FC2ブログ

見えない(透明な)身分制

現代社会には様々な側面・切り口があるのだが、直近15年で「透明な目に見えない身分制」が成立してきた気がするのはNINJA300だけだろうか。「身分制」というからには、「固定」をともなうものだ。

例を出せば、そもそも子弟に一流大学に行かせるには「おカネ」が必要だし、最も大事な頭の出来は経験上、かなり「遺伝」する。現実に、東大生の家庭の半分は年収1000万円以上だという。おそらく第三身分(以下、表参照)までが一流大学コースへのギリギリ下限だろう。

但し、一流大学コースといってもロクなことはない。一般従業員(サラリーマン)のなかのエリートになったところで年収1000~3000万円の第三身分の上、良くて第二身分へアドバンスする程度のこと。


(第一身分)
・大手企業オーナー(つまり、株主)
・大地主・不動産所有者
・優良企業に分散投資する大口株主

(第二身分)
・企業経営者(サラリーマン経営者)
・政府に寄生する高級公務員

(第三身分)
・正規雇用
・一般従業員、公務員

(第四身分)
・いわゆる非正規雇用
・派遣社員
・パート
・つまり、いつ首を切られても補償はない身分

(それ以外・・・アウトカースト・・・)
・無職(ニート)
・世捨て人


例をだそう。外資系銀行のマーケティングの職務は年収約2000万円で年間1200万円程度の手取り。20年勤務して、2億4000万円。ほんの数億の世界だ。なお、外資系の場合、第二身分への道は限定される。
考えてみれば、マンションを購入し、車を買って、子弟に教育を与えて・・・残りの15年を惰性でそのまま生きるか。人生に何か他の興味を見つけるか。それは人それぞれ。おそらく45~50歳位で「人生という単位でのリスク」というものに気づきはじめるだろう。そもそも年間手取り1200万円の内、どれだけおカネが残るかは人それぞれである。また、「30歳の時に結婚した相手と20年経っても一緒にいるのか」という問いも人生の一つの選択だ。「なんで45歳のバーさんと残りの人生をずっと一緒に過ごさないといけないんだ」と悩む男性も多いだろう。しかし、もはや彼らにはそれ以外の選択は限られるし、社会(≒第三身分社会)からの圧力が在る。なお、トランプ大統領もプーチン大統領も再婚だ。NINJA300からみれば、至極当然のことである(笑)。


最悪のケースは50歳前のあの世逝きだ。NINJA300の同級生にもいる。印象に残っているのは、彼が慶応合格した時(なお、NINJA300も慶応経済へ合格したが、父親の希望で行かなかった)、三菱商事入社内定後に会った時。その次に名前を聞いたのは訃報だった。肝臓・・・というから、想像するに酒の飲み過ぎだろう。NINJA300は20歳以下で飲酒する彼が「酒は百薬の長」というのを聞いたのが印象に残っている。それゆえ、NINJA300は彼の死を「必然」と考えている(不詳)。

この「透明な身分制」はかなり固着力が強く、まるでインドのカースト制のようだ。もちろん、野球選手になったり、芸術家になったり、テレビ芸人になったり、身分脱出の方法もあるにはある。しかし、あくまで少数派であり、大体において、これからの時代は今の身分が子供の身分になる可能性が高い。

西洋には“Birds of a feather flock together."という諺がある。日本では「類は友を呼ぶ」。
同じ身分の人間は集まり、それぞれが一種の社交界(?)を形成し、情報交換するだろう。 他の身分とは交換する情報の質・種類が異なるのだ。もっとも第三身分や第四身分では、「他の人も頑張っているんだから頑張ろう」という程度の無言の情報交換に過ぎないだろう。「アウトカーストの"ニート"だけは勘弁」と感じつつ、頑張るのだ。まるで、江戸時代の農民のようじゃーあーーりませんか?!そして数世代を経ると、さらに身分は固定化するような気がする。


ここで、NINJA300の道ははっきりしてくる。
NINJA300は第一身分の「分散投資する大口株主」を目指すのだ。優良株へのローリスク分散がもっとも良いが、NINJA300はトレーダーとしての経験を活かして、数レベルほどリスキーな分散投資を目指そうと思っている。但し、一方でもう一つの思考も常に保持している。それは以下である。
「『見えない身分制』なんぞ、糞くらえだ。NINJA300は自分独自の幸せと熱中できるものを見つけて、独自の価値観を持って生きる。他人のことなんて気にしている時間はない」という生き方だ。したがって、今回の記事は「現代世界の社会分析」の一つとして書いてみたに過ぎない。こうしたアンチテーゼを常に保持しているのがNINJA300である。



