GB250 クラブマン

GB250 クラブマン




カスタム豊富。


バイクショップによるGB250の解説


別のバイクショップのGB250初期型の広告


250CCなので車検不必要なのがとても良い。
問題は1997年でディスコンだから2015年現在で一番良くても18年落ちになること。


SR400

欲ちい・・・



ロレックスの中古が100万円以上で、SR400の新車が50万円以下で中古なら35万円程度なんて・・・ちょっとオカシイ。機械式時計には資産保全価値があって、バイクはウェイスティングアセットだというのはわかる。しかし・・・それにしても行き過ぎている。もう、「ルシファーズハンマー」にしようなんて思わないけど、欲しくてたまらないなぁ!

GB250でもいいのだけど、最良でも17年落ちになる・・・まあ・・大丈夫なんだろうけど。これは縁ですね。GB250、SR400そして水冷単気筒のNINJA250・・・どれかを機会があったときに購入したい。しかし、カッコいいね。ついでに言えば、ハーレーはださいと思っています。



「鉄道を作って豊かになられては困る」

タイのプラジン運輸相によると、鉄道複線化事業での日本側の提案ルートは以下の2ルートだ。

・バンコク-チェンマイ線
・カンチャナブリー/サケオ線(レムチャバン支線含む)
の2線。


日本側はバンコク・チェンマイ線では総延長が700キロと長いことから高速鉄道導入を提案している。同ルートのフィージビリティ調査は良好だった。

タイ景気は落ち込んでいるため、公共投資としての鉄道建設は意義がある。物流効率化アップの経済メリットは大きい。いまはホアランポーン駅からチェンマイまでは夕方にでて翌朝まで(一晩)かかり、寝台車も古く、最悪だ。普通に考えれば、バンコク/チェンマイ線の複線化は国として当然の選択だと思う。

しかし、タイは「身分制社会」であり、色々な要素が絡んでくる。チェンマイなど北部タイやイサーンは長期にわたって、バンコクへのメイドや建設労働者など単純労働者の輸出地域だったという経緯があるのだ。NINJA300は、バンコク人は鉄道建設でチェンマイ人やピサヌローク人が経済的に豊かになることを逆に脅威に感じているのでは、という印象を受けている。つまり、いままで何故、バンコクからチェンマイまでの鉄道は複線化されていなかったのだろうか?なぜ、チェンマイまでで終わっていて、チェンライやタチレクまで鉄道は延びなかったのか?そこには、バンコク人の冷徹な計算があるのではないかという印象を受けている。要は、バンコク人エリートはチェンマイ人の儲けはバンコク人の損と考えている節があるのではないだろうか。バンコク人ににとって、カンボジア系やラオス系の多いイサーン人はラオ人に過ぎないが、色白のチェンマイ人は怖い怖いライバルなのだ。

シナが力を入れるのは、ビエンチャン(ラオス)・ノンカイ・バンコクのルート。「マニュフェスト・デスティン」の昔から大陸横断鉄道を通じてインディアンは殺害され、国家勢力は鉄道を通じて侵入してくる。バンコク経済を牛耳る華人は、北部とバンコクを融和させようとする善意の日本案よりも自らの権益拡大に結びつくバンコク-ノンカイ線により興味を持つような気がする。

鉄道地図


バンコク・チェンマイ線の老朽化した鉄道車体


仮に、バンコク・チェンマイ間が鉄道で4時間ならば、こんなに便利なことはないだろう。個人的には、嬉しいのだが・・・果たして上手くいくか。




つばさ橋が南部回廊を繋げた

南部回廊でメコン越えに唯一フェリーを利用していた箇所に日本のODAで巨大橋「つばさ橋」が完成した。

カンボジアに「つばさ橋」完成 日本のODAで建設 2015/4/6 12:18 (2015/4/6 13:31更新)
 【ネアックルン=共同】カンボジアのメコン川で、日本の政府開発援助(ODA)で建設が進められてきた全長2200メートルの巨大な斜張橋「つばさ橋」がこのほど完成し、同国南東部ネアックルンで開通式典が6日、開かれた。
 橋につながる道路はメコン川流域の主要都市であるベトナム・ホーチミン、プノンペン、タイ・バンコクを結ぶ全長約900キロの「南部経済回廊」の一部に当たる。メコン地域における人の往来や物流の活発化が予想されており、域内の経済交流推進が期待されている。


この地点には何回か行った事があるが、当時はフェリーの船着場には市場ができていて、タランチュラ(蜘蛛)の佃煮とかが売られていた。子供が小銭を要求してきて貧しさを感じさせる場所だったが、あの市場はもう消滅するのだろう。カンボジアでは「貧富差」が拡大しているが、時代の波に乗れないものはどうしようもなくなる。



