週末の売り物残る

31日の日経平均は続落。年度末となる3月31日は12年連続で陰線。



3月末の週末の取引。日中足は最悪ですね。今晩のNYが下がると、月曜日は辛くなりそう。




日経平均のNINJAトレンドチャート

短中期のトレンド線が明らかに下落している。レッドアラート。






デビッド・ロックフェラー大往生の影響

ロックフェラーもロスチャイルドもグローバリスト。今後、起こる世界の大変化をみるときに、こういう視点もあると参考にしようと思ったので記録しておきます。但し、具体的な影響があるかはこの視点からは分かりにくい。
但し、NINJA300は行き過ぎたグローバリズムは当面の間、つまりまだ起きていない大きな戦争が終わって暫くの間までは進捗しない気がする。これは大きな歴史の流れだから、かなり長い期間続くのではないかと思っている。


「影の支配者」D・ロックフェラーの死にほくそ笑むゴールドマンの戦略
デイヴィッド・ロックフェラー氏の死去で世界はどう変わるのか?
ロックフェラー家当主、101歳の大往生
世界の大富豪で、時に世界の影の支配者とも言われたデイヴィッド・ロックフェラー氏が3月20日、ニューヨークの自宅で亡くなったと報じられました。101歳でした。彼の死は世界に大きな衝撃を与えています。それだけ世界に大きな影響を持つ人物でした。
ロックフェラー家と言えば、ロンドンなど欧州拠点のロスチャイルド家と並んで、世界に大きな影響力を持つ家系です。
もともとはロスチャイルド家の大番頭をしていたといわれるロックフェラー家ですが、ジョン・ロックフェラー1世が石油を発掘し、スタンダード・オイル社を設立し、弟のウィリアムがナショナル・シティ銀行を設立してからロックフェラーが力を増し、いつしかロスチャイルド家と肩を並べる存在となりました。
亡くなったテイビッド・ロックフェラー氏は、このジョン・ロックフェラー1世の、ただひとりの生き残ったお孫さんで、ジョン・ロックフェラー2世の1女5男の兄弟の5男にあたります。この家系、長男がジョン・ロックフェラーを名乗り、テイビッドの長兄がジョン・ロックフェラー3世ですでに亡くなっており、その長男がジョン・ロックフェラー4世で、デイヴィッドの甥にあたります。
テイビッドの2番目のお兄さんにあたるネルソン・ロックフェラーはフォード大統領の下で副大統領を務め、すぐ上のお兄さん、ウインスロップ・ロックフェラーはアーカンソーの州知事をつとめ、甥のジョン・ロックフェラー4世(通称ジェイ)も上院議員を務めるなど、政界でも活躍しています。

経済界にも多大な影響力、ロックフェラー関連企業
また、それ以上にビジネス界での影響力が大きいのも特徴で、ロスチャイルド、モルガンとともに、世界3大財閥とも言われます。
先に挙げた石油のスタンダード・オイル社は今のエクソン・モービルなど、ナショナル・シティ銀行は今のシティ・グループにあたります。デイヴィッドはチェース・マンハッタン銀行の頭取を務めました。
シティやチェースなどの銀行の他、ボーイング、GMやクライスラー、GE、カーギルやモンサント、NBCテレビ、S&Pなどがロックフェラー関連の企業と言われています。

「影の支配」は陰謀論ではない
さて、今回101歳で亡くなったデイヴィッド・ロックフェラー氏は、表の世界で大富豪として活躍しただけでなく、実際には「世界の影の支配者」と言われるほど、世界の政治経済に大きな影響力を持つ人物でした。
一例をあげると、表に出ない影の組織として「ビルダーバーグ会議」というのがあります。これは戦後早い時期に、オランダのビルダーバーグで開催された秘密会議で、その後毎年秘密裏に会議が開催され、世界の政治経済にわたる重要事項が密かに決められていたと言います。
主要国の大統領、首相人事から、中国の人民元切り上げまで、この会議で決められていたとされますが。この会議に創設当初から参加していたのがデイヴィッド・ロックフェラーでした。他に欧州の王侯貴族、ロスチャイルドなどユダヤ系金融資本も参加し、影響力を行使していたようです。そして近年は、デイヴィッド・ロックフェラーがこの会議の主役と目されていました。

ヒラリー・クリントン敗北の裏で
この秘密組織としてのビルダーバーグ会議、すなわちデイヴィッド・ロックフェラーは、米国の大統領選挙にも大きな力を発揮し、過去にはビル・クリントン、ジョージ・ブッシュ、バラク・オバマ大統領誕生にも、裏で大きな力を発揮したと言われます。
そのビルダーバーグ会議が、去年の大統領選挙ではヒラリー・クリントン候補を推していたと言われただけに、メディアもクリントン氏有利と見ていたのです。
ところがどっこい、実際には僅差ながら、トランプ氏が大統領に選出されたことから、影の支配勢力に何かがあったのではないか、との思惑も見られました。
ビルダーバーグ会議自体が2~3年前にメディアに嗅ぎつけられ、ロックフェラー氏が会見するなど、秘密のヴェールがはがされてしまったこともありますが、デイヴィッド・ロックフェラー氏も少し前から車椅子姿を見せるようになっていたので、氏の影響力が落ちるような何かが起きたのでは、との思惑も広がっていたのです。
ロスチャイルドとともに、世界に最も大きな力を及ぼす「影の支配者」と見られていただけに、デイヴィッド・ロックフェラー亡き後の世界がどうなるのか、後継ぎが誰になるのか、一部では大きな関心事になっていました。
そこへデイヴィッドの死が報じられたので、いよいよその問題がクローズアップされてきました。

崩れゆく世界の均衡と秩序
ロックフェラー財閥の事実上のトップが亡くなったことで、財閥内の混乱、後継問題がささやかれていますが、これまでロックフェラーとロスチャイルドのパワーバランスで保たれていた均衡が崩れ、世界の秩序が崩れる懸念があります。
デイヴィッド・ロックフェラーの後継者としては、自身の息子さんのデイヴィッド・ロックフェラー・ジュニアもいますが、彼は音楽の道に興味があると言われ、ロックフェラー財閥のビジネスにはあまり関心がなさそうです。
むしろ、甥のジェイがジョン・ロックフェラー4世としての立場もあり、最も自然だと思いますが、生前、デイヴィッドとジェイは金融市場でしばしばぶつかり、険悪な関係とも指摘されました。一時経営が苦しかったシティ・グループを、甥のジェイ率いるゴールドマンが飲み込もうとしたために、叔父のデイヴィッドが激怒したと言います。
後継問題がすんなりいかないと、ロックフェラー・グループにはしばらく混乱が続き、グループの結束が弱まる懸念がまずあります。

トランプ氏、ロックフェラーのライバル・ロスチャイルドと接触か
同時に、相対的にロックフェラーよりもロスチャイルドの影響力が高まると、さまざまな面で均衡が崩れ、変化が生じる可能性があります。
例えば、トランプ政権の誕生ですが、デイヴィッド・ロックフェラーが健在であればなかったかもしれません。彼の死が3月20日に報じられましたが、実際にはもっと前に亡くなっていた可能性もあります。あるいは選挙に影響力を行使しうる状態ではなかったのかもしれません。
トランプ大統領は、IS(イスラム国)への攻撃を本格化するといい、そのためにロシアと協力すると言っています。
しかし、ISはもともとロックフェラー系のモンサント社の傘下の民間軍事会社によって訓練を受けたと言われ、オバマ政権下では、ISへの攻撃は手抜きとも見られる状況があり、しばしば武器が「誤って」IS側に回っていたことも知られています。ISへの攻撃には、事前に通告がなされたともされます。
そのISをトランプ大統領が攻撃することは、ある意味ではロックフェラー・グループに喧嘩を売るような行為とも見えますが、ロックフェラーがトランプ氏でなく、ヒラリー・クリントン氏を推していたことからすれば、わからなくもありません。
トランプ氏は選挙前に英国を訪れ、ロスチャイルドと接触していたとの情報もあります。トランプ大統領の誕生は、すでにロックフェラーよりもロスチャイルドの影響力が大きくなっていたことの表れととれなくもありません。
もっとも、ロックフェラーは大統領選後に、ロスチャイルドと和解を求め、トランプ陣営での影響力を持つようになったとの説もあります。

