プーチン暴露:エルドアンの影に「石油メジャー」

ロシアのスホイ24を撃墜したトルコ。トルコは50年代からのNATO加盟国で、ロシアも迂闊に手がだせない。
そのトルコのエルドアンにプーチンが効果的な口撃をおこなった。

・エルドアンの息子(ビラル・エルドアン)がISIS産原油を石油会社「BMZ」を通じてディスカウントで購入し、横流しで大儲けしている。
・トルコは国営石油会社「TPAO」とその提携先の石油メジャーを通じて、ISIS原油を横流ししている。
というもの。ビラル・エルドアンとISIS関係者の密会写真まででたものだから、エルドアンも大弱り。
トルコ最高裁はビラル・エルドアンに逮捕状を出した。



トルコ、とくにエルドアン大統領はISIS原油の取引で私腹を肥やした。その源泉の原油貯蔵施設や設備をロシアが空爆しまくったのが、今回のスホイ撃墜の原因のようだ。ところが、エルドアンは思わぬところでロシアの反撃にあった。世俗ムスリムのトルコで今後の大きな問題となるだろう。ムスリムの束縛を嫌う若者層からの反発にエルドアンはどう対処するのか?

また、トルコのISIS原油横流しの背後の英米の石油メジャー(シェブロン、エクソンモービル、ロイヤルダッチシェル、ブリティッシュペトロリアム)は不気味である。いずれも、「シオニスト・ユダヤ」系、つまり「ロックフェラー」系、「ロスチャイルド」系で「ウォールストリート」の奴らである。

米国のイラク戦争の目的は石油を支配することだった。そして、今回も残りわずかのシリア原油やキルクークのイラク原油を巡って、守銭奴どもが鎬を削っている。






タイ景気はかなり悪い・・・

10年間の政治混迷後、タイは2014/5の軍事クーで、軍事政権へ移行した。
軍事政権下のタイは、不況に苦しんでいる。プラユット軍事政権の言論統制は酷いものだ。経済統制は推して知るべし。記事によれば、プラユットは10月にテレビ演説でタイは「鎖国?」すると表明したらしい(後に撤回)。軍人とは、経済音痴である。
以下の記事を読む限り、タイの現状はかなり悪化している。昔みたいに、遊び半分で値引き交渉をすると殴られるかもしれないので気をつけよう(真面目よ)。




Thai Economy, and Spirits, Are Sagging NOV. 29, 2015
BANGKOK — Do not be fooled by the throngs of Chinese tourists clogging the entrance to the gilded Grand Palace, the roads buzzing with traffic or the plastic smiles of hostesses greeting the business lunch crowd at luxury hotels.
Thailand is in a rut.(タイはマンネリ化した。)
The economy is moribund and Thai households are among the most indebted in Asia.
King Bhumibol Adulyadej, the epoxy of a fractured nation who commands divine-like reverence and turns 88 next month, is ailing and has not been seen in public since September.
A military government that seized power last year is showing no haste in handing back power to politicians who have spent the past decade in often violent conflict.
Robberies and other property crimes have risen more than 60 percent this year.

・景気は悪く。
・家計債務率は高く。
・多民族でクラス社会の統合の象徴だった王様は88歳で病気悪化。9月以来、容態不明。
・昨年、権力掌握した軍事政府には10年間混乱を極めた民間政府に権力移譲をする動きはなし。
・盗人や強盗などは前年比で60%増加。

“No one feels like smiling anymore,” said Sompetch Pimsri, a merchant at a fruit and vegetable market behind the Temple of Dawn, a tourist landmark along the Chao Phraya River. “Life is so stressful. I don’t know how to explain it, but it feels like nothing is working in Thailand anymore.”
Thailand was once the torchbearer of freedom and prosperity in Southeast Asia — a center of commerce for Indochina, a bastion of free expression and a home for refugees from neighboring countries, which for years Thais saw as war-ravaged basket cases.
But these days when Thais look to their neighbors, they feel envy, not pity.
To the west, there are signs of a blossoming democracy in Myanmar after the victory of the Nobel Peace laureate Daw Aung San Suu Kyi over the military establishment that oppressed her for years. To the east the economies of Laos, Cambodia and Vietnam are showing signs of vigor and luring foreign investors away from Thailand.
“We are moving backward, and they are running ahead of us,” said Samorn Thurapan, a 51-year-old noodle seller who roams the streets of Bangkok on a motor scooter attached to a food cart.
A popular Thai radio host recently told his listeners that the only way to feel better about the country was to leave it. Take a vacation abroad, said Vera Theerapat, the host. タイの人気ラジオ・パーソナリティは気分がよくなる唯一の方法は外国へ行くだけと公言した。
Mr. Vera said he sought “sage advice” about the country’s straits from the smartest people he knew. “They all shake their heads,” he said.

“I am not sure if I can take it any more,” he said on his program, adding that he was considering emigrating.

By no means is Thailand lifeless. The wealthy parts of Bangkok, including the main shopping and business districts, are still jammed, with Thais and tourists. The well-heeled and well-entrenched elites are insulated from the downturn and on some nights still fill restaurants with laughter and cheer. But gone is the notion of a Teflon Thailand, the country that could continue to prosper despite political dysfunction.  富裕層とツーリスト以外は不景気に苦しんでいる。
The deputy prime minister, a marketing specialist appointed by the junta in August as part of an effort to revive the economy, acknowledges the country’s sour mood.
“People feel dismal,” the minister, Somkid Jatusripitak, said at a conference this month. He compared the country to “a sick person standing in a cold wind.”
Thailand’s malaise set in after nearly a decade of political turmoil. In late 2013, a protest movement led by the country’s elites took to the streets to demand the suspension of electoral democracy. The military obliged, taking power from an elected government in May 2014.
Immediately after the coup, Thais of various political persuasions said they felt a sense of relief that months of protests and street violence were over.
But military rule now seems indefinite and the army seems mostly preoccupied by its critics, detaining professors, politicians, journalists and students and subjecting them to what the junta calls “attitude adjustment,” which often entails signing an agreement that allows the military to seize assets if the detainee criticizes the junta.
The leader of the junta, Gen. Prayuth Chan-ocha, stunned many Thais when he said in a nationally televised address in October that he might be forced to “close the country.” He retracted the comment after an outcry by Thais and puzzlement by foreign businesses.

Around the same time, the Thai news media reported that the government had approved plans to route all Internet traffic in and out of the country through a “single gateway,” effectively giving the military government control over the flow. After another outcry, the junta played down the plan, but it has not rescinded it.
On social media, Thais lament that the country feels directionless. But privately they also report being fearful. At least three people arrested on the criminal charge of insulting the monarchy have died in custody since the junta came to power. The government has given only oblique accounts of these deaths, saying the men died from suicide or illness. In each case, the body was cremated before an inquest could take place.
Some of those who died had connections to Crown Prince Vajiralongkorn, who is much less popular than his father, the ailing king. The mysterious deaths have only added to apprehensions about the looming succession.
Thais are also increasingly fearful of crime. Military rule has somewhat paradoxically coincided with a surge in thefts, burglaries and robberies. The national police recorded more than 75,557 thefts and other property crimes in the fiscal year that ended in September, 63 percent higher than the previous year.
Violent crime was up 17 percent during the same period.
Samorn Thurapan, the noodle seller, says the bad economy has made people more hot-tempered. “People are quick to start fights,” he said. “Buddhist teachings are not restraining them anymore. The bad economy has turned everything upside down.”
The economy more than perhaps anything else is a daily preoccupation, especially among the traders and unregistered workers, a group that economists call the “informal” sector and that makes up two-thirds of the work force. At the fruit and vegetable market, vendors say their customers are not in the mood to spend anymore.