江戸時代は太平の眠りの時代だったが、身分制はそれに大きく寄与した。身分制といっても現代と同じく、けっこうな流動性があったようだ。武士が農民になったり、商人が武士になったり。
日本人はいくら税金を取られても財務省に対して怒らない。今の日本は世界でもスウェーデン、ポルトガルに次ぐ、世界3位の重税国家であるが、メディアは伏せている。来年秋にはさらに消費増税を予定している(財務省は既成事実化しようとしているのでだまされてはならない。安倍政権に期待したい。)。日本人は「消費税を引き上げるならば、責任を取って財務省を解体しろ!」というべきだが、何も起こりそうにない。安倍首相に期待するだけだ。
NINJA300は日本人が怒らない理由の一つがこの「見えない身分制」にあるのではと直感している。日本人は身分制に親和性があるのだ。





アルゼンチン・ペソ急落

アルゼンチンペソ安でアルゼンチン産牛肉を安く輸入できる。畜産農家が許さない?
霜降り肉が食べたい日本人は国内産を食えば良い。赤身牛肉が好きな健康志向の日本人も一定数は存在するのだ。



(直近1年のアルゼンチンペソの対米ドルチャート)



アルゼンチン通貨が急落=60%に利上げも効かず 8/31(金) 8:08配信
 【ニューヨーク時事】30日の外国為替市場では、経済不安が続くアルゼンチンの通貨ペソが急落した。
 中央銀行は今月2回目となる緊急会合で政策金利を15%引き上げ、年60%とした。しかし、その後もペソは下げ止まらず、対ドルでの最安値を大幅に更新した。新興国からの資金流出懸念が再び高まってきた。
 ロイター通信によると、ペソは一時、1米ドル=42ペソと前日に比べ15%余り下落し、最安値を更新。年初からの下落率は52%を超えた。
 中銀は声明で、「足元の為替相場の状況と、国内の物価上昇に大きな影響が出るリスクに対応した」と強調。少なくとも12月までは利下げしない方針も表明したが、通貨安には歯止めがかからなかった。 







仮想通貨"SPINDLE"

野田聖子が絡んだいわゆる「GACKTコイン」
200億円が消えた。酷い話である。
GACKTも脱税したり、隠し子がでたり、ロクなモノではない。正月番組になんて出てほしくはない。・・・そして、野田聖子・・・





「野田聖子の正体は誰の目にも明らかだろう!化けの皮は剥がされた。」




日経平均は上へ

以下は225のNINJA300トレンドチャート。
先週末に買いシグナルが出たが、このチャートは昨日引値時点。三角保合い抜けの格好になった。
外部環境は、アメリカの利上げ、シナの政情不安、トルコとイランの接近等々、リスク要因は数多いが、225は23500~24000円まで上昇余地があると判断している。


(225のNINJA300トレンドチャート)





シナ落陽

ラオックスはシナ企業に買収された東証二部上場企業だ。親会社は「南京虫」で有名な南京ベースの蘇寧易購集団股份有限公司。日本橋三越と並んで「爆買い」の中心的存在だったラオックス旗艦の銀座店は今年8月末で閉店する。
シナ景気の急ブレーキと同時にいわゆる「爆買い」、つまり高額商品の大量買いは「突然死」した。「爆買い」とは、無駄に高いRMBや物価差を利用して、日本製品をシナへ持ち込み販売するための「一種の仕入れ」のこと。シナ人というのはおカネに目端が利く民族である。


ラオックス銀座閉店、脱「爆買い」戦略の成否 8/24(金) 6:00配信
 多くのブティックや飲食店が立ち並ぶ東京・銀座の中央通り。ショッピングバッグを持った大勢の外国人観光客が闊歩する様子は、ここ数年ですっかり定着した風景である。だが、人気店の顔触れには変化が出てきている。その象徴が、今年8月末に閉店することが決まったラオックスの銀座本店だ。
 銀座本店は、中国人観光客の「爆買い」が話題になった2015~2016年頃、インバウンド消費の代表的なスポットとなった。店に横付けされた大型観光バスからは、団体客がひっきりなしに入店。山積みに陳列された高級炊飯器を客が大量に購入していく様子は、銀座の名物となった。

