京都が「世界一の観光都市」に

今後、円安になれば、京都は断トツの人気都市になるのではないだろうか。

世界で最も影響力をもつ旅行雑誌のひとつ「Travel + Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」誌は、読者投票「ワールドベストアワード2014」を実施。世界の人気都市を決める「ワールドベストシティ」ランキングで、「京都」を1位に選出した。
京都は一昨年に日本の都市として初のベスト10入り(9位)を果たし、2013年は5位、さらに今年は1位と評価を上げている。

ランキングは次の通り。

■ワールドベストシティ 上位10都市

1位 京都(日本): 90.21点
2位 チャールストン(アメリカ):90.18点
3位 フィレンツェ(イタリア): 89.99点
4位 シェムリアップ(カンボジア):89.82点
5位 ローマ(イタリア): 89.61点
6位 イスタンブール(トルコ): 89.58点
7位 セビリア(スペイン): 89.28点
8位 バルセロナ(スペイン): 89.18点
9位 メキシコシティ(メキシコ): 89.07点
10位 ニューオーリンズ(アメリカ):88.74点


京都は対象をアジア地域に絞ったランキングでも1位に選ばれている。

■アジア地区 上位10都市
1位 京都(日本):90.21点
2位 シェムリアップ(カンボジア):89.82点
3位 バンコク(タイ):88.32点
4位 東京(日本):85.35点
5位 香港(中国):84.89点
6位 上海(中国):83.56点
7位 ハノイ(ベトナム):82.77点
8位 西安(中国):82.48点
9位 北京(中国):81.61点
10位 シンガポール:81.29点


Travel+Leisure 誌は100万部近い売上げを誇る月刊旅行雑誌。世界的にも強い影響力をもつと言われている。「ワールドベストアワード」は同誌で1995年から始まった読者投票ランキング。世界の観光都市やホテル、クルーズ、旅行会社、航空会社等をランク付けしている。「ワールドベストシティ」の評価ポイントは、「風景/旧跡・名所」「文化/芸術」「レストラン/食べ物」「人」「価値」の5つ。



主な読者層は年収1千万円以上の富裕層。世界で最も記事の影響力の大きい旅行誌といわれる。

私は、世界トップ10の内、4都市。アジアトップ10の内、9都市を観光したことがあります。結構行ってるね。
でも、ロンドンは何故入らなかったのだろうか?物価が高いせいかなぁ。また、今の豪州のシドニー、パースなどは物価高で観光客は寄りつかないのではないだろうか?対米ドルでリーマンショック後の安値から倍近くになっているから。高すぎですね。観光に行くときは、その国の為替は私にとっては大きな要因です。

(豪ドルの対米ドル長期チャート)
豪州ドル_米ドル



投資眼鍛える商品相場 銅や小麦、原油で読む世界 株・為替リスク回避にも有効

本日は日経記事のアップ。大変良い記事で参考になったので記録しておく。

■中国の変化が左右

 消費地の情報では、石油を除く主要商品で世界最大の需要国となった中国の変化に市場が一喜一憂するようになった。中でも世界の4割を中国が消費する銅のロンドン金属取引所(LME)相場は「中国経済の鏡」と言われる。

 2008年のリーマン・ショック後に一時1トン2800ドル台まで急落したLME銅相場は、中国政府が打ち出した4兆元の景気対策に押し上げられ、11年2月には1万190ドルの史上最高値を記録している。

 7000ドル台を維持していれば中国の需要=景気は大丈夫、というのがおおよその相場観だ。しかし、今年3月7日には260ドルを超す急落劇で7000ドル台をあっさり下回った。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦チーフテクニカルアナリストは「中国の株式相場は11年から銅相場との相関性が強まり、銅相場が下げれば中国株の下振れリスクが強まる」と指摘する(グラフ)。



 チャート分析を専門にする宮田氏によると、銅相場のチャートは今回の急落で下げ相場に転換する典型的な格好となり、15~16年まで下げ続く可能性が高い。15年は中国株式相場の3年周期の波動と、5年周期の波動が同時に底を付ける時期とも重なるという。