つばさ橋の当初予定の名称はネアックルン橋だったが、同国のフン・セン首相が日本語の「つばさ」を使った名称に変更した。施工は三井住友建設、設計は長大・オリエンタルコンサルタンツJV(共同企業体)。3径間連続プレストレスト・コンクリート(PC)斜張橋である主橋梁(橋長640m、総幅員約17m)と、PCI型合成桁橋の取り付け橋2本(橋長675m、900m、計35径間)から成る。事業としては延長3.2kmの取り付け道路の整備を含む。施工期間は2010年12月から2015年3月まで。








シナで企業破綻が2例目

昨年3月の上海超日太陽能科技に次いで、中科雲網科技集団がデフォルト。今後、企業破綻がどんどん増加することが予測できる。

中科雲網科技集団、デフォルト状態に">深セン上場の中科雲網科技集団、デフォルト状態に
 深セン市場に上場する中科雲網科技集団(002306)は7日、予定期日の本日に社債の利息などの支払いができないことを明らかにした。同社はもともと飲食事業のみを手掛けていたものの、業績の低迷を受けて環境保護やITなど事業の多角化を進めていた。
 中国では昨年3月に太陽電池セルメーカーの上海超日太陽能科技が予定期日に社債の利息を支払うことができず、債務不履行(デフォルト)状態に陥っており、中科雲網科技集団で2例目となる。





ポスコ

ポスコなんかをバフェットが買っていたのか?、というのが第一印象だ。
ポスコについては、ブログ「短足おじさんの一言」が詳しい。
ポスコって・・・「つぶれて、買い叩かれて欧米ハゲタカ傘下にでも入るんじゃない?」というのが今の感想です。

米大物投資家、韓国株“大量売却” 財閥企業と政界の“深い闇”に嫌気か
 韓国の株式市場が「バフェット・ショック」に揺れている。世界トップクラスの富豪で、最強の投資家としても知られるウォーレン・バフェット氏(84)率いる投資会社が、保有する鉄鋼大手ポスコの株をすべて売り払っていたことが判明したのだ。背景にはポスコや鉄鋼業界だけの問題ではなく、韓国の財閥企業と政界の“深い闇”に対する疑心暗鬼があったと専門家は指摘する。
 バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハサウェイは2007年にポスコ株を取得、約4・5%を保有していたが、昨年4~6月期の時点ですべて売却していたことが今年3月末になって判明した。
 ポスコの株主はパニック状態となり、同社の株価は年初来安値まで急落した。
 バフェット氏は約50年にわたる投資で資産を7000倍に膨らませたことで知られる。投資先は長期的な成長性が見込まれ、株価が割安な銘柄を選択する。自分が理解できない会社の株には投資しない方針で、ITバブルの際にもハイテク株に手を出さなかった。コカ・コーラやアメリカン・エキスプレス、ナイキ、ジョンソン&ジョンソン、ウォルト・ディズニーなどがこれまでの主な投資先だ。
 最近ではバークシャーが投資ファンドとともに買収した食品大手のクラフトフーズ・グループが、ケチャップで知られるハインツと合併を決めたことが話題となった。
 自身の出身地で、バークシャーの本社を置くネブラスカ州オマハの地名から「オマハの賢人」と呼ばれるバフェット氏は、原則としていったん取得した株は長期保有することで知られるが、今回ポスコ株を全株手放したことについて韓国ではさまざまな憶測を呼んでいる。
 ポスコの会長がバフェット氏に面会を求めたが、遠回しに断られたことや、業績が悪化し、株価も09年末以降、下がり続けたことで、ポスコの成長について疑念が持たれたとの推測もある。
 また、新日鉄住金は、ポスコが特殊鋼板の製造技術を盗用したとして、損害賠償や製造・販売の差し止めを求めた訴訟を起こしている。
 さらに鉄鋼業界全体についても、中国の供給過剰と需要低迷によって、今後の成長が伸び悩むと懸念されている。バフェット氏のポスコ株売却についても「中国経済の低迷が長期化すると考えたのではないか。中国の経済成長率が一時の2ケタ成長から7%程度に減速するほか、デフレ懸念も台頭している」(国内証券アナリスト)との見方もある。
 一方、「鉄鋼業界の現状や将来を見れば妥当な判断とも思える。ただ、ポスコの経営方針そのものや背後にある韓国の政財界に関して疑問を持ったのではないか」と指摘するのは、『バフェットに学ぶ永久不滅投資法』(同友館)の著書もあり、中韓経済にも詳しい大原創研社長の大原浩氏。
 「バフェット氏は単に業績が悪いという理由で株を売却することは少ない。業績が悪化したIBMに投資を続けているし、下がったところで株を買い増すこともある。今回の売却はかつてのペトロチャイナのパターンに近いのではないか」とみる。
 ペトロチャイナ(中国石油)は、中国の国有企業、中国石油天然気集団公司(CNPC)の子会社で、バフェット氏は02~03年に同社株を買ったが07年にすべて手放した。
 その後、CNPC出身で石油閥の周永康氏が汚職で失脚した際、ペトロチャイナ幹部らも調査対象となるなど政争に巻き込まれた。
 「バフェット氏は国が関わっている企業への投資を嫌う。株をどれだけ買ってもコントロールできないためだ。ポスコなど韓国の財閥企業も政権との関係が深い」(大原氏)
 ポスコは旧国営企業で、00年に民営化されたが、政権が交代するたびにトップのクビもすげ替えられている。
 朴槿恵(パク・クネ)政権発足後の13年には前会長が任期を残して退任を余儀なくされた。そして現在、李明博前政権の「資源外交」をめぐる捜査でもポスコがターゲットになっている。
 前出の大原氏はこんな逸話を紹介する。
 「バフェット氏の金言に『劇場が火事になったらその席から逃げればいいが、金融市場が火事になったら逃げる前に席を誰かに売らなければならない』というものがある。逃げ足の速さもバフェット氏の持ち味だ」







