225のNINJAトレンドチャート

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

牛肉の美味しさは格付けとは比例しない。

NINJA300は前から気づいていたことだが、一応記録しておきたい。
「ものには限度」というものがあるし、プロに言わせれば素人はA3(BMS3)以上の牛肉の味の区別は無理という。日本の消費者の価値基準は「やわらかーーい」こと。要は、ただ「やわらかーーい」といって脂肪を食っているだけ。なお、GACKTは作り物なのですよ(笑)。
牛肉の格付けは美味しさとは比例しない。

和牛「A5信仰」見直し始まる 30年でサシは倍増していた NEWS ポストセブン 2/26(日) 16:00配信
「サシが入るほど良い牛肉」という和牛信仰が見直され始めている。脂が多い肉は本当に良い肉なのか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。
 * * *
 ようやく「A5信仰」に一石が投じられた。浅草の老舗すき焼き店が自店で提供する肉の基準を見直したところ、「”脱”霜降り!?」などと大々的に報じられたからだ。
 実際のところ、この老舗が行ったのは従来からの肉の仕入れスタンスをより明確にしただけのことだった。以前、取材したときに言っていたのは「うちの割り下には、4等級のサシが合う」、「脂は量もさることながら質が大切」。脂についてはおおむねこの2点に集約される。
 ざっくり言うと「A5」の「5」は「肉質等級」と言われ、脂肪交雑――霜降りの度合いを表す。5等級がもっともサシが入り、1がもっともサシが少ない。
 もうひとつの指標もある。BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)という12段階の基準で、肉質等級の5段階に対応しておりBMS12~8が5等級、BMS7~5が4等級、BMS4~3が3等級、BMS2と1はそれぞれ肉質等級2と1に対応する。つまり肉質等級の高い肉について、より細かい指標を定めたものだ。もっとも昭和の頃に作られた、見た目のみの判断基準ではあるが。

 先の老舗にしても、いままでA5を使っていたといってもBMSでは9か8くらいの印象だった。つまり5等級としてはサシが少なめの肉を使っていた。だが同じ基準でも、サシの入り方はこの30年ほどで大きく変わっている。芝浦の食肉市場のベテラン業者などは「30年前はサシが3割入っていれば BMS12~10と判定されたのに、いまは6割ないとそうはならない」という。
 実際この傾向はデータでも裏付けられている。1985年に農林水産省畜産試験場らのチームが報告したデータではBMS12、11の「特選和牛」の粗脂肪含量は31.7%となっている。だが13年後、1998年の北海道農業研究センターなどのチームは、 BMS10以下の群に粗脂肪含量39%の牛がいるというデータで論文報告を行っている。また2009年、味覚と食嗜好研究所らによる報告では、百貨店で販売されていた5等級の和牛サーロインに粗脂肪量69%の肉があったという。「同じ等級でもこの30年で脂肪含量が倍になっている」という市場関係者の見方はやはり正しかったのだ。

 国の施策に疑問を呈する流通関係者もいる。
「生産効率を重視した農林水産省が29か月目標だった肥育期間を24~26か月目標に短縮しました。食味のことを考えると、最低でも30か月以上は肥育してほしいんです。また枝肉重量も480kgに上げろとも言いますが、個人的には体重も450kg程度におさまるような血統のほうが好みですし、レストランのシェフからもそういう肉を求められる。大量生産、大量消費ではなく質の向上と多様性の時代だと思うんですが……」

 振り返ってみれば、こんな原稿を書いている僕を含め、一連のサシ騒動の流れで絶対的な「正義」を唱えられる人がどれだけいるのだろう。「A5」という表記に惹かれたことのない者、ポジティブな意味で使ったことのない者だけが、その霜降りに石を投げなさいということになりはしないか。
 素牛(子牛)の価格は高く、肥育農家の経営も楽ではない。『サシが入る』『増体性のいい』血統が重視され、一定のサイズになれば出荷する。だがそれは「経済性」で回る市場からの要求に従っただけかもしれない。そして市場は消費者を写す鏡である。ある生産者がこんなことを言っていた。
「結局のところ、われわれのところには、市場で売れた価格という形でしか評価が届かない。味への評価が何かの形で得られれば、張り合いもあるんですが……」
 精肉店やスーパーを経てでも「おいしかった」という声が生産者に届けば、そして「少し高くとも安全でおいしい肉」を求める声がもっと顕在化すれば、潮目が変わる可能性は十分あるはずだ。
 国、自治体、生産者、流通、飲食店、メディア、消費者……。誰の肩にも責任はある。日常で口にするものについて、われわれ消費者自身も見つめ直すときが来たのかもしれない。




酪農家も昔みたいに「壊滅する~」と騒げば、国が補助金をくれるという悪循環はなくなった。酪農家や政府もウルグアイラウンドの外圧で補助金は「非関税障壁」とか言われて自重したのだろう。今は両者の折り合いがついたようだ。
例えば、牛のウンチ処理の90%が補助金となっている。ウンチ処理といってバカにしてはいけない。酪農の重大なコストの一つだ。また、価格補てんの代わりに、EUが「酪農は地球環境を良くしている」とか言い出して、理由を変えて酪農家へ補助金(直接補助)がでている。要はEUの自分らへの利益誘導である。補助金は例えば卸の段階でメルヘン利権、ヤクザ(ヤクザの60%はメルヘン、菅沼光弘氏談)とも絡んでいて複雑ときく。実際は複雑というよりも誰も関わりあいたくないということだろう。





KS5621-7000

OH(オーバーホール)に出していた製造後45歳になるKS5621-7000が手元に戻ってきた。
詳しい精度はまだ不明だが、いまのところ8時間はめてまったく狂っていない。ゼロ秒だ。おそらく日差は数秒に落ち着くだろう。これだけの精度なら十分だ。良かった。(笑)