“This is the topic we discuss every morning — how things are so bad,” said Rasami Sidamat, 49, who sells green papaya salad and grilled chicken. “It’s terrible, terrible, terrible.”
Loan sharks charging interest rates of 20 percent a month walk through the market each morning to collect debts.
Yet even the loan sharks are complaining. One, who gave his name as K. Singh, said the poor economy meant people borrow and cannot pay back.
“They close their shops and say bye-bye,” he said. “And we are never able to find them.”
In a wholesale clothing district of Bangkok, many shops are for sale or going out of business, says Thongyoy Phaesuwan, 29, the owner of a clothing business. Her buyers have become cautious and frugal.
“It’s as if people are swarming to eat the tiny bits of meat left on a fish bone,” she said. “It used to be a big fish, but today there are only scraps left.”
The military has been focused on bringing order to a famously disordered society. But Ms. Thongyoy faults the junta for its management of the economy.
“I am not dreaming about an ideal government,” she said. “We just want to survive.”


「プレーボーイ」王子様はどうやら軍事政権の傀儡となりそう。自由ランドと呼ばれたタイに早く復活してほしいのだが、しばらくはだめみたいだ。残念である。株も全体相場はまだまだ調整が長引きそうな雰囲気がする。輸出だけでもっているようなもの。






アマタVN(AMATAV)

アマタVN(AMATAV)のIPO価格は7.5バーツで、11/30~12/2に実施する。上場日は12/16。
調達資金でサイゴン近郊ドンナイ省「アマタシティ・ロンタン」を開発する。第1期が2017年までに完成、第2期では住宅なども開発する計画で、総額93億バーツを投資する。


Amata VN to distribute IPO shares 28 Nov 2015 at 02:03
Amata VN Plc, a subsidiary of SET-listed Amata Corporation, Thailand's biggest industrial estate developer, will distribute its initial public offering shares next week.
The company plans to offer 166.37 million IPO shares at a par value of 50 satang each.RHB Securities (Thailand) is the financial adviser, with Siam Commercial Bank as the underwriter. The IPO price is 7.50 baht, a discount of roughly 25% to fair value.
After the distribution, the company expects its shares to trade on the Stock Exchange of Thailand from Dec 16.

Proceeds from the IPO will be used for expansion of the Amata City Long Tanh Industrial Estate in Dong Nai, Vietnam, east of Ho Chi Minh City, said Amata VN chief executive Somhatai Panichewa.
Amata VN is a holding company involved in industrial estates and related business in Vietnam.
It has done business in Vietnam for nearly 20 years and was the first foreign-based company to invest in industrial estates in the country.
Amata VN developed 4,375 rai for Amata City Bien Hoa Co, near Ho Chi Minh City, of which 80% of the land has been occupied and the rest is expected to be leased within the next four years.
The company has set a sales target of 125 rai a year and expects 25% annual growth.
Amata VN has about 12,000 rai of land in Bien Hoa and Long Tanh.
Among investors in the estates, 48% are Japanese and the rest are from Taiwan, South Korea, the US and Europe.
Ms Somhatai rates investment sentiment in Vietnam as positive at the moment with continued growth among the highest in Asia.
"The funding from the IPO will strengthen the company’s financial position, enabling us to expand business to serve growth in the region at a reasonable cost,” she said.
The company is also considering selling factory assets spanning 100,000 square metres to the Amata Summit Growth Freehold and Leasehold Real Estate Investment Trust (AMATAR).
That process is expected to conclude within a year.




スーパーモデル御用達のマンポウ。海外で評価高いです。

S&P500チャート

S&P500とそのMA200日。




豪州ドル

豪州ドルは反発しているが、再度下落するだろう。いずれ、リーマンショック時のような大幅安となろう

(対円豪州ドルチャート)




三島は日本民族の「預言者」である。

セイコーSEMO、モンスター限定版各種

グリーン・ゴールドSUMO


ホワイトSUMO


イエローSUMO


スノーモンスター


限定モンスター





「放送法遵守を求める視聴者の会」

マスコミは70年の間に反日に支配された。国民が受信料を支払っているNHKの正体は反日だ。
もはや、普通の日本人はマスゴミと呼ぶ。特に、この20年間での偏向ぶりは凄まじい。


「日本のテレビ局は傲慢」ケント・ギルバートさんら、TV報道を猛烈批判 2015.11.26 19:33
 「日本のテレビ局の態度は傲慢に見える」「放送局自体が活動家のようになっているように見える」-。
 26日に開かれた「放送法遵守を求める視聴者の会」の記者会見では、呼びかけ人の一人、ケント・ギルバートさんがそう訴えるなど、出席者から日本のテレビ報道全体への疑問が相次いだ。
 「(報道機関には)政府を監視し、指摘すべきところは指摘する役割がある。でも、放送局の傲慢な態度は、非常に許し難い。特に安保法制について言うなら、(テレビ報道は)極めて幼稚なプロパガンダを繰り広げ、実に醜かった」
 ギルバートさんは会見で、安保法制への反対意見の紹介に時間の大半を費やしたテレビ局の姿勢を厳しく批判。「日本の放送局と新聞社は分離すべきだ」とも訴えた。
 放送法第4条は、番組編集に当たり、「政治的に公平であること」や「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」をテレビ局に求めている。代表呼びかけ人で作曲家のすぎやまこういちさんは「地上波の放送局は準独占企業体といってもいい。だからこそ、政治的に公平でなければならない」と訴えた。
 会見では、呼びかけ人の一人で文芸評論家の小川榮太郎さんが代表理事を務める一般社団法人「日本平和学研究所」が、安保審議を取り上げたNHKと民放計6局の報道番組(9月14~18日)に関する調査結果を公表。調査では、複数の調査員が、番組内の街頭インタビューやコメンテーターらの発言を、安保法制への「賛成」「反対」の2つに分類した。
 その結果、テレビ朝日系「報道ステーション」(対象4651秒)では、反対意見の紹介時間が95%と圧倒的多数を占めたほか、日本テレビ系「NEWS ZERO」(1259秒)やTBS系「NEWS23」(4109秒)も反対が90%以上に上った。フジテレビ系「明日のニュース」(332秒)は反対78%、NHK「ニュースウオッチ9」(980秒)でも反対が68%、賛成が32%にとどまったという。
 小川さんは「検証を進めると、印象として言われる『偏向報道』という言葉では手ぬるい、違法的な状況が蔓延している。メディアは本来、さまざまな見解を伝え、事実と国民を媒介するものではないか」と指摘した。
 その上で、「強調したいのは、(保守派論客と呼ばれる)呼びかけ人の政治的見解を報じてほしくて会を始めたのではない、ということ。逆に、われわれの主張を全テレビ局が90%、賛成したり称賛したりするような状況は異常だ」と主張。「しかし、90%以上が政府や法案をあの手この手で叩き続けるのも異常だ。むしろ、国民の判断を奪う政治宣伝のレベルに達している。この現状は、政治的立場を超えて、誰もが問題視せざるをえない状況ではないか」と訴えた。
 また、経済評論家の上念司さんは「電波帯域は国民の有限な資源。入れる事業者が限られ、許認可制になっている」と説明。TBS系「NEWS23」での岸井成格氏の発言を「アンカーを『審査員』とするなら、審査員としてあるまじきコメント」と強調した。同会では今後、放送法第4条の周知キャンペーンのほか、主な報道番組の検証や監視を進めるという。
 一方、同会から公開質問状を送られたTBS広報部は「特段、コメントすることはありません」としている。

「信じられネー!あとひと月で2015年が終わる」に際して

独裁国家は五輪開催国になって、ほぼ10年後に崩壊するという法則(ジンクス)があります。

1936年/ベルリンオリンピック ⇒1945年/ナチスドイツ崩壊
1980年/モスクワオリンピック ⇒1991年/ソビエト連邦解体
1984年/サラエボオリンピック ⇒1991-92年/ユーゴスラビア連邦崩壊


北京オリンピックは2008年開催だから、2018年前後が期限となる。あと3年程度の辛抱だ。但し、過去の事例では、独裁国家は滅ぶ前に戦争を引き起こしている(第二次世界大戦、アフガン侵攻)ので要注意