 分析手法は異なるが、マーケット・リスク・アドバイザリー(MRA)の新村直弘代表取締役も「中国経済は15年に正念場を迎える」と指摘する。「若い人の多い人口構成が経済成長を助ける時期は終わり、労働人口が減少に転じる影響が大きい」

 銅相場が6000ドル台も割り込んで下げれば、こうした中国経済の悲観シナリオは現実味を増す。

 一方、有力な生産国で情勢が悪化すれば供給不安から国際相場は上がる。ココア(カカオ豆)の最大産地、コートジボワールが2010年の大統領選をめぐって混乱したときは、指標になるロンドン市場やニューヨーク市場ののココア先物相場が真っ先に反応した。

■ウクライナに注目

 市場が現在、もっとも気をもむのがウクライナとロシアをめぐる国際情勢だ。ウクライナはトウモロコシの輸出量で世界3位、小麦で5位の穀物生産国だ。小麦のシカゴ相場は国際情勢の緊迫を材料に1月末に比べ3割も上昇した。

 さらにロシアは原油や天然ガスで米国と並ぶ世界最大級の生産国だ。市場が欧米の経済制裁やロシアの対抗措置、ロシア経済が混乱に陥った場合の影響を無視できないとみれば、相場には上昇圧力が強まる。

 MRAが今月まとめたリポートは、原油市場で想定外の供給障害に見舞われるイベントリスクが高まっていると指摘する。「ウクライナをめぐるロシアと欧米の対立が中東に飛び火し、ロシアがイランやシリアに接近すれば事態はいっそう複雑になる」(新村氏)

 原油はベネズエラの政情不安も見逃せない。チャベス前大統領の死後、国内の混乱は増すばかり。生産回復の遅れるリビアに続き、日量200万バレル強を生産する石油輸出国機構(OPEC)加盟国の供給が滞る気配が強まれば、原油市場はそれを織り込み始める。

 ベネズエラの原油生産が激減すれば、同国から原油を調達しているキューバ情勢が不安定化する可能性も高まる。原油や食糧などの供給を通じ、地政学リスクが連鎖することにも注意が必要だ(図表)。



 エネルギー市場の分析を手掛ける伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリーの伊藤敏憲代表は、地政学リスクが高まる背景として米国の影響力低下に加え、ロシアの周辺国支配が弱まったことを挙げる。「その結果、ウクライナのような極端な動きが表れる」

 原油相場の上昇は日本で液化天然ガス(LNG)の輸入価格を押し上げ、電気・ガス料金を上昇させる。企業収益への影響だけでなく、個人消費の足を引っ張る懸念もある

 タイ情勢もインラック首相の失職で混迷が深まった。ただ、市場は同国が主産国の天然ゴムなどで在庫放出が増えるとし、タイ情勢を下げ材料とみている。市場の動きは、情勢混迷→生産減という深刻さはまだ想定していないと読める。

 海外リスクが収束する気配は見えない。相場はどのようなリスクに反応し、深刻さを察知しているのか、市場の声に耳を傾ければ国際ニュースに隠れた生きた情報が聞こえるはずだ。 出所[日本経済新聞朝刊2014年5月14日付]

ベトナムのFMCG

ベトナムの製菓大手キンド食品(KDC)植物油首位ボカリメックスの株式24%を購入する。ボカリメックスは7月25日にホーチミン証券取引所上場予定で少なくとも4280億ドンを調達する計画だそう。
KDCはサイゴンのコーヒー企業・フィンデリの株式も購入見込みで、同社のコーヒー輸出市場の拡大に投資する。

KDCは製菓から、即席麺、植物油、コーヒーへ「多角化」を進めている。果たして成功するかどうか。リスクは低くはない。KDCの強みであり、相乗効果のポイントは製菓の既存販売チャネルだ。

コーヒーでは最近、MSN(マサングループ)傘下のVCF(ビナカフェ・ビエンホア)が乳業へ進出することを決定した。VCFはコーヒーの生産・販売で約50年の経験を有すが、牛乳・乳製品、乳幼児食品、菓子の製造・販売分野に参入する方針だという。


