新興国が相次ぎ利下げ

韓国、インドネシア、南アフリカは不況。我慢できずに利下げによる景気刺激を狙うが、無理だろう。
次は、これらの国の通貨暴落が迫っている。

新興国が相次ぎ利下げ=米国に先行、「通貨高抑制」か 2019年07月18日 22時44分
韓国やインドネシア、南アフリカなどの中央銀行が18日、相次いで政策金利を引き下げた。米中貿易摩擦の影響などで世界経済に先行き不透明感が強まっていることが背景。月末の米国の利下げが確実視される中、市場では「新興国には急激な自国通貨高を抑制するために先手を打つ狙いもある」との声も聞かれる。 

特に危ない新興国は「経常収支の赤字国」だ。韓国は今年Q2から7年ぶりの経常収支赤字(月ベース)へ転落した。坂道を転げ落ちている。

韓国7年ぶり経常赤字 4月、輸出減少響く  2019/6/5 10:50
韓国銀行(中央銀行)が5日発表した4月の国際収支(暫定値)によると、海外とのモノやサービスなどの取引を表す経常収支は6億6000万ドル(約710億円)の赤字だった。18年4月は13億6000万ドルの黒字。2012年4月以来、7年ぶりの赤字に転落した。世界貿易の減速に伴う輸出の減少が響いた。

言っておくが、
「日本は決して、半島に救いの手を差し伸べてはいけない。縁を切るのだ。眼をあわせてはいけない!さもないと、日本人が仏心をだせば、本気で殺されるぞ。生きていられると思うな。昨日の京アニ火災の死亡者は一昨日はまさか自分がとは思わなかったはずだ!」





スポンサーサイト

「RMB安」

1985年9月、アメリカは日本円の円高方向への誘導を傀儡日本と合意(プラザ合意)した。
その結果、日本経済は当時のアメリカと同じく、「空洞化(hollowing out)」への道を歩むことになった。つまり、アメリカは円高効果によって日本の輸出産業の競争力を弱め、貿易黒字を減少させようとしたのだ。その結果、日本の輸出企業の国内工場から通貨の安い海外工場への移転が「Jカーブ」で始まった。「最初はゆっくり、次第に徹底的に。」工場の海外移転先はASEAN諸国であったり、メキシコであったり、とにかく通貨安の不安定な国・地域である。

アメリカがかつて生意気な日本に足をかけて転ばせたように、アメリカは長期的視野からシナの失墜を画策している。シナは生意気どころではない。現時点で5Gテクノロジーで世界の最先端を走っているのがシナだ。もし、このまま5G技術を握られでもしたらアメリカの覇権が奪われるリスクさえもある。クリントン、オバマ時代は巨大人口の消費需要でアメリカ富裕層を儲けさせてくれたシナ経済だったが、もはや今は「敵」なのだ。

対シナ貿易戦争で米シ経済の間に万里の長城のように張り巡らされた25%関税の壁。その一方で、アメリカはシナ政府のRMB安誘導を非難する。だが、シナには人類史上最大規模の債務問題が存在する。通常に考えれば、RMBが基軸通貨ドルに対して現在の相場を維持できるはずがないのだ。しかし、アメリカはシナ政府の人民元安誘導を常時牽制するだろう。真の目的は変化を急激にして、シナをぶっ潰すことだ。

現在、シナの国内消費は凍り付いている。
例えば、シナ製の腕時計で"PARNIS- GMT"というのがある。ロレックスのオマージュだ。eBayで現在、70ドルで販売されている。安い!つい、NINJA300は「ペプシ」「ブラック」「スパイダーマン」と3個ほど購入してしまった。
つまり、シナ国内では腕時計の在庫が積みあがりまくっているのだ。また、サイゴンではロレックスのパチモンの品質が上昇し、価格は下がった。もし、「遊び心」でロレックスのパチモンが欲しいのならば、今はサイゴンが安い。ベトナム人業者が広東省までバルクで仕入れに行っているからだ。シナの消費マインドは冷えた。



ところで、ベトナムにとってシナは最大の貿易赤字相手国である。第二位は不況の韓国。なお、最大の貿易黒字相手国はアメリカだ。人民元安でベトナムからシナへの輸出に減少圧力がかかる一方、安いシナ製品がベトナムに流れ込む事態が懸念される。
例えば、ベトナムの水産物の対シ輸出。昨年のシナ向け海産物輸出額は前年比5%減、今年第1四半期も5%減だった。内、エビ、バサ魚の輸出額はそれぞれ15%と2%減少した。エビは高級品だから減少幅が大、ナマズ類の白身魚のバサ魚は安価だから弾力性は低い。

