expected to have a significant impact across all real estate sectors, with Aeon Mall’s announcement of their second retail investment as part of their expansion scheme into the ASEAN region. Meanwhile, Hotel Okura and Starts Corporation have each announced a hotel development, which are now at various stages of the development pipeline.

Mixed-use developments offering stratified retail and office space, as well as purpose-built hotel buildings available for sale are slowly capturing the market’s attention, and are expected to provide investors a much needed opportunity to diversify going forward given the imminent glut in the residential sector.

Rental prices in the serviced apartment sector showed a 7.2% decline YoY, due to increasing competition from the completion of more serviced apartment and condominium projects. Rents are expected to face continuous downward pressure as more projects approach completion starting from the end of 2016 continuing through to 2020.

Residential Sector

A 35.8% decrease QoQ in average asking prices per square metre in newly launched condominium developments shows a shifting condominium landscape with developers of large-scale condominiums targeting the low to middle-income market, which could potentially spur domestic demand. Meanwhile, revived interest from Singaporean, Taiwanese and Hong Kong property buyers restores investors’ confidence in an increasingly volatile foreign market.

Mr Ross Wheble, Country Manager of Knight Frank Cambodia, highlights, “Developers are examining the market more carefully and are realising how much the real estate sector has changed within a three year period. With a lot at stake given the amount of FDI that has flowed into the real estate sector - US$2.9 billion (15% of total FDI) over a period of 20 years starting from 1994 –investors are now recognising market research as an integral part of the development process.”

プノンペンのマンションなんて買わなくて良かったという人は結構いるのではないだろうか。移民が増えると治安が乱れるのが世の習い。プノンペンはシナ人、朝鮮人で溢れかえっている。しかも、そのなかでも特に柄の悪い連中が多い。個人的印象だが、フンセン独裁下のカンボジアはまだまだ弱肉強食の地獄である。
今年の5月、プノンペン中心部(モニポン通り)でNINJA300は若い妊婦がレストランのゴミ袋を漁っている姿を目撃し、なんとも言えない気分になった。普通なら、もっとも外観を気にする年頃。しかし、お腹の子供のためには栄養のあるものを食べなければという気持ちだったのだろう。なんとも言えない気持ちになった。カンボジアの貧富差は激しい。怖い国である。


アンナ社長の不動産会社は無免許だそう。アンナはキレイというよりも、何も知らないカワイイだけの娘というのがNINJA300の印象だった。要は、食って糞してセクースするだけの女でしょ。誰が背後にいるのか?いずれにせよ、ちょっとWEBをググるだけで色々なトラブルが出ているのが分かるだろう。詳細は知らないので知りたい方は各自で調査してください。(笑)





NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々の想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

「ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株・2019年1月号/第2回」
URL: https://foomii.com/00138/2019010418534751016

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
各国株価指数
提供は Investing.com
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
にほんブログ村ランキング(海外投資)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、【無料】限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ、野球他
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・