■中国人観光客の消費が様変わり
 だが、この8月の週末に訪れた同店に当時の熱気はなかった。入口に近い1階こそ客は多いが、2~3階の時計や家電の売り場は人がまばらで、店員は暇を持て余している。盛況なのは、日本製の日焼け止めやストッキングなど、単価が低い日用品だ。
 2009年に中国家電量販店の蘇寧雲商(現・蘇寧易購)に買収されて以来、ラオックスは羅怡文社長の下で家電量販店から中国人観光客向け免税店への転換を図ってきた。ここに訪日客の急増が重なったことで、2014年度には13年間続いた営業赤字から脱却した。翌2015年には、売上高926億円、過去最高の営業利益85億円をたたき出した。勢いに乗った同社は、国内50店舗を目標に地方都市やクルーズ船が発着する港の近くなどに出店を加速。旅行会社に手数料を支払い、団体客を誘致するビジネスモデルでひたすら拡大路線を歩んできた。
 だが、絶頂は長くは続かなかった。訪日中国人の数が増え続ける一方で、2016年からは中国政府が時計や化粧品などの一部消費財に高い輸入税をかける通称“爆買い関税”の徴収を開始。さらに為替が円高元安に触れたことで、中国人観光客の消費額が激減した。リピーターなどの個人客の増加により、売れ筋商品を大量に陳列する団体客向けの店作りも需要に合わなくなっていった。
 こうした悪条件が重なった結果、2016年4月からは免税店売上高が激減。免税店に全体の売上高の8割ほどを依存していたことも祟り、同年には約10億円の営業赤字に再転落。不採算店舗の減損もあり、最終赤字約15億円を計上した。中国人の消費に詳しいインバウンド評論家の中村正人氏はこうも分析する。「中国人の間でラオックスが有名になりすぎたためか、上海など都会に住む人にとって、ラオックスで買うのは田舎者、という認識になってしまった」。




シナ景気は悪化が顕著だ。しかし、日本のメガバンクのエコノミストやアナリストはいまだにシナ共産党官製の経済統計データをまともに受けているのは笑える。
これまで、シナ共産党は世界各国でのロビー活動に大量のおカネをバラまいてきたが今はそれもできない。豪州の国会議員妻の腕にはロレックスが定番だったが、それはシナからの贈り物だった。それも終わった。豪州では贈り物を受け取ることを賄賂とする法制が成立したためだ。一方、米上院はトランプ大統領以上に「反シナ」だという。


オーストラリア国籍取得率、中国人だけ謎の大幅減―中国メディア
2018年8月20日、観察者網によると、オーストラリアの国籍取得申請をしている中国人の取得率が大幅に減少している。記事は、オーストラリアの現地メディアの報道を引用。オーストラリアの会計年度は7月1日から始まるが、17~18年度が始まってからの8カ月間に、オーストラリア国籍を取得した中国人はわずか1559人で、これは16~17年度の6500人と比べて大幅に減少している。
記事によると、毎年1万人近くの華人がオーストラリア国籍の取得申請をしており、これまではこのうち8000~9000人に国籍の取得が認められた。統計によると、12年度から16年度は華人の国籍申請者は全体の6%を占め、取得数も同様に6%を占めていた。昨年度から国籍取得者数が減少し始めたが、申請者数は安定して上昇しているという。
しかし、今年度から状況が急変。今年2月までの時点で、華人の国籍取得率は全体の3%にも満たないほどまで減少したといい、年度残りの4カ月分のデータはまだ公表されていないものの、豪メディアによると最終的な数字はかなり低くなる見通しだ。
記事によると、17~18年度のオーストラリア国籍取得者数は、中国以外にもインド、英国、南アフリカ、フィリピン、スリランカなどの国でも減少しているが、国籍取得者全体に占める割合で見ると中国以外の国は上昇しているという。
こうした状況に対し、オーストラリア労働党のJulian Hill議員は、「永住権を取得する中国人数がおかしなほど大規模に減少したというのは、大きな疑問だ」と述べ、中国を対象に条件を厳しくしているのではないかとの疑念を示した。これに対し、オーストラリア内務省の報道官は、「特定の背景の人物に対して公民の身分取得を制限することはない」と述べたという。


また、最近のニュースでは、ニュージーランドが外国人の不動産購入を全面禁止したようだ。理由は住宅価格高騰を抑えるため。外国人としたのは、シナ人とすれば、色々な親シナのサヨク圧力団体からクレームが来るためだ。日本の反原発運動は決してシナ沿岸部の原発建設には反対しない。要するに、冷戦時はソ連の核爆弾は綺麗と主張するのがサヨクなのだ。頭が逝かれている。

そんななか、スズキは四輪事業のシナ撤退を決定した。流石である。二輪は一部残るが大した規模ではない。むしろ、RMB安でGN125の値下げ余地がでるのでは。(笑)