リストショット
5621-700001

本日は、この時計についてご紹介します。メモ的に・・・(笑)
この時計は、諏訪精工舎で1968~1974年にかけて製造されたものでとうの昔にディスコンになっている。
セイコー内部でのブランド名は、キングセイコー(KS)で当初はセイコーの亀戸工場(第二精工舎)の最高級品だったが、その後のリブランディングで「準高級品」の位置づけられた。「最高級品」は、現在も続くグランドセイコー(GS)である。
キングセイコー(KS)に使われるCal.としては、44系、45系など色々な機械があるのだが、これは56系と言われるもの。最後期のKSは52系なので56系はそれより若干早い時代となる。オートマティック(自動巻き)で手巻機能、ハック機能付き。
以下、以前のブログ記事から以下にまとめる。


(56系Cal.について)
・手巻きおよび自動巻き付、ハック付、巻き上げ車式、薄型
・56系は生産数が多く、機械自体は優秀だが需給関係から評価(市場価格)は安い。
・52系(第二精工舎、亀戸製)、56系(精工舎、諏訪製)は、それぞれの工場で独立して開発。
・56系は瞬間日送り機能はなく日付曜日が歯車でゆっくり回っていくアナログ仕様(現在のセイコーの屋台骨を支える7S、4R、6Rと同じ)
・振動数は21,600振動(6ビート)と28,800振動(8ビート)がある。ハイビートはキングセイコー(8ビート)、グランドセイコー(8ビート、なお、56系の前作の61系が入った61GSは10ビートだった。)、ロービートはロードマチック(6ビート)。
・56KSは大別して以下の3種類。マニアの価値としては、初期型>中期型>後期型。
初期型:ワンピースケース、裏メダリオンあり
中期型:ワンピースケース、裏メダリオンなし
後期型:スクリューバックケース、裏メダリオンなし
・56系の特徴としては、世界初の日付・曜日の早送り機能がある。この機能は52系や今のセイコーのCal.にも引き継がれている。反面、56系はこの早送り機能(新開発の「マサツカナ」揺動レバー)が故障しやすいという弱点がある。現在は、時計修理店で金属歯車を入れて対応可能らしい。

(金属製揺動レバー)


ローマン文字とケースが似合っていると思う。KSのローマン文字インデックスは5621-7000のみ。ダイヤルの色は、白、黒、紺(ネイビー)とあるが、保有しているのはいずれも白。黒か紺がほすい。
5621-700003

参考:私がキングセイコーを買うたった二つの理由



この事実上の復刻ローレルシリーズ。もう2ミリケースが小さければ、購入するのだが、ケースサイズは40.5ミリ。気にしない方はご購入下さい。新品を買えば、コンディションは完璧です。防水、日差、ケース・ダイヤルは無傷、長い手巻き持続時間等々・・・優れています。多分、メンテナンス無しで10年以上は大丈夫でしょう。


「休んで何をするかが問題だぁ」

プレ金は良いが、果たしてこれで消費は回復するのか?
日本はバカげた電力節約や消費節約をしてだめになった。

武田教授は、本日の「虎ノ門ニュース」で、京都議定書は反日勢力の策略だったとお話されている。


環境保護活動家は、日本ではなく、シナで環境保護活動をすべきであるのは、上図をみれば明らかだろう。

1時間8分44秒~


消費はGDPの最大構成要素だ。バブル期にプレ金をやれば、消費を確実に刺激しただろう、しかし現状ではどうだろうか?
少子高齢化で労働人口は毎年確実に減少しており、人出不足気味になっているなかでの、プレ金。大丈夫だろうか?皆が午後3時に帰宅して、消費をすれば成功だが・・・あなたは消費しますか?ただ、寝るだけですか?


「プレ金」で午後から寄り道か? 「早帰り」取り組み確認できた企業は120社 産経新聞 2/24(金) 15:01配信
 政府と経済界が考案し、月末の金曜日の仕事を早く切り上げることで消費を喚起しようとする「プレミアムフライデー(プレ金)」が24日からスタート。大和ハウス工業(大阪市)など導入企業では、従業員を早帰りさせるなどの取り組みがみられた。
 プレ金は2月から毎月末に実施。飲食店や百貨店などは仕事帰りの人を呼び込もうとする催しや、関連商品を販売する。経済産業省によると、23日時点で早帰りなどの取り組みが確認できた企業は120社程度という。
 大和ハウス工業はこの日から、パートを含む全国の従業員約1万9千人を対象に偶数月の最終金曜日の午後を有給休暇にできる制度を開始。通常の勤務時間は午前9時~午後6時だが、始業を午前8時に早め、午後を有給扱いとした。広報担当者は「業務効率化の意識付けも図りたい」と話す。
 この日から毎月最終金曜日の終業時間を午後3時に繰り上げるソフトバンク(東京)は4月からの2年間、プレ金を「成長への投資」に使ってもらおうと、全社員に毎月1万円の支援金を支給。PR会社「サニーサイドアップ」(同)も同様に繰り上げ、この日から全社員に支援金3200円を支給する。担当者は「経済活性化にも寄与でき一石二鳥だ」と期待を寄せる。
 大阪市北区の大和ハウス工業本社では正午になると、従業員らが次々と退勤。法務部知的財産室の岸田佳恵さん(32)は「今週は今日のために仕事を手元にためないよう、効率を考えてきた。午後から美容院に行くつもりで、土日が有効に使えるのでありがたい制度だ」と話していた。