ロスチャイルド系企業が優勢に
いずれにせよ、ロックフェラー・グループの体制立て直しが遅れると、産業界でもロスチャイルド系が勢力を強める可能性があります。
石油関連では、ロックフェラーのエクソン・モービルやシェール企業に対して、ロスチャイルドにはロイヤル・ダッチ・シェルやブリティッシュ・ペトロリアム(BP)があります。

金融はもともとロスチャイルドの支配産業で、欧州各国の中央銀行から、バークレイズ、香港上海銀行、ゴールドマン・サックス、メリルリンチ、ハリマン、ヴァンダービルトがロスチヤイルド系であり、日本では三井銀行系が入ります。因みに、三菱銀行系はロックフェラー系に入ります。

軍事面では、ロスチャイルド系としては、ビッカース、アームストロング、ロッキード・マーチンが、メディアではロイター通信、ニューヨーク・タイムズ、ABC、CBSなどがあります。

高まるゴールドマン・サックスの存在感
金融市場では一時ロックフェラー系のシティ・グループが市場をリードし、利益を独り占めしていた時期がありますが、トランプ大統領の勝利あたりから、ロスチャイルド系であるゴールドマン・サックスの存在感が高まっています。
一例をあげると、大統領選挙の行なわれた昨年11月7日前後の市場の動きにこれが見られます。開票の途中経過が出始めたのは、すでに8日の東京市場が開いた時間です。当初2人の接戦が伝えられましたが、接戦州でトランプ勝利が伝わるたびに米国株の先物が大きく売られ、これを見て日本株もつれ安となりました。
ここで米株の先物を売っていたのがゴールドマン・サックスと言われます。トランプ氏が優勢と伝えられた時には、米国株の先物は800ドル以上の急落となっていました。日本株もつられ、一時1000円も下げています。
ところが、8日の東京市場が閉まるあたりから、米国株の先物が下げ止まり、今度は急ピッチで買い戻され、ニューヨーク市場が開くころにはむしろプラス圏に戻っていました。ここで先物を買い上げたのもゴールドマンと言われます。
その過程では、「トランプ大統領になれば、大型減税、インフラ投資、金融規制改革が期待できる」との宣伝をして買いを誘いました。
現在のトランプ政権には、財務長官など主要ポストにゴールドマン出身者が加わっていますが、すでに選挙結果が決まろうとするその瞬間にも、ゴールドマンが大きな存在感をもって市場を動かしていたわけです。
この時点で、市場の目はシティ・グループからゴールドマンに移りました。以後、市場をリードするのはゴールドマンと見られるようになりました。

デイヴィッドの生前は、その配下のシティ・グループとジェイが肩入れするロスチャイルド系のゴールドマンが主導権争いをする場面も見られましたが、デイヴィッド亡き後は、金融市場でのロスチャイルド系の影響が強まり、やはりロスチャイルドの影響力が強い各国中央銀行とゴールドマンの連携が予想されます。市場も、彼らから目が離せなくなるでしょう。





東芝のチャートを記録

東芝のチャート(3ヶ月、6か月)を記録しておく。

米WH、破産法申請へ=東芝、取締役会で承認―海外原発事業から撤退 時事通信 3/29(水) 12:17配信
 東芝は29日午前の取締役会で、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)による米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を承認した。これを受け、WHは米国の裁判所に申請する方針。東芝は、巨額損失の原因となったWHを裁判所の関与の下で連結対象から外し、将来の損失拡大の抑制を目指す。
 東芝の綱川智社長は29日午後、記者会見する見通し。関係筋によると、WHの申請手続きは当初の予定よりも遅れているという。
 東芝は2017年度中にWH株を売却し、海外原発事業から撤退したい考え。裁判所が関与する形でWHの債務の整理や契約の見直しが進めば、売却しやすくなるとみている。
 東芝はWHに約8000億円の債務保証をしており、債務の肩代わり分を含め、17年3月期の原発関連損失は1兆円規模に膨らむ見通し。17年3月期末には負債が資産を上回る債務超過に陥るため、稼ぎ頭の記憶用半導体メモリー事業を売却し、債務超過からの早期脱却を図る。 


(東芝、6ヶ月チャート)


(東芝、3ヶ月チャート)


東芝で遊ぶのも面白そうだ。
東芝の定年は60歳らしい。2017-60=1957だから、1957年生まれが今年定年になる。1987年のバブル入社組がちょうど30年勤務で53歳位か。あと7年、ご苦労さん。会社人生だけだったら、残念だったね、でも自分の人生の選択だから、運命と思って諦めることだ。退職金はどの程度減るのだろうか?マトモならすでに退社して新しい道を見つけているだろう。
「遊ぶのは良いが、長居は無用」




金とプラチナ

現在、NINJA300はゴールドETFもゴールドマイン株も売却してしまい、ゴールドをほとんどポートに入れていない。あるものといえば、金ネックレス位のものだ。GDXはずっと指値をしているのだが、朝鮮半島有事を予測してかどんどん上昇して置いていかれてしまった。まずい。( ノД`)

金よりも安い「プラチナ」投資はお得か? プレジデント 3/28(火) 9:15配信
■外貨建て商品として為替差益も狙える
 2016年に入ってからプラチナが多く買われた。価格が大幅に下がり、割安感が出たからだ。2015年10月には、ドル建て価格で1トロイオンス(約31グラム)当たり1000ドルを超えていたが、2016年に入って1月中旬には、810ドル台まで下落。値上がり狙いで投資をするバーゲンハンターがこれに殺到した。



 投資家の中には、金との価格差に注目している人も多い。もともと金とプラチナの価格は、ある程度、連動して動くことが知られている。以前は、金よりもプラチナの価格のほうが高かった。金よりも安くなり、価格差が大きくなれば、いずれプラチナの価格が金にさや寄せ(※)することが期待できる。2016年の1月がまさにその状態だったわけだ。
 ただ、金とプラチナの特性を理解しておく必要がある。決定的な違いは、金には通貨としての側面があり、プラチナにはないということ。1971年8月まで米国が金本位制を採用していた名残から、現在でも有事の際など不安要素が大きいときには金が買われやすい。それは多くの国の中央銀行が所有する外貨資産の一部に金を組み入れていることでもわかる。その一方、日本を含め、プラチナを所有している中央銀行はない。
 需要量も圧倒的に違う。金の年間需要は世界全体で4000トンほどだが、プラチナは200トンほどと金の20分の1程度しかない。しかも、そのほとんどが産業用だ。プラチナは主に自動車の排ガスを除去するための触媒として利用される。結果、好景気で車がよく売れるときには、需要が増える傾向にある。
 金と比べてプラチナの市場規模は小さいため、投資マネーの流入などがあると、値動きが大きくなりやすいのも特徴だ。
 供給面はどうか。プラチナの供給の約7割は、南アフリカに頼っている。以前は、南アフリカで黒人労働者のストライキなどがあると、供給がストップしてしまうこともあったが、現在では、ある程度の在庫をストックしているため、供給面は安定していると考えていいだろう。

 共通点もある。どちらも実物資産であるということだ。世界的な金融緩和によってマネーの量が増え、お金の価値は目減りしつつある。この先、インフレに突入することがあれば、そのときに資産の目減りを防ぐことができるのは実物資産だ。
 以上のような理由からプラチナは買いとなるが、単独での保有はお勧めできない。実物資産としての価値は、通貨の側面がある金のほうが優れているからだ。ただ、「有事の金」といわれるだけあって、平和な時代には金の価格は低迷する傾向にある。一方のプラチナは、環境面に注目が集まる平和な時代こそ、需要が増すといえる。そこで実物資産として金を保有しつつ、補完的な意味合いでプラチナを購入してはどうだろうか。
 欧州は景気がパッとしないといわれているが、自動車の販売は伸びている。プラチナはとくにディーゼル車の排ガス除去に利用されるため、欧州市場の影響は大きい。欧州の排ガス規制は、さらに強化される傾向にあるから、プラチナの需要は期待できる。
 もうひとつ、忘れてはならないのは、金もプラチナもドル建て取引が基本であること。ドル建ての資産となり、外貨建ての金融商品を持つのと同じ意味合いになる。そのため、円高局面で投資すれば、円安になったときに為替差益を含み益として得られる効果もある。