スズキ、中国生産撤退へ=競争激化でインドに集中
 スズキが中国の自動車大手、重慶長安汽車との合弁事業を解消する方向で調整していることが23日、分かった。スズキは既に、別の中国企業との合弁を解消しており、同国での自動車生産から撤退する。世界最大市場の中国は競争が激化しているため、乗用車で半数の販売シェアを握るインド市場に集中する。
 重慶長安との合弁会社は1993年に設立。小型車を生産・販売してきたが、中国では経済成長に伴いスポーツ用多目的車(SUV)などサイズが大きい車種の人気が高まっており、販売は劣勢を強いられていた。スズキは今年6月、同様に苦戦していた江西昌河汽車との合弁会社の保有株を全て江西昌河に売却している。
 スズキの2017年度の自動車販売は、中国市場が前年度比28.8%減の10万5000台にとどまった。一方、インドは14.5%増の165万4000台と好調を持続している。同国の自動車市場は今後も成長すると見込まれており、経営資源をインドに振り向ける考え。


なお、この期に及んでも日本のトヨタと日産はシナでの設備投資を30%ほど増加させるという。これまでの投資過剰で出口が見つからないのだろう。お気の毒である。要するに、世界の潮流が読めない「メクラ企業」なのだ。

(印SENSEX指数:橙、上海・シンセンCSI300指数:青紫の比較チャート、直近5年)






デフレの終焉。インフレのはじまり

日本がデフレ脱却しつつある。理由は人手不足だ。

「これでいいのだ!」


「1000円カット」QBハウスが値上げへ 来年2月から1200円に、内部努力で人材投資難しく… 8/13(月) 19:12配信
 ヘアカットに特化することで低価格、短時間のサービスを実現した「QBハウス」を全国展開する、キュービーネットホールディングス(東京都渋谷区)は8月13日、QBハウスの料金を来年2月から値上げすると発表しました。通常料金を1080円(税込み)から1200円(同)に引き上げるもので、代名詞とも言える「1000円」の価格設定が姿を消します。
 QBハウスは「10分カット」「1000円カット」の代表的なチェーンとして知られています。発表によると、2019年2月1日から全店で通常価格1080円(税込み)を1200円(同)に、シニア価格(平日利用のみ・65歳以上)を1000円(税込み)から1100円(同)にそれぞれ値上げします。値上げは2014年4月の消費増税時以来2度目。
 値上げの理由については、人手不足などで店舗運営に必要な人材確保が難しくなっていることを挙げ、現在、業界を離れている理美容師の採用・育成への投資や、スタイリストの待遇改善に取り組む必要があるものの、経費削減や効率化推進といった内部努力だけでは難しいことを説明しています。



人手不足で賃金が上昇するというのは正常な需給法則がワークしているのである。まったく問題はない。
これまでは、企業は先が見えないために儲けたお金(利潤)を再投資するのではなく、内部留保してきた。その結果、出回るおカネの量は減り、デフレの一因となった。賃金・給与は上昇せず、家計の消費は停滞した。賃金の上昇は消費を活性化させる可能性も含んでいる。

今後、無意味な仕事、例えば地銀の行員は人手不足のために他業種で働くことになるだろう。
日本経済にとっては、立ち直りの大きなチャンスだ。
しかし、ここで安倍政権が実行しようとしている「外国人実習生導入」が問題になる。
これをやられると、賃金は上昇せず、デフレは続くことになるだろう。
デフレが続けば、株価も上昇はしない。企業も再投資はしないことになる。




インフレになれば、最も困るのは年金生活者・引退者と思われる。旧ソ連の崩壊時を思い出してほしい、ルーブルの価値は消え、マルボロが通貨として使われた。引退した高齢層は貧困化した一方で、仕事のある若年層は相対的に富裕となった。
日本でも似たようなことが起こるだろうが、これを心配するのはまだ気が早すぎるかもしれない。
「外国人実習生」の導入で、再デフレ化の可能性も十分にあるからだ。











例えば、「立憲民主党」の吉田。「国民民主党」の羽田


文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も

本日、虎ノ門ニュースの上念さんは冴えまくっていた。(゚∀゚)



参考記事: 「大手メディアは糞である」

**何やってんだ?このバカ!!**




「断崖絶壁にいるシナ人を助けようとすると地獄へ堕ちる!」

人民元安と株安、そして企業倒産が相次ぎ、シナは不況に突入した。マネー崇拝のシナ人は恐怖に震えている。
シナ共産党政府は「株を売買停止」とし、株を売却する「投資家を逮捕」したが、それでも株価は下がる。いくら経済指標を誤魔化しても不況が顕在化したのだ。