フィリピンペソが10年来の安値

フィリピンペソ


フィリピンペソとベトナムドン


直近10年でみれば、ベトナムドンの方がフィリピンペソよりよほど弱い通貨。しかし、直近2年、直近1年ではフィリピンペソがベトナムドンより弱い。このまま、フィリピンペソが弱いとなれば、フィリピンの輸出競争力は増すし、直接投資も増えるだろう。トラディショナル派のドゥテルテ大統領の下、フィリピン経済の先は明るいと見立てる。
但し、貿易収支の黒転で外貨準備が増加し、このところ安定していたベトナムドンもフィリピンペソに連動して安くなる可能性も大有りだ。為替切り下げ競争が局地的に始まっている。
為替が高ければ良いのか、安い方が良いのか。それは誰にも分らない。短期的には日本株には円安が好材料だが、中長期では好材料とは言えないかもしれない。アメリカにとっても同様だ。
トランプ大統領の為替政策に注目する。個人的には強いドル政策を期待しているが可能か。




「トランプ相場」が続く

ヒラリー派でトランプを標的にしていたウォールストリートが大賑わい。
トランプの減税とインフラ強化策は支持されている。但し、トランプ政策はTOP1パーセントの枠内のものであり、TOP1パーセントはこれまで通り、”The Winners take it all.”を継承する。

NY株が7日連続最高値 4ドル高、政策期待続く 2017.2.18 09:07 プッシュ通知
 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅ながら続伸し、前日比4・28ドル高の2万0624・05ドルと7営業日連続で終値の過去最高値を更新した。トランプ米大統領の経済政策に対する期待が引き続き相場を下支えした。
 ハイテク株主体のナスダック総合指数は23・68ポイント高の5838・58、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も3・94ポイント高の2351・16とそろって過去最高値を更新した。
 3連休を控えてダウ平均は朝方から当面の利益を確定させる売りが優勢となりマイナス圏で推移した。引けにかけてはトランプ氏の掲げる税制改革が経済に及ぼす好影響などがあらためて意識され、プラス圏に浮上した。





SKXの魅力。2分30秒辺り~

まとめると、
・安価(affordable)、コスパ(value)
・カルトな人気、アイコン化している。
・耐久性(オーバーホールはほぼ必要なし)、信頼性高、強い
・セレブが使っている。マニアが収集。
・パフォーマンス(本物のダイバーズウォッチ)

手巻き機能を省いているのがまた良い。無駄な仕組みを省くことでより強くなっている。
しかし、都会では手巻きは便利。そして、手巻き付きが”タートルSRP”
”タートルSRP”で現時点でもっともラグジュアリーなのが”タートルリイシュードPADI”
興味のある方のみ興味がある話題でした。
なお、わたしはセイコーダイバーは異常に多く保有しています。異常だと自分でも思うので数えていません。
いま、欲しいのはキネティックダイバーのスパイダーマン、チュードルのブラックベイ、ロレサブ位かな。ブラックベイは20万円台でお金だせばいつでも買えるんですが、切りがないのでそのうちですね。結局、NINJA300はケチな男なので、割安でバリューのあるものを買いたいんですよ。ロレサブを100万出して買う男はバカでしょ。日本では決して高級ウォッチではないし、為替の強いスイス製品だというところに負うところが多いです。つまり、ブランド品追いは「相場師」としてはしたくないんです。(笑)


「ウィッキーさん」

I respect Mr. Anton Wicky Ampalavanar.


たしか、25年位前に深川不動尊の前でお見掛けしたことがある。もちろん、言葉は交わさなかったが私がみていることに気づかれたご様子だった。懐かしい。尊敬しています。

6641チャート

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

アメリカは好景気入りか

株式市場は暴落が来るまで上昇しつづけるだろう。
今後の株価がどうなるのかは知らないが、株価は懐疑のなかで上昇している。

(NYDOW)


(S&P500)


(NASDAQ総合)


「万人が呆れ果てたる値が出れば、それが高下の界なりけり」

バブルになれば、正常・異常のバランス感覚は無くなる。NINJA300はまだ暴落は先とみている。これ以上は言わない。

2月15日、シンガポール陥落

バトル・オブ・シンガポール(シンガポールの戦い)とは、第二次世界大戦の1942年2月7日から2月15日にかけて行われた戦いのこと。2倍を超える兵力差を覆して、当時難攻不落と謳われたシンガポール要塞を日本が10日足らずで攻略した。結果、英軍は歴史上最大規模の将兵が降参した。ウィンストン・チャーチル英国首相は自書で「英国軍の歴史上最悪の惨事であり、最大の降伏」と評している。

以下、西村先生の文章を引用させていただきます。

 二月十一日の紀元節。かつて、この紀元節を目指して、千百キロのマレー半島のジャングルを、シンガポールに向けて進撃した、とてつもなく強い軍隊がある。陸軍中将山下奉文軍司令官に率いられた帝国陸軍第二十五軍、三万五千人だ。
 第二十五軍は、帝国海軍の米国領真珠湾攻撃の一時間三十分前の日本時間昭和十六年十二月八日午前一時三十分、マレー半島の北の英国領コタバルに上陸し、イギリス軍が一個師団で攻撃してきても陥落させるのに三か月はかかると豪語したジットラーラインにたった五百名で襲いかかって十五時間でそれを落とし(戦死二十七名、負傷八十三名)、直ちに、一五〇〇メートルの水道をはさんでシンガポール要塞と向かい合うジョホールバルを目指して進撃を続け、一ヶ月後にクアラルンプールを占領し、一月三十一日、マレー半島最南端のジョホールバルを占領した。
 イギリス軍の常識では、日本軍第二十五軍が、ジャングルのマレー半島千百キロを進撃してシンガポールの北のジョホールバルに出てこようとは思いもしなかった。
 しかし、二十五軍三万五千人は、イギリス軍八万とジャングルのなかで戦いながら二百五十の橋を修理しつつ進撃を続け、イギリス軍に二万五千の損害を与え、千百キロを五十五日間で踏破してジョホールバルに達した。
 そして、十年の歳月をかけて築かれた世界四大要塞の一つであり、大英帝国のインド洋と太平洋支配の牙城であるシンガポールを二月十五日に陥落させた。 かつて、山下奉文中将がドイツを訪問してゲーリングと会見し、ドイツ軍の高級参謀と話しあった際、ドイツ人たちは、日本軍がシンガポールを攻略するには、五個師団を投入して一年半の時間が必要になる、と語った。
 しかし、マレー半島千百キロを休むことなく激闘を続けてきた第二十五軍は、休むことなく、二月十一日の紀元節のシンガポール陥落を目指して攻撃を開始し、それはならなかったが、十二、十三、十四日と猛攻を続け、遂に十五日に、シンガポールを攻略した。