最近では、HAG(ホアン・アイン・ザーライ)が乳業への進出を表明しており、実質国営企業のVNM(ビナミルク)による乳業のほぼ独占体制も終わりを告げそう。この辺にVNMの株価の勢いが鈍っている秘密がありそうだ。いままでは甘い体質の国営企業だったが、その体質から抜け出せるか否かが今後の株価を左右するだろう。




なお、KDC、VNMには外国人投資枠上限で新規投資はできない(ちゃんちゃん)。

これが「透明」で「無機質」な民主主義国家「日本」

これが「戦後日本」です。「無機質」な国になってしまいました。

塩村東京都議って・・・いったい・・・ちょっと見てみてください。ただただ情けないです。ばれなければいい?一番腹が立ちます。都民のレベルって低いんですね。


これも・・・何をしていたのか何も説明していない!要は、「カラ出張だったんだが、そこは大目にみてくれ」という意味だろう。こいつは兵庫県議。ちゃんと普通の人の数倍以上の公費が支給されているだろうに、よほど県議になるのに使った金を早く取り戻したいらしい。


半田県議(愛知)。これはどうみても愛人みたいなものへの利益供与でしょ。


3人とも腐っています。腐臭がしています。プーチン露大統領が沖縄サミットで森元首相に仰ったように、日本は腐っていますね。事実として、受け止めましょう。

SENSEX指数が史上最高値

7月2日、インド株式市場でSENSEX指数が史上最高値を記録した。インド株は「インドの安倍」といわれるヒンズー至上主義者・モディ首相就任後、急騰している。米国は当初はモディ氏を要注意人物と警戒していたが、首相就任見通しが濃くなった段階で180度姿勢を変え、支持に転じていた。

1日、インド財務大臣が「思慮のない衆愚政治」を抑制する必要があると発言したことで、7月10日発表の予算案に期待する見方が強まったことが株価上昇の背景にある。

SENSEX指数は史上最高値の2万5737.42を記録。これまでの高値は6月11日の2万5735.87だった。



マーク・ファーバーはベトナムに強気

マーク・ファーバーが6月19日にホーチミン市で講演を行っている。彼はダナンの不動産プロジェクトに投資しているようだ。以下は簡約。

ベトナム人は働きもので将来に希望を抱いている。投資家は将来に大志を抱く国を好むものだ。ベトナムの投資環境は優れている。経済は東シナ海でのチャイナとの緊張の高まりの影響を受けるだろうが、ベトナムとチャイナは外交での緊張緩和への道を見つけることができると思う。したがって、私はベトナムへの投資を続ける。

Marc Faber to continue investing in Vietnam despite tensions
Vietnamese work hard and they have ambitions. Investors like countries with highly ambitious people.
Vietnam has an attractive investment environment. Vietnam’s economy has been affected by the tensions with China in the East Sea. But I believe Vietnamese and Chinese diplomats will find a way to ease the tensions. I will continue investing in Vietnam. - See more at: http://www.marcfabersblog.com/#sthash.m9KhWrqr.dpuf




公平にみて、シナに投資するならば、ベトナムへ投資する方がずっとましだろう。但し、長期投資となる。

ベトナムは「人口ボーナス期」

ベトナムの2014年6月30日現在の生産年齢人口は前年比1万0200人減少し、4730万人となった。越統計総局では、就労人口は前年比30万人増の5270万人と推定し、ベトナムは「人口ボーナス期」の第1段階にあるとの見方を示している。

一方、失業率は2.14%で、都市部では3.62%と地方の1.47%よりも高いという。また、15~24歳の未就労者率は6.32%で、都市部は11.87%と地方の4.54%を大幅に上回っている。

タイでは都会で失業すると、地元(地方)へ戻って農業をするため決して失業率は上昇しない。バーツ危機の時もそうだった。ベトナムもおそらく同じような構造にあるのかもしれない。

ベトナムでは「人口ボーナス期」が当分続く。一部に算出方法の違いから、「ベトナムの人口ボーナス期はもう終わり」との見方をする人もいるが、それは統計だけをみているオタクの見方にすぎない。実際に、シナやタイを訪問して比較し、ミャンマーやカンボジアを観てくれば一目で分かるものだ。ベトナムやカンボジアやミャンマーは若者で溢れており、シナやタイとは明らかに違う。マスコミに操作されてはならない。

