トランプ新大統領の政策

トランプ氏の勝利を見事に予想した宮崎先生がトランプの政策についてまとめている。
記録のために、アップする。


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
 次々と過激な政策を「修正」しつつ、共和党主流派と妥協の道を探る
  トランプ政権引き継ぎチームの政策発表から過激さは除去されている
***************************************
 トランプはオバマケア(医療保険制度改革法)を廃止すると強固に訴えた。しかし、10日にホワイトハウスでオバマ大統領と会見後、基本姿勢の修正を行って「一部を残す」とした。
 とくに?「保険会社が契約しようとする人の病状を理由に加盟を阻止することを禁止する」、?「子供が成人しても一定年数は親の保険に加入し続けられる」などの条項は残すと修正発言(11月11日付けの「ウォールストリート・ジャーナル」紙とのインタビューに答えて)をしており、公約だった「全面廃止」は遠のき、或るいはオバマ法の大幅改正という方向に変わるかも知れない。なにしろ既に1800万人が加盟しているオバマケアを一晩で覆ることは不可能である。

このようにトランプは、次々と過激な政策を「修正」しつつ、共和党主流派と妥協の道を探りはじめた。共和党の議会協力なくては、政策は実行に移されないからで、トランプ政権引き継ぎチームの政策発表から過激さはみごとに除去されている。

 トランプがオバマケアに反対してきた最大の理由は保険料の高騰だった。しかし隠れた理由は「アメリカンドリーム」との矛盾なのである。
 すなわち誰もが成功をなし得るチャンスがあるというアメリカ人の夢の実現は、基底の発送が弱肉強食の自由競争にあり、努力と個人の才能であり、それを怠る人でも平等に医療がうけられるという(日本のような)福祉政策は、アメリカの国是にはない「社会主義」的な施策だから反対だったのだ。

 イスラムの不法移民排斥についても、「犯罪歴のある不法移民」(およそ三百万人いると想定されているのだが。。。)に対象を限定し始めた。
イスラムを敵視する姿勢はトランプに最初からなかったが、マスコミが誇大に歪曲してつたえた部分が多く、そもそも1100万人もいる不法移民を追い返せることは事実上不可能であることをトランプは知っている。
 また不法移民はヒスパニック、とりわけチカノ(メキシコ人)に限らず、東欧諸国や中国人の巧妙なパスポート偽装、インチキヴィザや、第三国経由の密入国など手口が巧妙になっていて、対策が急がれている。

 メキシコとの国境高い壁を建設するなどと言っても、条件は「費用はメキシコの負担」として逃げ道は最初から用意されている。
 米国とメキシコの国境線は3200キロ。費用は裁定見積もっても1000億ドルである。げんに国境のフェンスと簡単に言っても、ハンガリーとセルビア国境は144キロ、有刺鉄線を張り巡らせたが、距離が短いからだ。トルクメニスタンはアフガニスタンとの国境450キロに有刺鉄線に加えて電流を通している。これはトルクメニスタンが金持ちだから出来ることである。

 したがって不法移民を追い返し、国境に壁をつくるなどという公約なのだが、本気に取った移民有権者がニューメキシコ州、コロラド州、そしてカリフォルニア州でヒラリーに票を投じた。
 現実にメキシコ国境の不法移民斡旋はマフィアの牛耳るブローカーが手数料を取って仲介しており、またアメリカ側の警備の弱点があって、5000ドルの賄賂で不法移民とわかっていても目を瞑っている。つまり不法移民が根絶することはあり得ない。

 TPPに関してトランプはニュアンスを少し緩めたが、一貫しており、またオバマ政権自体が、成立をあきらめて、11月11日には「断念」を表明した。日本がTPPに前のめりに議会で法案を通過させてことはなんとも皮肉である。これで米国のTPP署名批准の可能性は消えた。
同時にEU諸国も、TIPP(環太平洋パートナーシップ)は既に欧州側から否決した。米国との自由貿易協定にしても、マルムストローム欧州委員は「FTA交渉は相当長期間にわたって冷蔵庫入りするだろう」と暗い見通しをのべている。
北米自由貿易協定(NAFTA)に関してもトランプは再交渉を主張しているが、これは既に発効しており、カナダ、メキシコが再交渉の応じる気配はない。
 ただしトランプ当選直後、カナダドルが下落したが、メキシコペソに至っては10%もの暴落だった。