二月十五日のシンガポール攻略!
これは五百年の白人のアジア支配の流れを変えた世界史的事件である。
アメリカ陸軍のWEST・POINT陸軍士官学校の生徒たち全員が同時に食事をとる大食堂の壁には、大きな緞帳が掲げられており、そこにアレキサンダーなどの世界史的名将たちの姿が描かれている。しかし、山下奉文の肖像はなかった。
私は、案内してくれた士官に言った。「世界史を変えた日本の山下奉文将軍の肖像も掲げるべきである」

山下奉文将軍がフィリピンでアメリカ軍に渡した軍刀は、あのマッカーサーが母校に持ち帰ったのだろう。その軍刀は、想像を絶した強さを世界に見せつけて世界史を変えた名将を降伏させ、言い掛かりをでっち上げて殺してやったのは、部下を見捨てて自分だけ逃げた俺様マッカーサーだと言いたかったのか、WEST・POINTの資料館に展示されていた。

防衛大学校の生徒たちが、横須賀の大学校から靖国神社まで徒歩で参拝に来た。それを、さすが防衛大学校生徒である、と誉めた人がいた。その時、私の横にいた人が、きっとなって言った。
  
  何だ、そんなこと、当たり前だ、
  俺たちは、山下閣下と共に、
  マレー半島千キロを、戦いながら五十日で踏破したんだ!


WEST・POINTの資料館で、山下奉文閣下の軍刀を見たとき、既に故人となっていた閣下と共にマレー半島を南下したあの人が、この軍刀を見たら、悔し涙を流し、ガラスを破って閣下の軍刀を押し戴き、日本へ持って帰ろうとするのではないかと思った。

さらに、第二十五軍の、二月十一日の紀元節の陥落を目指す総攻撃を受けて、断末魔の黒煙を空高く上げるシンガポールを眼下に眺めながら、決死の覚悟でスマトラ島パレンバン上空に至って、二月十四日午前十一時二十六分、ジャングルに落下傘降下し、同日午後九時、オランダ軍を駆逐して、遂にパレンバン飛行場を制圧した「空の神兵」と呼ばれた男たちも世界史を変えたことを忘れてはならない。


西尾先生のシンガポール陥落のお話。再度、聞き直してみます。





国民を貧しくしたのが財務省

1990年に「バブル潰し」をした財務省に問いたい。株が上昇して国民が豊かになることはいけないことなのか?そうじゃないでしょ!
それがわからないから、いまだに「プライマリーバランス」という愚かな掛け声を掛けているのだ。いらんわ!




トランプ政策に追随するのが正しい経済政策である。「ジャパン・ファースト!!」




タイビバレッジ(THBEV)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

本日の円ドル

現在為替は113.50。
NINJA300のポートでは円は借り入れ状況なので、円安を希望する。(笑)そんな要求したって、「ビースト」が聞いてくれるはずはないのだがね。引っ張りたくないのでできるだけ早くドルを円に換金したい。
118円位まで戻ってくれれば最高なのだがわからない。どっち方向にも行きそうな感じがする。どちらかといえば、ドル高か?固定観念は危ない。



長期的なユーロ安と元安は決まりだろう。




2017年欧州選挙日程

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本の中枢に巣食うスパイ

蓮舫は要するに、シナのスパイである。
蓮舫で思い出すのは、大昔に、「オールナイト・ジャパン」という素人さを売りにする深夜番組だ。
蓮舫が出演していたのだが、どうみても、素人ぽさに欠けるし痩せっぽちで魅力に欠ける。そして、やたらに蓮舫に焦点が当たる。なぜこんな中性的な宇宙人のようなシナ女が出てくるのかとおもったのを思い出す。

いま、思えば、彼女の周辺の何者かがフジテレビに大量の賄賂または便益を供与していたのだろうと推測できる。

蓮舫氏「ゴルフに興じる首相の姿、誇れるものではない」 “ゴルフ外交”批判 産経新聞 2/11(土) 21:04配信
 民進党の蓮舫代表は11日、安倍晋三首相が訪問先の米国で予定しているトランプ大統領との「ゴルフ会談」に関し、トランプ氏が新たな大統領令による外国からの入国規制を検討していることを踏まえ「(トランプ氏に)厳しいまなざしが向けられている中、にこやかにゴルフに興じている日本の首相の姿は誇れるものではない」と批判した。
 また、トランプ氏が署名した移民・難民政策に関する大統領令などをめぐり、国際社会から懸念の声が挙がっているのを念頭に「日本だけが世界各国と歩調を乱して何とか経済で恩恵を受けようとしている姿に映ってはいけない」とも述べた。党本部で記者団に語った。


日本が韓国と同じ運命とならないことを祈ります。
現在、阿倍首相はトランプ政権から大歓迎を受けています。これは、極東で日本を通じてアメリカが支配力を行使するのでよろしくという意味だろう。もうすぐ日本が最前線となります。