ASEAN最大の飲酒国

越財務省によると、ベトナムの保険市場の2015年成長率は12~15%だという。財務省予測では、損保は12~14%成長、生保は20~22%成長で、生保の成長率の方が高い。2014年は保険市場全体が14.2%成長した。

一方、保健省はセミナーで「ベトナムはGDPではASEAN8位だが、アルコールではASEAN最大消費国」と発表した。ベトナムでは飲酒運転が増加し、保健省では「ベトナム人のアルコール消費量は危険レベル」と警告している。成人1人当たりのアルコール消費量は2005年が年3.8リットル、2010年には6.6リットルに急増している。2025年予測は7リットル超としている。ビール消費量は2012年は28億リットル、2013年は30億リットルでASEAN最大で、アジアではシナと日本に次ぐ3番目だ。ベトナムでの死亡事故の1/5は飲酒運転によるものであり、家庭内暴力の最大要因となっている。

飲酒運転で死ぬのは勝手だが、関係ない人には迷惑をかけないでほしいものだ。また、飲酒で家庭内暴力なんて子供がかわいそう過ぎるのでやめなさいといいたい。生保証書(のコピー)がないものには、飲酒させないことにしたらどうだろうか?(w)また、生保株が良いようだが、生保専業の上場企業はないようだ。






NWBが急増する???

エコノミスト誌は「ニュー・ウェルス・ビルダー(NWB、「新富裕層」)」を発表した。そして、ベトナムを「今後、世界で新富裕層がもっとも急増する国の一つ」と予想した。

同レポートでは、金融資産額10万~200万米ドルを保有するマス富裕層をNWBと定義し、今後は世界中でNWBが急増すると指摘した。特に、2020年までに資産額が大きく増加する上位5ヶ国は1位がインド、2位はインドネシア、以下ベトナム、タイ、フィリピンと予想した。
なかでも「ベトナム経済は2018年に急伸すると予測し、個人消費は安定して伸びる」とした。全体として、ベトナムは「今後20年間、安定した消費の伸びと所得増加で魅力的な国であり続けるだろう」という楽観的分析だ。

さあ、どうだろうか?いずれにせよ、グローバル化の波のなかで先進諸国よりも新興国地域が伸びるのは間違いないだろう。但し、NINJA300はそこまで楽観的ではない。

「シナ崩壊」で人民解放軍がベトナムとの戦争に暴走するとか、韓国が核で日本を恫喝するとか、北が日本にいる2万人のスパイを利用してテロを引き起こして混乱に乗じて首都・東京へ核攻撃、日本を占領するとか、そういうリスクも大きい。テロなんてなんでもできる。天然痘ウイルスを注射した工作員を成田行き飛行機に搭乗させればいいだけ。原発関係下請け企業にもスパイは多く紛れ込んでいるだろう。日本は身元チェックをする法律さえ整備していない。少しだけ、バルブを逆方向へ回せばいいだけだ。

シナの場合は人民解放軍の人海作戦で、東京を壊滅させた後に各県の県庁を占拠すれば、いいだけ。実に簡単。米軍は100%助けてくれますか?今の丸腰日本はとても危ういという現実があるが、ほとんどの日本人はコトが起こってからしか理解はできないだろう。まーいい。