RMBは現在、昨年12月程度の水準まで減価した。VNDもRMBに連れ安しているが、RMBの方が減価率がVNDより高い。
したがって、ベトナムにとってはRMB安でシナ製品が大量に流入することが現在の最大懸念である。
まだまだ、RMB安は続くはずだ。PARNISの価格もさらに安くなる可能性がある。「ダンピング」である。




(海外サプリをオンラインで購入)
iHerb
iHerb
iHerb
プロモーションコードの「ALP1916」の入力で割引。


世界はシナ世界とそれ以外(the rest of the world)へ分断

世界はシナ(China)世界とそれ以外(the rest of the world)に分断される。

ファーウェイ、グーグルの取引停止で窮地に  2019/5/21 15:22
中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は7年前、フィンランドに小さな研究センターを開いた。競合するノキアの本国で携帯電話の基本ソフト(OS)を開発できる技術者を獲得する狙いだった。
わずか20人の技術者でスタートした同センターは徐々に陣容を拡大し、首都ヘルシンキのほかオウル、タンペレにも拠点を設けた。今や世界の携帯電話の75%に搭載されている米グーグルの「アンドロイド」に代わるOSが必要とされる日に備えるためだった。

20日、ファーウェイにとって最悪の懸念が現実のものとなった。グーグルが米政府の輸出制限措置に従い、ファーウェイに対するアンドロイドのソフトウエアの提供を停止すると発表したのだ。グーグルは2005年にアンドロイドを買収している。

ファーウェイの西欧事業を率いるティム・ワトキンス氏は、グーグルとの取引停止に「衝撃を受けた」ものの、「そうした事態に十分に備えていた」と述べた。
スマートフォン(スマホ)事業で急成長中のファーウェイがアンドロイドのソフト供給を打ち切られるのは大打撃だとアナリストらは言う。19年1~3月期の世界のスマホ出荷台数はファーウェイが前年同期比50%増の5900万台と好調だったの対し、競合する韓国サムスン電子は10%減、米アップルは23%減に落ち込んだ。

■「世界一への野望が一撃で断たれかねない」
「ファーウェイの勢いは止まらないと思われたが、世界最大のスマホメーカーになるという同社の野望がたった一撃で断たれかねない事態だ」とコンサルティング会社CCSインサイトの主席アナリスト、ベン・ウッド氏は語る。
別の通信業界コンサルタントはグーグルの動きについて、ファーウェイのパートナー企業に対して今のうちに「沈みゆく船から逃げ出す」よう示す明確な合図だと述べ、「米政府は本気で供給ラインを絞る動きに出るだろう」と推測する。
ファーウェイは21日、ロンドンでスマホの旗艦ブランド「オナー」シリーズの最新機種を発表する。だが、ボーダフォンやEEなど英携帯電話大手は次世代通信規格「5G」の導入戦略上、ファーウェイ端末が主力製品になるのかどうか見直しを始めた。両社とも今後の対応について取材に応じなかった。

グーグルとファーウェイはこの10年間、互恵関係になるよう緊密に協力してきた。グーグルは中国市場へのアクセスを確立し、ファーウェイは瞬く間に世界市場のキープレーヤーとなった。
だが、ファーウェイがアンドロイドに代わるOSを確保できたとしても、中国国外の顧客に乗り換えを勧めるのは容易ではない。Gメールやユーチューブ、グーグルマップのほか、アプリ配信ストアの「グーグルプレイ」から入手可能な250万件のアプリも利用できなくなるからだ。

