Brown Bear hunter in Japan

羆ハンター。



羆は日本最強の動物。その羆を長年追っているハンター。
一歩間違えれば自分がやられるという「緊張感」が魅力らしい。「野生を解き放つ」
憧れてしまう。



セイコー・タートルも値がだんだんこなれてきた。

Die Hard.

なかなか下げない!






健康に良いノ二ジュース。「不味いよ!」ストイックな男女にお勧め!

じわじわ進むRMB安

本日から伊勢志摩G7サミットが開催です。G7にはもちろん、シナとロシアは呼ばれません。2大強国の一つ・ロシアは本来は呼ぶべきなのですが、米国との対立があるため、残念ながら不参加です。
G7サミットでは、各国協調での財政出動をめぐって討議します。いつものように、「持続的経済成長を目指して各国協調する」という原稿も官僚連中が完成していますが、財政出動についてはダブルスタンダードでシナの人権問題を無視するドイツとシナのオコボレに預かりたいキャメロン首相のイギリスが反対しています。



そうしたなか、史上最大の独裁国家シナのRMBがじわじわと安くなっています。シナは借金漬けで、景気もどんどん悪化、株式市場は機能不全、おまけに米国に睨まれてしまったので、人民元安は当然です。本来なら人民元は暴落すべきなのですが、シナ市場は規制が強く、市場機能が働いていないため、人民元相場は実力よりもずっと強くなっています。新安値更新は何か月後か?

とりあえず、南シナ海問題を「現状維持」への脅威とするのは日本にとってメリット。欧州は南シナ海がシナの海になっても痛くもかゆくもないですし、シナはアウディ(ドイツ車)をいっぱい買ってくれます。G7声明で一応シナは孤立感を強めるでしょう。
切迫する北問題も大きな議題です。そしてオバマ大統領はサミット前にベトナム訪問し、シナをけん制しました。また、オバマ広島訪問がどうでるか。日米同盟強化に向かえばいいですね。但し、広島市長だか、広島大学だかの教授は碑文の抜けている主語を「世界人類」とか・・・夢物語にいまだに現をぬかしている。まったく、あの碑文の言葉には気分が悪くなる。「敗戦国だから・・・永遠に負け犬でいろ」と書いてあります。冗談じゃない。

サミットでの西側首脳間の隠れた合意、これから本格化するシナ発不況、日米同盟強化、トランプ旋風、日露接近・・・世界は"spinning around."しています。




(参考)世帯平均貯蓄額(2015年)

貯蓄平均1805万円だが、2/3は平均以下となる。メディアン(中央値)は1054万円なのだ。
貯蓄額の少ない世帯ほど、資金運用は普通預金。つまり、利息収入は無し。
一方、貯蓄額の多い世帯になるほど、有価証券(株、債券)による運用が増える。



2015年の総世帯(単身含む)の家計調査によると1世帯当たりの消費支出は月平均24万7126円。消費支出の水準は比較可能な2000年以降で最低だという。

各国で貧富差が拡大しているが、日本はまだまだましな方だろう。また、東京など大都市部と地方ではかなりの差があるはずだ。この統計自体もどれだけ信用がおけるのかはわからない。




砂糖の長期チャート

長期の砂糖チャート。
2011年初に天井形成しているが、直近は反騰局面にある。


source: tradingeconomics.com

最大の生産国(23%、2010-2011年)で輸出国(50%、同)はブラジル。そのほかは、インド、シナ、タイ、米国。
砂糖先物はNYMEに上場。コントラクトサイズは11.2万ポンド。サトウキビのほか、甜菜などから獲れる。Sugar No. 11が世界的に有名な製品。食品、キャンディー、ラム酒、エタノール製造に使用される。





円高トレンド持続を予想

普通に考えて、円安押し目もこのあたりで限界だろう。中期的な円高トレンドは持続を予想する。

円が上昇、一目均衡表の雲は抵抗できないほど頑強
  円は3週間ぶりの安値を付け、一目均衡表の節目となる支持線まで後退した後に上昇した。円は日本時間23日午前11時半現在、0.4%高の1ドル=109円75銭。20日に円は一目均衡表の雲の下限を一時抜けていた。