 ▼トランプはなぜ「パリ協定」からの離脱に固執するのか?
 問題は「パリ協定」からの離脱である。
 トランプは石炭産業の復活、シェールガス開発の推進を主張し、エネルギーの国内産業の復活を掲げた。石炭産業の強い地盤では、トランプはヒラリーに圧勝しているように、この公約は一歩の後退もないだろうと思われる。
 パリ協定は先進国だけに過重な負担がかかることを離脱の理由として掲げ、シェールガス開発が頓挫している現状を愁い、再活性化を推進するとした。

またカナダからのガス・パイプライン(キーストーンパイプライン)の敷設をオバマ政権は環境保護を理由に反対してきたが、これも復活させる。

なにしろエネルギー産業はオバマ政権の環境優先政策によって145もの厳しい規制条件が付帯されており、一方で風力、太陽光パネル発電などには補助金が支給されるという有様だった。
トランプのブレーンは「風力発電、太陽光パネル発電などナンセンスの極み」と批判してきており、石油鉱区の梃子入りを始め、頓挫してきたシェールガスの開発再開に力点を移すことになるだろう。
日本との関連では日米原子力協定の見直しが含まれており、原発燃料の確保に支障がでるおそれがあると日本政府は警戒している。

 トランプの唱えた「大型減税」は、法人税を35%から15%にするとし、国民の所得税も引き下げと言ってきたが、これはパフォーマンスであって、本気で実施されるとは考えにくい。なぜなら議会がすぐさま承認するという展望がなく、共和党主流派がトランプに協調しない限り、実現は難しいし、たとえ実現にむかうにせよ、2017年中には見通しが暗いのではないか。

 ▼金融改革には前向き
 ただ金融改革の目玉にドットフランク法(消費者保護法)の撤廃が盛り込まれているため、銀行は新たな融資先の広がりを展望している。このためウォール街の銀行株がそろって高騰したのだ。

 公共投資を増やすとしていることは市場も前向きに捉えている。実現となると、赤字財政の肥大化との兼ね合いとなり、議会対策を入念にしない限り、やはり目的の達成は容易ではない。政権引き継ぎチームが表明したインフラ投資は5500ドルの規模。この巨額は国防費に匹敵し、もし予算を成立させるとなるとNATO、日本への防衛費負担増要求は強烈になる。基本的にはインフラ整備、道路、橋梁、トンエルなどの立て替え、修復工事を大規模に行うプログラムだが、同時に部品、建設機材、材料などはアメリカ製品を優先して使うと明言しており、米国現地工場のない日本企業にとっては期待薄。輸出振興を唱えるアベノミクスとしても、成果はあまり期待できない。

またまた利上げを遠のかせ、その前にイエーレンFRB議長の任期が切れるときに新任のFRB議長の選定があり、いずれにしても掛け声と期待で市場は湧いても、実現への時間がたいそうかかるだろう。レーガン政権のとき、ボルカーFRB議長がレーガノミクスの実現に大きな障害となったように、イエーレンFRB議長はトランプの金融政策に順応する金融通貨政策を執るだろうか?

 ▼中国は短絡的、あまりにも短絡的
 通貨政策では中国に45%の関税を掛け、「ホワイトハウスに入ったら、その日のうちに中国を『為替操作国』と認定する」としてきたが、現行法では、大統領は財務省に対して、為替操作国に認定せよと迫るだけの権限しかなく、財務省は中国よりであるゆえに、すぐに認定はしないだろう。
実際にオバマ政権下で、ルー財務長官は北京に何回も飛んで、赤字国債の中国保有が世界第二位でもあることから、比較的穏健な政策に終始し、共和党の圧力を何度も躱して、『為替操作国』に中国を認定してこなかった。
王洋副首相は米中戦略対話の中国側の責任者であり、早速にも新政権の周辺とコンタクトを取るためか、11月21日から23日まで訪米し、ワシントンで通商関係担当幹部等と会見する。
中国は米国がTPPを断念したことに喜びを隠せず、トランプ大歓迎、かれは中国の味方だと短絡的な反応ばかりが目立つ。
TPPは中国を排除していたから、中国としては敵対的な取り決めとして神経質になっていたため、霧が晴れたという感じなのだ。だからトランプ様々と、ちょっと考えても、単純すぎるはしゃぎぶりだった。あまりに短絡的なのである。
そのうえ、オバマにならって「米国は世界の警察官の座を降りる」としているため、南シナ海の中国軍の進出は不問にされるのではないかと淡い期待を寄せるのだ。