片務的ではあるが、日米同盟は日本の生命線、日米友好は日本の国益に敵う。

日米首脳の友好関係を否定して誰が得をするのか?シナと北である。つまり、このシナ女はシナの代理人だ。





"My Swatch"

20世紀の最後の辺りで買ったスウォッチ。本日、バッテリーを入れ替えたら動いたので記念写真。








なんでもすぐに忘れて、水に流していいのか?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

SNA411(フライトマスター)

セイコーSNA411を購入した。
SNA411はダイヤルが賑やなクオーツ(7T62)クロノグラフパイロットウォッチだ。セイコー・「フライトマスター」とも呼ばれる。
機能としては、ストップウォッチやコンパスなど色々付いている。パイロットウォッチとしては、ブライトリング・ナビタイマーのクオーツバージョン(青ダイヤルもある)と思えばいい。ブライトリングのデカくて高価なナビタイマーを毎日付けるのは無理だろうが、これならお気楽に気が向いたらいつでもはめられる。価格は2万円強と安い。コスパなら完全にこの時計が良いのだが、時計をアセットと考えればナビタイマーの方が価値がある。もっともNINJA300は時計価格は今後数年は全体的に上昇することはないと思っている。



大きさは42ミリだが、大きくは感じない。ガラスはハードレックスで分厚く、レンズ効果があるのだろうか、ダイヤル(文字盤)が大きくみえる。防水は200M、海で使用するつもりはないが、雨の日でも大丈夫。クロノはスプリットセカンドも可能。ベゼルは両方向回転で計算尺になっており、残燃料計算などができる。が、計算尺の使用法は今は謎だ。
クオーツで価格が割安、頑丈なSNA411は明らかにヘビーユーザー向けだ。なお、逆輸入時計である。

SNA41104 (2)




NHKスペシャル「“新富裕層”vs.国家~富をめぐる攻防 - 特別ドキュメンタリー 2016 - 2017

これは今から見ます。( ̄^ ̄)ゞ

池上彰"緊急"スペシャル|日本の富裕層と貧乏人の現状...なぜ世界から格差はなくならないのか?

見てみて面白かったので、アップしておきます。参考になると思います。

SET指数のNINJAトレンドチャート

緩く上昇基調を描いてきたSET指数が2013年半ば、その若干下の2015年初の高値までもうしばらくという状況にある。
水色がSET指数、黒がNINJA中期トレンド、茶色がNINJA短期トレンドなのだが、中期トレンドの反転を確認するまではついていくつもりだ。トランプ相場が壊れない限り、まだ上値はあるとみている。



非常に見にくいチャートだが、自分で作っているのでNINJA300には見える。1600ポイントは超えると予想する。

Gone with Chinese business slowdown

シナ経済の低迷と爆買いの終了。こんなことは2年も前から百も承知の事項と思っていたが、日本では情報不足からそれが予測できなかった人々が結構いるらしい。
シナでは外貨準備が大減少している。公称3兆ドルだが、宮崎正弘氏によれば、実質外貨準備はほぼ消滅したという。となれば、次に来るのはRMBの急落だが、これは共産党政府が人為的に支えている。シナ共産党は外貨流失防止のため、銀聯カードの上限を低くし、海外送金を禁止し、外貨流出防止に必死だ。
今、シナでさかんなものは3つ。
・外貨預金(しかし、シナの銀行がドルヘッジをしているはずはないのでいずれ破たんするだろう。)
・ビットコイン(ビットコインの半分以上はシナ人が保有している。RMBへの信認がないのが原因。)
・シャドウバンキング(シャドウバンキングでRMBを海外で外貨へ替えている。日本はシャドウバンキング銀座であろう。池袋辺りへ行けばいくらでもありそうだ。)

もうひとつおまけに付け加えれば、不動産(銀行ローン)。シナ人はインフレを予想して銀行ローンで不動産を購入している。但し、超高級物件の上昇は共産党の超金持ちの売買キャッチボール価格維持に過ぎない。

宿泊業界大混乱、中国の団体旅行客はどこへ消えた?
 2年前の春節(1月末~2月初頭の時期の中国の旧正月)を思い出してほしい。中国から訪日客が大挙して押し寄せ、各地で「ホテルの予約が取れない」という悲鳴が飛び交ったのはご記憶のことと思う。
 内外の旅行客はもとより、出張者や受験生までもが「宿の確保」に奔走させられた。都心のビジネスホテルの中には、素泊まりで1泊3万円台の値段を設定するところも現れた。ホテル難民の足元を見るホテル側の姿勢に辟易させられたものである。
 だが、あれから2年の月日を経て、今年はちょっと様子が違った。

■ 春節でもホテル投げ売り? 
 例えば、1月半ばに舞い込んできた新聞の折り込みチラシ。目を引いたのはその価格だ。静岡県の温泉宿が1泊2食付きで7980円、山梨県の宿は8800円と「お得な宿」が満載である。食事も「カニの食べ放題」や「活アワビ踊り焼き」など大盤振る舞いだ。かきいれどきの春節直前なのに、こんなに安くていいのだろうか。
 同じ時期にテレビでも「お得な宿」のCMが流れた。あるホテルチェーンが、1泊2食付きで1万円以下という安さを大々的にアピールしていた。
 西日本でホテル業を営む経営者は、そのテレビCMについて「中国の旅行社が春節の団体客を当て込んで大量に発注したものの、キャンセルが相次いだのではないか」と推測する。ホテル側はその穴を埋めるために、急きょこの時期に日本人向けにCMを流しているのではないかという見方だ。