グランドセイコーが「レクサス」方式へ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

S&P500のNINJAトレンドチャート

投資家すべてが注目しているアメリカ株式市場。状況は過去一年で最悪だろう。

S&P500





62MAS リイシュード(SBDX019)

セイコー・ファーストダイバーの復刻版(SBDX019)が発売される。世界限定2,000本。
発売予定日は今年7月、Cal.はMM300と同じ8L35、ケースサイズは39.65ミリ、ガラスは待望のカーブド・サファイヤグラス、ラグ幅は19ミリ。プロスペックロゴは無し。但し、お値段は35万円+とお高くなっています。
同時に普及版(廉価版)のSBDC051、SBDC053も発売される。




セイコーのHPより引用)
オリジナルのシャープでマットな印象を継承しつつ、ケースのサイドラインに鏡面を入れるなど、随所に現代的なアレンジを加えています。特に、ブラックダイヤルのSBDC051にはケースとマッチするシャープなデザインのステンレススチール製ブレスレットを組み合わせ、幅広いシーンに対応可能な汎用性の高いデザインに仕上げています。
外観と着用感の両方で薄さを感じさせるため、ケースサイドから裏ぶたに向かってすり鉢状に絞り込んだ形状を採用しています。
形状の異なる時分針は水中での判読性を高め、さらにルミブライトを塗布することで、暗所での視認性も確保しています。
ケースとブレスレット(SBDC051のみ)には、時計を傷から守る独自の表面加工技術「ダイヤシールド」を施し、購入時の表面仕上げの状態を長く保ちます。
ネイビーダイヤルのSBDC053には、独自に開発した蛇腹式の強化シリコンストラップを採用。海水や汗、紫外線などで劣化しない高い耐久性と柔らかな肌触りで優れた装着感を兼ね備えたダイバーズウオッチのストラップには理想的な素材です。


うーーん、SBDX019は格好良いと思うが、NINJA300はお高いので触手は動きません。
残り2つ(6R、サファイヤガラス)のなかでは、NINJA300の好みはネイビーの方。この二つの定価はそれぞれ10万円、8万円。日付とXロゴを無くして、秒針をオリジナルと同じにして欲しかった。ポジション的にはSYOGUNとSUMOの間に位置することになる。クラシック感が出ているのは良い点だろう。個人的には、これならば、同じ6RのSYOGUNをお勧めするが、好み次第だろう。




日米株価トレンドが崩れてきた。

イエローアラート。

トランプ当選後のS&P500チャート


日経平均チャート





デービッド・ロックフェラー氏が死去

7度の心臓移植で10年位は生きるのではと思っていたグローバリストの親玉のデービッド・ロックフェラーが死去した。101歳。どんな大金持ちでも年齢には勝てない。美少女だった中山美穂もおばさんになってしまったし・・・いずれにせよ、死者に対しては、ご冥福を祈りたい。
キッシンジャーは94歳、ソロスは87歳でいずれも世界に分散(ディアスポラ)したユダヤ人だ。デービッド・ロックフェラーはWASPだろうが、いずれもグローバリストであることに変わりない。なお、欧州のロスチャイルドはユダヤ系である。

デービッド・ロックフェラー氏死去(米富豪ロックフェラー家3代目当主)
 デービッド・ロックフェラー氏(米富豪ロックフェラー家3代目当主)米メディアによると、20日、心不全のためニューヨーク郊外の自宅で死去、101歳。
 1915年、ニューヨーク・マンハッタン生まれ。祖父は石油業で巨財を築いたジョン・ロックフェラー。46年に金融業界に入り、69~81年にチェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)の会長を務めた。
 日本との関わりも深く、73年には日米欧の民間有識者で構成する政策協議グループ「三極委員会」を創設。94年の天皇、皇后両陛下のニューヨーク訪問時には歓迎委員会委員長を務め、自宅での晩さん会にも招いた。


とりあえずは、デービッド・ロックフェラー死亡のニュースだけ。この影響については、よく考えてからまとめてみたいと思っている。それにしても、相続税はほとんどかからないんだろうなア。株式市場へのインパクトはなかったんだろうか?




74歳会長の衰えない投資熱

ビジネスオーナーであるとともに、インベスターをやっている老人。参考までに。

年収3億円を稼ぐ74歳会長の衰えない投資熱 「良いモノを」「安いときに」「たくさん買う」
本人の年収は3億円前後
清宮義男さん(仮名、74)は、茨城県で創業90年を超える老舗精密機械系メーカーの会長を務める。東京理科大学卒業後の50年前に家業に入り、20年前から4代目社長として経営の舵を取ってきた。入社当時15億円程度しかなかった売上高は現在約300億円。従業員数は現在500人を超える。本人の年収は3億円前後だ。
2人の娘さんはともに結婚し、いまや孫が3人。「まさか自分が『じーじ』と呼ばれるときが来るとは。孫はかわいいもんだね」と時折はにかむ。本人が主催するホームパーティを3日に1度は開催しており、誰彼となく話しかける気さくな一面も持つ一方、自社株式を視野に入れると総資産は200億円以上に及ぶ一大資産家で、本業が手堅く推移しているのはもちろんのこと、次なるビジネスへの大型投資も進め、抜け目がない。
とはいっても本人が家業に入ったときは、「田舎では『地元の名士』っていわれていたけれども、実際の会社は借金だらけで、ここ20年くらいでようやくカネがたまり出したんだよね。メーカーっていうのはそんなものなんだよ」(清宮さん)。
会社を大きくさせた最大のターニングポイントは、40年前に自身がエンジニアとして開発した、車のワイパーなど、ゴムと鉄を接着する独自技術。大手自動車メーカーや通信機器メーカーも古くからの取引先で、「ウチの技術はそうそうまねできないよ」と自信をのぞかせる。
社長を継いだとき、清宮さんは50歳を超えていたが、「当時はそれぐらいのほうが、取引銀行も納得してくれた」という。今は事業承継に多くの中堅・中小企業が頭を悩ませており、時代の変遷を感じずにはいられない。目立たないが需要がなくならないところにフォーカスした、まさに日本の典型的な優良中小企業といってよいだろう。本人は謙遜して「いやいや、ウチはただの町工場だよ」と言うが、清宮さんの会社の技術なしに車は存在しえないし、通信機器も存在しえないことは周囲の誰もがわかっている。
現場の第一線からは退いている。5代目の現社長は外部から登用したプロに任せ、本人は主に海外で次なるビジネスの種を見つける情報収集役として腕を振るっている。3年前からバンコクと東京を行き来する生活を送っており、「東南アジアはビジネスの宝庫だね。一昨日ジャカルタから戻ってきたけど、明日からホーチミンだ」と話すなど、アジアをまたにかけて精力的に動き回っている。いつかは娘婿に6代目社長をバトンタッチさせるべく、かなり出張に同行させて勉強させているようだ。

将来に対しては多少悲観的な一面も
清宮さんは典型的な代々続く富裕層の1人といえるが、ビジネスの将来に対しては多少悲観的な一面も時折のぞかせる。
「私は始めたときからすでに出来上がった事業があったんだよね。事業を時代に合わせた形にして、必要ならM&Aもやってということでここまできた。なにせ今まで必要であったモノやヒトが、必要でなくなる可能性が強い時代に突入するわけだから私の後はかなり大変なはずだ。オーナー経営者である必要はないとも思っているよ。会社としてのレゾンデートルが問われることもあるだろう。だから、海外にチャンスを見つけに来たんだよ」
筆者は清宮さんと出会って3年経つが、地銀、都銀をはじめとする銀行取引歴も長く、資金調達力もお世辞抜きで抜群。こんな会社を率いている人ですらビジネスの激変期を肌で感じているというのだ。
そんな清宮さんがとても熱心にビジネスの研究をしている分野が3つあるのだそうだ。1つ目が太陽光発電。それがプロフィットに結び付く、となった数年前に多額の銀行借り入れをして大企業が驚くくらいの用地買収、太陽光発電設置に動いた。「もちろん、もうほぼ回収済み」で、400億円の設備投資は5年で650億円になったというから「大成功のビジネス」と本人が胸を張るのもうなずける。
2つ目がロシアへの投資だ。2年ほど前から原油の値段が下がったことをきっかけにロシア経済が不安定になったことを「チャンス」ととらえ、積極的なロシア株の買い増しに動いたという。日本円で80億円を超えるロシア株は現在価値で110億円程度になっているが、「まだまだ伸びるはずだよ」と本人は売り時ととらえていない。想像を超えた現地調査と投資額の決断を実行するスピードにはいつも舌を巻くが、やはり一流の投資家というのはそういうものなのだろう。
3つ目が船関連ビジネスの買収だ。景況感に大きく左右される印象の強い船関連のビジネスだが、「モノを運ぶってなくなるはずがない」と言い切り、取締役会の説得に動いているという。こちらはまだ設備投資前の段階だが、「数百億用意する必要があるね」と言い、取締役会のメンバーもさぞかし大変なんだろうな、といつも感じている。