おっと、話がズレた。各国には各国それぞれのリスクがあるのだが、日本にはしっかりやってもらいたいという意味だ。そうすれば、シナが崩壊するなかで、日本の準同盟国ベトナムは「世界の工場」として伸びるだろう。もっとも、10年後はキューバが「世界の工場」になっている可能性もないことはないが・・・地政上、北米は安泰だろう。

米国は石油価格が下落し、シェールガスが手に入ったのでわざわざ中東に介入する必要を感じていない。せいぜい空爆であり、陸軍は投入しない。オバマはイランに核兵器を認める腹積もりである。ネタニエフ首相(イスラエル)のオバマへの不信と怒りは強烈だ。オバマの戦略は北米には関係がなくなった中東を「混沌」の状況に維持することではないだろうか。遠い北米の人間は、中東の砂漠なんて知ったこっちゃないということだ。

2013年、伊勢神社は遷宮を実施したが、次の遷宮までの20年は「大波乱の20年」となるだろう。見物させてもらおう。






米ドル指数(2015/4/6)

今後の相場の方向性は米ドルが占う。正直、読めない。わからなくなったら、いったん利食いが定石だ。

米ドル指数の1年チャート


「元外務省のラスプーチン」佐藤優はいまや年に30冊を上梓している。外務省は入省後2~3年ほど国費で留学できる。
現代では英語はできて当然だから、第2外国語が重要になる。わたしも第2外国語に力を入れておけばよかったなぁ。第2外国語としては、アラビア語とかミャンマー語とかマイナー言語を推奨する。






「バガヤロ女」のサンプル画像

有名な「バカ女」の上西小百合の画像をサンプルとして、アップします。いかにも・・「バカ女」顔じゃないですか。



なお、NINJA300は橋下の大阪都構想には反対です。そもそも、都とは陛下のお住まいになられる場所のことをいいます。ですから、大阪都にはなりえません。陛下が大阪にお住まいになられるなら別ですが、今は東京ですから。将来は、京都にお戻りになられるのが良いと思います。おそらく、橋下はその出自から、陛下へ反感を持ち、それがこの政策に滲みでているのでしょう。

参考:三橋貴明のブログ「新世紀のビッグブラザーへ」

引用(出所「新世紀のビッグブラザーへ」)
事実1:今回の住民投票で決まっても、「大阪都」にはなりません。
事実2:今の「都構想」は、要するに「大阪市を解体して五つの特別区に分割する」ことです。
事実3:年間2200億円の大阪市民の税金が市外に「流出」します。
事実4:流出した2200億円の多くが、大阪市「外」に使われます。
事実5:特別区の人口比は東京は「7割」、でも大阪では「たった3割」
事実6:東京23区の人々は、「東京市」が無いせいで「損」をしています。
事実7:東京の繁栄は「都」という仕組みのせいでなく、「一極集中」の賜(たまもの)です。


「やまとなでしこ」は少なくなりました。絶滅危惧種(endangered species)です。特に、首都圏方面はだめです。NINJA300は365の経験から「見る目(an eye)」は鍛えられましたが、そうじゃない方はお気をつけください。こういうのは経験から学んだらだめなんですよ。本当は・・・








竜安寺の蹲踞

昨年、訪れた竜安寺の知足の蹲踞(レプリカ)の写真。石庭の意味は良く分からなかったが、蹲踞の意味はある年齢の境を超えれば分かる。ただ、現代の若者は、老成しすぎて、もっと反骨心や上昇志向があってよいのではとも思う。





以下はWIKIより
知足の蹲踞(つくばい) - 茶室蔵六庵の露地にある。蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。ここの蹲踞には回転折句を使って「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、その意味合いから石庭の石が「一度に14個しか見ることができない」ことを「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれる。また水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、そのため一見「五・隹・疋・矢」と読める。水戸光圀の寄進と伝承されているが、一般拝観者が見ることのできるものは複製である。