■高品質でも「誰も買おうとしない」なら意味がない
アナリストのリチャード・ウィンザー氏はファーウェイの自社システムがいくら高品質でも「誰も買おうとしない」のであれば意味を持たないと話す。
ノキアやカナダのブラックベリー、米国のマイクロソフト、インテル、パーム、ファイヤーフォックス、サムスン、フィンランドのヨーラなど、アップルとアンドロイドの複占を切り崩そうとした企業は多いが、いずれも成果を得られなかった。調査会社ガートナーによると、2社以外のOSを搭載したスマホの出荷台数は17年末時点で150万台弱、市場シェアはわずか0.1%にすぎない。アンドロイドに対抗しようという試みはほとんど失敗に終わっている。
米調査会社クリエイティブ・ストラテジーのアナリスト、カロリーナ・ミラネシ氏は、ファーウェイが独自OSを採用する場合、外部のソフト開発会社からのサポートを得られるかどうか、さらに中国国外のスマホ利用者がグーグルにアクセスできるかどうかがカギとなるだろうと指摘する。「アプリ配信ストアを立ち上げ、外部ソフト会社をサポートするのがどれだけ困難か。全く別のOSや派生型のOSでアンドロイドに勝負を挑んだ経験を持つサムスンやアマゾン(・ドット・コム)に聞いてみればいい」
欧州委員会は18年7月、アンドロイドの市場での優越的地位を乱用して自社の検索アプリと閲覧ソフト「クローム」を抱き合わせで搭載するよう求めたとして、EU競争法(独占禁止法)違反を理由にグーグルに43億ユーロ(当時のレートで約5700億円)の制裁金の支払いを命じた。

■世界の携帯電話市場が分裂する事態も
だが、ファーウェイがアンドロイドから隔離されれば、アップルなど米企業に対する中国の反発も予想される。まさに5Gが導入されようとする矢先に、世界の携帯電話市場が分裂する事態になりかねない。
米調査会社フォレスターリサーチのアナリスト、チャーリー・ダイ氏は「どうみても世界の消費者のためにならない。消費者はオープンソースという無償公開の開発手法で培われた製品を高く評価してきたのに、それが政治権力によって台無しにされるのは残念だ」とため息をつく。
欧州と米国を合わせた規模を上回るスマホ市場の中国で、中国メーカーが奨励する新OSにアンドロイドのシェアを奪われるようなら、グーグルも黙っていられない。「グーグルも今回の事態に激怒しているのではないか」とファーウェイのワトキンス氏は疑念を示す。
By Nic Fildes & Louise Lucas
(2019年5月21日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)


シナ世界の人民は「シナ版」のユーチューブやGメールを使うことになる。
現在、5Gのテクノロジーでシナがアメリカより優位に立っている。アメリカは恐怖で震えている。シナに5Gで主導権を握られれば、安全保障(サイバー攻撃等)を含むすべてのIT分野でシナに主導権を奪われることに通じるからだ。
かくて、「新ココム」が成立し、世界はシナ世界とそれ以外に二分割されることになるだろう。
そして、シナには「停滞」という名の新時代が来る。


(追記)米ブルームバーグによれば、半導体メーカーのインテル、クアルコム、ザイリンクス、ブロードコムがファーウェイへの部品供給を停止する。
ファーウェイは半導体など主要部品の多くを米国に依存している。部品・半導体の在庫は約3ヶ月と報道されるが、実は在庫は半年ほどあるらしい。それでも年末には在庫は消滅する。そういえば、アメリカは土壇場でシナ企業のクアルコム(半導体メーカー)買収を阻止した。やはり、保護領(?)の日本の傀儡政府とはリスク感覚が異なる。
オバマ政権時代から、シナは通信機器へのバックドアなどの仕掛けで、IT技術(テクノロジー)情報を窃盗してきたが、アメリカは土壇場でシナを封鎖した。一方、アメリカ国内ではクアルコムとアップルの特許訴訟が突如、和解した。シナへの追撃態勢は整いつつある。

今の世界は、途上国のリーダーや中東部族国家のリーダーは「シナマネー」にやられている。シナ経済が不況に陥った今、それも落ち目になるのではないか。きっかけはパキスタン辺りのデフォルトになるかも。
日本企業もシナ企業への輸出規制には細心の注意を払わなければならない。さもなくば、アメリカにやられるだろう。これは冷たい戦争なのだ。京セラ、日本電産、村田、ローム、ソニー、東芝メモリー、三菱電機、住友電工・・・なお、シナの人民監視カメラに使われているレンズは日本製である。日本企業はカネが儲かれば何でもいいのか?ならば、途上国リーダーと大差無い企業倫理である。こういうときこそ、経団連など財界は企業倫理を強化すべきなのに、その逆をやっている。これが「戦後日本」である。