■ 富士山麓のホテルにも異変
 東京~富士山~大阪を結ぶ「ゴールデンルート」といえば、訪日客が最も集中する行程だ。ここでも異変が起きていた。
 中国人にとって、富士山を見ることは日本旅行の目玉の1つである。2年前ならば、この時期に富士山周辺の宿を取ることはできなかった。だが今年、春節期間に泊まれる御殿場・富士エリアの宿泊施設をネットで検索すると、57件もヒットした。素泊まりならば5000円以下で泊まれるところもある。
 現地のホテルに問い合わせてみたところ、次のような回答が返ってきた。「今年の春節は、中国の個人客は何組かいらっしゃいますが、団体のお客様はいないのです」 過去には30~40名ほどの中国からの団体客を扱ったこともあると言うが、「なぜか今年の春節は来ない」のだという。

■ 静岡空港は中国路線を縮小
 富士山に最も近い静岡空港(愛称は「富士山静岡空港」)は、東京と関西を結ぶゴールデンルートの入り口だ。2009年に開港し、中国人の利用客に支えられて大きく発展してきた。
 2014年7月末に3路線13便だった中国路線は、2015年7月末には13路線47便にまで拡大した。静岡空港における国際線の搭乗者数は40万人目前に迫った。ところが2016年は一転して減少し、約28万人にとどまった。減少の理由はほかでもない、中国からの団体客が減ったためである。
 静岡県文化・観光部が行った調査によれば、2015年に静岡空港を利用した中国人客は97%が団体ツアーの客だったという。だが、そうした団体ツアーの利用客がめっきり減ってしまった。
 その結果、2016年は中国からの旅客機の運休が相次いだ。結局、静岡空港では、13あった中国路線が上海経由武漢、寧波、杭州、南京の4路線だけに縮小してしまっている。

■ まさかこんな変化が起きるとは
 中国からの訪日旅行客は、今やガイドの旗についていく団体客ではなく、スマートフォン片手に自由気ままに歩き回る個人旅行客だ。
 在上海日本国総領事館によれば、2012年は、訪日客に占める団体旅行客の割合が80%弱だった。ところが、2015年になると団体旅行客は50%弱まで減り、代わりに個人旅行客が50%強にまで増えた。
 こうした団体旅行から個人旅行への変化のスピードに、日本の宿泊施設はついていけない。「多くの宿泊施設は目算が狂い、泣きの涙だ」(静岡県のホテル経営者)という。
 爆買いのあった2015年は、ホテルや飲食など観光産業に従事する施設はどこも「深刻な受け入れキャパの不足」を経験した。そこで、キャパ拡大に着手する。
 富士山静岡空港もその1つで、「急激に増えた中国人客により、手荷物検査や税関などで対応に苦慮した」(同観光部)という。そこで昨年11月より、ターミナルビルの増改築に乗り出している。ホテルの中には、中国から団体客を受け入れるために駐車場を拡大したり、店舗面積を広げたりといった“追加投資”を試みたところも少なくない。
 しかし、その目論見は早くも頓挫している。中国人の団体客が姿を消した今、「投資を回収できるのかという深刻な問題に直面している」(前出のホテル経営者)。


ホテルマンというのは、客の持ち物(時計、カバン、服装、靴など)で客を格付けするのが得意なくせに、目の前の経済異変には疎いらしい。というか、言葉は悪いが、「アキメクラ」と呼んでいいだろう。もちろん、シナ人向け売り場を拡張したデパート経営陣も同じ穴の貉である。(笑)



左は、アウトドアの定番ファイヤーボックス。昔はアメリカまで発注しなければならなかったが、今はアマゾンで買えるようになった。非常に頑健で災害時に備え、一家に一台でいいと思う。しかし、まったく考えない人は考えないのだろうが。個々人の判断です。
中は、災害時にはガソリンも重要になる。スーパーカブは災害時に威力を発揮するだろう。説明書きにはチェコ軍と書いてあるが、おそらくシナ製だろう。チェコ軍風と理解したい。口に入れるものではないのでシナ製でも大丈夫。作りもそこそこだと思うが・・・確信はない。
右は、バークリバーのブラボー1。シナ軍へのゲリラ活動やサバイバルでは、ナイフが生死を分けるので高級品を持っておきたい。モーラでもそこそこ良いのだが、長期のサバイバルならこっちだろう。世界最高の実用ナイフと思う。
このほか、飯盒や水筒なども今の内に良いものを確保しておくと良いだろう。

シナ人がなんで日本で政治活動をしているんだ!⚓

日本の判例では、外国人には参政権はない。外国人の人権は権利の性質によって異なるが、参政権は原則としてないのだ。特に、国政への参政権はない。ないといったらないのだ。国際法上もない。あるわけがない。

ところが、現実にはシナ人が政治活動を行っている。デモとはその性質上、暴力を内包した政治活動である。暴力を内包する政治活動がデモだ。だから、デモは届け出制になっている。

在日中国人、新宿で「反アパホテル」デモ 300人超の警察官が出動 2017.2.5 18:48
 ホテルチェーンの「アパホテル」が客室に「南京大虐殺」などを否定する書籍を置いていると中国当局が反発している問題で5日、日本在住の中国人らが、東京都新宿区内でデモ行進を行った。
 参加したのは在日中国人の会社員や留学生ら約100人。「言論は自由だとはいえ、良識も必要」などと書かれた横断幕や「中日友好」と書かれたプラカードを掲げて、新宿中央公園から同区の「アパホテル新宿御苑前」付近まで、公道を約1時間行進した。
 デモグループはシュプレヒコールなどは行わず、同ホテル前でも無言のまま立ち止まることはなかったが、デモを企画した来日10年という中国人女性は終了後、「日中友好は大切だが、(同ホテル代表の)元谷(外志雄)さんの行動は中国人を怒らせ、友好にはよくない」と意図を説明。来日26年で現在は日本に帰化したという別の中国出身の40代の女性も、「歴史の問題ではなく、モラルの問題」と主張した。
 この日は300人を超える警察官が出動。右翼団体のメンバーがデモグループに飛びかかろうとして警察官に取り押さえられるなど、休日の新宿は物々しい雰囲気に包まれた。沿道の人々は騒動にあぜんとした表情で、靖国通り沿いでデモを見つめた都内在住の40代の男性会社員は、「言論の自由があるからやることに反対はしないけれど、日本人としてはこういうデモへの感想は正直微妙です」と苦笑いで話した。