「短足おじさんの一言」より拝借


方丈庭園(史跡・特別名勝) - いわゆる「龍安寺の石庭」である。幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭である。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭である。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものを作る。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山である。近世の地誌類には、室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えるが、作者、作庭年代、表現意図ともに諸説あって定かでない。作者として他に推測されている人物として、創建した細川勝元、その息子細川政元、開山の義天玄承、金森宗和らがいるが、作者については未だに不明[1]。庭石の裏には「小太郎・□二郎」と刻まれた刻印がある。作者を示唆する暗号ではないかとされるが憶測の域を出ていない[2]。
15個の石は、庭をどちらから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているという。しかし、中の部屋から1ヶ所だけ15個の石全てが見える位置がある。ヘルト・ファン・トンダーとマイケル・ライオンズによれば、それは方丈の間の中心であり、15の石の配置は、ここを根元とする「二分岐構造」になっているという。ただし、この程度の面積の庭に15個の石を並べれば、そのうちの1つは隠れて見えなくなるのはむしろ当然のことだとする意見もあり、これを表現意図とする考え方には賛否両論がある。なお、東洋では十五夜(満月)にあたる15という数字を「完全」を表すものとしてとらえる思想があり、15に1つ足りない14は「不完全さ」を表すとされている。また、日本には、日光東照宮の陽明門にみられるように、「物事は完成した時点から崩壊が始まる」という思想があり、建造物をわざと不完全なままにしておくことがある。
この庭には近世以来「虎の子渡しの庭」の別称がある。この庭を「虎の子渡し」という中国の説話と結び付けるのは伝承にすぎないが、参考までに説話の概略を以下に示す。
虎は、3匹の子供がいると、そのうち1匹は必ずどう猛で、子虎だけで放っておくと、そのどう猛な子虎が他の子虎を食ってしまうという。そこで、母虎が3匹の虎を連れて大河を渡る時は次のようにする。母虎はまず、どう猛な子虎を先に向こう岸に渡してから、いったん引き返す。次に、残った2匹のうち1匹を連れて向こう岸に行くと、今度は、どう猛な子虎だけを連れて、ふたたび元の岸に戻る。その次に、3匹目の子虎を連れて向こう岸へ渡る。この時点で元の岸にはどう猛な子虎1匹だけが残っているので、母虎は最後にこれを連れて向こう岸へ渡る。つまり、3匹の子虎を渡すのに3往復半する訳である。龍安寺の石庭はこの様子を表したものだという訳である。
イギリスのエリザベス女王が1975年に日本を公式訪問した際、石庭の見学を希望。女王が石庭を絶賛したことが海外のマスコミでも報道された。そのため昨今では世界各地での日本のZEN(禅)ブームと相俟って日本人より海外の観光客の来訪者の比率が高いといわれている。











【セイコーダイバー】ブラックボーイ・ミドルサイズ(SKX013)

ラージサイズ(SKX007)も持っているのですが、ラージよりミドルの方が良いような気がします。





4/3の日経には、ベトナムNO.1乳業のビナミルク(VNM)について掲載されました。ベトナム証券市場の問題は、VNMのような優良銘柄を外国人投資家が買い付けできないことにあります。

疲れたらチョコ。



歴史上最大のシナ人来襲

シナの観光ブームは凄いですね。
カッコヅケのGACKTは、パリでシナ人と間違われたそうです。ハッハッハ、面白い。
ホテル業界にとっては、朗報なんでしょうが、このなかにはスパイが潜んでいるのは確実でしょう。
シナ人には日本でガンガン仕入れをしてもらって、確実に帰国してもらうのが良いですね。
タイやベトナム人には楽しんでもらって、ぜひまた来てもらいたいです。
韓国人?なんであいつらは日本に来るの?来なくていい。その前に仏像と竹島返せ。


中国人花見客が“爆宿” 特需のビジネスホテル「1泊3万円」も…会社員とばっちり
SankeiBiz 4月3日(金)8時15分配信
 各地でサクラが見ごろを迎える中、海外、とりわけ中国からの花見目的の観光客が急増し、首都圏を中心にホテルなどの宿泊先が不足している。中国人客は2月の「春節(旧正月)」の際に大挙して訪日し、高額・大量消費する「爆買い」が話題となったが、今回の花見シーズンも昨年同期比で2倍以上が入国するとみられる。
 「今年は花見客の半分以上が中国などの外国人だ」
 こう話すのは上野観光連盟(東京都台東区)の担当者。上野公園には毎年200万人以上の花見客が訪れるが、昨年は4割程度だった外国人比率は5割以上になったとみられ、公園内の人混みの中では中国語が飛び交う。
 中国人を中心とする観光客の大量流入で、首都圏では4月上旬のホテル不足が深刻化している。上野地区では「ビジネスホテルを中心に周辺の宿泊施設の稼働率は軒並み90%以上。飛び込みの予約はまず取れない」(同連盟)という。
 藤田観光が展開するビジネスホテル「ワシントンホテル」では、首都圏にあるホテルの稼働率が90%後半で推移しており、「花見需要も重なり、最近はほぼ満室状態」という。
 共立メンテナンスが展開する「ドーミーイン」も、首都圏の5ホテルで昨年同期比で訪日客数が4%増え、連日ほぼ満室となっている。こうした動きは高級ホテルにも波及しており、プリンスホテルも「7日ごろまで、かなりの高稼働率が続く」としている。
 観光庁によると、東京や神奈川、大阪、京都の2014年の客室稼働率はビジネスホテル、シティーホテルともに80~90%で推移し、客室不足が顕在化している。もともと4月は就職・進学による宿泊需要も高く、そこに中国人観光客らの需要が重なった。
 需給が逼迫(ひっぱく)する中、ホテル業界は強気だ。ある会社は都心のビジネスホテルに閑散期の3倍以上となる「1泊3万円」の価格を設定したが、それでも訪日客からの予約が入るという。デフレ脱却の動きもあって客室単価は全体的に上昇しており、従来の主要顧客であるビジネスマンが割りを食う構図だ。
 1月の中国人に対するビザ(査証)発給要件の緩和も手伝って、上海の日本総領事館の3月のビザ発給件数は、前年同月の約2倍で、単月として過去最高の14万6000件に上った。
 「中国人の日本に対するイメージは『サクラ、ラーメン、温泉』が占めている」(旅行業界関係者)。円安傾向やクルーズ船寄港の増加も続いており、中国人観光客の訪日熱は当面続きそうだ。