共通するキーワード
これら3つのビジネスに共通するキーワードを挙げるとすれば、「差」に対する感度、ということになるだろうか。「地域差」もあるだろうし、「情報差」もあるだろう。または「時間軸としての差」もあるだろうし、もちろん「為替差」もあるだろう。
清宮さんは言う、「人はそれぞれいろいろ考えて動くわけだから、いろんなところに差が生じる。それは当然だし、儲けにつながる。差が生まれそうな最初のところでガシッとつかまないとね。ニッチビジネスと呼ばれるものがあるが、私はあれには反対。参加者が少ないと差が生まれにくいから大きくならないよ」。
言い得て妙とはこのことか。一般的な話に置き換えれば「ある種の産業にひずみが出てくるのを、世間が知る前に投資する」ということで、企業の株式を上手に買う、という単純な行為によく似ているのだ。また、なんらかの理由で安くなっている、本来的には高い価値のものを安く、たくさん購入するという、バリュー投資という名のウォーレン・バフェットの投資哲学ともさほど変わりがない。
「良いモノを」「安いときに」「たくさん買う」。清宮さんが多額の資産を保全できている理由は、まさにこれを愚直にやっているからといえそうだ。
そんな清宮さんも、長らくロータリークラブの会員でもある。人の面倒を見るのがとても好きだ。海外からの留学生を何度も自宅に受け入れたという。ごく普通に庶民的なバーベキューも楽しむ。やっぱり普段は隣にいても富裕層とは気がつきにくい。
「今、興味があるのは農業だね。コショウなどの栽培を考えている人に投資しようと思うんだ」。どうやら香辛料のビジネスには差が生じ始めているようだ。まだまだこの人の投資意欲は衰えそうもない。






金正恩ニュトラライズ計画進捗中

金正男を暗殺したのは、ほぼ金正恩で決まりだろう。
古代バビロニアのハムラビ法典には「目には目を、歯には歯を」と書かれている。ブッダ様は「因果応報」を唱えた。
アメリカは「現代のバビロニア」だ。
当然、アメリカは金正恩ニュトラライズ計画の実行可能性を検討中だろう。

アメリカにとって北の制空権なんて朝飯前で掌握できる。金正恩の居所は、潜入スパイやスパイ衛星で把握するだろう。金、核施設はバンカーバスターで根こそぎ破壊することになる。
核施設の位置を把握できているのか、アメリカ諜報部の役割は重要だ。北京スパイのレンポーが国会でしょうもない森友学園問題ばかり取り上げている日本とは「生き方」に対する真剣味が違う。現実世界は”Dead or Alive.”世界は「生きるか死ぬか」だ。

仮に、北のミサイル施設が破壊されずに残存した場合、ソウル市民、いや東京でさえ射程圏と考えた方がいいだろう。仮に福島原発がミサイルで破壊されれば、東日本は全滅する。可能性としては精度を考慮すれば低いだろうが、まったくありえない話ではない。いや、ミサイル以上に気になるのは日本国内に無数に潜入している北のスパイによる爆破工作だろう。

アメリカがシナとロシアの合意を得られるか?シナと北は水面下で繋がっているだろうから、情報漏れを警戒すべき。シナは国境を超えるだろう数百万人の北難民を恐れている。しかし、基本的にアメリカの召使いになりたいシナはアメリカがやるといえば、反対はできない。一方、ロシアは中東問題やその他の地域での妥協を要求してくるだろう。プーチン大帝はハードな交渉をやるにちがいない。トランプは天才だが、プーチンも天才である。

朝鮮半島情勢が目まぐるしく変わる今、我が国は麻痺している。地元票ばかり考える議員には朝鮮半島の緊張度合いが見えないのだろう。ほとんどの議員はメクラだ。
また仮に、朝鮮半島に統一国家ができれば、それは日本が最前線化することを意味する。そして、慰安婦問題ではなく、統一朝鮮は戦後賠償を要求してくるだろう。日本は北とロシアとは戦後問題がまだ片付いていないのだ。

戦争はゲームチェンジャーだ。株価は下がり、金利は上昇し、コモディティ価格は上がる。強烈なインパクトを資本市場に与えることになる。
残念ながら我が国に危機感はまったく感じられない。環境変化に適応できない種は滅びる。ダーウィンの「適者生存の法則」である。







画像:ダナン(Danang)


・ダナンのビーチ:パタヤやプーケットまたはニャチャンほど混雑していない。
・HISの事務所。観光案内してくれる。無料コーヒーと無料日本語地図をくれる。ダナンのダウンタウン、ハン市場近く。
・ホイアンの有名な日本橋。超混雑。ホイアンはダナンから近い。
・ドラゴン橋
・果物売り
・チャンパ―の彫刻





金価格10年チャート

当面、1080~1360ドルの間でモチアイそうだ。






「辻褄」が取れている世の中

利権構造について

47分30秒辺り~

「青虫」について/52分52秒~「東大教授」「研究者」「新聞記者」「キャンペーン」「官僚」「クラブ」「文部省局長」

NINJA300は武田邦彦先生を心から尊敬している。特に、足が短いところが大好きだ(冗談よ)。
武田先生は勇気がある方だと思う。もちろん、宮崎先生や馬淵先生または西尾先生、大御所でかなりお年を召されてしまったが渡辺昇一先生も尊敬している。子供のころ、今思えば日教組のクソみたいな教師に囲まれて育った。そのため、教師というものが大嫌いだった。小学校のころの教師は「北朝鮮」を賛美し、高校のころの教師は「朝日新聞」を賛美した。中学は私立だったのでその点では大丈夫だった。「サヨク」の土地柄だったのだ。
いま、ネットで尊敬できる先生方の話をいろいろと聞けて楽しい。ソクラテスや中世のアウグスチヌス、昔から大好きだった実存主義のニーチェやキルケゴール、ルター、ヒトラーの思想にも手が届く。可哀想に、欧州人はヒトラー思想には届かないから、自分の真実の姿がみえない。インターネットやキンドルで読んだりできる。現代は本当に良い世の中になったとは思うが、まだまだ改善の余地は多々あるのが現実でもある。
実質的賄賂を貰う東大教授をはじめとする皆さん、ご苦労様。楽しい人生送っていますか?(笑)





髙山正之『変見の作りかた』#80 廃兵院にて

良い動画と思ったのでアップします。



朝日新聞というのはシナの新聞です。内部に人民日報がいます。NHKはシナのTV局です。内部にはシナのTV局がいます。
日本人は意識を早く変えないと、とんでもないことになります。シナの倭人自治区になりたいのか?シナに重税を課されたいのか?シナに家族全員殺されたいのか?