タイ経済低迷

なんだが、どんどん嫌な国になっていくタイランド。昔日はパラダイスであり、約束の地だったのに・・・

タイ、改革進まず経済低迷 知識集約産業の育成遅れ 2016/5/22 0:45
 帝国データバンクによれば、タイへの日本企業進出数は4月末時点で東南アジア諸国連合(ASEAN)最多の4788社だった。大洪水や政情混乱を経てもなお、タイの動向は日本企業にとり大きな関心事だ。
 経済担当のソムキット副首相は最近「タイランド4.0」という標語をよく強調する。賃金上昇と労働力不足に陥るタイの産業構造を労働集約型から知識集約型に移行する取り組みだ。
 その一環で、医療や航空宇宙、自動車など高度技術を必要とする分野で研究開発投資を呼び込む政策をとる。しかし「適用条件が複雑すぎて申請には至らない」(日系企業関係者)。申請件数は16年3月までの15カ月間で11件にとどまる。
 技術者不足も逆風だ。「採用後に一から教育し直しており(学校が)無駄になっている」。タイを代表する経営者、素材大手サイアム・セメント・グループのガン前最高経営責任者(CEO)は不満を口にする。軍政は教育改革を掲げるが具体策が出ない。
 政策の空回りで、タイ経済のエンジンの一つである外資受け入れは低迷個人消費もインラック前政権によるばらまき政策の後遺症から立ち直れず、成長率は3%前後と、かつて巡航速度といわれた5%にはほど遠い。
 大手銀行系のカシコンリサーチセンターのピモワン副所長は「内需の回復は難しく今後3年間は成長率3%以下が続く」と厳しい見方を示す。
 1人当たりの国内総生産が約6000ドルに達したタイ。軍政は掛け声だけにとどまらず実行力と継続性を伴った産業構造改革が必要だ。民選政権が行き詰まる度にクーデターが起こり経済政策が変わるタイに厳しい命題が突きつけられている。








「混乱の時代」へ

作家の宮崎正弘氏は今後を「混乱の時代」と読んでいる。同感!

斉藤進氏によれば、コンドラチェフサイクル(長期循環50-60年)は、第一次大戦後の1920年頃ピーク、1954年(昭和29年)がボトム、1954年以降1981年まで上昇期。1981年から2015-16年までが下降期となる。下降期では長期金利が低下する。


(注意)上図はキャピタルトリビューンとかいう会社の作成で斉藤氏のコンドラチェフサイクルとは異なる。斉藤氏は、ピークを1920年、ボトム1954年、ピーク1981年、ボトムが現在とする。

 産業革命は、一八世紀後半にイギリスで始まり、順次に欧州大陸、米国、日本などに外延的に拡大して来ました。日本及び日本統治下にあった台湾・朝鮮半島の場合には飛び地的に、明治維新を経て一九世紀後半から二〇世紀初頭には産業革命が開始されたと言えます。しかし、その他の東アジア・東南アジア全般で産業革命が開始されたのは、ようやく過去半世紀余りの時期と言えましょう。それも、貿易・資本移動を通じて世界経済に本格的に組み入れられ始めたのは、最近四半世紀のことに過ぎないと言えます。換言すれば、イギリスで開始された産業革命の波は、二〇〇年余りの時間を掛けて漸く地球を一周したと言えます。

 イギリスで開始した産業革命の波が世界に外延的に拡大して行く過程で、世界経済は単純に右肩上がりに成長して来たわけではありません。
 経済が成長して行く過程では、成長の速度(経済成長率)は上昇・下降を繰り返して来ました。経済成長率が、下降期にはマイナス、すなわち経済活動の絶対的規模が縮小する時期もありました。この経済成長率の上下振幅が景気循環です。

 景気循環の代表的なものとしては、周期が三年から四年の短期の在庫循環、周期が八年から一〇年の中期の設備投資循環、そして、周期が五〇年から六〇年の超長期循環(コンドラチェフ循環)の存在が指摘されて来ました。