疲れたらチョコ。





日本外務省は汚名を払え!

某有名メルマガに投稿したのだが、ボツになったようだ。しかし、せっかく書いたので、当ブログに掲載しようとおもう。
内容は、外務省擁護の投稿へのNINJA300の批判である。
日本人は一度衝突すれば一生喧嘩状態になるという悪癖を持っている。対して、欧米文化では議論をして意見はまったく異なっても引き続き友人関係が続く。この点で、現代日本人は西洋に学ばなければならないと思う。「ハラ」という概念はあってもそれを使いこなせる日本人は少数派のなかの少数派だ。これは日本人の大きな弱点だが、その点をメルマガ主催者は考慮したものと想像する。だが、わたしとしては「昭和天皇を騙した」ことは許せません。

外務省は対米戦争開戦時に、米国へ宣戦布告の通告をしくじった。お陰で、今でも日本人は「スニークアタック」をする民族だという風評がたっている。外務省が宣戦布告をしくじった理由は、寺崎某の「送別会パーティー」のためである。

以下はWIKIからの引用
国際法上自衛戦争であるならば宣戦布告は不要でもあった[29]。しかし、途中で話がおかしいと気づいて開戦通告する方向に傾いた[29]。12月1日の御前会議で正式に対米戦争開戦が決まった際、昭和天皇は東条英機を呼んで「間違いなく開戦通告をおこなうように」と告げ、これを受けて東条英機は東郷茂徳に開戦通告をすべく指示し、外務省は開戦通告の準備に入った。(中略)この問題について外務省は調査委員会を設立し調査を行ったが、調査結果は公表されなかった。1994年11月20日に外務省は当時の調査委員会による調査記録「昭和16年12月7日対米覚書伝達遅延事情に関する記録」を公開した。現在この資料は外交史料館報第8号で閲覧可能である。この調査などに基づく通説では、6日夜に大使館員が南アメリカへ転勤する寺崎英成の送別会をメイフラワー・ホテルの中国料理店で行っていたこと、奥村が送別会後も大使館に戻って浄書を行わず知人の家にトランプをしに行っていたこと、奥村の英訳親書の浄書・タイプが遅れたこと、14分割目に「大至急」の指示が付されておらず覚書本文の続きであることがわからなかったことなどが原因であるとされている。
このような大使館のミスによる失態であるとの通説に対して、奥村とともに責任を問われることがある館務総括参事官の井口貞夫は生前に「自分の管掌事務ではなく承知していなかった」と主張していた。またその息子である井口武夫元ニュージーランド大使も、外務省本省が負うべき落度を現地大使館に責任転嫁しているとして、奥村書記官を含めて大使館側に失態はなかったと主張している


これに対して、外務省の重光葵は、「すでに米軍から南支那で宣戦布告のない攻撃を受けているので反撃には宣戦布告は不要」と述べたが、こうした認識自体が後の、スニークアタックの風評を考えると甘い。逆に宣戦布告をしてどういうデメリットが日本にあったのだろうか?

また、「戦争はスポーツ試合ではないので宣戦布告はそもそも不要」という方もいる。しかし、スポーツ試合でないならば、何をやっても良いのだろうか?例えば、一晩の空襲で民間人10万人の殺戮もルール無用だからと正当化されるのだろうか?ほとんどの日本人はそうは思わないでしょう。この世には倫理というものが存在するからだ。
加えて、蒋介石の例を引いて「宣戦布告はご都合主義なので、宣戦布告はいらない」と主張するやからもいる。ところで、「ヒトラー以上の独裁者」である蒋介石になぜ倣おうとするのか?
さらには、「前夜の大使館員送別会はFBIの厳重監視の目をくらますためであったかもしれません」という方もいるが、まったく根拠のない与太話である。