追加で、イギリスは1908年のロンドンオリンピック開催(1回目)後、1914~18年の第一次世界大戦で決定的に衰退し、世界の覇権は米国に移動した。イギリスの「ノブレスオブリージェ」があったオックスブリッジの学生らが勇敢に戦い死んだのは悲劇だった。小国の例では、1988年のソウル五輪後、韓国はアジア通貨危機(1997年)でIMF支配下に入った。

ということは、「日本が2020年に東京五輪をやれば、2030年前後には日本は崩壊」です。それは困ってしまいますが、今の膠着した日本をみていれば十分ありえる話だと思っています。新幹線も道路工事もトンネル工事もやらなければ、技術は消えます。公共投資もたったの3兆円、消費税で何度も失敗しているのにまた消費増税やろうとしている財務省の責任は重い。
組織として機能していなんじゃないか。「年金」を国民から詐欺っただけでは足りないようです(積み立て式がいつのまにか賦課式になり、将来は税金が注入されるでしょう)。
また、外務省はまったく脳なしの「お花畑」。潜水艦のセールスマンやる位しか「脳」はありません。潜水艦は豪州に売らないほうが良いですね。軍事機密を漏らして国益を損じるなといいたい。米国は日本に戦闘機の技術情報をすべて開示しているわけではありません。外務省は戦略的な頭脳がないので「何もしないでくれ」というのが国民の声だと思います。とはいえ、彼らはやりたがるのでNINJA300は日本に対して長期で弱気の見方をしています。処女はなんでもやりたがるもので、レベルは同一です。

また、五輪は4年に一度ですが、通常、米国株は3-4年に一度大きな調整をしてきました。今回はそれが6年続いています。
つまり、調整の規模が二倍になるのではとの危惧がわたしにはあります。なお、わたしは、米株については「目先は強気」、「中期はダメ」、「長期はモチアイ」との見立てです。
「お金を刷れば、景気がよくなる」というのは大きな誤りです。お金を刷れば、「株価」は上昇しても「景気」は上昇しません。ここをかなりの数の人が履き違えていると思われます。お金を刷れば貧富差は拡大するのは当たり前。それ位ならば、公共投資せよと思いますが、財務省が邪魔をします。そして紙幣増発で株価が上昇するのにも限度があります。若し無いのならば、1929年の暗黒の木曜日以降の大不況(大恐慌)も、日本のバブル後25年不況(失われた25年)もなかったでしょう。

世界の株価は「大波乱期」に入るとNINJA300は感じていて、そのなかでどうやって財産保全をするか、そしてこの状況をジェシー・リバモアのように活用できるかを考えています。








ラチャブリ電力(RATCH)

ラチャブリ電力(RATCH)は同社が99%出資のトライエネルギー発電所からミャンマーに売電する方針を発表した。同発電所の出力は700MWで、タイ発電公社(EGAT)との20年間の電力売買契約が5年後に切れる。EGATに契約の5年延長を要請するが、受け入れられなければミャンマーに売電する方針だという。
ミャンマーでは電力需要が高まり、供給不足が続いている。一方、タイでは2019~24年で電力供給余力予備率が36~39%(通常適正水準は15%)に達するという。



タイからミャンマーへ輸出するものは山ほどあるだろうが、その逆が石油・天然ガス以外にはない。天然資源に代わる輸出品目が無いうちはミャンマーは貿易赤字で、チャットは安くなり続けそうだ。特に、今後数年はミャンマーの設備輸入は膨大となろう。まだまだ先の先の国である。

RATCHの配当利回りは現在4.4%程度だが、PERは30倍と割高。突っ込みがあれば長期で買い位のスタンス。



SET市場見通しは悪し

タイ景気は低迷し、一次産品価格の下落でタイ国民の購買力は低下、インラックの自動車初購入時支援策の「宴のあと」の家計膨張でバランスシート調整に突入、軍事政権は表現の自由を圧殺、新国王予定の王子様の国民人気はまったく無い。景気は外需頼りといったところ。
金利は継続的に低下しているが、タイ株式の相場環境は良くない。国債発行残のGDP比は45.7%(日本は230%)。家計債務のGDO比は69.7%(日本は65.9%)。

NINJA300の懸念は、最近の軍事政権下の表現の自由が大きく損なわれていることだ。また、王子様派は次期国王の地位を確保したものの、タイ国民の求心力である王室権威は低下しており、そこをシナに狙われて「ネパール化」しやしないかというのが最大懸念。今後数年は大きな相場はないのではと感じる。底練りを予想。

10月の国内自動車生産:前年同月比3.5%増(4ヶ月連続プラス)
・乗用車:8.5%減
・トラック:11.9%増
・バス:29%減
・輸出:3.7%増
・国内:3.3%減
1~10月累計
・累計生産台数:1.8%増。輸出向けが63.8%。





元TBSアナウンサー鈴木史朗氏(プレビュー版)

元TBSアナウンサー鈴木史朗氏
「南京戦直後から中国に7年滞在したが、大虐殺なんて一度も聞いた事がない。日本兵は感謝されていた」


第79回 - 鈴木史朗・アナウンサー(プレビュー版)




脳関連の本は早めに読んでおいた方がいい。この本は脳関連の最新版といえるのでご推奨します。

倉田満峰作 いろは毛(うぶ毛)抜き(9...

倉田満峰作 いろは毛(うぶ毛)抜き(9...
価格:10,800円(税込、送料込)


世界最高の毛抜きです。

素人投資家のミス

損キリは早く、利食いはジックリ

底値で買ったはずが大損!投資家が陥る心理のワナとは?
 2015年の春、東京都内の通信会社で働く38歳の山本浩さん(仮名)は、得意げな口調で、こう話していた。「投資は簡単です。歴史的な底値で買って、周囲が投資に関心を持ち始めたら売る。これだけです」。
 山本さんは株価が低迷した2000年代、投資をしようか迷い、結局乗れなかったことを後悔していた。「だから、リーマンショック後には迷わず大量のETF(上場投資信託)を買いましたね」。
 なんと山本さんは、資金の1500万円全てを株価指数連動型のETFにつぎ込んだ。数年間保有し、14年に全てを売却。利益はなんと1000万円を超えた。
 だが、この秋に再び会ってみると、なにやら表情がさえない。
14年に全てのETFを売却した後、日経平均株価が再び1万円を切るまでは投資はしないと決めていた山本さんだが、8月以降の株価急落を見て、居ても立ってもいられなくなってしまったという。
 個人投資家が「日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」(日経レバ)でかなりもうけていると聞いて、がぜん興味が湧いてきたのだ。
 日経レバは日経平均の2倍の値動きに連動するよう設計されているETFだ。日経平均が下落しているときに買って、反発したときに売れば大きく稼ぐことができる。
 ところが、8月に底値とみて大量に日経レバを購入したところ、そこからさらに相場が下落したのが大きな誤算だった。
 目先のもうけ話に目がくらんで、自分を見失ってしまった山本さん。代償は大きく、100万円ほど損失が出てしまった。怖くなった山本さんは現在、300万~400万円のみを運用しているが、それでも、取材時には十数万円の含み損があり、「投資はしばらくお預けにするかもしれない」とつぶやいた。