教育勅語

教育勅語のどこが悪い。
民主党はいいかげんに国民の税金を使った国会でバカを止めろ!
奴らとマスコミは確信犯だったか。(笑)


教育勅語の12徳目
父母ニ孝ニ (親に孝養を尽くしましょう)
兄弟ニ友ニ (兄弟・姉妹は仲良くしましょう)
夫婦相和シ (夫婦は互いに分を守り仲睦まじくしましょう)
朋友相信シ (友だちはお互いに信じ合いましょう)
恭倹己レヲ持シ (自分の言動を慎みましょう)
博愛衆ニ及ホシ (広く全ての人に慈愛の手を差し伸べましょう)
学ヲ修メ業ヲ習ヒ (勉学に励み職業を身につけましょう)
以テ智能ヲ啓発シ (知識を養い才能を伸ばしましょう)
徳器ヲ成就シ (人格の向上に努めましょう)
進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ (広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう)
常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ (法令を守り国の秩序に遵いましょう)
一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ (国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう)



朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁ムルコト宏遠󠄁ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博󠄁愛衆ニ及󠄁ホシ學ヲ修メ業ヲ習󠄁ヒ以テ智能ヲ啓󠄁發シ德器ヲ成就シ進󠄁テ公󠄁益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵󠄁ヒ一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕󠄁カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺󠄁風ヲ顯彰スルニ足ラン

斯ノ道󠄁ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺󠄁訓ニシテ子孫臣民ノ俱ニ遵󠄁守スヘキ所󠄁
之ヲ古今ニ通󠄁シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕󠄁爾臣民ト俱ニ拳󠄁々服󠄁膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶󠄂幾󠄁フ

明治二十三年十月三十日
御名御璽


【阿比留瑠比の視線】
教育勅語のどこが悪いというのか 毎日新聞よ、無知と偏見の他者攻撃はみっともない




キリンビール(2503)

何事も損キリは大事ですね。

【快挙】キリンHDの株価がバブル崩壊以来の高値更新。ブラジルの損切りが吉
キリンビールを傘下に有するキリンホールディングス <2503> の株価が、バブル崩壊以来の高値更新となりました。長らく経営不振に苦しんでいたブラジル子会社を損切りしたことが株式市場から評価された形となりました。
キリンホールディングスの株価が高値更新
2008年にも高値更新目前まで株価の上昇を見せたキリンホールディングス(以下、キリンHD)ですが、その際は高値を更新できずに株価は失速。2,000円付近がキリンHDの株価の天井となっていました。
しかし、2017年3月についに2,000円付近の天井を上抜けして高値の更新を達成しています。
頭痛の種だったブラジルのビール事業から2月に撤退
キリンHDは2011年に、ブラジルのビールおよび清涼飲料大手のスキンカリオール・グループを約3,000億円で買収。スキンカリオール社はブラジルのビール市場でシェア2位、清涼飲料市場でシェア3位であり、キリンHDの現地企業買収によるブラジル進出は、日本企業の本格的な海外企業M&Aとして大きな注目を浴びました。
しかし、その後ブラジル経済は低迷。キリンHDのブラジル事業も不振が続き、2015年12月期にはブラジルの事業において約1,000億円の減損を行う事態になりました。
一向に業績の回復を見せないブラジル事業に対し、遂にキリンHDも撤退の決断を下し、2017年2月13日にブラジル子会社の全株式を世界的ビール大手である蘭ハイネケングループのババリア(Bavaria)に売却すると発表しています。
約3,000億円を投じたブラジル事業を約770億円で売却することとなり、大きな損切りを余儀なくされたキリンHDですが、株式市場はキリンHDのブラジル事業の損切りを評価しました。
実際、キリンHDのブラジルからの完全撤退発表後、株価は上昇を開始します。過去からのサポート&レジスタンス(サポレジ)のゾーンである1,800~1,900円を抜けられなかったキリンHDの株価ですが、ブラジル撤退表明後の株価上昇はサポレジを気にすることなく上昇。
1988年のバブル時代、2008年のリーマンショック前に付けた2,000円付近の節目の価格もアッサリ上に抜けての高値更新となりました。ブラジル事業についてはキリンHDの経営陣だけでなく、株式市場にとっても頭痛の種となっていたことが明らかになった格好です。
東南アジアでブラジルのリベンジなるか
既に少子高齢化と人口減少が進んでいる日本においては、ビール市場の伸びは期待できません。そんな中、キリンHDはブラジルで大きく挫折した海外展開を、ミャンマーを始めとする東南アジア市場でリベンジマッチに挑もうとしています。
株価のさらなる上昇には成長ストーリーが必要不可欠
ブラジル事業の損切りが株価上昇のきっかけになったという、何とも皮肉な展開となっているキリンHDの株価の値動きですが、今後の株価上昇のためには成長ストーリーが欠かせません。
国内ビール事業の強化も発表されていますが、縮小する国内市場での事業拡大には限界があるため、事業成長には海外展開での成功が必要不可欠となります。そのためには、海外事業としては再チャレンジとなる東南アジアでの展開の成功が、さらなるキリンHD株価上昇の必要条件になると言えるのではないでしょうか。
経済の発展とともに消費量も増える傾向にあるビールですが、キリンHDがブラジルにM&Aで参入した際、オリンピックも控えブラジル経済の先行きは明るいと言われていたこともあるので、簡単に楽観視することはできない点には注意が必要です。
ブラジルでの失敗の教訓を生かして、キリンHDは海外事業でリベンジすることができるのか、今後に注目です。




問題は、日経平均がキリンホールディングに続くのか、ということでしょう。




2017年、欧州での選挙

枝葉末節と歴史の大きな流れが整理されていない文章だが、参考にはなると思うのでアップしておきます。
欧州がどういう選択をするか、興味深い。
但し、NINJA300は欧州はムスリム化を抑えられず、社会対立から治安はさらに悪化するという予想を見立てている。当然、EUは崩壊する。離脱予想国はドイツ(とフランス)である。😁


日本株は15日のオランダ下院選後どうなるか 東洋経済オンライン 3/14(火) 11:00配信
■オランダ下院選は、仏大統領選に影響する? 
 日経平均株価は3月13日、1万6933円(終値ベース)で昨年来高値を更新した。だが売買代金はさほど膨らんでおらず、勢いは感じられない状況にある。勢いだけで考えると22営業日ぶりに反落したというものの、21連騰を演じた日経ジャスダック指数や、東証マザーズ指数のほうに分があろう。
 取引高の大きい日経平均の上値が重くなっている要因は、政治、金融政策などに絡んだ重要なイベントが今週半ばに集中している点だ。オランダの下院選挙が15日、米連邦公開市場委員会(FOMC)が14-15日、米債務上限問題の期限も15日、日銀金融政策決定会合が15-16日となっている。このなかで日銀会合は波乱要因となりにくそうであり、本稿ではオランダ下院選挙とFOMCを注目したい。

 欧州の今年前半の最大イベントであるフランス大統領選挙(第1回目投票4月23日)が近づくなか、その前にオランダでの下院選挙が3月15日に行われる。足元では、ヘルト・ウィルダーズ党首が率いる反欧州連合(EU)を掲げる自由党が、議会第1党となる可能性が高まっている。
 ウィルダース党首は「オランダのトランプ」ともいわれている人物だ。これまでのウィルダース党首の発言を確認すると「私はハイダー(オーストリアの極右政治家、2008年事故死)やルペン(フランス極右政党党首、大統領候補)の仲間ではない。われわれはイタリアのムッソリーニのようにはならない。私はファシストの団体と同じ扱いをされるのがとても嫌である」などと発言している。
 一方で、「私はムスリム(イスラム教徒)が嫌いなのではない。イスラムが嫌いである」などと「反イスラム」を宣言しており、急進的ムスリムの国外追放などを主張している。3月に入って支持率は失速しているとも伝わっているが、依然第1党を狙えるポジションにはある。
 今回のオランダの下院選挙では、単独で政権を握る政党はなさそうだ。自由党が政権を樹立するという流れも確定しているわけではない。だが、もし自由党が躍進すれば、約1カ月後に選挙を控えるフランス大統領選挙には少なからず影響を与えることになるだろう。そのフランス大統領選挙は、5月7日に改めて決戦投票が実施されることもあり、第1回目の結果がそのまま反映されるわけではないが、極右政党のルペン氏を支持する声は多い。オランダ下院選挙の結果が、フランス大統領選挙の流れを変える可能性は残っている。

 もう一つの有力な様子見材料であるFOMCを確認しよう。米連邦準備制度理事会(FRB)は、14-15日開催のFOMCで0.25ポイントの追加利上げを決定する可能性が高い。FRBのイエレン議長やフィッシャー副議長、ブレイナード理事などの金融当局者は3月利上げに前向きな見解を何度も示しており、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が算出する米金利引き上げの時期をめぐる数値(Fed Watch)でも、「3月利上げ」の確率は90%を超えた。追加利上げそのものは、ほぼ完全に当面のマーケットに織り込まれたといえよう。