アマゾンのファイヤーTVはお薦め。HDMI端子に接続して、WIFIパスワードを入力するだけでインターネットTVになる。もうしばらくすれば、すべてのテレビはインターネット接続機能を内蔵するようになるだろう。願わくば、NHKのスクランブル機能も付加していただきたい。皆さん、NHK受信料なんてあんな変なモノは払っちゃいけませんよ(笑)。


(サプリ)
iHerb
iHerb
iHerb
プロモーションコードの「ALP1916」の入力で割引。

バルチック海運指数(BDI)は安い

バルチック海運指数(Baltic Dry Index)は、ロンドンのバルチック海運取引所が発表する外航不定期船の運賃指数だ。
バルチック海運取引所では海運会社やブローカーなどから鉄鉱石・石炭・穀物といった乾貨物(Dry Cargo)を運搬する外航不定期船の運賃を聞き取り、その結果を取りまとめて同指数を算出、発表する。基準点は1985年1月4日(1000)。

(バルチック海運指数の5年チャート)


本日の225は全面高で378.60ポイント高と異様に上昇している。シナの駆け込み需要でも読み込んだのか?NINJA300には不自然な上昇に見える。
バルチック海運指数の5年チャートをみれば、燃料安もあって安い。世界景気は低迷している。





米シの比較

現状では、シナの戦力は米国に劣る。
米国としては、10年後に取り返しが付かなくなる前にシナを叩くつもりだろう。少なくとも、シナ共産党というナチス同等の政権を粉砕しなければならない!


(米シの基礎データ比較)
・世界GDPシェアー(2017年) 米国: 24% シナ:15%
・シナの対米輸出(2017年):5210億ドル、米国の対シ輸出:1330億ドル
・シナの対米直接投資残高(2017年):395億ドル、米国の対シ直接投資残高:1076億ドル
・フォーチュン誌世界ランキング500社(2017年) シナ:107社、米国:126社
・研究開発費総額(2016年) シナ:4300億ドル、米国:5000億ドル
・国際特許出願数(2017年) シナ:4万8000件、米国:5万7000件
・製造業競争力(2016年) シナ:1位、米国:2位
・軍事費(2017年) シナ:2282億ドル、米国:6097億ドル


軍事力    
・兵員 シナ:203万、米国:135万
・ICBM シナ:70発、米国:400発
・長距離爆撃機 シナ:162機、米国:157機
・潜水艦 シナ:62(4)隻、米国:68(14)隻 ( )は原潜
・空母 シナ:1隻、米国:11隻
・作戦用航空機 シナ:1966機、米国:3424機
・大型無人機 シナ:15機、米国:628機
・主要戦艦 シナ:82隻、米国:96隻
・大型・中型輸送用ヘリ シナ:383機、米国:2645機  
 

何もやらない・できないオバマ政権の間はヤキモキしたが、やっと米国は本気になった。但し、シナは「核保有国」で「外交」も巧妙だ。油断ならないという認識で常に注意をしないと足元を救われる危険性がある。
日本人は「腑抜け」の「腰抜け」なので、まずは「精神」を叩き直さないとだめだろう。戦後の「民主主義」と「WGIP」が日本人を腐らせた。沖縄ではサヨク知事が勝った。果たして、間に合うのか?
NINJA300は最悪シナリオを想定している。つまり、消費税は引き上げられ、不況に陥る。そこで、周辺有事で日本人は「女の腐った」のごとく発狂するというものだ。(笑)
頑張れ日本!武器で殺されてから、発狂したって手遅れなんだ。
NINJA300ならば、安全な場所へ逃げるしかないだろう。共倒れはまっぴらだ。準備もしないで対外債権世界一だから勝てるとでも思うのが大間違いである。





NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」


****ベトナム株式市場をディスカバーしよう****

「ベトナム...それは旧ソ連型共産主義の最後の生き残り国家の一つだ。そこには我々のの想像を絶する文化と9635万人の多子若齢のベトナム人が住んでいる。そして驚くべきことにはベトナム人は【反シナ・親日】なのだ。このメルマガは約10年間ベトナム在住の日本人アナリストがベトナム株式市場を分析する驚異に満ちたレポートである。」

「ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株・2019年1月号/第2回」
URL: https://foomii.com/00138/2019010418534751016

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時はご自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
各国株価指数
提供は Investing.com
世界の株価
ドル円・為替レート
為替レート表
月別アーカイブ: Monthly archive
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード請求など)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・