(真珠湾攻撃に際して)作家たちの感想。日米開戦の日

1941年の12月8日、日米は開戦した。日本にとっては、耐えに耐え抜いたあげくの開戦だったが、普通のアメリカ市民は何も知らないだろう。
作家は世論に敏感で、世論を代弁する。

小林秀雄
「帝国陸海軍は、今八日未明西太平洋に於いてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり」
いかにも、成程なあ、といふ強い感じの放送であつた。一種の名文である。日米会談といふ便秘患者が、下剤をかけられた様なあんばいなのだと思つた。(中略)その為に僕等の空費した時間は莫大なものであらうと思はれる。それが、「戦闘状態に入れり」のたつた一言で、雲散霧消したのである。それみた事か、とわれとわが心に言ひきかす様な想ひであつた。
何時にない清々しい気持で上京、文藝春秋社で、宣戦の御詔勅捧読の放送を拝聴した。僕等は皆頭を垂れ、直立してゐた。眼頭は熱し、心は静かであつた。畏多い事ながら、僕は拝聴してゐて、比類のない美しさを感じた。やはり僕等には、日本国民であるといふ自信が一番大きく強いのだ。それは、日常得たり失つたりする様々な種類の自信とは全く性質の異なつたものである。得たり失つたりするにはあまり大きく当り前な自信であり、又その為に平常特に気に掛けぬ様な自信である。僕は、爽やかな気持で、そんな事を考へ乍ら街を歩いた。
やがて、真珠湾爆撃に始まる帝国海軍の戦果発表が、僕を驚かした。僕は、こんな事を考へた。僕等は皆驚いてゐるのだ。まるで馬鹿の様に、子供の様に驚いてゐるのだ。だが、誰が本当に驚くことが出来るだらうか。何故なら、僕等の経験や知識にとつては、あまり高級な理解の及ばぬ仕事がなし遂げられたといふ事は動かせぬではないか。名人の至芸と少しも異るところはあるまい。名人の至芸に驚嘆出来るのは、名人の苦心について多かれ少なかれ通じていればこそだ。処が今は、名人の至芸が突如として何の用意もない僕等の眼前に現はれた様なものである。偉大なる専門家とみぢめな素人、僕は、さういふ印象を得た。


小林が書き残したように、日本国民は耐えに耐えに耐えに耐えていた。
歴史的背景を知らないと理解できない。例えば、当時、米国の日系移民は一生をかけて手に入れた土地を「絶対的排日移民法(1924年)」によってすべて奪われたのである。


太宰治
「なんとも清々しい日だ!まるで天国にいるようだ!」

武者小路実篤
「もう死んでもいい!」
「十二月八日は大した日だった」
「勝利はよき哉(かな)」


武者小路実篤は1936年、ヨーロッパ旅行中の人種差別で多くの屈辱をうけた。当時の世界は、例えば、インド帝国で優秀なインド人若者がでてくれば、英国人が植民地管理の名の下に「両手を切り落とせ」「永久に幽閉しろ」という命令を平然とだす世界だったとこを忘れてはならない。インドの独立を阻むためである。現代とは背景が異なる時代なのだ。

菊池寛
「僕はこんな戦争に賛成ではなかったが、始まった以上は、全力を尽くして負けないように努めたのは当たり前だし、誇りに思っている」






Essais d’herméneutiqueより以下は引用

伊藤整

「いよいよ始まった」と高揚感吐露

 作家の伊藤整(05~69)は真珠湾攻撃のニュースを聞き、夕刊を買うため新宿へ出かけた。混雑したバスの中で<「いよいよ始まりましたね」と言いたくてむずむずするが、自分だけ昂(こう)ふんしているような気がして黙っている>と、高揚感を吐露している。そして<我々は白人の第一級者と戦う外、世界一流人の自覚に立てない宿命を持っている>と記した(『太平洋戦争日記(一)』)。

高村光太郎

「時代は区切られた」

 また詩人の高村光太郎(1883~1956)はこの日、大政翼賛会中央協力会議に出席していた。エッセー「十二月八日の記」に<世界は一新せられた。時代はたった今大きく区切られた>と、開戦の感激を書き留めている。