行動経済学で解き明かす投資家が陥りやすいワナ
 山本さんのような「負け組」の投資家が現れるのは、今回の乱高下が特別だったからではない。投資家は常に、同じような失敗を繰り返しているのである。その失敗を行動経済学の視点から検証し、アドバイスしているのが、経済コラムニストの大江英樹さんだ。
「底値だと思って買ったらもっと下がった」という山本さんの行動は、行動経済学的に分析すると、「現状維持バイアス」のわなに陥っている。これは、特に根拠がないにもかかわらず、今と同じ状況が続いていくと思い込んでしまうこと。
 株価の上昇が続いているときに、それがずっと続くと思い込み、資金をどんどん投入し、最後に急落した際に大損するような場合だ。
株価が下落して含み損が拡大しているのに、含み損が小さくなることを期待して損切りせず、保有し続けてしまう。誰しも身に覚えがあるのではないだろうか。
 これは、プロスペクト理論の「損失回避」という心理状態。投資家が最も陥りやすいわなの一つだ。この考え方によると、損した金額ともうかった金額がたとえ同じ場合でも、損した悔しさの方がもうかったうれしさよりも2倍大きいという。
それ故に、利益が出ている局面ではそのもうけを確実なものにしたいという欲求が強く、逆に損をしているときには、何とかその損をなくしたいという気持ちから賭けに出たがる。

最新決算から選び抜いた買っていい株・いけない株
『週刊ダイヤモンド』2015年11月28日号は、「上場1500社の正しい株価」です。乱高下相場では、時として株価はマクロ環境や企業業績とは乖離して動きます。株価が急落したのであわてて保有株を投げ売りしたら、その後しばらくして株価が元に戻って後悔した、という人も少なくないでしょう。
 こうした「狼狽売り」を避けるには、その銘柄の正しい価値を知っておく必要があります。そこで本特集では、最新決算を基に、上場1500社の「正しい株価」(=理論株価)を算出しました。
 理論株価とは、企業の現在の利益水準が生み出す価値と、株式市場がその企業に期待している将来の成長分の価値を合計して算出したものです。これから買おうと思っている銘柄、すでに保有している銘柄の「正しい株価」をぜひチェックしてみてください。
 さらに、理論株価と業績を基に、「買っていい株」「買ってはいけない株」も選び出しました。お宝銘柄満載の「狙い目の中小型株」と合わせて、銘柄選びの参考にしていただければ幸いです。
 専門家に聞いた2016年末までの相場見通しによれば、日経平均株価は16年5~6月にかけて最高値をつけそうです。企業業績の拡大が続くこと、参院選前の景気対策が見込まれることなどが理由です。
 郵政3社の上場で、相場は足下ではやや落ち着きを取り戻した感があります。大荒れ相場で様子見をしていた方も、新たに投資を始めようと思っている方も、ぜひ本特集をお役立てください。


どこにでもありそうな記事だが、「原則は原則」としてアップした。
一番、使いにくい指標は「高すぎる、安すぎる」だと思う。使えないのだが、同時に目を離せない。




「傾城」のソニー創業者長男

本日は、逆・著名投資家。ソニーの創業者長男のエントリー。
ソニー創業者長男の盛田英夫は現在ほぼスッカンピンらしい。家賃もカード代金も支払えない状況だそう。何をやっとんのか!、と父親でなくても頭をどつきたくなる。

ソニー創業者長男が不適切融資2億円超 会長の食品企業 2015年11月11日
 ソニー創業者の故盛田昭夫氏の長男盛田英夫氏が、会長を務める食品企業ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA、大阪市)で不適切な融資にかかわったことがわかった。9月末時点の残高で約2億3千万円に及ぶ。同社が弁護士らによる調査委員会を設けており、盛田氏は会長を辞任する意向という。
 JFLAが、盛田氏の不適切な行為の調査報告として公表した。監査法人から不適切な会計を7月に指摘され、今月6日に予定していた2015年9月期決算の発表も延期している。
 調査委員会の報告書によると、JFLAは盛田氏が実質支配する飲食店運営会社に対し、9月末時点で約2億3千万円を貸している。飲食店運営会社は事業売却で3億円以上のお金を得たものの、その返済資金を盛田氏の意向で盛田氏関連の別会社に貸し付けた。
 JFLAは資金回収できないままとなっており、盛田氏の行為は「債権を回収不能にして同社の利益を犠牲にしている」として、取締役の払うべき注意義務に違反しているという。
 また、盛田氏はJFLAから貸与されたカードで、昨年4月~今年3月の1年間に新幹線回数券を計約236万円分買った。回数券を業務でどう使ったかなどの十分な説明がなく、経費処理に疑問が生じている。
 調査委員会はほかにも不適切な問題がないかを追加で調べている。盛田氏は追加調査の結果を受けて会長職を辞任する意向で、不適切と指摘された新幹線回数券の費用も返すという。
 JFLAの広報担当者は「調査結果を厳粛に受け止めている。再発を防止したい」という。朝日新聞は同社を通じて盛田氏側のコメントも求めたが、同社は「個別の取材に応じていない」としている。


バカ息子といえば、日本で大王製紙の井川元会長、シナでは胡錦濤の番頭・令計画の息子などが有名。ちょっと可哀相だが、大人気(1972年から5年位活動)だった天地真理は「手元にあるお金はすべて浪費する病気」だそうで、現在は川崎の老人ホーム。若い頃に、ちゃんと金銭に対する躾・感覚が磨かれていればと思う。すべて、一種の精神病だろう。過去の自分が忘れられず、環境の変化に対応(adopt)できないのだ。進化プロセスでもっとも大事なのは、環境への対応能力である。




タイは「自動車」「資源」が悪し

SETは20日、第3Qの上場企業の純利益が前年同期比87%減の計270億4000万バーツになったと発表した。四半期ベースでは、原油価格が大幅下落した昨年第4Qの計636億6000万バーツを大幅に下回り、2011年以降では最低となった。SETによれば、原油価格の低迷、シナ景気減速で、資源開発や輸出関連企業の業績が悪化しているという。
年初から9月末では、売上高計が10%減の7兆6300億バーツ、純利益が26%減の4602億4000万バーツだった。

SET上場銘柄数は現在553社、521社が期日までに決算書を提出した。うち80%相当の416社が黒字だった。セクター別では、自動車など「工業」の年初から9月末までの純利益が前年同期比134%減、「資源」が82%減、銀行・保険・証券など「金融」は1.4%減だった。

今のタイは相対的に良くない。現状では、タイ株で儲けようとするよりも、損をしないディフェンシブなポートフォリオを組成することをお勧めする。




The Future of the Chinese Yuan: An Interview with Commentator and China Watcher Masahiro Miyazaki

記録しておきます。

The Future of the Chinese Yuan: An Interview with Commentator and China Watcher Masahiro Miyazaki
As China asserts its presence in the world economy, what are the true intentions behind the AIIB (Asian Infrastructure Investment Bank)?
In the featured article “In 2023, Xi Jinping Will Rule The World” of the July issue of The Liberty magazine now on sale in bookstores around Japan, we interviewed Masahiro Miyazaki, a renowned China watcher who has travelled through all 33 provincial regions of China. This article presents in two sections, inside information on China that could not be published earlier due to space restrictions. Part 1 is on the strength of the Chinese Yuan.

What China Is Doing To Achieve Their Aim Of Economic Hegemony
Q. What strategies do you think China will employ in order to strengthen their economic hegemony?

Miyazaki (M): Up until now, China has been expanding the influence of the Chinese Yuan. For instance, Laos, Cambodia, and northern Myanmar are all regions using the Chinese Yuan. Even in Japan and Taiwan, converting currency to Yuan can easily be done, and European duty-free shops accept payments in Chinese Yuan. Another thing China is doing is to increase the countries associated with the Central bank currency swap, which allows for local currencies to be used for payments on trade up to a particular amount where USD are usually required.

Q. Does this mean that China is aiming to make settlements of strategic resources, such as oil, with the Chinese Yuan?

M: That may be their ultimate goal, but they won’t be undertaking such large-scale transactions for now. They are, however, doing a lot of trade with Russia. China has much to offer Russia, and China needs to buy weaponry from Russia, so a currency swap is viable.
On the other hand, Brazil for instance, has had a sudden decrease in demand for iron ore, so they have nothing to buy from China. They are buying instant noodles and clothing from China, but they need to protect their own textile industry, so they can only import so much. In this case, the amount of trade doesn’t increase, so it doesn’t contribute to the expansion of the Yuan’s influence.