2008年秋のリーマンショック直後、シナ共産党政府は57兆円の財政出動を行なった。以後、連続して100~120兆円もの返済のあてのない資金を供給し続けた。新幹線だけでも、投資総額は60兆円に達する。赤字国債も発行せずにひたすら輪転機を回す。こうした裏付けのない資金をじゃぶじゃぶと市場に供給し続け、一直線の景気浮揚、投資拡大を煽り、結末は全土に出現したゴーストタウンだった。ドイツ銀行の試算では、地方政府系金融機関の融資残高だけで520兆円に達する。


人民元は地獄の安値を付け、不動産投機をしてきたシナ中間層は没落する。一般物価はインフレに襲われ、庶民は苦しむ。人民は"ABYSS"を見る。人民は政府や企業や銀行に抗議するが、誰も相手にしやしない。官僚や社長や頭取連中はすでに雲隠れ。米国や豪州の豪邸で美女に囲まれて過ごしているのかもしれない。
シナ共産党政府は社会治安の悪化を恐れ、さらに人民への監視強化、統制強化を実施することだろう。地獄の底を見た人民の間には邪教が蔓延り、地方の人民解放軍は軍閥化する可能性が高い。


(直近1年の225、ハンセン指数、CSI300指数の指数化比較)


(直近5年の225、ハンセン指数、CSI300指数の指数化比較)


(下落するRMB、直近1年)



*****「日本は関わらないことである。安倍首相は10月にシナ訪問を検討しているようだが、そんなことをする必要はまったくない。」*****

****「1998年10月のアジア蔵相・中銀総裁会議での宮沢喜一(当時蔵相)と同じこと(日本人の税金300億ドルをアジア各国へバラまいた)をやりたいか?否、今回はアジア通貨危機以上に問題だ。『敵を育てる国は亡びる』からである。」****

***「全体主義国家・シナ!!」***

**「シナのウイグルやチベットでの虐殺。そしてモンゴル、満州でやった虐殺。2009年の『ウルムチ虐殺』など」**

*「忘れるな!!」「ナチス以上の鬼のような国体の『全体主義国家』がシナである。」*

***「レッセフェール」、「Let it be」、「関わってはならない!!」***

****「若し、関わるときがあれば、シナが起こす戦争の被害が日本に飛び火した時、限定である。」「その時は、絶対に負けてはならない!!」「戦争に負けるとどうなるかを日本人は思い知っているはず!!」****






NINJA300お薦めセイコー5(その弐)

SNK355
セイコー5の定番で基本形。色違いも揃っている。SNK357(ネイビー)、SNK361(ブラック)、SNK543(グリーン、品切れ)など。ダイヤルの5盾マークがセイコー5を主張している。5盾マークが嫌いな方は、白ダイヤルならばSNXS73(あえてSNK355との違いを言えば、5盾マークになっていない白ダイヤルとインナーベゼルが入っていること)がお勧め。SNKL15、SNK789、SNKK87もある。ネイビーのSNXS77も人気セイコー5だ。

(SNK355)


(SNXS73)


(SNKL15)

追記(2018/8/15):昨晩(ベトナムでは8/15)、SNKL15をポチった。正直、白ダイヤルなら高級機のGS、KSやSARシリーズをホールドしているのだが、ギョーシェで少しは差別化できると思ったのと、「NGAの別室」(下記)の記事を読んだ影響かもしれない。しかし、本当の最大要因は8月16日までお盆割引が1000円安で新品8910円(消費税、送料込み)だったことの可能性もありうる。しかし、SNXS73もいいよな。(笑)

NINJA300としては、SARB035(6R)をホールドしていない方には、プレサージュラインのSARY055(4R搭載)よりもSNK355またはSNXS73をお勧めする。ブレスレットは革か無垢SSへ、風防はサファイヤへカスタムすれば映える。
最後に、SNKL15も推奨しておきます。ブログ「NGAの別室」に詳しいのでご参照ください。詳しい説明とたくさん写真がでています。


NINJA300は白ダイヤルのドレス時計を数多くホールドしているため、現在は自制している。白ダイヤルのコレクションは、例えば、SARB035、SBGX103に加えてロードマーベルを数個、56LMを数個、56KS を6個、44KS、45KS、56GS、57GS、61GS、オールドロンジン、ロレックスオイスタープレシジョン、チュードルのプリンスオイスタデイト(ベゼル違いで2個)、同デイトデイ、NOMOSタンジェント、オメガジュネーブ、オメガシーマスター、WZ0071EGなど(...バカですねぇ)。だから、できるだけ買わないようにする必要に迫られているのだ(注記:舌の根も乾かぬ内にSNKL15をポチッたが…(゚д゚))。ただ、SNXS73かSNK355がお安く販売されていれば買うかもしれない。壊れても気にならない感覚でお気楽にはめれるからだ。