 超長期循環は、ロシア人経済学者ニコライ・D・コンドラチェフが一九二〇年代の論文で、一八世紀末から一九世紀、二〇世紀初頭までの欧州各国や米国などの長期の物価、金利、賃金、外国貿易などの経済活動全般の変動の分析に基づいて、その存在を指摘したものでした。「発見者」に因んで、コンドラチェフ循環とも呼ばれて来ました。フランス革命直前から第一次世界大戦終結直後の長期に、二周期半の超長期循環が存在し、一九二〇年以降は第三超長期循環の下降期に入ったとするものでした。
(引用、斉藤進)・・・大変参考になるのでアップ。

二〇世紀を通じて世界経済の中核国であった米国経済の金利で見ると、下降期は一九二〇年代初めから一九五四年まで、同年から始まった上昇期は一九八一年まで続きました。一九八一年以降から堤在までは、依然として超長期の下降期にあると言えます。

 現実に、物価変動率は、一九七〇年代に世界的にピークを迎え、一九八〇年代に入って下降期に入りました。
 そして、最近の四半世紀には、超長期循環の下降期の前半に特徴的な経済現象が、世界経済の中核地域、すなわち日本、米国、欧州で順次起きて来たと言えます。すなわち、物価変動率、経済成長率の長期的な低下傾向、株価や不動産価格などの資産価格の高騰(資産価格バブルの形成)と崩壊(株価・不動産価格の大暴落)などです。日本の場合には、この超長期循環の周期が七年から一〇年ほど先行していると見ると分かり易いでしょう。

 超長期循環の下降期の後半には、物価変動率、経済成長率の一層の低下、すなわち長期の経済低迷が続くのが最近二世紀あまりのパターンですが、それに如何に対処するかが日米欧三極の経済が抱える課題と言えましょう。
(同引用)




経済崩壊のベネズエラ

経済危機のベネズエラ、ハンバーガー1個1万9000円 AFP=時事 5月21日(土)18時28分配信
 深刻な経済危機に見舞われているベネズエラでは現在、ハンバーガー1個は、1ドル=10ボリバルの公式レートで、1700ボリバル=約170ドル(約1万9000円)で販売され、ホテル1泊の料金は6万9000ボリバル=約6900ドル(約76万円)となっている。
 だが経済危機を受け導入された為替管理の下で設定された公式レートで値を付ける商人などもちろんいない。実際にやりとりされているのはブラックマーケットのレート、1ドル=1000ボリバルだ。

 通貨ボリバルのハイパーインフレにより、経済の大半が輸入品と原材料に依存する国での生活は著しく高くつく。中流層でさえも大部分が貧困に滑り落ち、ハンバーガーもホテルも手が届かなくなっている。首都カラカス(Caracas)の中流地区チャカオ(Chacao)では、オフィスワーカーたちができる限り安あがりの昼食を求めて、ナッツ販売店の前に列をつくっているが、隣のレストランはがらがらだ。
 ある化粧品店の女性は「誰も何も買ってない。食べ物だけね」と語った。客の男性はひげそりの刃を買うのにデビットカードを使っていたという。
 外資系チェーンなどの店舗が入った高級ショッピングセンターでは、ほとんどの販売員たちが暇を持て余しているのをよそに、1軒の薬局に約200人の列ができている。何を買うために並んでいるのかは、並んでいる本人たちも分かっていない。だが、ここに並んで、その日配達される歯磨き粉といった衛生用品などを、大抵は数分で、品切れになる前につかみ取るのはもはや日課だという。


公定レートは1ドル=10ボリバル、市中レートは1ドル=1000ボリバル。100倍。原油安→通貨安で正規ルートの輸入品は手に入らない。ひげそりの刃は輸入品だ。すでに富裕層はベネズエラから逃げ出したと聞く。次のベネズエラはどこだ?