The Chinese Yuan Will Collapse If It Adopts a Floating Exchange Rate
Q. China is currently pegging the Yuan to a basket of currencies instead of using a floating exchange rate. Do you think China will convert to a floating exchange rate system any time soon?

M: China wants the Yuan to become accepted as a major currency, and to achieve this, they want the Yuan to be included in the Special Drawing Rights, which is maintained by the International Monetary Fund (IMF) and consists of USD, Pounds and Euros. But the IMF prerequisite for the Yuan to be considered is that it has to use a floating exchange rate system. If it does so, however, the Yuan will most likely collapse.
The strength of a currency is determined by the confidence that the world has toward that country, and this is decided by the country’s current account, government bond interest rate, and political stability. Currently, China’s current account is a surplus and the government seems to be politically stable. But the interest on 10-year government bonds is in excess of 3.6%, which shows the lack of confidence in the currency.
In addition, although China claims to have a currency basket system, in reality, the Yuan is pegged to the USD; so when the USD rises, so does the Yuan. That is why, although the true values of the Yuan is actually around 12 Japanese yen, the present exchange rate is 21 Japanese yen, inflating it by 75%. In this sort of situation, the Yuan will collapse if it converts to a floating exchange rate system.
A merit of the strong Yuan is that import costs of resources such as crude oil become cheaper. This also means that the strong Yuan is disadvantageous for exports, so China is resorting to artificially low-priced sales and “dumping” policies to increase exports.




「上場株式の相続時評価」改正を要望

「土地」の相続評価額は公示地価の80%程度で、「建物」は建築費の50~70%ほど。この評価額に税率をかけ、納税額が決まる。一方、価格変動の無い預貯金は100%。節税で預貯金を取り崩してマンションを購入する人が増えているのは、こうした背景がある。

それに対して、上場株は、価格変動があるのにもかかわわらず、死亡日の終値の100%が評価額。(2ヶ月前まで遡り、各月の平均値を出す特例もある)国税庁によると、2013年の相続財産額は12兆5326億円で、うち上場株は8777億円と全体の7%にとどまる。税負担が軽くなれば、わざわざ死亡前に子孫のために、タワーマンションを購入したり、田舎に文化住宅アパート建てたりせずとも「株式」のまま相続するという選択ができる。


「金融庁は、2016年度の税制改正で上場株式にかかる相続税の評価見直しを要求する。これまで時価の100%が評価額になっていたが、時価の70%に引き下げるのが柱。改正が認められれば、来年4月にも実現する公算がある。土地や建物に比べて相続時が高くなりがちな税制を改め、上場株式を相続しやすくする。」

少子高齢化で、1989年までは高度成長、それ以降は失われた25年と世代格差の大きい日本では、60歳以上の高齢者が日本の個人金融資産の60%以上を保有する。
株式を相続資産として保有する富裕層にはとても有利な税制改正である。また、この改正はマイナンバー制とパックのような気がする。株式市場にとっては、好需給要因であり、資本主義の「株式本位制」への移行傾向が強まる。要するに、貧富差がさらに広がるということである。



アーモンドは身体に良いらしいので、食べています。さっきも食べました。良かったらどうぞ。

SFVSJPY

2015年初、スイス中銀は突如規制緩和を発表し、スイスフランが急騰し、最高値を記録したのは記憶に新しい。この突然の波乱の動きで大儲け人した大損した人、悲喜こもごもだった。しかし、現在は上げ幅の80%以上は戻している。相場とは恐ろしいものである。

(年初来チャート)


(10年チャート)



アーモンドを一日10個食べるとガン予防になる。

伊藤貫「アメリカが日本を守らない理由」

大変参考になるのでアップします。



・米国とシナはすでに戦争できない状況。
・アメリカの0.1%の金持ちが米国を支配。0.1%はシナで利益を得ている。
・2011年で東アジア、西太平洋でシナの軍事支出は米国を上回った。




「はすみとしこ」氏の作品

現実を鋭くえぐっていると思います。素晴らしい感覚です。







ついでに・・w



日本は300万人の「難民」を受け入れています。






白人の命>>>>セム人の命なのか?!

んなわけはないだろ?



フランスで起きたテロにだけ、騒ぐマスメディアと欧米人。秀逸な風刺画である。




「北の湖」死去

横綱は色々と試してみたいんだろうが、様式美を大切にする北の湖理事長は批判的だ。NINJA300はよくわからない。

白鵬、2度「猫だまし」に北の湖理事長が激怒「前代未聞。考えられない」 2015年11月18日6時0分 スポーツ報知
 全勝で単独トップを走る西横綱・白鵬が前代未聞の行動に出た。東関脇・栃煌山との一番で「猫だまし」の奇襲に出て寄り切った。白鵬は「とっさではない」と狙っていたと説明。史上最多35回の優勝を誇る大横綱のまさかの奇策に、北の湖理事長は「前代未聞。考えられない」と痛烈に批判した。
 勝負がつくと、うっすらと苦笑いを浮かべた白鵬。無傷10連勝も決め「今日はなにもしゃべらないよ。冗談、冗談」と上機嫌で支度部屋に戻ると暗に“計画的犯行”を認めながら、おもむろに手をたたき、再現をしながら得意げに話し始めた。
 だが、北の湖理事長は全力士の挑戦を正々堂々と受けて立つべき横綱らしからぬ相撲内容を痛烈に批判した。「考えられない。前代未聞じゃないの。歴代(の横綱)でもそんな人はいない」。土俵下の藤島審判長(元大関・武双山)も「まさか、という感じですね」と驚きを隠せなかった。
 前兆はあった。この日の朝稽古では仕切り線から大きく下がった所で仕切り、胸を出した幕下力士を困惑させた。その後の報道陣とのやりとりの中でも、「立ち合いの時はどこまで横にズレて仕切っていいのかな」と冗談交じりに話すなど、奇策に興味を示していた。
 横綱昇進後初めてとなる休場明けの今場所。力士人生15年目で初の「猫だまし」ややぐら投げを繰り出すなど「楽しんでますよ」と気負いもなく順調に白星を積み重ねている。理事長の厳しい見解を報道陣から問われると「また変な質問だね」と不敵な笑みを浮かべながら制した横綱。「白鵬劇場」はいつまでも続きそうだ。(安藤 宏太)

 ◆猫だまし 主に小兵が大型力士に繰り出す奇襲戦法。相手の顔の前で両手をパチンと打ち、動揺させて有利な形へ持ち込むのが目的。神経過敏な猫を驚かせる例えから名称がついた。歴代横綱に対しては1962年九州場所で平幕の出羽錦が大鵬に、78年初場所で大関三重ノ海が北の湖に行った例があるが、ともに敗れた。平成以降では舞の海が数回用いた。







スイス時計の香港への輸出が39%減

香港はシンガポールと同じく「仲介貿易」都市だから、香港への輸出が減ったという意味は、「シナの需要」が減ったということだ。この減少は習の贅沢禁止令の影響だけではなくて、シナ景気減速と連動しているとみている。したがって、より大幅で長期的なものとなると予想する。

Swiss Watch Exports Slip 12% in October Nov 19, 2015 2:47 AM   By Rapaport News
Swiss watch exports fell 12.3 percent year on year to $2 billion (CHF 2 billion) in October as exports to Hong Kong, China and the U.S. fell. Wristwatch exports decreased by 13 percent to $1.9 billion, while other timepiece exports declined 4.4 percent to $119 million, according to figures provided by the Federation of the Swiss Watch Industry.
The poor result stems primarily from an acute contraction of the main markets of Asia and the United States, the Federation said.
All major categories of watches fell in value terms during the month. The largest drop in exports occurred in watches made from gold and steel, which slid 22 percent to $260 million. The second-largest drop occurred in precious-metal watches, which decreased 12 percent to $704 million, while exports of steel watches also fell 12 percent to $725 million.
By volume, the decline in Swiss wrist-watch exports was gentler, falling 9 percent to 2.6 million units during October. Precious-metal and steel watches experienced declining export volume, while gold-steel watches rose 16 percent to 136.9 million units, and other metals increased 1 percent to 319 million.
Exports to key consumer markets dropped substantially, with sales to Hong Kong down 39 percent to $258 million, exports to the U.S. down 12 percent to $232 million and sales to China declining 5 percent to $120 million. Exports to Italy and Germany both dropped, by 4 percent and 5 percent respectively.
Hong Kong registered its severest setback of the year and continued its downward spiral. The United States also lost ground following what was already a poor September. "These two consecutive months of decline brought to an abrupt halt the steady growth that had prevailed," the Federation statement noted.
By price point, exports of luxury Swiss watches worth $3,100 (CHF 3,000) or more declined 14 percent, while exports of Swiss watches priced between $492 (CHF 500) and $3,100 declined 7 percent.