NINJA300お薦めセイコー5(その壱)

「セイコー5」は安い。日本にとっては暗黒の民主党政権時代、円高が90円程度まで進行した頃、セイコー5は5000円以下で販売されていたと聞く。現在でもセイコー5の価格帯は一万円台前半位が多い。たまに2~3万円程度の驚くほど高い値段を付けている業者がいるが、悪質業者なので相手にしないこと。時計としてはコスパが非常に高いのがセイコー5の特徴だ。廉価なために、一個では満足できず、3個位は買い集める趣味人は多いだろう。実際、北米・アジア・欧州など世界中にセイコー5のコレクターが存在する。なお、ここでいうセイコー5とは、「ビンテージ5」「JDM5」のことではなく、現行のCal.7Sを搭載した主に海外(マレーシア)製のセイコー5と定義する。つまり、現在どこでも手に入る「セイコー5」のことだ。

最初に、セイコー5説明のために、超有名なセイコー5ブログの「Gontaのブログ」から引用する。

(セイコー5の特徴)
◎丈夫で長持ち◎
セイコー5のムーブメント(心臓部)には基本的に「7s26」とセイコーが呼ぶ機械を採用している。この7s26は、機械式としては壊れにくく、長持ちすることで世界的に定評のあるロングセラームーブメントである。
(注)とはいえ、現在は7S から4Rへの移行期、そのうちすべてのセイコー5に4Rが搭載される時代が来るかもしれない。

◎良好な巻き効率◎
手巻き機能はないが、その分丈夫なのであり、また、ローターがどちらに回転してもゼンマイが巻かれるため(両方向巻き)巻き効率が良いのが特徴である。 この点は実用性の高さという評価に大いに貢献していると言えよう。

◎安い!◎
次に、何と言っても「安価である」という点が挙げられる。(多くは1万円でおつりがくる価格、当時)さらにデザインの種類が豊富である。ゆえに奇抜と呼んでもよいデザインのものもしばしば見受けられる。
セイコー5の「5」の由来は、以下。
◎切れないゼンマイ(ダイヤフレックス)
◎耐震装置(ダイヤショック)
◎自動巻きの機械式
◎デイ・デイト表示
◎防水性(日常生活防水~10気圧防水)


付け加えれば、セイコー5のサイズは本体37ミリで時計サイズが大型化した現在では貴重な存在だ。セイコーのドレス時計大型化は著しい。
「セイコー5」シリーズの腕時計はもちろんそのままはめてもまったく問題はないのだが、特に中古市場では「カスタムベース」として売買される場合が多い。多種類のデザインのダイヤル、針、風防、ケースが存在し、カスタム用パーツとして入手しやすいからだ。
但し、一部のモンスター/アトラスタイプを除き、セイコー5は捻じ込み式竜頭ではない。そのため、同じCal.7Sで捻じ込み式竜頭を備えた「SKX」シリーズがカスタムベースとして浮上してくる。但し、SKXシリーズの場合は、SKXのオリジナルデザインが大好きなユーザーも数多いと思われる。

前置きが長くなったが、NINJA300お薦めセイコー5をご紹介する。

SNKE01 /new explorer(型番/ニックネーム)
以下は「Gontaのブログ」を参考、いやほとんど引用・一部省略かもしれない。
「分の目盛りが刻まれたベゼルの幅がフェイスと絶妙のバランスを保っていると思う。SNKF49(Explorer、品切れ)に比べるとベゼルがややスリムである。全体が36mmと小ぶりなのがまた良く、ドルフィン針がスパイスを効かせて全体としてこぎれいにまとまっている。一体型フラッシュフィット採用。「Gontaのブログ」より」

*同系列商品の型番
snke03(黒、ベゼルも黒) snke04(ゴールドコンビ)snkd97(白文字盤)
以下、同じく同系列だが針のデザインが異なる機種。(snke07、 snke09、 snkd99)


(SNKE01)


Explorerは既に入手困難だが、このNew Explorer(SNKE01)は新品で手に入る。但し、NINJA300は一体型フラッシュフィットのため、NATOや革バンドに換えられないのは逆に欠点だと思う。SNKD97(色違い、新品購入可能)も同様。SNKF49は一体型ではないので、中古市場に出てくれば、SNKF49も買いだろう。デザインは申し分ない。なお、白文字盤のSNKD97も新品で入手可能だ。

(SNKD97)