デモ参加したシナ人は全員強制送還にしてほしい。
逆に聞きたい。なぜ強制送還にしないのか?公安や警察、または外務省は真面目に仕事しているのか?怠慢ではないのか。サヨクが怖いのか。メディアが怖いのか。ここは日本であって、日本ではないのか?
日本人が北京でデモをやれば、どうなるか?例えば、ウイグルやチベットについて批判してみればどうなるか。ちょっと想像してみればわかる。
デモ参加したシナ人は全員強制送還にして当然だと思うが、どうだろうか?




左は、通称ショーグン。NINJA300が最も気に入っている時計の一つ。実用時計でチタン製なので軽い。お勧めします。セイコーにはMM300という素晴らしいダイバーもあるが、高級実用時計としてはショーグンがナンバー1と思う。
中は、サードダイバー・リイシュードPADI。これは将来値打ちが出るだろう。セイコーとPADIのコラボ。中身は4R36でデイデイト表示、ペプシベゼルがカッコいい。
右は、伝説のセイコーSKX。様々な映画のなかでも使われた伝説のダイバー。しかも安い。伝説といっても知らない人は知らないだろうが、これほど有名なダイバーウォッチはない。つまり、世界で最も有名なダイバーウォッチである。
いずれもNINJA300のお勧めダイバーです。なお、わたしは3つともホールドしています。

ジム・ロジャーズが読む「2017年、世界マネーはこう動く!」

特に目新しいことは言っていないが、以下に現在のJRのコメントを記録しておきます。トランプの経済政策は成功するような気がします。ただ、アメリカ株は割高なので、やはりJRの言う通り懸念が残ります。シナ株については、触る気も起きません。

ジム・ロジャーズが読む「2017年、世界マネーはこう動く!」

――2016年11月の米国大統領選でトランプ氏の優勢が伝えられると、世界の株価は急落しましたが、その後大幅に反転し、高値が続いています。
市場の反応は、トランプ氏が唱える減税とインフラ投資に対する期待の表れですが、この高揚感が長期的に続くことはないでしょう。米国には間違いなく減税が必要ですし、過去7年ほど衰退し続けて今やすっかりお粗末になってしまったインフラも再構築されるべきなので、本当に実行できるのであれば素晴らしい。しかし、財源はどこにあるのでしょうか? 米国はすでに世界最大の債務国です。

世界各地で問題が顕在化しているとき、人々は安全な場所を求めて米ドルを保有したがるという傾向があります。世界のマネーが米国に集まってくれば、米国は資金を調達しやすくなるので短期的には問題を先送りできる。しかし、結局は借金を増やすことと同じなので問題は悪化するでしょう。
ただし、米企業が国外で保有する約3兆ドルを国内に還流させるつもりだと、トランプ氏は言っています。もしこれが実現すれば、「トランプ相場」はさらに上昇し、その状態がしばらく続くと思われるので、この点に市場の期待が集まっています。

こうした国外の米国マネーは長年にわたって蓄積されたものです。これまで米国の税法では、企業が海外で稼いで得た資産に対して、ほとんど課税してこなかったからです。かつてジョージ・W・ブッシュ大統領の時代に、企業が国外に置く資金を国内へ移動させる際に支払う税金を1年間引き下げるという施策を講じ、国外の米国マネーが多少は戻ってきたのですが、さほど大きな流れにはなりませんでした。企業がこぞって多くの資金を移動させるのに十分な減税ではなかったのです。
トランプ氏は、企業に資金の還流を促すための策を持っていると、自信をのぞかせています。もし本当に大規模なマネーの還流が実現すれば、米国にとって好ましい状態がより長く続くことになるでしょう。ただし、資金の還流がひととおり落ち着いてしまえば、次は貿易戦争を始めると思いますよ。そうなれば、やはり「トランプ相場」は終わりを迎えます。

――白人労働者階級から強い支持を集めた保護主義的な政策を、トランプ氏は公約どおりに実行していくのでしょうか。
トランプ氏はあらゆる貿易相手とのあいだに摩擦を生じさせようとしています。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)からの撤退、NAFTA(北米自由貿易協定)の交渉再開、中国やメキシコからの輸入品に高い関税を課すなど、彼がやると宣言していることは、どれも自由貿易を妨げる最悪の発想です。TPPから撤退すること自体がすぐに貿易戦争を起こすわけではありませんが、そこへ向かう流れをつくってしまうことはありえます。
しかしトランプ氏は、自分は百戦錬磨のビジネスマンなので、通商交渉の場でもっとよい条件を引き出せると過信しているのでしょう。そもそもトランプ氏は偉大な父親が築いた事業を引き継いだのですし、自分が起こした会社はいくつも倒産させている。彼自身がもっとも成功したのはテレビの世界なのです。
公約に掲げたことをほんとうに実行したら、米国も世界も深刻な問題を抱えることになります。もしトランプ氏が就任初日に公約どおり「中国とメキシコからの輸入品にそれぞれ45%と35%の関税を課す」と宣言したら、すべての資産を売ってどこかに避難したほうがいい。東京はまだましかもしれませんが、そのほかの国や地域は深刻なダメージを被るでしょう。
貿易戦争は破綻するということを、歴史は証明しています。これまでに貿易戦争を制した国などないし、特にしかけた国が勝利を手にしたことなど一度もありません。むしろ、貿易戦争によって国が立ち行かなくなるだけではなく、本物の武器を使う戦争に突入してしまう。まさに第二次世界大戦は、そのような経緯で始まったのです。