スイスの腕時計のなかでも特に、3100米ドル以上の価格帯の商品輸出が14%減、492~3100米ドルの間の価格帯の商品は7%減に止まった。
今の時代は3100米ドル超の価格帯の腕時計は中位程度だから、統計としては高価格帯の販売状況をもっと詳しくしりたいものだ。スイス時計はカルテルで高く販売する保守的体質のため、なかなか柔軟性のある統計にはならないだろうが。





ジム・ロジャーズ「もしも私が今、30代の日本人だったら」 

参考までに記録。内容は乏しい。

ジム・ロジャーズ「もしも私が今、30代の日本人だったら」 PRESIDENT 2015年11月2日号

未曾有の大不況が近づいている!
中国株の暴落をきっかけに世界の市場が混乱しました。中国だけでなく、どの国もかつてないほどに借金を積み上げており、リスクは世界中に存在します。私は、世界経済はこの先、1~2年後に失速し、過去の不況よりもずっと深刻な状態に陥ると考えていますが、現在の貿易の減少はその兆候のひとつです。モノが売れないのは人々の暮らしが豊かではないから。金回りがいいのは、金融で儲けた人だけです。
そのうち各国の中央銀行が弱気になり、市場を救おうとするので、安心感から相場が上向くでしょう。しかし、資金の流れを人為的につくりだしているだけなので必ず失速します。そうなると株価はさらに大きく下落するので代償が大きくなる。未曾有の大不況に突入するのです。

商品市場も過去1~2年でかなり下落していますが、原油安が一因です。イランとロシアに圧力をかけるために、サウジアラビアは米国に説得されて増産を続け、原油価格が下がった。サウジアラビアがこれに応じたのは、シェール石油の台頭を阻止するという目的があったからです。原油安はしばらく続くと私は予想していますが、現在の水準ではシェール石油企業は儲かりません。ですから、シェール石油が大幅に減産されれば、原油価格はそのタイミングで底を打って上昇するでしょう。農産物をはじめ、ほとんどの商品が現在底値に近いので、将来は上がります。

日本では都心の地価が高騰していますが、1989年とは違ってまだバブルではありません。安倍政権は自国通貨の価値を下げるという間違った政策を続けていますが、そうすると人々は実物資産にすがるようになる。昔からその典型が不動産で、金利が低いときほどそうなります。

株式については、現在の日経平均株価は過去の最高値の半分くらいですから、まだ高水準ではありません。安倍さんがどんどん紙幣を刷っていますから、長期的に見れば借金が増えるだけなので日本にとっては悪いことですが、投資家にとっては好機が見込めます。

年内に日経平均株価が3万円を超えることはないと思いますが、日銀が非常に弱気になり、さらに紙幣を刷って市場浮揚策を打ち出すことは予想できます。安倍政権は投資を促すために税優遇策を実施し、年金基金に株式への投資を促しています。株式投資の初心者は知名度のある企業、つまり優良銘柄からスタートしますから、今後も日本の株式市場では、優良銘柄がベストな選択肢であるという状況が続くでしょう。

たとえ世界中の市場が崩壊しても、私は日本、そして中国とロシアの市場を選びます。この3つは、ほかの国よりも影響が小さいだろうと思うからです。中国株は最高値の半分以下になっています。ロシア株は世界の投資家から敬遠されていますが、安いですし、国は豊富な資源を持っている。政府は外国からの投資を促すために企業統治の改善などの法整備を進めています。資本や投資家を破滅させてばかりではダメだということに、彼らも気づいたのです。今では外国人と組んで投資を行っていますよ。原油価格の下落によってロシアの景気は悪化していますが、私は現在ロシア株を保有しているし、今後も好機が来れば買い増しするかもしれない。
米国市場のほうがよさそうに見えるかもしれませんが、ほとんど調整されずに約6年間も上げ相場が続いている。これは異常です。

家と保険を買ったら何に金をかけるべきか
このような時代に、豊かで幸せな老後を迎えるためには、お金を貯めることが最優先です。その次に大切なことは、情熱を注げられるものを早いうちに見つけ、それを追求することです。たとえば庭師になりたかったら、周囲が反対してもなるべきです。腕が良ければ皇居の庭師に抜擢されるかもしれないし、全国にガーデニングショップを展開する経営者になって、会社を上場するかもしれません。好きなことを仕事にした人はたとえお金持ちになれなくても幸せなはずです。

30代の読者には、さらに住まいの所有を勧めます。家を持てば、この先住む場所の心配をしなくてすむし、持ち家は安定資産ですから、自分の身になにか起こったときに頼ることができます。同時に、万一に備えて生命保険などの各種保険に加入すべきです。こうして持ち家と保険を手にして初めて、他の方法による資産形成について学べるのです。

ただし、投資するなら自分がよくわかっているものを選ぶこと。他人が持ちかける耳寄りな話を鵜呑みにすると、おそらく損をします。車でもファッションでも、好きで詳しく知っている業界があれば、まずその業界への投資から始めるべきです。新商品の発売など新しい動きがあったら自分でリサーチをしてみて、うまくいきそうだと思えばその企業の株を買う。新商品の価値がどれくらい持続するか、競合他社はどう動くか、次の商品はいつ出るかなど、あなたのほうが私やウォール街の投資家よりもよく知っているでしょうから、売り時もわかるはずです。

すべての人に助言したいのは、海外にも資産を持つことです。日本は安泰であると信じたいでしょうが、いつなにが起きてもおかしくない。私は、「最悪の投資先のひとつ」と言われていた70年代の日本に投資して成功しました。旅行で行ったことがあるとか、親しみを持てるとか、どの国でもいいので海外での資産運用を検討してください。これこそが本当に自分を守るための保険であり、お金を増やす手段ですよ。


JRは道徳の先生みたいな当たり前な話ばかりしている気がする。そりゃー永遠に商品が上がるといっていれば数十年に一回位は当たるだろう。内容としては、「未曾有の不況が近づいている」ということ位。彼は日本、中国、ロシアをご推奨だが、NINJA300は米株が下がるときはすべての国の株価が下がるので、下がってから底値付近で買い付けるのが良いと思う。その場面では、米国、日本、ベトナム、タイ、シンガポールなどの大型優良株と思っている。年内3万円は2万円のミスプリではないか(笑)?


