春節・・・あけましておめでとうございます。(※本日のブログは相場とは関係ありません)

シナでは「春節」、ベトナムでは「テト(節)」です。日本ではちょっと時期がズレますが「節分」ですね。



シナ、ベトナム、日本、そして台湾は「漢字の国」です。ベトナムはフランス植民地時代にアルファベットに代わってしまいましたが、今でも寺社などには漢字が残っています。

日本は明治以来、いろいろな概念を漢字で造語しました。民主主義、国民主権、憲法、裁判所、高速道路等々。シナは日本から多くの漢字を輸入していますが、人民はその事実を知りません。可哀相ですね。

私は日本人に生まれて本当に良かったです。ベトナム、台湾、そして良識のある一部のシナ人の皆様。そしてもちろん、日本の皆様。二度目ですが、今年も宜しくお願いします。

黒盤中古時計を落札失敗。そして新品黒盤ゲッツ!(※この記事は相場に関係ありません。)

これは「新アルピニスト6R15」。先日、ミントコンディションのこの中古時計を矢負億で落札したかったのだが残念ながら出来なかった。最終落札価格は3.7万円。頑張れば落札できたのだが、一日後のオークションで中古「クオーツアルピニスト」をこれより安く落札できると踏んで頑張らなかった。

アルピニスト黒

「新アルピニスト6R15」は6ビートのキャリバー搭載。4S15という準高級キャリバー搭載の「旧アルピニスト4S15」よりも外側は高級感がある。外側の高級感で「新」、内側の高級感で「旧」といったところ。「新」はやや大きめ(普通サイズ)でデザインが好い。また、「新」は「サファイヤガラス」、「旧」は「クリスタルガラス」。「旧」は中古でよく出るがすでに「側」がボロボロなものが多い。したがって購入後にOHでおカネをかける必要がある。また、個人的にはサイクロップレンズがダサいと思うが、この辺は好みが分かれるだろう。


上はB級時計マニアに大人気の「旧アルピニスト4S15」。B級レア物マニアは連日、PCモニター前でメガネを照からせて価格が安価な4S搭載機を探している。「旧アルピニスト」はターゲットの一つだ。

旧アルピニスト黒
「旧アルピニスト」の綺麗な写真。※偽も出回っているので注意。


左:「新」、右:「旧」。デザインはほぼ一緒。ジジ臭いサイクロップレンズがあるのが「旧」。「旧」は中身がマニア人気の準高級ムーブ。一方、「新」は6ビートでクロノグラフ級とされるが汎用品でマニアには人気がない6R15。

下画像がカッコいいと思った「クオーツアルピニスト黒」。「パーペチュアルカレンダー」で「サファイアガラス」。但し、クオーツだ。クオーツにもかかわらず、矢負億ではなんと5.5万円という相場を大きく逸脱した高値が付き落札できなかった。2.5万円程度だろ・・・普通・・・。しかし、こういうのを意地になって買うのは好くない。それに、この価格には出品者の価格操作の意図を感じた。俺の眼は誤魔化せないよ。見逃しで大正解だったと思う。

クオーツアルピニスト黒


シナの破綻が差し迫っている

こういうことが永遠に続くわけがない。いずれは酷いことになります。

「理財商品」、債務不履行回避へ 中国 2014/1/28 0:23

 【上海=土居倫之】中国で債務不履行(デフォルト)懸念が高まっていた高利回りの資産運用商品「理財商品」について、同商品を組成した中誠信託(北京市)は27日、「投資家と合意に達した」と発表した。合意内容の詳細は明らかにしていないが、複数の関係者によると、元本を31日の期日までに投資家に支払うことで合意したという。デフォルトは回避される公算が大きい。

 中誠信託は販売会社の中国工商銀行を通じ、利払いをしない代わりに元本を期日までに返済するか、元利金の支払いを当面延期するかの2つの選択肢を投資家に提示。合意文書への署名を求めている。多くの投資家は元本返済を選択するもようだ。

 同商品は9.5~11%の予想利回りを提示し、2011年に工商銀が富裕層に販売した。

 中誠信託は組成した商品が投資していた山西省の採炭会社が事実上破綻したことを受けて16日、「31日の満期償還に不確実性がある」と発表。不安を強めた投資家が販売会社の工商銀や中誠信託に返済を求める事態となっていた。

