外離島のターザン(長崎氏)- In Subtropical Solitude

「外離島」で全裸で暮らす長崎真砂弓さん(現在80歳)は数年前に国内外のマスコミを賑わせた。マスコミが煽ることでチャーター船で外離島に来る観光客が急増し、全裸の長崎さんに習って観光客も全裸になって写真撮影、ヌーディストビーチ(?)として問題化
結局、台湾人の無人島所有者(その後、香港の不動産売買を巡る争いで死亡)に追い出されて現在は、西表島の「水落の滝」というところに住んでいるという。



現在も、長崎氏は国有地の「水落の滝」で永久キャンプという名目で、自給自足生活を続けている。彼を見学する観光ツアーもあるようで、ツアー会社から多少のお小遣いももらっているのだろう。

西表島には、70年代~90年代に「イリオモテのターザン」と言われ「ウダラ浜」に住んだ砂川恵勇氏(故人)がいた。砂川氏はイノシシなどを狩猟し、街で売っていたそうで、村人からは「ケイユウオジイ」として、親しまれていた。ウダラ浜はいま、「ケイユウオジイとシロの浜」と呼ばれている。

また、70年代~90年代の南岸には砂川氏よりも早くから「鹿川仙人」とか「貝採りじいさん」と呼ばれた三浦三郎氏も住んでいた。三浦氏については、大学のときに、西表島の笑い話としてきいたことがある(今思えば、あの時に西表島へ行っておけばよかったなぁ)。なお、ネット上の情報では体調を崩して自給自足生活は止め、現在は高齢で入院生活らしい。泡盛を買うための現金収入として「ジュセイラ」という美しい貝を鹿川で主に学生のキャンパーに3000円で売っていたという。「3000円で買ったら那覇では5000円だった」という笑い話にもかすかな記憶がある。

長崎氏は福岡出身だが「元カメラマン」らしい。伝説では、原爆後の長崎をみて隠遁生活に入ったとされるが、10歳のときに福岡からわざわざ長崎に写真を撮りにはいけないだろうから、ただの都市伝説。本人も言っているように、職業を転々としたり、離婚したりで「世の中に疲れた」というのが本当だろう。

「山男」の砂川氏、「哲学者」の三浦氏、「世捨て人」の長崎氏。人には色々な生き方があるし、批評・批判はできない。が皆、「静寂」を愛しているのだろう。

なお、この辺りにはサメ、ハブクラゲ、サソリ、ハブ、ヤマヒル等々危険生物も生息している。水場には蚊も多いだろう。虫よけスプレーとムヒもいる。貝を獲ってて、イモガイにでも刺されたら一大事だ。でも行ってキャンプをしてみたい。数日だけ。







左、鹿川仙人。右、イリオモテのターザン。80年代だろう。


若いころの「鹿川仙人」

img_0 (3)
WEBでみつけた最近の「鹿川仙人」、右は「イリオモテのターザン」の著者・水田氏


「ジュセイラ」
関連記事

この記事へのコメント

- NINJA300 - 2016年06月02日 15:51:03

砂川さんと三浦さんは泡盛大好きでこうした生活をしていなかったら酒で身を持ち崩していたのではないかと想像する。長崎さんはこっちの生活のほうが好きなんだろう。
ストイックな羅臼のクマハンターもいいし、八重島の自然に囲まれた生活も面白そうだ。
思ったのは、別にライフスタイルにこだわることはない、自分の好きな生き方をやっていけばいいということだ。どっせ50年後はこの世にいないし、すぐに忘れられる。

- NINJA300 - 2016年06月21日 21:36:05

『シェルパ斉藤の行きあたりばっ旅〈2〉 (小学館文庫)』
 南風見田ピーチ。
 かつて日本全国を放浪した友人が、ベスト・キャンプ場のひとつに挙げた、不思議な魅力を秘めたビーチである。ここには東屋式の休憩所があるだけで、トイレすら台風で破壊されて使えない。だいたいから、ここはキャンプ場ではなく、キャンプは一応禁止されているのだ(誰もとがめる人はいないが)。にもかかわらず、何か月、何年と長期滞在している猛者キャンパーが何人か存在する。長期放浪型自然派志向貧乏旅人の聖地のような場所だ。
(p.111)

 ぼくは90年の5月に、南風見田を西から束へ向けて、2泊3日で踏破したが、そのとき出会ったじいさんの話を3人にしてみた。
 そのじいさんは工事用のブルーシートで寝床を作り、ほぽ自給自足の生活をしていた。ジャングルでパパイアを採り、イノシシを獲まえ、魚を捕る。ぽくが蜂蜜を入れた紅茶をあげたら、お礼にと干し肉をくれた。ぽくはイノシシの肉だと思ったが、グニョグニョしてなかなか噛み切れない。ようやく飲み込んだら、ウミガメだと教えてくれた。あの感触は4年半経ったいまでも鮮明に覚えている。
「そりゃ、『せんとくじじい』だな」
 Sさんの話によれば、せんとくさんは西表東部の祖納の人間で、村から嫌われて南風見田で生活をするようになったという。
「だが、3年前に死んだ。頭が陥没した死体を旅行者が発見してわかった。そのあと宮城県から来たじいさんが住み着いたが、去年餓死してな。それから砂川のターザン。雑誌やテレビに出る有名人だったが、あいつも死んだ。あとは、勝手に森の中に畑を作ってサパイパルしていた大阪の青年がいたが、そいつも死んだな……」
 そういってSさんはタバコに火をつけた。ライターを両手に1個ずつ持ち、くっつけ合って着火する。浜に打ち寄せたライターだが、ひとつはガスはあるものの着火石がなく、もうひとつは着火石しか機能しないのだ。
(p.116-117)