ベトナムは「金退蔵」で世界2位(3位???)らしい

ベトナムは自国通貨への信認が低い。
ベトナム通貨は「ドン」だが、歴史上何度も「戦争」を経験し、そして「インフレ」を経験してきたからだ。したがって、ベトナム人は昔から、「ドン」が溜まればその価値を維持するために、「米ドル」や「金」の形でホールドしようとする。いわゆる庶民の知恵である。現在もそうしている中産以上の人々は結構いるのではないだろうか。
よって、ベトナムには事実上3通貨、つまり「ドン」「米ドル」「金貨」が存在すると考えられよう。とても面倒くさいが、インフレは怖い。

こうした退蔵需要のため、ベトナムの金需要は高く、現在、インドに次いで世界で第2位の金大国だという。古い資料だが、2008年のGFMSの数字では、インドが約140トンの金退蔵に対して、ベトナムは96トンだという。但し、個人的には、表に出てこないシナの退蔵需要も相当なものだと想像している(シナの歴史は王朝交代の歴史である)ので、わたしの中では、インドが1位、シナが2位、ベトナムは3位と思っている。

ワールドゴールドカウンシル(WGC)は今年11月のレポートで、2015年7~9月期のベトナムの金需要が前年同期比5%減の15トンだったと報告した。また、宝飾需要は前年同期比31%増と好調、一方、金塊は同13%減の11.5トンと振るわなかった。

WGCによると、今年2015年のベトナムやインドネシア、韓国の宝飾需要は、金価格の低下で約2倍に伸びる見通し。金価格の低下が原因だろう。また、ベトナムの貴金属大手サイゴンジュエリー(SJC)の金価格は、1年で1オンス当たり200米ドルから100米ドルへ大幅下落した。大幅下落の理由はわからないが、金価格についていたプレミアムが剥がれた可能性もある。

ベトナムでは金退蔵(例えば、金の指輪を収集)の習慣のため、金需要は依然として大きい。2014年通年の宝飾需要(金指輪や金ネックレスは金装飾品であり、宝飾需要となる)は12.5トンだったのに対し、今年は9月末までですでに11.6トンに達している。
11月13日の金価格は、1テール(=1.2オンス)が買値3314万ドン、売値が3360万ドンで10月末から43万ドン値下がり、今年の最安値には届いていないが、金相場は下落傾向にある。

(18、19日の金価格の推移)


ベトナムの金価格は日中でも細かく動いている。また、タイのバートと同じくテール(1.2オンス)という独特の単位があり、日本人には分かりにくい。



金製品偽造被害が相次ぐ

景気後退のシナでは伝統的に金製品(金装飾品)の信用度が高い。植民地政策によるシナ人のASEANや米国などへの移動に伴ってこの伝統は世界各地に広がった。しかし、最近は金製品偽造が多発している。
理由は、ハイテクにより偽造品が精巧で通常の機器では発見が難しくなったこと、バブル崩壊でシナ人の頭が以前よりもさらに逝かれたことによる。
偽造品は金含有量は30~40%程度しかなく、比重の高いタングステン合金が使われる。詐欺師は売却時の手口も巧妙だ。何度も店を訪問して店主と信頼関係築いてから偽造品を持ち込む。まさに「クズ」である。
NINJA300はやっぱりフィジカルゴールドは止めて、金ETFにしようと思った。以下はネット上より、真贋見分け方のまとめ。

1. 刻印を確認
本物のプラチナ、ゴールド、シルバーのアクセサリーには地金に必ず刻印がある。キズが無く綺麗に彫られた刻印があれば、まず8割は本物。残りの2割は精巧に作られた偽物の可能性もある。※色が金色でも刻印が無ければメッキの可能性が高い。

【メッキを表す刻印】
GP・・・GOLD PLATED 金メッキ
GF・・・GOLD FILLED 金張り
GEP・・・GOLD ELECTRO PLATED 電気メッキ
HGE・・・HARD GOLD ELECTROPLATED 金メッキ
RGP・・・ROLLED GOLD PLATE 金張り

日本では18金は「K18」と刻印され、「18K」はほとんどが外国製。『あとK』と呼ばれ、K18より金の純度が低い場合がある。そのため、海外で買ったアクセサリーは買取価格が低くなる場合がある。

2. 比重を調べる
刻印が確認できない場合は計算式から比重を調べて判断する。
※K18という刻印なのに、ずしりと重い場合はタングステンの可能性がある。
※タングステンを使った偽物は比重が本物と変わらない精巧な偽物がある。

●プラチナの比重: 21.40
●24金の比重: 19.32
●18金の比重: 15.50
●シルバーの比重:10.53
●タングステンの比重: 19.30
●銅の比重: 8.93
●ニッケルの比重: 8.90

3. 磁石で反応するかを調べる
プラチナ、ゴールド、シルバーのリングに磁石をつけて反応があれば偽物。
プラチナ、ゴールド、シルバーは磁石に反応。偽物によく使用されるニッケルは磁石に反応。

4. 色で判断する
本物のプラチナは重厚な白色でやや黒味がある。ホワイトゴールドは黄色味、シルバーは
軽やかな白色。
※タングステンは元々白いシルバー色なのでK18ホワイトゴールドの偽物に使用される。
※本物のプラチナなどにロジウムメッキが施された場合は色による見分けは困難。

5. 手で触ってみる
ゴールド(金)は熱伝導率が高いので手に持った時に初めは冷たく感じてもすぐに温かく感じる。他の金属は冷たく感じる時間が長いので、本物のゴールド(金)との違いの判断材料になる。

確実なのは、金無垢(偽造の難しい「イエローゴールド」にすべき)ロレックスを購入すれば良いのではないかと思う。しかし、ロレックスはそれ独自の相場があるのでまたややこしい。NINJA300はロレックスを購入するなら、サブのノーデイトとヨットマスターと思っていたが、セミエビデーウォッチとしてサブノーデイト、プラス金無垢に変更した。なお、ロレックスは価格下落を予想している。理由はシナでの需給緩和。既に、日本の中古店は在庫増に陥っているのではないか。また、金の底値は900米ドル程度と思っている。




直近のEURO(対米ドル)の推移

EUROは1.07の節を抜けて下落した。いずれ1EURO=1米ドルになるでしょう。




「反米」すると、こうなる。

経済制裁、原油・天然ガス安、航空機爆発、ドーピング問題で追い詰められるロシアはマイナス成長でインフレ率は年率15%、通貨ルーブルは半値以下に急落している。

ロシアGDP、3四半期連続のマイナス成長 制裁など響く 2015.11.15 Sun posted at 14:51 JST
ロンドン(CNNMoney) ロシア政府は15日までに、今年7~9月期(第3四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期比で4.1%減少したと報告した。3四半期連続のマイナス成長で、同国経済が深刻な後退局面にあることを改めて示した。
ただ、今年第2四半期の4.6%減と比べ、下げ幅は改善しており、最悪の不況期は脱したとの見方もエコノミストの間に出ている。第3四半期の改善は製造業の盛り返しが要因とも見ている。
ロシア経済は2014年以来、ウクライナ危機などに伴う欧米諸国の経済制裁発動や原油価格の低下に伴って悪化した。ロシアのメドベージェフ首相は今年4月、経済制裁の影響で同国は1000億米ドルを超える損失を被るとの推定数字も明らかにしていた。
ロシアが主要な歳入減としている原油価格は昨年半ば以降、60%も急落。自国通貨ルーブルもドルに対し暴落しており、同年初期以降、半値の水準となっている。インフレ率も急騰した。
国際通貨基金(IMF)はロシアのGDPは今年通年で3.8%のマイナス成長になると予測。来年は0.6%縮小するとも予想している。インフレ率については今年が15%増、来年は平均で8.6%増とし、国民の家計に打撃を与えると見ている。


(対米ドルのルーブル相場、直近5年)


(RTSI指数)


アメリカ以外のすべての国がアメリカに戦争を仕掛けてもアメリカは勝つだろう。アメリカの軍事力は凄まじい。冷徹な現実である。



VWグループ。不正影響が本格化

VWグループの世界販売台数(10月)は前年同月比3.5%減。9月は1.5%減だった。
・欧州では、1.5%減。9月は3.8%増だった。
・南米が38.1%減
・ロシアは31%減。
・最大市場のシナが1.6%増に止まる。
・米国は5.7%増。

・ブランド別では「VW」が5.3%減で最も落ち込みが激しかった。高級車「アウディ」は2.0%増。

VWグループの不正事件だけではないVWグループの世界販売台数は南米、ロシア、シナ・・・「世界景気(消費)」が確実に悪化していることを示している。「需要減」の「供給増」である。