■利上げがあっても、ドル高になりにくい? 
 問題は利上げ決定後の話だ。利上げがあったとして、ドル・円相場は小幅ドル高となる可能性はあるものの、市場予想の大勢を占める「年内3回の利上げ見通し」が維持された場合、利益確定を狙ったドル売りが増えることから、ドルの上値はやや重くなる展開が見込まれる。
 つまり、今回のFOMCでは、利上げの有無よりも、今後の追加利上げペースを含む政策見通しについて、FRBが強気な姿勢を示すかが焦点となる。仮に「2017年4回利上げ」を示唆するような声明がでれば、米10年債利回りは上昇し、ドル買いが加速しそうだが、10日に発表された2月米雇用統計で平均時給の伸びは市場予想とほぼ一致したことから、2017年における利上げペース加速の思惑は後退している。トランプ大統領が利上げに消極的な姿勢を示していることも考慮すると、「2017年4回利上げ」のハードルはかなり高いといえよう。

 日本の金融政策に関しても、少しだけふれておきたい。日本銀行は15-16日開催の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を賛成多数で決定する見込みだ。日本銀行の雨宮理事は9日、国会答弁で「物価上昇目標の2%まで距離があるため、現在の方針で強力な金融緩和を推進すべきであり、長期金利目標の引き上げは適正でない」と述べている。日銀は長期金利の目標水準を変更せず、金融緩和政策を堅持すると予想されていることから、為替、株式市場ではさほど手掛かり材料視されないとの見方が多い。
 日経平均が2万円をターゲットとした動きをみせるには、為替市場での円安ドル高が必要だが、急速に米3月利上げを織り込んだ状況下、円安ドル高進行のハードルは高い。米国の雇用は堅調だが、2月の米雇用統計は、「2017年4回利上げ」の機運を後押しする内容とまではいかなかった。日経平均が一段高を試すには現状は材料不足で、少々ハードルが高い地合いといえよう。下値を警戒といった状況ではないものの、上値も重い膠着相場は継続するとみる。





過去10年のベトナムドン推移

ベトナムは2013年頃から経常収支が黒字化し、通貨は現在は安定推移している。
それ以前のベトナムは景気が良くなれば直ぐにインフレ、悪くなれば通貨安という日本の50年代から60年代前半を想起させる単純経済だった。ということは今は高度成長期かな?!(笑)


過去10年のVNDの対ドル相場


過去10年のVNDの対JPY相場。

(出所:XE通貨グラフ

2012年後半の安倍政権発足とともにドンは強くなった(円は安くなった)。現在、ベトナム経済を支えているのは外国の直接投資。日本からの直接投資は日本円が強く(弱く)なるとラグを置いて増加(減少)する傾向がある。今年後半の日本企業のベトナムへの直接投資は好調かもしれない。

個人的には今年1月末に帰国したが、ドン→円の両替を1月中旬(円が対ドンで弱い時期)にしたのはラッキーだったなぁ。(笑)



GS、KSの中古相場(2016年)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ニコンの運命はいかに?

大人気だったデジカメが携帯電話に駆逐された。
いま、観光地でデジカメを使う人はみない。若いシナ人観光客のTMは「携帯と自撮り棒」だ。ニコンは時代に乗り遅れた。
そうしたなか、デジカメシェア30%のニコンは苦境に陥り、今はまだ売り上げ目途が立たないメディカル事業重視へ舵を切った。


どうなるニコン。最終赤字拡大で創業100周年に最大の危機到来
ニコン、1,000人超の退職者で167億円の損失。カメラ市場の衰退に歯止めかからず
2月14日、カメラのキタムラが全体の約1割にあたる129店舗を閉鎖すると発表し、衝撃が走りました。スマートフォンの普及により主力のデジタルカメラの販売が低迷したことが主な理由です。
キタムラが129店舗の閉鎖を発表した前日の2月13日、カメラ関連のニュースが一つ報じられました。カメラ製品などの大手メーカー「ニコン」が、希望退職の応募者が1,143人になったと発表したのです。募集人数は1,000人程度としていましたが、想定を上回る応募がありました。希望退職の関連費用として、2017年3月期に約167億円の特別損失を計上する予定です。
背景にあるのはニコンの業績不振です。2013年3月期の売上高は1兆104億円ありましたが、その後は一貫して右肩下がりで減少し、2016年3月期には8,229億円にまで減少しました。わずか3年で18.6%も減少しています。2016年4~12月期の売上高は前年比8.2%減の5,658億円です。純損益は8億円の赤字です。
デジタルカメラを主力としたカメラ事業の不振が大きく影響しました。カメラ事業はニコンの主力事業で、売上高の過半を占めます。70%以上を占める時もありました。2013年3月期の売上高は7,512億円ありましたが、その後は一貫して右肩下がりで減少し、2016年3月期には5,204億円にまで減少しました。わずか3年で30.7%も減少しています。2016年4~12月期の売上高は前年比28.9%減の3,008億円です。
世界のデジタルカメラ市場は大きく縮小しています。一般社団法人カメラ映像機器工業会によると、デジタルカメラの総出荷金額は2008年には2兆1,640億円ありましたが、その後急速に落ち込み、2015年には8,854億円にまで減少しました。撮影機能が充実したスマホの普及により追いやられた形です。キタムラと同様にニコンもこの流れにあらがうことができませんでした。
ニコンは希望退職者数の発表と同じ日に、高級コンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」3機種の発売中止を決定したと発表しました。「開発費の増加と、市場の減速に伴う販売想定数量の下落を考慮し、収益性重視の観点から発売中止を決定した」としています。デジタルカメラの愛好家の期待が高かった新製品でしたが、市場の縮小という大きな流れには勝てませんでした。
ニコンは業績の下方修正を余儀なくされています。カメラ事業は2017年3月期の予想売上高を4,150億円から3,800億円に下方修正しました。下方修正後の売上高は前年比で27.0%減となります。大幅な減収です。特にコンパクトデジタルカメラの市場規模の大幅な縮小を見込んでいて、前年よりも779万台減少すると予想しています。ニコンだけでも308万台減少し、ほぼ半減するとしています。
ニコンは脱カメラに舵を切りました。2016年3月期に大規模な人事異動を断行し、カメラ事業などに在籍していた社員を他の成長事業へシフトさせました。また、カメラ事業を中心に2017年3月期までの3年間で300億円程度の調達コストの削減に取り組んでいます。
一方で成長事業に対しては積極的に投資を行う方針を掲げています。2017年3月期までの3年間で研究開発費2,200億円のうち、500億円をメディカル事業などの新規事業に投資する計画です。
新規事業の開発を推し進めることで不振のカメラ事業をカバーしようとしています。新規事業の一つとして例えば「メディカル事業」を有望市場として捉えています。高齢化が進む日本では医療ニーズが高まっています。そうした背景から、2013年に新規事業のターゲットに「健康・医療分野」を選択し、メディカル事業を育てていきました。
ただ、現状のメディカル事業の規模は大きいとは言えません。2016年3月期の売上高は183億円で、構成比はわずか2.2%にすぎません。営業損益は赤字を計上している状況です。収益の柱となるのは先の話になるでしょう。同分野ではオリンパスや富士フイルムといった競合企業が先行し、大きく立ちはだかっています。

今年2017年は創立100周年にあたります。1948年に小型カメラ「ニコンI型」を発売し、カメラ事業を拡大していきました。カメラ製品の技術は世界トップクラスです。アポロ15号にニコンのカメラが搭載されました。スペースシャトル用宇宙カメラをNASAに納入しています。世界初となる水中撮影用AF一眼レフカメラや世界初の顔認識機能を搭載したデジタルカメラ、世界初のWiFiを搭載したデジタルカメラなどを開発しました。
ニコンブランドは世界でも認められています。デジタルカメラでいえば、世界市場シェアはおよそ30%にもなります。高速連写、画質、画像処理などの技術は他を凌駕するレベルにあります。高級一眼レフカメラではキャノンと並んでプロカメラマンの間で絶大な信頼があります。
ニコンは今正念場を迎えています。カメラ市場は急激に縮小しています。キヤノンなどの競合のカメラ企業は続々と他の事業を拡大し、脱カメラを推し進めています。ニコンはこの点で遅れているといえるでしょう。カメラの新たな楽しみ方を提案するとともに、カメラ製品以外の分野の強化が必須といえます。ニコンはどのように変貌していくのでしょうか。


先週末に宿泊したホテルの部屋のTVはシャープ製。電源を入れると赤い文字でSHARPと浮き出た。
ニコンはどうなる?