- NINJA300 - 2016年12月16日 00:07:42

http://www.dailyshincho.jp/article/2015/12090710/?all=1

 無人島暮らしをする「ナガサキおじい」こと長崎真砂弓(まさみ)さん(79)は、この生活を四半世紀近く続けている。好きな時間に起き、食事はタケノコやニガナ(沖縄特産の野菜)など。魚も獲っていたが、“何だか可哀そうになって”最近は獲らない。たまにボートに乗って買い出しに行くほかは一糸まとわぬ姿の彼を目当てに、マスコミや観光客が多く訪れる。

 ***


無人島暮らしをする「ナガサキおじい」こと長崎真砂弓さんはそれまで暮らしていた「外離れ島」を離れ、3~4キロ離れた「モクタンの浜」へ引っ越した。その理由とは?

 今から1年ほど前、長崎さんはそれまで暮らしていた「外離(そとばなり)島」を離れ、3~4キロ離れた「モクタンの浜」へ引っ越した。その理由を本人に聞くと、顔を曇らせるのだ。

「やっぱり大きかったのはフジテレビの番組(めちゃ×2イケてるッ!)に出たことだったと思う。あれで取材や観光客がどっと来てしまってね。いろいろ文句を言う人がいたんだと思う。僕が観光客に媚を売る必要はないけど、連れてくるのは西表の人たちだから。その人たちの手前、冷たくはできないよ。それもあったところに、地主の家族やその知り合いがやってきて、“出てってくれ”と言われたんだ。外離島でヤギ牧場をやるとか、シイタケ畑をやるからというのが理由だったな」

■真似する輩も

 テレビなどで取り上げられ、観光客が増えたという声がある一方、実のところ、おじいの存在をめぐっては地元でも賛否が分かれている。

 例えば、おじいに退去を迫ったのは、近くの集落・船浮の住人だ。その人物が言う。

「たしかに長崎さんに出て行くようにお願いしたのは私さ。東京の隅田川沿いだってホームレスが住んでいたら退去させられるでしょう。それを、自然が豊かで人が少ない西表だからと言って許される問題じゃない。年頃の女の子がいる家族連れがやってきて裸の長崎さんを見たらどう思うかね。私はテレビの番組を見たから出てけって言ったわけじゃないけど、真似する人が出てくるのも困る。実際に去年の春頃、長崎さんの真似をしてフルチンで暮らしていた人が隣の“内離(うちばなり)島”に現れました。長崎さんのことを“センパイ”って言ってたな。“あんた、自分の地元でそんなことが出来るかね”と言ってやったら、いつの間にかいなくなったけどね」

 また、地元のホテルの女将に聞くと、

「長崎さんはあんな生活をしているけど、話してみると意外にまともで挨拶もする。地元で特に悪い評判はないんです。だけど、迷惑ではないのかと聞かれたら迷惑だし、心配もあります。このあたりの人たちは、当番制で消防や行方不明者の捜索を任されているんです。勝手に死なれたりしたら困るのは地元の住民ですから」

 ナガサキおじいには、さらなる“追い打ち”もかかっている。今年の9月17日、「モクタンの浜」からも立ち退くよう、林野庁から通告を受けているのだ。

「外離島の長崎さんが住んでいた場所は私有地でしたが、モクタンの浜は国有林なのです。だから、長期のキャンパーなどを見かけた場合、注意しないわけにはいかない。長崎さんは“分かりました。他に場所がないか検討します”と言ってくれてはいますが、ずっと住み続けるのなら、いずれ退去命令などを出さなくてはならない。個人的には可哀相な気もするのですが」(祖納森林事務所の担当者)


■死んだら台風で……

 もちろん、おじいも自分の置かれた立場はよく分かっており、次に住む浜(私有地)もすでに見当をつけていると言う。ただ、毎日を懸命に生きているだけ、と話すのだが、地元の人が心配するように、万が一のときはどうするのだろう。

「遺体ってのは福岡まで送ると100万円ぐらいかかるらしいんだ。だから、死ぬときは台風で持ってかれるのが一番なんだがなあ……」

 都会では“孤独死”が社会問題になっている。一方で、勝手に野垂れ死にすることも許されないのが、今の世の中だ。ナガサキおじいと、彼を見守る西表の人たちの思いもまた、複雑である。

トラックバック

URL :

プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・