外務省の関係者は、何も知らない陛下から賜った勲章をまずは返上してから、しっかり言い訳をしてほしい。

外務省は閨閥がひどく、身内を批判できない体質が今でも残存している。日本企業の駐在員主婦がいまでも欧米でご近所パーティーの席で若い無粋な若者にこの問題について切り出され、反論できずとても悔しい思いをしたという体験談をよくきく。日本にとって、こういう事態は不名誉なことなので、外務省にはぜひ言い訳全開でHPに日本語と英語で言い訳を全公開してほしいものだ。90年代前半のイラク戦争よりピンポイント攻撃だったとか、死者数とか比較表も掲載しましょう(笑)。アメリカも自分のパシリだと思っている日本外務省の行動に興味をもつことでしょう。

外務省に毎年入省するキャリア官僚の20%程度は外交官2世で、調査不可能な甥や姪を含めるとそれ以上だという。入省すると、国税(1500~3000万円)で2年間語学留学させるが、その現状がかなりひどい。
NINJA300が実際に日本人学生から聞いたのは、わたしが入学する1年前の日本人国費留学生についてで、親(官僚)の指示で、イギリス到着と同時にジャガー新車購入。ジャガーで通学、住居は豪華な戸建て(ほとんどの学生はキャンパス内の寮に居住)。正月はわざわざハワイで家族で年越し、わざわざイギリスからハワイまで行ったそうです。ジャガーは父親(官僚)が乗るとかで東京へお持ち帰りだそう。

外務省のドンで中曽根内閣で「東京裁判を無視し謝罪外交元凶となる発言をした」小和田恒元外務次官の娘の皇太子妃が外務官試験で面接をした際には、面接官が震えたとか(笑)。明治以降、現代まで続く、閨閥や血縁が敗戦や1990年以降の日本の経済没落に寄与したと思います。

民間企業では親が勤務している間は子弟の就職を禁じているところも多いようです。今の人生はイロイロあるのに、わざわざ外務省を選択するということはそれだけ甘い甘い汁があると想像します。考えてみれば、20代のちょっとと30代の間だけ働けば良いところだし、スパイのリスクも無い。いつでも辞職できるしね。外務省とは非常に居心地の良い職場のようです。






田母神は「オオウソツキヤロー」

田母神は「オオウソツキヤロー」だ。
こいつは「ルーズな人間」で「愛国ビジネス」「保守ビジネス」をしている最低なヤツだ。
見苦しいぞ。田母神=「オオウソツキヤロー」=「詐欺師」




田母神=「オオウソツキヤロー」=「詐欺師」






メジャー・シネプレックス(MAJOR)

シネプレックス最大手のメジャー(MAJOR)は映画館拡充のために2020年までに総額50億バーツを投資する。2014年の売上高は91億バーツだが、2020年までに200億バーツを目指す。

同社はタイ国内77ヶ所に520スクリーン、カンボジアは1ヵ所に7スクリーンの合計78ヶ所に527スクリーンを保有するが、2020年までに国内外で合計1000スクリーンに増やす方針だ。内、国内が900スクリーン、国外は100スクリーンを予定する。今年はラオス進出予定。今年の投資額は15億バーツで、国内で100スクリーンを増設する。2015年の売上高は前年比15%増が目標だという。






JPXがミャンマー証取設立準備室設置

JPXが4/1付けでヤンゴン証券取引所設立準備室を設置した。

JPX、ミャンマーの証券取引所設立で準備室 時事通信 4月1日(水)20時0分配信
 日本取引所グループ <8697> (JPX)は1日、ミャンマー初となる証券取引所「ヤンゴン証券取引所」の開業支援を強化するため、同日付で設立準備室を設置したと発表した。JPXは取引所の準備会社に出資しており、今秋の開業に向け、取引所ライセンスの取得や上場会社の募集などを後押ししていく。 

ヤンゴン証券取引所設立準備室は専任4人、兼任6人の計10名。専任4人のうち、3人はミャンマー駐在となる。
ヤンゴン証券取引所は昨年末に、ミャンマー経済銀行(国営)、大和総研、JPXと設立に向けた合弁の準備会社設立契約を交わした。準備会社の株主構成は大和総研が30.25%、JPXが18.75%で日本側が計49%、ミャンマー経済銀行(ミャンマー政府)が51%となる。つまり、51%株式を保有するミャンマー側は何でもできる(支配権をもつ)という契約だ。