タイ日系金融会社グループリース 株価暴落、不透明な巨額貸付金発覚

10年位前、タイにあったユナイテッドセキュリティーズという証券会社を畳んで、顧客に大迷惑をかけた人物。狐の一種でしょう。一切、関わりあいたくないね。

タイ日系金融会社グループリース 株価暴落、不透明な巨額貸付金発覚 2017年3月9日(木) 17時56分(タイ時間)
【タイ】タイ証券取引所(SET)上場でオートバイの割賦販売を手がけるグループリース(バンコク、此下益司会長兼CEO)で不透明な巨額の貸付金が発覚し、SETが9日、詳細を説明するよう要求した。グループリースの株価は8日、前日比25・5%下げた。
 グループリースはジャスダック上場の投資会社ウェッジホールディングス(東京都中央区、此下竜矢代表取締役社長兼CEO)の子会社。グループリースの2016年決算報告によると、同社はシンガポールの子会社を経由し、キプロスとシンガポールの借り手に計34・8億バーツを貸し付けている。借り手はグループリースの株主で、同社の株式を担保にしているという。
 グループリースの株価は2月末に59バーツだったが、3月に入ると下落を続け、9日の終値は36バーツだった。
 ウェッジホールディングスについては、日本の証券取引等監視委員会が2013年、元取締役の日本人男性に対し、金融商品取引法(偽計)違反で40億9605万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。


SETは下落基調

タイ市場は下落基調が続いている。






S&P500のNINJAトレンドチャート

S&P500は、すでに短期トレンドは下に転じているが、中期トレンドもほぼ平行になっている。
ここでもう一度、大きな下落が来れば、トレンドは下となる。リスクは高い。







華僑の多い国

面白い記事がでていたので記録しておきます。

中国人(華人)の多い国家トップ10、1位は米国ではなくあの島国 ZUU online
ニュースサイト「今日頭条」が中国人(華人)の多い国家トップ10を掲載した。アジア7国、北米2国、南米1国だった。
●1位 インドネシア 767万人
史料によると最も早い移住は、唐王朝の晩期、紀元879年に始まっている。インドネシア華人の祖先は1000年以上も前に海を渡り定着した。インドネシア各地には広東会館がある。これらの建設は1880年前後に始まった。
●2位 タイ 706万人 
考古学者の研究によるとタイ国民族は中華民族の一支流である。1767年、中国潮州系タイ人鄭昭がトンブリ―王朝を建てた。しかし彼1代で終わり、15年後の1882年には現在まで続くチャクリー王朝に変わっている。タイの華人人口は全体の14%を占める。
●3位 マレーシア 639万人
マレーシア華人の主要部分は、明王朝、清王朝から中華民国初期にかけて、広東省、広西省、海南省一帯から移住している。マレーシアの華人は古くは、唐人または華人と自称していたが、中華民国成立以降は中国人と称し始めた。マレーシア独立後は、華人、またはマレーシア国民と名乗り、中国人や華僑と自称することはなくなった。
●4位 アメリカ 346万人
中国人はすでに米国社会において不可欠の一部分をなしている。米国では各州にチャイナタウンがある。とても米国とは思えないまるごと中国人の街もある。
●5位 シンガポール 279万人
ここでは中国人が最大の民族である。定住以来、多くの華人はさらに勤勉な同胞を吸引し続けた。そして南洋の特色ある建築物や、老舗の商店、有名な廟堂など非常に魅力あふれる街を建設した。
●6位 カナダ 136万4000人
バンクーバー唐人街は、100年以上の歴史を持つ、世界で最も著名なチャイナタウンの一つ。19世紀、米国カリフォルニアのゴールドラッシュ後に北上しカナダに定着した。チャイナタウンの商店は、大多数香港人による経営である。タウンの中には漢字の記念碑が立ち、まるで中国と見間違うばかりである。
●7位 ペルー 130万人
華人のペルー移民の歴史は156年を数える。毎年100メートルにわたる唐人街で中国商品展示即売会が開催される。中華料理、工芸品、衣服、民族音楽などを披露、毎年魅力を増し、観客数と売上は増え続けている。
●8位 ベトナム 126万人
ホーチミン市のチャイナタウンに約40万人が住む。華人はベトナムの発展に大きく貢献した。そのためチャイナタウンは市内の最も繁華な場所にある。ここは中国的風情を持つ古い建築が多く、その賑わいも昔と何ら変わっていない。
(NINJA300注)シナに侵略され続けたベトナムにチャイナタウンはない。サイゴンのチョロンはチャイナタウンではない。ただ、シナ系ベトナム人が多い地域である。ベトナム戦争末期にはシナ人が貴金属を身体に巻き付けてボートピープルとなって脱出した。その金を元金にして今はアメリカで大成功したベトナム人も多い。果たして、彼らが当時、ボートピープルを援助した日本人に恩返しでもしただろうか?(笑)
●9位 フィリピン 115万人
マニラ市のチャイナタウンは面積9平方キロ、60万人が居住し「中国城」と呼ばれている。フィリピン華人の90%は福建省人で占められている。
●10位 ミャンマー 110万人(華人口、以下同)
典型的なミャンマー人の姿で暮らしていることが多く、はっきり華人とはわからない。当地では古くから多くの華人が通婚を重ね、習俗にも溶け込んでいる。華人は世界各地で小商店や中華料理店を開いて居住している。

■在日中国人は66万人
在日中国人数は65万6403人(2015年6月末、台湾含まず、台湾は4万5209人)で全外国人の中でトップ。以下韓国・朝鮮49万7707人、フィリピン22万4048人、ブラジル17万3038人、米国5万1523人と続いている。
在日中国人は東北三省の出身者で3分の1を占めるなど北方系が多い。東南アジアには南方系が多く対照的である。




つまり、政府や国などというものは一切信用せず、血縁のみを信じるシナ人は、世界中に散らばっているわけだ。
また、彼らは計算高い。決して、一族に役に立たない異国人(西洋人や日本人)などとの婚姻を許しはしない。つまり、一族の娘をカネや能力のない男にやることはありえない。シナ娘も一族の意志に何の疑問もなく従順に従う。
率直にいって、シナ人と日本人の外見は似てはいるが、文化は全く異なるのだ。だから、日本に移住してきてほしくはない。日本は日本人のものだからだ。環境保護人権運動家サヨクは日本文化絶滅反対運動をせよ!

我々日本人が忘れてはならないことは、彼らは有色人種で唯一、白人側についたことだ。インドもASEAN各国も日本に味方したとき、シナ人は冷静に戦況を分析し、白人側が勝つと分析したわけだ。白人に味方しておけば、白人の筆頭召使い(番頭)として、他の有色人種の上に立てる。素晴らしいリスク管理である。




ベトナム市場の流動性向上

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

セイコーは「まし」な方

このライターは時計業界の素人で、分析もみるべきところはないし、文章自体も陳腐。しかし、一応、セイコーの話なので記録しておきます。

時計のセイコー、絶望の利益9割減。老舗ブランドに何が起きたのか?
世界に誇る日本の老舗メーカーのひとつ、セイコーホールディングスが苦境に立たされています。同社の発表によると、純利益が95%も減少しており、それ以外の数字も芳しいものではありません。技術力の衰えとは無縁のセイコーは、なぜこのような状況に陥ってしまったのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんがその理由を考察するとともに、今後同社が進むべき道についても記しています。