日本株式市場の歴史的推移

今月の先進国サミット、今年末の日露会談、米大統領選の行方、せっぱつまってきた半島状況・・・我々は歴史の曲がり角にいる。但し、それが国民にとって良い変化になるとは限らない。しかし、そこに「割安」な株価があって、「変化」が起きる土壌がすこしづつ生成されつつある。







セイコーの5000万円時計

セイコーがクレドール(装飾時計)ラインで、彫金に技術を凝らし、トゥールビヨンを組み込んだ5000万円の時計「FUGAKU」を発売した。限定8本。
数年前なら、シナ富裕層や欧米人に売れただろうが、いまはどうなのか。セイコーのマーケティングにはちぐはぐさを感じてしまう。それとも、やはり金持ちは世界景気後退中でも価値があると判断すれば買うのか?8本限定ならば、売れるのだろう。しかし、NINJA300は今後の時計業界全体に危機感を抱いている。



これが世界の超高級時計だ





長期で円高でしょう

ちょっとだけ長い(5YR)チャートをみると、円ドルは125円辺りでピークアウトし、円高トレンドが続いています。このトレンドはまだまだ持続すると読みます。
NINJA300は香港口座のキャッシュを円でもっていたのでラッキーでした。タイ証券口座には4百万バーツ弱、そして不動産もあるのですが、これはタイまで行かないと動かせないので、タイ人になった気分でホールドするのみです。TT 但し、分散効果(diversification)でいまのところ、ほとんど純資産(NAV)は棄損していません。正直、早く米国株バブルがバーストして欲しいと思っています。



現在、機関投資家のマネーはわずかの利息を求めて債券市場に行っています。この資金がどこへ向かって動くか?金や石油などの実物資産へ向かえば、世界は悲惨なことになるでしょう。いままでの繁栄のツケを支払うのが今後5-10年でしょう。




プノンペン・サイゴン旅行(2016/5/7~12)

日本のODAによるつばさ橋。国民の血税で建設しました。
つばさ橋01つばさはし03つばさはし02

イオンモールPP。日本の食材、レストランで溢れている。シネプレックスでキャプテンアメリカ3Dを鑑賞。
イオンPP03イオンPP01イオンPP02

キャピトルカフェも昔よりずいぶん綺麗になった。ナイスGH宿泊(一泊11ドル→10ドル)。
キャピトル01

プノンペンには移住シナ人が多いので中華料理屋が多い。一皿2.5ドル位。
餃子PP

プノンペンのうどん屋。日本人がうどん食いながら漫画読んでいる。写真の人は日系企業でカンボジアで農業をやっているそう。とにかくひまそうで、PPでやることがないのだろう。
うどんやPP

ロシアンマーケット(プノンペン)
ロシアン市場なまずロシアン市場

現代プノンペンタワーのSBIロイヤル証券
SBI証券01


ベトナムサイゴンへ戻って、サイゴンの地下鉄工事現場。
サイゴン01サイゴン02

サイゴンのカレー
カレー001




各国市場の実績PER(2016/4)

現在(2016/4)の各国株式市場の実績PERが以下のグラフだ。

米国市場のPERは20.5倍、国ベースの時価総額シェアで52%を占めている。
日本市場は14.3倍で同8.4%で時価総額第2位。
バブルを知っている世代にとっては、日本はここまで零落れたか・・というシェアである。
米国にしてやられたことさえわかっていないのが、日本の政治家、そして日本人である。
戦後、一貫して米国のアジア政策は日本の孤立化だった。特に、クリントンの対日潜在敵国政策で日本は徹底的にやられた。その結果、富は日銀の愚策もあり、日本から米国へ移動した。
なお、時価総額シェアの第3位はイギリスの6.9%、フランス、ドイツ、スイス、カナダが3%程度で続く。

時価総額では、先進国が 33.2兆米ドル、新興国が3.27兆米ドルで合計36.4兆米ドル。なお、ベトナムなどフロンティア国はこの計算には入っていない。
NINJA300は欧州、特に北欧は割高でEUROが欠陥を抱えた通貨であることから、「アンダーウェイト」とする。私の見立てであるから、信用しないように。