――英国が国民投票の結果EUからの離脱を決めるなど、16年は世界に衝撃を与えた「予想外」の出来事が複数ありました。17年の世界経済とお金の動きについて、どうお考えですか?
私はとても悲観的です。特にこれから先2、3年については、とても心配しています。欧州の一部はすでに不況に陥っていますし、今年は政治的な混乱も予想されるため、欧州がよくなる見込みはありません。ラテンアメリカも不況にあえいでいます。
世界経済は08年、巨額の借金を抱えて大きな危機に直面しましたが、現在は当時よりもずっと大きな借金を抱えています。金利が上昇していけば、借金をしている人はさらに苦しくなります。インフレも戻ってきていて、日本もその例外ではない。こうしていくつものマイナス要因が顕在化していますから、このままでは世界経済は数年内に深刻な状況に陥るでしょうね。

――それほど悲観的な展望のもと、どのような市場に投資しているのですか。
私は現在、日本株を買い増してはいませんが、保有しています。日本にはもっと成長してほしい。ロシアへの投資は増やすかもしれません。ロシアは油田を豊富に持つ産油国なので、原油価格が底を打ったことも好材料です。
数年前、ロシアの株式市場は世界でもっとも嫌われていました。今でも叩かれていますが、トランプ氏やフィリピンのドゥテルテ大統領など、プーチン大統領を支持するリーダーが現れました。フランスでも、プーチン大統領と親しい候補者が大統領に選ばれる可能性が高まってきました。ノルウェーとフィンランドも、ロシアとの外交関係を改善させています。

私はルーブル建てのロシア国債を、つい先日買い増したばかりです。ロシア企業の株については、自分が興味を持てそうな株が妥当な価格で買えるのであれば、積極的に投資しようと思うかもしれません。

世界に安泰な株があるとすれば、それは中国の鉄道企業の株でしょう。中国は「一帯一路」(中国と欧州、アジア諸国を結ぶ経済圏の建設)を提唱していて、インフラ投資に多額の資金を注ぎ込んでいます。また、大気汚染問題の解決にも大金を投じて本気で取り組んでいるので、こうした関連の企業も有望株です。同様に、医療関連株にも期待できます。中国の医療は大幅に改善されなければなりませんから、この分野への投資も大幅に増えています。

――OPEC(石油輸出国機構)が減産に合意したことで、価格の上昇が見込まれている原油市場についてはどう思われますか。
私自身は、OPECの動向には注目していません。加盟国は合意を守らなかったり、発言を撤回したり、互いを欺いたりすることを繰り返してきたので、今回の宣言についても、実際のところはどうなるかわかりません。
OPECがほんとうに減産するかどうかに関係なく、市場はすでに供給量を減らしています。米国のシェール石油業界は生産コストが高すぎて採算が合わず、生産をやめるところが続出しているので、減産が続いています。原油価格は“複雑な動きをする底値”を打って、今後1、2年間は1バレルあたり40~60ドルで推移するでしょう。

――世界経済が深刻な危機に突入していくのであれば、今後はどのようなものに投資するのが賢明でしょうか。
あくまでも、自分が十分に知識を持っている分野にのみ、投資すべきです。私が有望だと言ったからといって、ロシアや中国の事情に詳しくない人がそれらの市場に投資すべきではありません。
私自身は米ドルを大量に保有していますし、米国株の空売りもします。過去数年、ロシアへの投資はとてもうまくいっているので、今後も続けるつもりです。中国については今後どのようなことが起ころうとも、先ほどお話しした業界の株は買ったほうがいい。

そしてなによりも、空売りのテクニックを身につけることが大切です。これから数年のあいだ、世界経済は悲惨な状況に向かっていくので、破綻するところが増えるでしょう。そのような状況で大きく儲けることができるのは、空売りができる人だけです。
何か悲惨なことが起きたらすぐに反応してそのとき買えるものをすべて買う。たとえば金の価格は最近大幅に下落しました。今のところ、私はまだ金を買っていませんが、もし1オンスあたり1000ドルを下回ったら――この業界で働く人にとって悲惨な状況ですが――大量に買い増すつもりです。

――新興国市場はいかがでしょうか。
コロンビアはいいですね。半世紀以上も続いた内戦を終結させる和平協定が、コロンビア政府と反政府組織のあいだで結ばれたばかりです。歴史を紐解くと、内戦や戦争が終結したあとには、そこに大きなチャンスがあります。たとえば戦後の日本に投資した人は、大金持ちになったことでしょう。
コロンビアでは、長年犯罪の温床となっていた大麻の栽培が合法化されました。米国でも、先の大統領選と同時に合法化を問う国民投票が9つの州で行われ、うち8州で賛成が反対を上回りました。このことによって、米国の半数以上の州で大麻の栽培や嗜好品としての使用が合法化されたことになります。欧州では多くの国ですでに合法化されていますし、カナダも時間の問題でしょう。ですから、大麻を扱っている企業の株を買うといいですよ。ただし自分で栽培するのは、日本のみなさんや私が住んでいるシンガポールでは、刑務所行きになってしまうので、絶対にやめたほうがいいですね。


独眼流亡き後、日本に長期マクロから相場を語って読める人材がいなくなってしまった。残念である。ジムロジャースはいつも同じことばかり言っているし、ソロスは「サヨク」の本性を現している。
きっと「自分で考えろ!」というお告げであろう。(笑)





2017年テト帰国の感想メモ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・