VWグループ販売、3.5%減=不正影響が本格化-10月
【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)グループは13日、10月の世界販売台数が前年同月比3.5%減の83万1300台になったと発表した。9月の1.5%減から落ち込みが加速。主力市場である欧州を中心に、9月半ばに発覚したディーゼル車排ガス不正による影響が本格化し始めた。
不正車の大半が売られていた欧州の販売台数は1.5%減の33万5000台と、3.8%増の9月から急激に悪化。主力乗用車部門「VW」のシュタックマン取締役(販売担当)は「西欧でディーゼル車の販売停止による影響があった」と説明。信頼回復に全力を挙げる方針を示した。





中国への直接投資実行額は1~9月で前年同期比25%減

シナからの撤退は英断である。ああいうところは、短期投資はしても長期投資には向かない。できるだけ早めに逃げることだ。NINJA300はJRはシナをわかっていないのではと思っている。

チャイナリスクに嫌気か…パナ、サントリーなど日本企業が続々撤退し始めた 産経新聞 11月14日(土)11時30分配信
 中国リスクに翻弄され、工場撤退や合弁解消などに踏み切る日本企業が相次いでいる。ここにきて中国経済の減速も相まって、日本から中国への直接投資実行額は1~9月で前年同期比25%減と、数字上でも日本企業の対中進出に衰えが見え始めた。中国市場の巨大さや、安価な人件費にひかれて中国に進出した企業は多いが、突然の規制変更やコスト増など中国リスクに直面し、拠点を他国に移すなど戦略を見直す動きが広がっている。
 中国政府の規制変更によって、上海でのデータセンターの事業計画が頓挫の憂き目にあったのは、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)。米エクイニクスやKDDIなどの競合に先駆け、世界で初めて独自資本で中国(上海)にデータセンターを開設する予定だったが、中国政府が今年1月、突然、データセンター事業の運営には免許が必要だと方針を変更し、独自での事業展開を撤回せざるをえなくなったのだ。
 NTTコムは上海のデータセンターを自社で運営するにあたって、共産党関係者や現地の法律事務所関係者とも折衝を重ね、「グレーゾーンだが問題はない」という感触を得ていた。
 データセンター事業に詳しい関係者からは「中国では現地ビジネスに明るいパートナーと組まないと無理だろうなと思っていた」と冷めた声も聞かれる。
 突然の方針変更に、NTTコム関係者は「自国企業を守るため、当社のデータセンター事業を意識したのは間違いない」と苦虫をかみつぶす。
 中国の通信事業に詳しい関係者も「法制度の解釈権は中国側にある。あるときには何も言われなくても、急に『ここはこうだ』といわれることも多い」と、中国ではこうした朝令暮改は日常茶飯事だと指摘する。
 一方、浙江省杭州市にあるスナック菓子の製造・販売合弁会社を設立わずか3年で売却することを決めたのはカルビー。合弁会社の51%の持ち株全てを、合弁相手の康師傅方便食品投資にたった1元(約19円)で譲渡する。
 売却の背景には、売り上げが伸びず赤字が続いたことにある。5年で500億円を見込んでいた売上高が100分の1のわずか5億円程度にとどまった。発表資料によると、これに伴い、最終赤字は進出した2012年12月期が500万元、13年12月期が4900万元、14年12月期が7100万元と年を追うごとに拡大。早期に改善が見込めないと判断、12年8月の設立からわずか3年での撤退となった。
 合弁会社には、カルビーが51%、中国の食品大手・康師傅グループが45%、伊藤忠商事が4%をそれぞれ出資。「じゃがビー」や「かっぱえびせん」を販売している。中国での「じゃがビー」の価格が一般的なスナック菓子の約1.5倍と高価なことから苦戦が強いられた。また、「かっぱえびせん」は、中国でエビを使った競合商品が多く、差別化を打ち出せなかったことも響いたようだ。康師傅側とはこうした商品戦略で意見の違いが目立ち、最後まで折り合えなかったという。
 わずか1元で持ち株を手放すのは、「早く中国戦略を仕切り直しをして、再挑戦するため」(市場関係者)とみられている。カルビーは青島や香港にも製造や販売の拠点があり、スナック菓子の販売は今後も継続する。
 今年に入り、中国から撤退する企業が目立って増えている。2月にパナソニックが液晶テレビ生産、エスビー食品がカレールウなどの生産を打ち切ることをそれぞれ発表。サントリーホールディングスは中国ビール2位の青島ビールとの合弁を解消、合弁相手の青島に製造販売をまかせ、ライセンス料を得る形に移行する。また、ホンダも湖北省武漢に新工場を建設する構想があったが、中国経済の減速を受け、当面見送る。
 日本企業が中国の生産拠点を撤退、縮小の方向に舵を切っているのは、経済失速のほか、人件費の高騰や政策変更などリスクがつきまとい、中国での事業が「割に合わない」状況になっているためだ。
 東京商工リサーチがまとめた調査によると、中国リスクによる日本企業の関連倒産は今年1~10月累計で63件に上り、前年同期の43件に比べ5割増加した。倒産に集計されない事業停止や破産準備中など実質破綻を含めると、この数はさらに膨れあがる。
 日本企業が中国への直接投資を拡大したのは、「安い人件費」や「巨大な市場」に魅力を感じたのに過ぎず、事前に政治を含む中国リスクを詳細に分析した企業は多くないとの指摘もある。
 一方で、ネット上には中国から撤退や事業縮小した企業に対し、「英断」といった肯定的な意見も寄せられている。中国リスクと付き合って、これ以上損失を広げない意味から、撤退を正しい判断と評価しているようだ。
 中国にどうコミットしていくか、日本企業の間でも今後判断が分かれていきそうだ。


昔、ヤオハンという企業があった。江沢民に翻弄され、北京に出店したり、上海に出店したり、結局、潰れた。シナは地獄の底を覗いている。富裕層は人民元を早めに海外の不動産や株や外貨に代えている。それができない庶民の富裕層への呪いは深い。日本企業は「修羅の地」から撤退すべきだし、外務省は危険情報をだして、シナ旅行を控えさすべきだと思う。




911テロ後

2001年の9.11同時多発テロが米国の一定勢力の自作自演なのか、ビン・ラディンの仕業なのかはわからないが、NINJA300は結構自作自演を疑っていたりする。あれでアメリカには表現の自由がなくなった。まーよくわからないし、時計の分解のほうにより興味があったりする。昨晩、キャリバー壊したかも・・・

以下はS&P500の911テロ後の推移だ。NYSEは1週間ほど取引停止して、市場が再開すると爆発的に売りが殺到した。その後は、20%強程度戻したが、2002年半ばから市場は低迷した。
今回のフランスのテロはシリア難民によるものらしい。ドイツのメルケルは難民を歓迎すると発言したのだから、難民はすべてドイツが引き受ければ良いのにと思う。引き受けないんなら、ドイツ人はえらそうにするべきではない。

(911テロ後のS&P500の推移)


死んだ猫もはねる。いったん売られたあとは数ヶ月は反発するだろうが、そのあとは暗いとみている。欧州のドイツもフランスもギリシャなどもだめ。ロシアは原油安、航空機テロ、ドーピングで追いつめられている。シナは不動産、株のバブル崩壊を必死で支えている。ブラジルやベネズエラ、ペルーなどは経済崩壊かその直前。豪州は鉄鉱石が売れない。マレーシア、インドネシアも資源価格が安くて通貨は売られる。南アもだめ。日本は機械受注が悪く、2四半期連続のマイナス成長、財務省は補正をやらせないから、もうすぐリセッションだ。頼りになる機関車はアメリカだけで、そのアメリカは12月に利上げ予想で急ブレーキ。世界は設備過剰で景気見通しは悪い。




NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
根付/Netsuke etc.
金融時計/Social currency/Financial watch
ホロロジー/Horology
ロレックスにうんざりしたら・・・