今後についてだが、ブラジルの株安と通貨安の可能性は高いだろう。ブラジルに投資するファンドをホールドしている方には売却をお勧めする。豪州は世界平均程度のPER17.6倍だが当然、「アンダーウェイト」。豪州って「シナの属国」でしょ?LOL
シナはPERが9.2倍、韓国は8.1倍だが、ともに財務監査に大きな問題を含んでいるのでなかなか投資は難しい。個別対応だろうが、わたしはそこまでやる気はなく、両市場に投資する気はない。
PERがもっとも低いのはロシアの5.1倍。ウクライナ問題を端緒とする欧米の経済制裁、原油価格の下落(直近50米ドル近辺まで回復)で売られた。西側の資金はほとんどロシア市場には入ってないため、現在、注目している。





"The name of the game is the US long bond."

今後の相場の動きにとって、米金利の動きがキーとなる。
以下チャートでは、赤がS&P500、青が米30年債、橙が物価指数ファンドの動き。
仮に、金利が上昇すれば、株価は下がり、インフレは高進するだろう。







「団塊の世代」とは

「団塊の世代」を三輪和雄氏が見事に語っている。「団塊の世代」とは、昭和22年から26年位に生まれた世代だ。NINJA300はまったくその通りだと思う。ほとんどがクソ。



三輪和雄氏の「団塊の世代」分析が秀逸なのでアップした。


参考までに、ネズミ男マスゾエも「団塊の世代」。小林節とかも・・・いったいシナからいくらもらってるんだろう?恥ずかしくないのかな。
ダウンロード01

「団塊の世代」を一言でいえば、戦後の日本をだめにした世代である。




堅い堅いWTI

WTIとは、テキサス産の中間程度のレベルの原油のことで、先物があることから原油相場の指標銘柄となっています。そのWTIが素晴らしい上昇相場を見せています。50ドルまであとわずか。50ドルを超えると、世界の低インフレに黄信号が点滅します。
皆、原油を買いたいところでしょうが、数ヶ月の反落を待っているというところなのでしょう。




こんなにファームな相場だすんだったら、常識を働かせて30ドル以下の水準で買っておけば良かったですね。でも常識外のことが起こるのが相場ですから。




災害対策としてキャンプ用品としてファイヤーボックスをお勧めする。5インチの方が良い。3インチは小さすぎる。また、持ち運ぶのに便利なように付属の袋が付いていた方がいい。何年も使って破れれば、修理をしよう。なお、このFirebox社の製品が世界でもっとも定評がある。携帯性を考えないのならば、七輪を利用してもよいが、軽い方が便利だと思う。

中途半端な相場だが・・

現在は中途半端なだらだらとした相場。場中の安いところでロングして、反対売買を小玉でを繰り返している方が多いのではないか。LOL 
しかし、今週、NYダウが17500ポイントを割れてくれば様相は変化する。チャートをみて、わかるひとにはわかるし、分からない人にはわからないだろう。






以前からたびたび指摘したロレックスの価格下落が現実化してきています。シナの景気低迷は長引きます。一時は100万円ほどしたロレサブは現在は実質80万円程度ではないでしょうか?ロレックス社は数量調整してきていますが、本格下落は「元」の暴落の後です。
セイコーのダイバーズは質が良いのでお勧めします。そもそもこの低価格ですので暴落しようがありません。剥落する価格の部分がないのです。

ASEAN内、訪問都市☆

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

必携したい抗生物質

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

「やばいね、アメリカ株」

長期チャートをみると、「やばくみえる」のは、NINJA300だけだろうか。まだ、日本株の方が健全にみえるが、所詮、属国なのが哀しい。
NINJA300の長期見立ては、アメリカ株が新値更新するまでは変わらないだろう。もし、新値更新すれば、見立ては大きく変わることになる。




2009年初に始まったQE相場は、すでに7年を経過している。ブラジル、ベネズエラのデフォルト、北朝鮮情勢、シナの景気低迷、グレンコア社、ドイツ銀行・・・時限爆弾は多い。直観派のNINJA300は経験則により、ガラは近いとみている。今年中だろう。米景気が強かろうと、弱かろうと結果は同じだ。