参考ブログ:「SNKD97と仲間たち」



SNK369 / SPEEDRACER
「12時から4時の間のメーターには何の機能もない。(笑)単なる飾りだが、程よいアクセントになっていてかっこいい。セイコー5のデザイナー(そんなもんいるのか?)はある程度一般化したデザインを単純化して採用する傾向があるようだ。それもあくまで機能としてではなく、この機種のように、単なるデザインとして。また矢印型の短針(時針)も文字盤のデザインによく合っている。売り切れが多いところを見るとこちらも売れ筋らしい。個人的には「白文字盤」か「青文字盤」が好みです。(「Gontaのブログ」より)」
*同種色違い(snk371 snk375 snk373)
映画化もされた日本製アニメ「マッハGoGoGo(”Speedracer”)」の白・赤色組み合わせで、「白地に赤」は「日の丸」を思い出させる。

(SNK369)


SNKL05
3時位置竜頭が特徴(但し、捻じ込み式ではない)でカーキ色のダイヤルが良い(但し、インデックスはアプライドではない)。グリーンと云えばSARB017を思い出すが、SNKL05はSARB017よりずっとシンプルで楽に使えそうだ。カスタムベースとしても、このまま使っても良し。品切れ。
30メートル防水でラグ幅は20ミリ。同種色違いは、SNKL05、SNKL07、SNKL08、SNKL09、SNKL11、SNKL13他。




(SNKL05)








NINJYAトレンドチャート:日経225

米土の外交関係の悪化を奇貨として、トルコリラの対ドル相場が下グラフのごとく大きく下げた。FXトレーダーはさぞや大儲けだったことだろう。何?大損した?トルコ投資は数年に一度起こるこの通貨暴落を避けられるか、避けられないかで成果が決定される。"History repeats itself."
そのリプリングエフェクトから、EUROが安くなった。脆弱な新興市場ではインドネシア・ルピアが2015年10月以来の安値、インド・ルピーが1ドル=69.91ルピーと過去最安値を更新した。




225は昨日は440円安、本日は498円高とボラティリティが高くなっている。今週一杯はボラティリティリティの高い展開になるのは、ARIMAモデルで自己相関係数を計算するまでもなく、感覚的にわかる。一方、225のチャートをみてみれば、225は三角保合いの域を出ていない。NINJA300はこの三角保合いのレンジで225は暫く推移することを予想する。







「大手メディアは糞である」

裏口入学」。立憲民主党の議員が関与と分かったとたんに大手メディアの報道が止まる。

仲介役となった谷口浩司の妻が立ち上げたHPには関係者の付き合いが証拠の写真とともに公開されている。注目すべきは臆することなく政治家の名前が出されている点だ。

A議員 吉田統彦 衆議院議員 立憲民主党

B議員 羽田雄一郎 参議院議員 国民民主党

このうち吉田統彦議員こそがみんなを引き合わせた中心人物であり、裏口入学の黒幕だと指摘されている。谷口浩司と同僚のA氏(羽田雄一郎政策顧問)は東京地検特捜部の事情聴取においてこの事実を伝え「捜査してほしい」と懇願したという。

▼吉田統彦議員。眼科医であり、東京医科大学の臼井理事長も眼科医ということで2人には接点があった。


【裏口入学】仲介役の妻が「立憲民主党の吉田統彦議員が黒幕」と告発


「みなさん!地上波テレビなんてみてるのはいわゆる現代の下層市民です。
ほとんどは団塊世代の戦争を知らない世代のクソバカ連中です。
ああはなりたくないでしょ!?」





14060M(Serial.G)

ロレックス・サブマリーナ・ノンデイト、Ref.14060M、Serial.G(保証書日付 2011年4月)をリザーブした。
2011年頃だったか、55万円位のころからみていた14060M。新型ではなく旧型サブのノンデイト。
あれからずいぶん高くなったが、ポチってしまった。日本から確認の電話も来た。支払いは完了した(はず)。

これとそっくりの1989年の香港で買ったチュードル・サブマリーナ(デイト)を持っていた。だから、個人的なこだわりがあったのだろう。デイト表示は必要なし、というかいらん。ぶち壊しだ。
Cal.3130でチュードルサブのETAとはちがう。その代わり、メンテ代がかさむだろう。TT


チュードルは他に「ブラックベイ」の青とバーガンディーの2個、シルバーの80年代風「デイトデイ」、それに「デイトジャスト」をホールドしているので、急騰したチュードルサブを追っかけて買うのはバカバカしいのでやめ。供給が無いので希少価値があって価格上昇しているだけのこと。メンテナンスフィーはかかるが、性能ならロレックスサブだ。もちろん、性能はセラミックベゼルの現行の方がいいが、14060Mで十分だ。ベゼルの「ギザギザ」がすきなんだ。現行は製造個数が多すぎ。