みなみに中国系のメディアはトランプを「特郎普」と書くが、台湾系、香港系は「川普」と表音文字を当てている。中国はトランプ(特朗普=ティロンプと聞こえる)として、特別に明るい一般人という意味を込めているが、台湾系は川のように流動的な人というとらえ方だ。「川普」はチュアンプと聞こえる。そういえば「トランプはアウトサイダー」も、「特郎普是局外人」と表現している。
そのうえ、民主党政権なら声高に叫ぶ人権、法治に関してトランプは殆ど関心がないかのように沈黙してきた。
この立場も中国としては、人権や言論の自由への圧力がトランプ政権になるとかからないと陽気な読み方に傾いている。

中国に対してトランプは通商面で厳しい上、オバマ訪中のおりに赤絨毯を引かないという挙に出た中国の非礼に「わたしならきびすを返して帰国した」と反撥したように、国家の威厳を傷つけられた場合には容赦しない。

ただし南シナ海や台湾防衛には言及がなく、日本の尖閣防衛にしても、あれは日米安保条約の守備範囲というオバマの解釈を踏襲するかどうかは不明である。


「短足おじさんの一言」ブログによれば、『アパラチアとロッキーの間に本当のアメリカがある』という。

州別の色分け図、赤がトランプ、青がクリントン(「短足おじさんの一言」より引用)


見事に本当のアメリカ(アパラチアとロッキーの間)はトランプ支持となっている。アメリカにはアメリカ流の「裏と表」がある。つまり、プライベートセルフ(private-self)とパブリックセルフ(public-self)だ。表では、人種差別主義者、性差別主義者とステレオタイプされるリスクを避けてヒラリーを支持し、裏ではトランプに投票する。今回の選挙はアメリカ文化を学ぶ良い教材になるだろう。例えば、表では「人種平等主義者」といい、裏では「絶対に自分の娘は色のついた人種(日本人など)とは結婚させない」のがこの「本当のアメリカ」である。アメリカの良き家庭では、子供の頃から、例えば「アジア人やアフリカ人の鼻からはいつも鼻毛が飛び出ている」云々の教育をするのだそう。もちろん、将来、アジア人や黒人と結婚したいといいださないように幼少時から手を打っておくのである。

しかし、一方の日本でも修正主義者と呼ばれないために、東京裁判を支持する日本人は多い。特に、大学教授、小中高の教員はほとんどではないだろうか。いや、本当に心から「東京裁判史観」=「サヨク思想」を信じている連中の方が断然多い可能性もある。その辺は部外者(アウトサイダー)の私にはわからないが。まともな教育が日本には欠けている。





関連記事

この記事へのコメント

- HG - 2016年11月15日 18:47:33

石炭発電について
いまちょうど石炭で発電機を回していますが、日本での人件費をかけてもKwhあたり3~5円という格安の値段です。昔と比べるとかなりクリーンになってきているし、規模的にもやろうと思えば電気の地産地消も可能ではないかと思っています。

世界各地でアンチセレブレティ、アンチノーブルライって感じの動きが起きてますね。楽しみです。それに比べて我が国は・・・
三橋貴明さん曰く、世界はいつもイギリスから動く。一番最後に動くのはドイツと日本だそうです。興味深い話です。

- NINJA300 - 2016年11月15日 21:18:50

結局、日本が国際価格より高く石油を輸入すると、儲かる既得権益者がいるんですよ。それが邪魔をしている。石油価格が高くならないと困る連中もいるわけです。

>>三橋貴明さん曰く、世界はいつもイギリスから動く。一番最後に動くのはドイツと日本だそうです。興味深い話です。

その通りかもしれませんね。日本はなかなか動きません。今回もイギリスから動きました。

- NINJA300 - 2016年11月18日 11:17:54

ヒラリー敗戦の余波。CIA長官が辞任
https://jp.sputniknews.com/us/201611183025263/

トラックバック

URL :

プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・