ベトナムとカンボジアの証券市場は韓国証券取引が主導した。だから、ベトナムは証券市場が採用した取引プログラムの関係で、タイのようなNVDRを利用した外国人投資規制緩和が出来ない。韓国製の安物をこういう基幹金融インフラに使用するからこういうことになるのだ。結果、ベトナム証券市場の発展は遅れた。
ミャンマーでは日本が頑張るということだろうが、注意すべきはミャンマー経済にはバブル機運が強いことだ。シャン州では現在も麻薬権益を巡って戦乱の渦中にある。ベトナムはキン族(90~95%)がほとんどだが、ミャンマーではミャンマー人は60~65%しかいない。英国のdivide & conquer政策でインド人やシナ人が大量に入植し、少数民族の一部はキリスト教徒になってしまったからだ。民族、宗教面でかなりの分裂をしている。
証券取引所設立後2年は活況・・バブル破裂で終了。長い低迷・・・といういつものパターンにははまって欲しくないと思う。





ベトナム景気は穏やかな回復

HSBCベトナム支店が発表する3月のベトナム製造業購買担当者景況感指数(PMI)は50.7だった。「景気拡大」を意味する50以上は19ヶ月連続となる。

(ベトナム製造業購買担当者景況感指数のチャート)


ベトナム政府は2015年の目標として、経済成長6.2%、輸出10%増、インフレ抑制、通貨安定を掲げているが、直近の鉱工業生産は好転、通貨は安定、外貨準備は増加している。

最近、株価は冴えないベトナムだが、景気の緩やかな回復は明らかだ。証券市場の規制緩和という材料があれば、株価が急騰する余地は十分にある。証券市場規制緩和とペアで、大手国営企業の民営化という課題も実行していかねばならない。ベトナム株の2007年の高値(?)あんなものは本当のところ、目じゃない(ww)のです。


狭い狭い日本

総需要不足だ。
日銀は2年前、コアCPIを2年で2%へ引き上げるという目標を立てた。しかし、総務省が3月27日に発表した2015年2月の消費者物価指数は、消費税増税分(2%)を除くと、CPIが0.2%、コアCPIは「ゼロ」だった。消費税増税分が剥がれる4月には、コアCPIとコアコアCPIは共にマイナスに陥っている可能性は高い。つまり、結果として目標達成はできなかった。結果に対して、日銀は責任をとってほしい。1997年がピークだった国民の実質賃金は水面下マイナスが続いている。デフレは継続中だ。

1年前まで見通しは良かった。コアCPIは1.5%まで上昇した。しかし、財務省主導の消費増税で元に戻った。株価だけ上昇している。
日銀は原油価格低下を言い訳に使うのは目に見えている。消費税が原因なのに。財務省は強大な権力を持って、2017年4月の消費再増税から景気条項が外されてしまった。消費税は、国民投票マターだ。日本経済の生死を決めるからだ。財務省の省内だけに目を向けた狭い意思決定で日本はどんどんだめになっていく。

分母となる国内総生産(GDP)を増やせば、分子の借金が増えても、トータルでは財政赤字は改善する。「上げ潮派云々・・・」・・そんな省内のつまらんことにこだわっているんじゃない!このままじゃシナや上下朝鮮に侵略されるぞ。

NINJA300は「ヒャルマール・シャハト」政策の採用を提言する。日本人はわかっているが実行できない。三橋貴明氏はマスコミで何度もリフレ政策を主張している。わたしも同じ見解です。わかっているのに、できないのが日本政府だ。戦前も欧米の手口はすべてわかっていたのに、負けた。

すべて財務官僚が悪い。巨大公共投資をやりましょう。その資金は国債で調達するまでもない。円高時にドル買い介入をした資金には10兆円程度の利が乗っているはずだ。もちろん、国債を日銀引受させて調達しても良い。15兆円の公共投資だ。
はっきりいおう。NINJA300がイメージする三本の矢とは、最初の矢は日銀の「量的金融緩和」、第二の矢は「巨大公共投資」、第三の矢は潜水艦、戦闘機、ハッカー軍団と技術、ドローンなど「再軍備」だ。
クラウゼヴィッツは「戦争とは外交の一手段である」といった。戦争できない日本は上朝鮮に完全に舐められているじゃないか。 中学生の娘を外国に誘拐されて日本人は黙っているのか。

イランの核開発をオバマ米国は容認する構えだ。イランがもてば、サウジは核を配備する。サウジがもてば、オマーン、UAEなども核をどこからか購入するだろう。仮に、スンニー派サウジ王権が内部崩壊すれば、テロリストやISISがサウジ残党から核を手に入れて使用する。そうすれば、パリやNYでの核テロも考えられる。日本も先日の首切りで完全にターゲットにはいっている。アジアでは韓国が核を保有するだろう。そういう時代が2030年代まで続きそうだ。
日本はぼやぼやしていれば、滅ぶ。それもいいのかもしれないと最近は思っている。「全員焼けて死んでください。自己責任です。」未来の勝者はきっとそう思っている。







≪PREV
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々のの想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

「ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株・2019年1月号/第2回」
URL: https://foomii.com/00138/2019010418534751016

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・