 デフォルトは中国の金融市場に大きなショックを与える可能性があったため、投資家への元本支払いに応じる方針を固めたとみられる。ただ返済に必要な資金の拠出元などは不明だ。


シナの国債発行残高は2012年末で約7兆7千億元(約120兆円)で、国債市場の規模は日本に次ぐアジア2位。経済規模の拡大に伴って国債市場の整備が進んでおり、主に銀行や保険会社が買い手となっている。つまり、近い将来、シナの銀行預金者、保険契約者が馬鹿をみるのは確実だ。

(参考動画)


参考まで貼った。長いのでリスニングの練習として聞きましょう。(笑)

NYの写真相場。東京株も下落

ソロスと同じく、やはり一番怖いのはシナ経済の破綻だと思う。個別では、9532や1606は高かった。

東京株大幅下落、終値1万5005円 下げ幅一時458円 産経新聞 1月27日(月)15時11分配信

 27日の東京株式市場は大幅続落した。日経平均株価の終値は、前週末比385円83銭安の1万5005円73銭。終値ベースとしては昨年11月14日以来、ほぼ2カ月半ぶりの安値水準となった。

 前週末比300円安で寄り付いた後、値下がり幅が拡大。安値は458円安まと暴落状態になった。その後は400円程度安い1万5000円をはさみ小動きする展開が終日続いた。

 前週末の米国ダウ工業株30種平均が318ドル安となるなど、欧米株が軒並み大幅下落。朝方の円相場が一時101円台後半まで急騰するなど、売り材料が集中した。その後も状況は変わらず、寄り付きから全面安が続いた。終盤でも東証1部1778銘柄中1740以上と98%が値下がりした。

 東証株価指数(TOPIX)の終値は、前週末比35.37ポイント安の1229.23。

フィッチ。ベトナムの格付けを引き上げ

格付け会社のフィッチはベトナムの長期外貨建て/自国通貨建ての発行体デフォルト格付け(IDR)を「B+」、長期格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げた。

格上げの理由は、マクロ経済安定性の改善とのこと。ベトナムは2011年初に過熱した経済の冷却を狙った決議11号の緊縮政策を導入。景気をオーバーキルした後は、大幅な金融緩和に転じている。GDP成長率は2013年が5.4%。フィッチは2014年に5.9%、2015年に5.9%を予想(こんなのはまったくの「あてずっぽ」で・・笑笑・・基本移動平均線のモデル式に数字入れてだしただけの低脳予測に過ぎないが)している。

ベトナム経済は、サムソン電子の輸出用携帯製造が好調で、2012年に続いて2013年も貿易黒字を達成した。2年連続黒字達成といっても貿易黒字は微々微々たるもの。しかし、今後はTPPなどで縫製品などの労働集約的製品の輸出増が見込める。

加えて、「シナよ、サヨウナラ。ASEANよ。コンニチワ」の流れの中でベトナムへのFDIが激増している。貿易収支に加え、FDI流入がベトナムドン(VND)を安定させている大きな要因だ。

FDIは認可額ベースで前年比54.5%増の216.3億米ドルで、当初目標の130~140億米ドルを大幅に上回った。実行額ベースでは前年比9.9%増の115億米ドルだった。国別では日本からの投資認可額が57.5億米ドルで1位、シンガポールが2位で43.8億米ドル、3位は韓国(42.9億米ドル)。しかし、実質は韓国がベトナムへの投資で1位だ。サムソン電子は節税のため、シンガポール法人経由でベトナムへ投資している。 実にアメリカ的な企業ではある。



ミッション『真珠の首飾りを完成させよ!』

インド大陸というのはわけのわからない大陸だ。最近はレイプ事件が頻発し、インド人は鬼畜のようなイメージが強い。鬼畜の所業を平気でするインド人・・・インドなんか金輪際行きたいとは思わなくなった

前から疑問に思っているのは、「ヒンズー教の国・インドでバラモン、クシャトリア、バイシャ、スードラ、アンタッチャブルのそれぞれの人口比率はどのくらいなのだろうか」ということだ。おそらくピラミッド型の形をしているのだろうが、インド人に聞いてもまったく要領は得ない。「全員バラモン」とか勝手なことをほぞくだけだ。わけがわからない人種だ。