14060Mの特徴
・Ref.14060(2000年に廃盤)の後継機
・製造期間:2000年~2011年の12年間
・Cal.3130
Cal.3130はリューズ右回り(上)で針が進む。一代前(Ref.14060)のCal.3000はリューズ左回り(下)で進む。
・発売時のCal.はクロノメーターではないが、2007年以降はクロノメーター化した。これでロレックスはすべてクロノメターとなった。
・同年(2006年下期以降、Z番後半以降?)にインナーリングに刻印(ルーレット)が入り、2007年から2011年までの製造分は特に人気が高い。
・風防の6時位置に王冠透かしマーク(2000年以降のRef.14060M)
青ヘアスプリングになり、耐磁性強化(Z番以降?)
・ラグに横穴あり(Ref.114060は無し→ドレス時計化)


14060Mと14060の違いは?
14060Mと114060の違いは?

クロノメター、6時透かし、ルーレット、2010年以降の青ヘアスプリング(たぶん、G番のみ)とこっちもある程度の希少性はある。G番はランダムシリアルになる前の最終年だ。





ロレサブ指標Ref.の価格チャート


(追加:20180806) 価格推移から見るロレックス サブマリーナの価値【2001年~2017年】

商品詳細
ロレックス サブマリーナー S/S Ref.14060M Serial.G(ルーレット刻印) 自動巻
ロレックス、ダイバーモデルの一つ「サブマリーナー」Ref.14060M。
デイトがなくすっきりとしたデザインで人気があります。
ムーブメントには、ノンデイトムーブメントCal.3000の後継として登場したCal.3130が搭載されています。
使用に伴う軽いスレ、小キズはございますが、状態は良いです。
ブレスレットの伸びは多少感じられますが、ケースは比較的しっかりとしております。
付属品として、保証書、箱、取扱説明書、冊子、タグ(個体番号の入ったROLEX タグ有)が付いております。


(追加:2018.8.5) watch the river flow

大正製薬。DHGをTOB

大正製薬のDHGの株式約7%のTOBに申し込んできた。リードはサイゴン証券という糞証券で、FPT証券の後はサイゴン証券へ行った。結構時間がかかるので本を必携すべき。記事のタイトルはなんのこっちゃという感じ(笑)だが、それでいい。分かる人だけ分かればいいのである!?

大正製薬、ハウザン株7%買い増しへ
大正製薬は、ベトナムの製薬最大手ハウザン製薬(DHG)の株式7.06%を株式公開買い付け(TOB)を通じて買い増し、出資比率を32%まで引き上げる。既に筆頭株主となっているが、株を買い増すことで2016年に締結した資本業務提携を一層強化する。


FPT証券の店頭(2F)、顧客はFPTが用意したPCで個々人でトレードする。日本のようにテーマ営業とかなんやら・・・阿呆なことはやっていない。なお、7月31日は1000ドンの配当落ち日だった。


ブルーフィンツナatFPTSec





プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆



(キャリアほか)
日系投信会社でファンドマネジャー、アナリスト。欧米系投信会社で投資情報室長、マーケティングを経験。ファイナンス修士号(Master of Finance)、CMA(日本証券アナリスト)。タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ)、ベトナム(サイゴン、ハノイ)など主にASEAN地域を拠点にトレーダーとして生きる。その間、ジムロジャースなどへのインタビューやアジア株関連記事ほかを執筆する。
東京時代は故渡辺昇一、西尾幹二他を乱読。現在は馬淵睦夫、宮崎正弘他の著作が好物。物価安(円からみて)のチェンマイ時代は「頼山陽」のごとく暴れまくった(笑)。政治的には「保守」とは思うが、あくまで「トレンドフォロワー」なので「風見鶏」かもしれない。しかし、譲れない一線(a matter of principle)を保持する。「オタク」の倉山・上念一派よりは、水島総・三橋貴明の方が好き。消費増税・プライマリーバランス(PB)に反対の一方で、憲法改正・日米同盟強化を支持する。NINJA300は既得権益者とはまったく異なる立場にいます。日本が「国体」を保守し、アメリカから「真」の独立を勝ち取ることを願っております。

(Pirate Code)
"Take everything what you can, give nothing back"

「亡者の箱まで、にじり登った15人、一杯やろうぜ、Yo-Ho-Ho!他の奴らは 酒と悪魔に 飲まれたぞ、もひとつやろうぜ、Yo-Ho-Ho!」

(アマゾン・クラシックカード)

(三井住友Visaカード)

(楽天カード)


※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
世界の株価
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
ハノイの大気汚染度
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産・貿易/Real Estate, Trade
(趣味)時計、革製品、バイク、筋トレ
Micro Brands & Custom Parts etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・