また、シナとベトナムは同じ共産党一党独裁だが、シナではフェイスブックに接続できないのはもちろん、検索速度が異様に遅く、多くのブログに接続できない。当ブログもシナでは接続不能だ。もちろん、香港では可能だが、シナには住みたくは無い。果たしてベトナムでは当ブログは接続可能であるし、インターネットのアクセススピードは早い。同じ共産党でも国の規模や統治の差から全然市民生活は違うのだ。但し、大まかにみて、ベトナムは15年前のシナという見方には間違いはないとおもう。

しかし、これからシナが経験するだろう困難とベトナムの将来には雲泥の差が出るのではないだろうか。とはいえ、地獄をかいくぐった後のシナには未来が開けるだろう。しかし、それは先の先の話にしか過ぎない。

タイ証券会社のベトナム株式市場レポート

KT・ZMICO証券がベトナム株レポートを送付してきたので簡約してみます。原文は英語(下)。

ベトナムバブル崩壊で不動産、鉄、セメントは大きく低迷したが、そろそろ底に近づいたのか。不動産、鉄、セメントの3業種動向はベトナム経済のリトマス紙となりうる。大きくみて回復シグナルもあるのだが、2015年程度まで谷は継続するのではないか。

不動産セクターは底を探している状況だ。株価は天井から20-50%下落したが、そろそろ底入れしそう。不動産在庫は減少し、売買高も増えている。商業不動産、オフィスは空室率が下がり、グレードAのサービスアパートメントの客室稼働率が増加しつつある。

2014年は鉄、セメントも回復か。鉄とセメントセクターは不動産市況の低迷で2012-2013年まで供給過剰に見舞われていた。しかし、供給過剰はインフラプロジェクトなどによる需要回復で緩和してきている。

VN指数は2014年3月の高値601.9ポイントから現在は一息ついている。しかし、企業業績の回復は思わしくない。

Nearing a trough for property, steel and cement?
In this report we look at three industries hit particularly hard by the downturn; real estate, steel and cement. A bottoming, and eventual turn around in these three cyclical sectors are a key barometer for the overall economy in Vietnam. Although there are signs that a trough is being reached for these sectors, we expect that this nadir could drag well into 2015.

Real estate searching for a bottom
After a 20%-50% drop prices from the peak, the real estate market seems to be finally nearing market clearing levels. Inventories are declining, transaction volume is increasing, and retail, office and Grade A serviced apartments occupancy rates are rising.

Pressure easing on steel and cement industries in 2014
Both the steel and cement were hit over the last few years by a real estate slowdown concurrent with major new capacity was coming online, resulting in considerable oversupply in 2012-2013. However, the oversupply is easing somewhat with a moderate rebound in demand driven by infrastructure projects.

Market continues to rebound
The VN Index continued to rebound over the last two weeks, reaching 576.4, now off just 4.0% from its March 2014 peak of 601.9. However, we have seen few fundamental drivers for this change, and earnings estimates continue to decline. We have maintained the target prices for the stocks under our coverage.


KT・ZMICOは企業業績の回復は思わしくない(earnings estimates continue to decline.)としているが、本当だろうか。
越統計局のアンケート調査では、今後の成長見通しに楽観的な企業が増えてきている。調査は今年1月1日から4月30日までで、対象は国有企業、民間企業、外資系企業など8100社。2014年の売上高は71.6%の企業が昨年比で70%程度増えると予想した。14.7%が変わらず、75.1%は税引き後利益の増加を見込み、34.1%は輸出額の増加を予想した。一方、国内市場について楽観的な見方は34.8%で、16.2%は国内市場が昨年より悪化すると懸念している。

いまのベトナム経済は外資主導、輸出主導。要するに、先に良くなる企業の株式を購入すれば良いだろう。夜明け前は一番暗いものだ。
≪PREV
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々のの想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

「ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株・2019年1月号/第2回」
URL: https://foomii.com/00138/2019010418534751016

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・