外国人の日本株買い

要は、株価が上昇すれば出来高の7割を占める外国人投資家も理屈をつけて買ってくるということだ。この点は、NINJA300は元FMなのでよくわかる。FMが買うには説明可能な理由が必要なのだ。
現在の世界をみてみれば、経済では日本が一番だろう。アメリカは世界最大の債務国だが、日本は最大の債権国。シナは破綻寸前。欧州では10年後にはユーロは無くなっているだろう。一方、政治・外交的に勝ち続けているのは、アメリカと鋭く対立しているのはロシア
プーチン・安倍の山口県対談で、読売グループはネガティブ記事を直前に流した。これはアメリカのなかのネオコンの意思を代弁したもので、ロシアと日本を割くというプロパガンダの役割を果たした。読売、日テレなんて所詮、アメリカの飼い犬に過ぎず、公平な報道機関とはいえない。ところで、毎日変態新聞が石平氏の「毎日新聞はアホ新聞」というyou-tube放送での発言を訴えるそうだ。言論の自由を守るべき新聞が言論の自由に制限を加えている。ならば、浜矩子のババが「ドアホのミクス」「ドアホのミクス」「ドアホのミクス」と連呼し、安倍政権をトークダウンしているのはどうなるのだろうか?要は、毎日新聞や朝日新聞または読売新聞なんぞは読む価値は一銭もないということ。

さて、話をロシアに戻すが、ロシアは米CIAが扇動したウクライナ戦争を回避し、トルコのエルドアン政権と友好、イランとも友好、サウジはロシアを頼みにしているし、シリアは安泰だ。プーチンという天才と「何もできない」大統領オバマが両立した結果だろう。あっという間に、ロシア、トルコ、サウジ、イラン、シリアはグループ化した。そしてイスラエルさえ、アメリカからロシア寄りになった。一方、負けて撤退するのはアメリカ。今後、アメリカの中東での砦はエジプトである。

日本は隣に植民地主義を100年遅れてやっている全体主義国家シナがある。シナは米国が沖縄からいなくなれば、かならず、尖閣、そして沖縄をとりにくるだろう。安倍政権は、ロシアとの同盟を画策し、プーチンと山口会談を開いたが、まだまだ結果がでるのは先だ。しかし、安倍・プーチンの間の信頼感は高まっている。日本人の間には、ロシア嫌いが多いが、どこの国だって同じこと。アメリカだって、シナだって、戦争になれば、日本人を殺しまくる。71年前を忘れたか?日本人はもっと現実的になるべきだろう。裏切られたとか、残虐に殺されたとか、終戦後に・・とか言い続けても・・・未来志向にならなければ、また外国にやられる。いま、直面する敵国はシナである。ロシアもシナのシベリア・中央アジア進出をけん制する必要がある。そして、ロシアと日本が組めば、シナは身動きが難しくなる。

世界最大の資産運用会社が日本株に強気判断 15時41分配信 会社四季報オンライン
 世界最大の資産運用会社である米国のブラックロックが12月、日本株に対する投資判断を従来のニュートラル(中立)からオーバーウエイト(強気)へ引き上げた。同社の日本法人であるブラックロック・ジャパンの福島毅取締役チーフ・インベストメント・オフィサー(CIO)が会社四季報オンラインなどの取材に応じ、判断を変更した理由を説明した。主な内容は以下の通り。

 外国人投資家は2016年に入り、11月のトランプラリーまでに差し引きで6兆円近い売り越しを記録した。これに対して、同ラリー以降は2兆円あまりの買い越しとなっている。
 海外勢の見方がポジティブになった理由は大きく2つ。一つはポピュリズム(大衆迎合主義)が欧米に広まる中、日本の政治の相対的な安定が評価されている点だ。自民党総裁の任期延長も決まり、安倍政権が21年まで続く環境が整った
 政権は現在、「働き方改革」に力を入れており、その改革を反映する形で名目賃金が今後、どこまで上昇するかが注目される。同賃金が3%程度まで上昇すれば、19年10月の消費税率引き上げも可能だろう。 
 もう一つは全国農業協同組合連合会(JA全農)の組織刷新などを盛り込んだ政府・自民党の改革案が了承されたこと。政府はJA全農に対して強制力を持たないが、長い目でみれば前進したのは確か。ほかにも薬価改定が従来の2年ごとから毎年改定へと見直されるなど、改革が進み始めている。あとは社会保障費の増加をいかに抑えるかを注視したい。
 今夏までは外国人投資家の間で、(1)日銀の金融緩和は限界、(2)最初の「3本の矢」のうち、3番目の「構造改革」が進んでいない、といった懐疑論が支配的だった。このうち、(1)については、日銀が9月の金融政策決定会合で「イールドカープ・コントロール」などのフレームワーク変更に踏み切ったことで「足かせ」が外れた格好。
 (2)に関しては、政府と海外投資家の間に2つの認識の相違(パーセプション・ギャップ)がある。一つは政府が「第3の矢」を「成長戦略」と位置づけているのに対し、海外勢は「構造改革」と考えていること。もう一つのギャップは、「成長戦略や構造改革には時間がかかる」と政府は見ているが、マーケットは「はっきりした形で結果を見せて欲しい」と催促していること。いわば、「タイムホライズン(時間軸)」の違いである。
 それでも、市場で勢いを増す「日本経済が回復する」とのシナリオは魅力的だ。日本の株価は当初、「米金利上昇→円安ドル高の進行→構成銘柄に海外比率の高い企業が多い日経平均株価にはプラス」という単純なロジックで買われ始めた。世界景気がリフレへ傾けば、日本株には追い風である。
■ 企業のガバナンスの変化も評価
 足元では日本株独自の「買う理由」もある。一つは業績だ。4~9月決算では外需系企業の業績が想定していたほどの減益にはならなかった。一方、来2018年3月期業績は今のところ、今17年3月期見込み比で12~13%増益の見通し。ドル・円相場の前提が円安ドル高方向へ修正されれば、業績の上振れにつながる。
 もう一つはスチュワードシップ・コード導入を背景に、企業の利益に対するコミットメントが以前よりも強くなったことだ。
 そうした状況を勘案し、ブラックロックも投資判断を「オーバーウエイト」へ見直した。日本株の投資判断を変えたのは3月以来、9カ月ぶり。同時点では「オーバーウエイト」から「ニュートラル」へ引き下げていた。
 日本株については従来から慎重ながらも強気だったが、構造改革の進展、日銀の金融政策の「足かせ」が外れたこと、相対的な政治の安定、などを踏まえて判断を引き上げるに至った。タイミングとしてはむしろ、遅かったかもしれない。
 社内では「日本の輸出株などオールドエコノミーのバリュー株に注目すべき」といった議論があった。エレクトロニクス業界のリストラはほぼ一巡した。機械や自動車業界の人工知能(AI)などの技術は日本の強み。韓国や台湾の企業が強いわけではない。技術に焦点が当てられれば、「競争力優位(コンペティティブ・アドバンテージ)が出てくるだろう。
 一方、中小型株ファンドに対しては「ニュートラル」の姿勢。現段階で「オーバーウエイト」へ見直そうとは考えていない。


今回の日本株買いは、日本経済の一時的な復活(失業率の低下だけなので、復活予想の方が良いかもしれない)、そしてトランプ政権下で「改憲」や憲法の「無効宣言」がやりやすくなったことを反映するものとNINJA300はみている。




関連記事

この記事へのコメント

- NINJA300 - 2016年12月27日 13:25:32

ロシア株は大幅上昇。カザフスタンとかパキスタンも。

トラックバック

URL :

プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・