第1四半期の金需要は過去最高

金人気はドル不信の裏返し。

マイナス金利で「金特需」=1~3月期は過去最高―業界団体 時事通信 5月13日(金)5時28分配信
 産金業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が12日発表した2016年1~3月期の世界の金需要は、前年同期比21%増の1289.8トンと1~3月期としては過去最高を記録した。
 日欧の中央銀行がマイナス金利を導入したことで国債への不安が高まり、安全資産の代表格である金に投資家の人気が集まった。
 発表によると、金の投資信託への資金流入が顕著だった。投信関連の金需要は363.7トンと、前年同期の約14倍。リーマン・ショックを受けて金融危機が深刻化した09年1~3月期以来7年ぶりの高水準となった。 





God save the queen!

ドイツは「シナの太鼓持ち」に忙しい一方で、イギリス王室は「シナ政府は不敬」という認識らしい。面白いのでアップ。



バッキンガム宮殿「中国代表訪英時の警備責任者だったルーシーをご紹介させてください。」
女王「オゥ、バッドラックだったわねえ(Oh, bad luck)、ルーシー(母のジュディスは苦笑)」
バッキンガム宮殿「ルーシー、ご報告を申し上げて」
ルーシー「試練でした。シナはとても失礼なやつらでした。RUDEでUNDIPLOMATICでしたわ。」
女王「大使に対しても失礼だったわよ」








  ーー「トランプ大統領」は悪夢か現実か
  ーーヒラリー・クリントンが当選すれば「日米同盟」は現状維持だろう。が、
  ーートランプなら「日米安保条約」改定、米国は孤立化へ、日本は緊張を強いられる

     ▼欧米に吹き荒れるナショナリズムの嵐

 「ドナルド・トランプ大統領閣下」?
   この小冊はトランプの勝利を予測するものでもなければ、ヒラリーを批判する目的もない。そもそも誰が大統領になるかはアメリカ人が決めることである。
  執筆の動機は何故、いまのアメリカが、トランプ現象を出現させたか、背景にある社会的変化とな何か、それは政治的潮目の変化、新しい時代への胎動なのか、一時的なテロと難民への反撥でしかないのかを客観的に分析し、アメリカが何処へ向かおうとしているのか、その影響が日本にいかに波及するかを追求する目的で書かれた。

  とりわけ米国の主要メディアは「反知性主義」とトランプ非難のオクターブを挙げた。
リベラル派のニューヨークタイムズやロスアンジェルスタイムズなどは左翼メディアゆえにトランプを排撃するのは当然としても、保守派のウォールストリートジャーナルまでがトランプ批判組に与したのには意外感があった。つまり共和党の保守本流もトランプを排撃しようとしたのである。
  しかしこれらメディアの論調とは正反対に「物言わぬ大衆」(ルビ=サイレント・マジョリティ)のトランプ支持が全米くまなく広範に拡がっていった。米国の大衆がメディアの論調を信じていない証拠でもあった。

  「反知性主義」という、米国政治に間歇的におきる噴火現象とも捉えることが出来る。
 この「反知性主義」と呼ばれる大衆運動は、プラカードに「物言わぬ大衆はトランプとともに立つ」と掲げ、トランプ支援の動きが本格化したのは予備選直前、2016年1月4日だった。
  ミシシーピー州のボロキシーという片田舎に、この街の歴史始まって以来、1万3000名の有権者が野外集会場に集まり、その凜烈な寒さのなか、じっとトランプを待っていた。

壇上にトランプが登壇すると一斉にウォーという叫び声、プアホワイトの大半が待ちに待った人物が登場したのだ。
全米一の週刊誌「タイム」(1月18日号)は写真入りで特集を組んで、この異変の始まりを興奮気味に伝えた。異変は続いた。典型がローマ法王の発言だった。
「トランプ氏はキリスト教徒ではない」という強いメッセージにアメリカの大衆は支持率アップで応じたのだ。トランプ現象の基底にあるのは反グローバリズムである。

プノンペンへ(2016/5/7-)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

米30年債の金利推移(5年)

米30年債の金利推移(5年)



いずれ、米国もマイナス金利になるのだろうか?