利益9割減。セイコーが時を刻むために必要なこととは
佐藤昌司です。セイコーの時計の針は止まってしまうのでしょうか。
セイコーホールディングスは2月14日、2016年4~12月期の連結決算は、売上高は前年比16.6%減の1910億円、本業のもうけを示す営業利益は58.7%減の56億円、純利益は95.0%減の6億円と発表しました。大幅な減収減益です。
国内では、インバウンド(訪日外国人)需要が低調で、高級時計の販売が伸び悩みました。セイコーは高級時計でも定評があります。「グランドセイコー」「クレドール」「ガランテ」といった高級時計を扱っていますが、そういった高価格帯の時計が不振でした。
海外では、ドイツやオーストラリアをはじめとして多くの市場で好調に推移しましたが、円高の影響により円換算した売上高は減少しました。また、アメリカのデパートでの販売が不振だったことも影響しました。ちなみに、売上高比率は海外がおよそ50%、日本がおよそ50%です。
セイコーは時計を販売する店舗や商業施設の運営も行なっています。傘下の商業施設「和光」はセイコーの時計や宝飾品などを扱っています。東京・銀座の中心地にあり、著名人や訪日外国人が多く訪れることで有名です。今回の決算では和光が赤字で業績に影響しました(2017年2月14日付日本経済新聞より)。

セイコーのこれまでの歩みを見ていきます。1881年に服部金太郎が前身の「服部時計店」を創業したことから始まります。1887年に銀座の表通りに進出し、1895年に現在の和光がある場所に時計台を設置した後に移転しました。和光は1947年に小売部門を継承したことで創立しました。そのため、和光は2017年が創立70周年となります。セイコーは2016年に創立135周年を迎えています。
1892年、服部金太郎は精巧な時計をつくりたいという気持ちを込めて「精工舎」という時計工場を設立しました。欧米に負けない時計事業を興すことを目指しました。工場に寄宿舎をもうけ、熟練工の養成にも力を入れました。こうしたことから、服部金太郎が時計づくりで「精巧さ」にこだわっていたことがわかります。
服部金太郎は精巧な時計をつくることに加え、当時からブランディングやマーケティングの重要性も強く認識していました。例えば、創業時から会社のトレードマークを創案しています。1924年に「SEIKO」の商標を初めて使用しました。1953年には日本初となるテレビCMの放送を行っています。1964年の東京オリンピックでは公式時計に採用されています。以降のオリンピックでも何度か公式時計として採用されました。「精巧さ」以外でも時計の価値を高めるための努力を行なっていったのです。
現在、セイコーは精巧な時計を提供する企業として世界で評価されています。例えば、1969年に世界初のクオーツ腕時計「クオーツ アストロン」を生み出しました。その後もさらに技術を磨き続け、2012年にはGPS衛星電波から現在地の正確な位置・時刻情報を取得する、世界初のGPSソーラーウォッチ「アストロン」を誕生させています。
セイコーは卓越した技術力を誇ります。しかし、競争の激化によりセイコーの業績は伸び悩んでいるのが現状です。2012年3月期から2016年3月期までの各期の売上高はおよそ3,000億円で、概ね横ばいで推移しています。売上高は横ばいのため、良くはないが悪くもないと見ることもできます。しかし、時計市場を見て考えると、セイコーは厳しい状況下にあることがわかります。
日本時計協会によると、日本の時計メーカーによる腕時計(ウオッチ)の総出荷金額(輸出+国内出荷)は2011年が1,689億円でしたが、2016年は2,606億円にまで増加しています。両期間では54.3%も増加しています。一方、セイコーの売上高は伸びていません。このことから、日本の時計メーカー間でのセイコーのシェアが低下していることがわかります。競合企業は成長しているのに、セイコーは成長できていません。相対的に勢力が弱まっているのです。
そうなると、今後の競争力の低下が懸念されます。競合企業に切り込まれる可能性があるといえます。加えて外国の時計メーカーとの競争も激化しています。
象徴的な出来事があります。セイコーは1964年の東京オリンピックの公式時計に採用されました。1998年の長野オリンピックでも採用されています。しかし、2020年の東京オリンピックではセイコーは採用されませんでした。スイスのオメガが選ばれたのです。オリンピックの公式時計に採用されなかったからといって特別な意味は本来ありませんが、セイコーの勢いがないことを象徴しているかのように思えてしまいます。日本の時計メーカーに公式時計になって欲しいと思っていた日本人は少なくなかったでしょう。
さらに時計メーカーの人気調査の結果から、セイコーの眼前に外国の時計メーカーが大きく立ちはだかっていることがわかります。スイス時計協会の「腕時計に関する消費者意識調査 2014」によると、「次に購入したい時計ブランド」の問いでセイコーは5位でした。価格帯などの違いがあるため一概には言えませんが、ロレックスやオメガ、カルティエ、ブルガリに劣っている状況です。
人気時計ブランドで5位は悪くない順位ともとれます。しかし今後の成長を考えると、上位に君臨しているロレックスなどの外国の時計ブランドに勝つことができなければ、今後の成長は望めないともいえます。セイコーが売上高3,000億円の壁を突き破るには、ロレックスやオメガなどと同レベルのブランド力が必要といえます。
時計業界での競争は激化しています。そういった状況下でセイコーが今後成長するためには、流通網の拡大がカギとなりそうです。競合企業の追い上げがあるとはいえ、セイコーの時計の「精巧さ」や技術は色あせていません。しかし、その良さが十分に伝わっていない面があることを否定できません。そこで重要となるのが店舗です。ブランド価値を直接体感できるのが店舗だからです。
セイコーの流通網はまだまだ開拓の余地があるといえます。2004年よりセイコー製品専門店「セイコーブティック」の開設を進めています。世界の主要都市で70店以上を展開していますが、企業規模からいえば十分とは言えないでしょう。国内の正規販売店も拡大の余地があります。ブランド価値を高めることができる店舗の拡大が求められます。
セイコーは時計の針を止めずに時を刻むことができるのでしょうか。




時計業界でいま最も苦境にあるのは、セイコーよりもむしろリシュモン、LVMH、スウォッチでしょう。特に価格帯の高いブランドは大苦戦です。ロレックスやPPの売り上げはどうなっているのか、興味あるところです。ロレックスは割安ブランドの100%子会社で連結会社チュードルに力を入れているのではないか?
この苦境の原因は、シナバブルの崩壊、原油安でロシアやサウジなどの富裕層の需要が減ったことなど。日本市場はまだずっとましな方だと思います。なお、セイコー以外の企業の売上が伸長しているのは、おそらくクオーツキャリバーのみの輸出が増えているからでしょう(未調査ですので予想に過ぎませんがね・・・)。





「バブル?」のアメリカ株

2008年9月のリーマンショック以降、アメリカ株式市場を中心に世界は8年以上の長期強気相場を持続中だ。
2016年11月からは「トランプラリー」でアメリカ株の上昇はさらに力強さを増した。
トランプ大統領は巨額の公共投資を実行する。つまり、さらに紙幣増刷をするということで、株式市場はそれを先取りして上昇している。アメリカ株は明らかに割高で市場心理は過熱している。

しかし、株とはいったん下がり始めれば、その下落をみて、市場心理が弱くなって下落相場が加速するもの。
NINJA300としては、今 はアメリカ株を買うタイミングではないと考える。現在、私がホールドしているアメリカ株は、金鉱株のFCXと石油株のXOMだけ。ともに、パッシブだが、株、不動産、債券など資産価格全体が下がる相場となればやはり下がるだろう。GWまでが勝負だと思っている。
そして、普通に考えれば、米ドルは下落するはずなのだが、これはわからない。為替はトレンドに付いていくのみという姿勢で良いのではないか。




バブル相場か否かは結果論であり、バブルが過ぎ去ってからじゃないと判断できないものだ。
だが少なくとも、アメリカは日本のようにバブル崩壊の最中に総量規制をしたり、金利を上げたり(金融引き締め)といった愚策はしないだろう。アメリカのトップは賢い。
皆さん、日本人が賢いと思っていませんか?実は日本のトップは馬鹿なんですよ。日本の強みは、一般大衆の賢さにつきます。
しかし、金融市場や軍隊というのは、いくら一般大衆が賢くても、士官クラスが大馬鹿だと大敗北に帰すのです。だから、日本はバブル崩壊以降、25年以上、やられまくられました。したがって、世界一賢い日本の一般大衆は、自分自身で考えるべきなのです。





割安な中古ロレックス

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・