太宰治

「けさから、ちがう日本」

 太宰治(09~48)には、「十二月八日」という短編小説(『婦人公論』42年2月号)がある。「作家の妻」という女性の一人称で、開戦の日の興奮と感動を描いた。早朝、主人公は布団の中で女児に授乳しながら、ラジオから流れる開戦のニュースを聞く。<しめ切った雨戸のすきまから、まっくらな私の部屋に、光のさし込むように強くあざやかに聞えた。(中略)日本も、けさから、ちがう日本になったのだ>

 夫の作家は極端な愛国心をもっている。妻は開戦に感動しつつも、少し距離を置いて夫を見つめ、<日本は、本当に大丈夫でしょうか>と問う。直接的ではなく一歩ずらした視点にはユーモアがあり、戦争を賛美するような表層とはうらはらの、作者の抵抗が感じられる。

 文芸評論家の高澤秀次さんは「“戦争協力小説”という印象を逃れているのは、男同士の時局への会話を避けて、晴れの日の到来に高揚する主婦のけなげさを印象付けているから」と分析する。

竹内好

「うしろめたさ払拭された」

 37年に始まった日中戦争は、国民の間で不人気だった。戦争目的がよく分からないまま100万人に及ぶ兵士が動員され、死傷者と遺族が増えていったからだ。中国文学者・評論家の竹内好(10~77)は真珠湾攻撃直後の日記で<支那事変(注・日中戦争)に何か気まずい、うしろめたい気持ちがあったのも今度は払拭された>とし、新たに始まった戦争を<民族解放の戦争に導くのが我々の責務である>と記した(12月11日)。

 日本人は12月8日の開戦によって、アジアを欧米の植民地支配から解放するという大義名分を得たのだ。

小林秀雄

「晴れ晴れとした爽快さ」

 評論家の小林秀雄(02~83)は開戦の日、文芸春秋社で「宣戦詔勅」奉読放送を直立して聞いた。<眼頭は熱し、心は静かであった。畏(おそれ)多い事ながら、僕は拝聴していて、比類のない美しさを感じた>。さらに海軍の戦果を「名人の至藝」とたたえた(『現地報告』42年1月)。

こぞって開戦支持 日記にも「反戦」書けず(「記者の主観」部分)

 多くの文筆家が開戦に快哉(かいさい)を叫んだ。作家の坂口安吾(06~55)も、報道に感激している。当時は新聞も、戦争に突き進む政府や軍を支持していた。また言論が統制される中、職業作家や評論家が「反戦」を表だって主張することは難しかった。高澤さんは「そうしなければ生活できなかった。現時点で彼らを無条件に批判しても意味がない」という。(「記者の主観」部分)

 また、民衆も開戦を支持。日本は、中国との戦争やアメリカによる経済制裁などによる重圧感にあえいでいた。当時11歳だった作家の半藤一利さんは、開戦によって<晴れ晴れとした爽快さのなかに、ほとんどの日本人はあった>(『〔真珠湾〕の日』)と振り返る。

 日記にさえ「反戦」を記すことは難しかった。昭和史が専門の作家、保阪正康さんは「そういうことを書きそうな人間は、いつ特高(特別高等警察)に踏み込まれるか分からないから用心する必要があった」と指摘する。(「記者の主観」部分)

永井荷風

異色なのは永井荷風(1879~1959)だ。日記『断腸亭日乗』によれば荷風は12・8の夕暮れ、街中にいた。<日米開戦の号外出づ。帰途銀座食堂にて食事中灯火管制となる>。街頭の商店の灯も消えた。開戦当日にして「銃後」は戦時色に染まった。荷風が帰宅のため電車に乗ると「乗客雑沓せるが中に黄いろい声を張上げて演舌をなすものあり」。演説の内容は記されていない。保阪さんは「『黄いろい』という表現に荷風の思いがにじんでいますね。ピーチクパーチクと、浮足だった人たちを皮肉るような」。

 12日の日記によれば、開戦後は街のあちこちに「屠れ英米我等の敵だ進め一億火の玉だ」というスローガンが掲示された。荷風は、ある人がこれをもじって<むかし英米我等の師困る億兆火の車とかきて路傍の共同便処内に貼りしと云ふ>という伝聞を記す。留学経験から欧米をよく知る自身の気持ちを、代弁してくれたと思ったのだろうか。

「太平洋戦争:日米開戦から70年 運命の12・8 作家らはどう記したか」、『毎日新聞』2011年11月30日(水)付。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・