ハイマウント(HIGHMOUNT) ライトマイファイヤー ファイヤースチールアーミー BK 26011
アーミーはすでに絶版。生産していない。ディスコンだ。特に赤色は品切れで価格は3倍以上の8000円超に跳ね上がっている。今買わないとたぶんもう買えない。スカウトはアーミーの1/3程度の火花しか出ない。1万5000回ほど使用可能とのこと。もちろん、NINJA300は自宅にホールドしている。災害時に必須か?!

SPDR・S&P500

上か下か?トレンドは下だと考えるが、目先上昇の可能性はあるだろう。
長期では下落する方にベット。







これから季節のキャンプ用品。軽い(450g)アルミ製Mサイズ黒船プレート(もちろん、テフロン加工)とファイヤーボックスで焼肉ができる。SSのモーラ・コンパニオンナイフで買ってきた肉を切り分けて、ヘビーデューティー(炭素鋼)でバトニングできる。モーラは日本販売店が価格管理しているし、安いので買ってよし。特にSSは錆びないし、世界的定評があるので、ホールドしておいて損はなし。NINJA300もホールドしている。もちろん、クッキングも可能。
デフレの内に、大きな災害が身に降りかからない内に、円高時代の内に、良いアイテムを集めておきたいと思っている。


S&P500のNINJAトレンドチャート

短期、中期ともに下落トレンドとなった。
ここはショートだと思うが、実際のところはわからない。
NINJA300は少しだけショートポジションを作ってみた。







ベトナム北部ツーリング記録(2016/4/30-5/2)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

マーク・ファーバーの見立て




・アメリカ株は引き続きオーバーバリュー
・世界景気はスローダウン
・しかし、過去1-2年で金鉱株や鉱山株は80-90%と大きく下げた。強いリバウンドの可能性あり。
・アジア、ASEAN株は米株より良い。
・長期的に、米ドルよりも金が有望。但し、FRBがマイナス金利政策となれば、ドルは当面安定するだろう。
・シナのカジノ株も大きく下げた後のリバウンドが期待できる。
・シナ株は短期は期待できないが、長期ではセクターによっては有望。


マーク・ファーバーは米大統領選でトランプ氏を支持するといっています。トランプはアメリカ経済を破壊するが、ヒラリーは世界経済を破壊するからだそう。NINJA300も合意します。ヒラリーが中東で何をやったかを考えてみればいい。



財政出動の外圧アドバルーン

いずれ財政出動となるだろう。財務省の圧力なんてしょせん、器の小さいものだ。
問題はいつ頃になるか?

<日伊首脳会談>世界経済再活性化には「機動的な財政出動」 毎日新聞 5月2日(月)20時45分配信
 安倍晋三首相は2日昼(日本時間2日午後)、イタリアのフィレンツェでレンツィ首相と会談し、世界経済を再活性化するため、主要7カ国(G7)による機動的な財政出動が必要という認識で一致した。26、27両日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の成功に向けて連携することも確認した。
 安倍首相は「原油価格下落や中国経済の減速、テロ・難民問題など予見しがたいリスクがあり、対応を誤ると世界経済は一気に危機に陥る危険性がある」と懸念を表明。レンツィ氏は、G7が財政出動で明確なメッセージを打ち出すために「日本のリーダーシップに期待したい」と応じた。両首脳はG7がテロ問題への対応を主導していくことでも一致した。


「日本のリーダーシップに期待したい」とは、日本に財政やってもらって世界経済のエンジンになってほしいという意味である。




ナイフはサバイバルに必須。ゲリラ戦にもだ。ゲリラ戦を想定して、目立つシースの色は止めた方がいいと思う。つまり、オレンジや青など人工的な色は発見されるリスクがある。カーキか黒がいいだろう。
モーラならカンパニオン、ブッシュクラフト、ロブストとあるが、一本ならロバスト。揃えても安いものだ。ナイフになれてきたら、どうせバークリバーが欲しくなる。




NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・