とはいえ、日本はASEAN、インド、トルコ、英国等と同盟関係を結ぶ必要性が強い。対支包囲網だ。人権に究極の価値を置かない国家が隣に数個あるということはやっかいなことだ。以下、読売の記事を引用する。

印へ円借款2089億円、首相が首脳会談で表明 読売新聞 1月25日(土)22時2分配信

 【ニューデリー=黒見周平】安倍首相は25日夜、ニューデリーでインドのシン首相と会談し、ニューデリーの地下鉄整備などのため約2089億円の円借款を供与する考えを表明した。

 両首脳は、原子力協定の早期妥結や安全保障分野などの協力強化に関する共同声明に署名した。

 共同声明では、日本からの原発輸出に向けた原子力協定交渉の継続、新幹線技術の輸出をにらんだインド西部のムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)の高速鉄道計画に関する共同調査の加速などが盛り込まれた。

 安全保障分野では、海上自衛隊とインド海軍による3回目の共同訓練を、年内に日本近海で行うことや、国家安全保障会議(日本版NSC)の谷内正太郎国家安全保障局長とインドの国家安全保障顧問の定期協議を新設することなどで合意した。中国の一方的な防空識別圏設定などを念頭に、国際法などに基づく上空飛行の自由、民間航空の安全の重要性でも一致した。




インドはシナに匹敵する10億人の大人口国だ。その消費パワーはすさまじい。また、核保有国でもある。日本は国防上、いつでもインドが核をレンタルしてくれる位の信頼を勝ち取りたいものだ。

インドは人間もシナと同じくピンキリだ。ピンはレイピストでも、キリも存在するのがインドだと・・・信じたい。豚食いのシナ人。牛を崇拝し吉野屋を忌み嫌うインド人。しかし、日本と同じくシナという脅威を抱えているのがインドだ。



国際通貨システムが揺れる

昨晩は、NY株が急落した。NYダウは318ドルを越える下げ。当然だ。
月曜日は東証で投資家大虐殺となる。投資はしばらく控えたい。
一方、国際通貨システムが不安定になってきている。以下は主要通貨の5日チャートだ。

日本円は強い。もしかしたら、100円割れも考えられる。


豪ドルは下落した。豪ドルにはもっと下落してもらえると日本は原料を安く仕入れられるのでメリットだ。


債務危機のアルゼンチンでは通貨が急落。こんな国に投資する気はサラサラない。


トルコリラも急落。通貨が不安定な国だ。日本の投信はよくこんな国の国債に投資していると思う。戦前の軍部と同じく集団バカなのだ!トルコ国債投資とはトルコ通貨への投資と同意義だ。あいかわらず、マーケティング用の商品設計ばかりしている。


貿易赤字のインド。次のインド官僚が打つ手(政策)に金相場が左右される。


昨年から通貨が不安定なインドネシア


一方、外貨準備が潤沢なタイバーツは政治不安にもかかわらず安定している。

テト前に続騰。ベトナム株

今日のVN指数は前日比+6.64 /+1.20%高の560.19ポイントで上昇トレンドは続いている。いったい何時、外国人枠拡大の発表があるのか?なお、本日大型上場のベトナム投資開発銀行(BID)は18800ドンで引けた。

(ベトナム経済成長率)


「サヨウナラ、チャイナ。そして、コンニチワ、ASEAN」
が今のトレンドだ。現在、チャイナでは連日、理財商品破綻が起きている。ASEAN各国から災害に弱いなどインフラの整っていない国、人出不足で賃金が上がった国、政情不安が常態の国を引き算すると、そこにはベトナムを含む数国が投資候補先として残る。

ベトナム株。急騰中

動きの鈍いシナや半島の株価と180度違って、ベトナム株式が勃起している。昨年末のズン越首相の「外国人株式投資規制緩和」発言などを材料とする買いで、特に海外ETFの買い物が目立つらしい。

越ローカル投資家は通常、テト(今年は1/31)前にいったん株式投資を手仕舞う動きをみせるものだが今年は様相が違う。逆に、テト前に押し目があれば強気で良いかもしれない。有名な「テト攻勢」だ!

なにせ、市場時価総額はタイやシンガポールの1/8から1/10だからいったん火が点けば燎原に燃え広がる。また、今週末にはベトナム投資開発銀行(BID)の上場も控える。しばらくの間、ベトナムでは投資家間での「マネーゲーム」がみられそうだ。

VN指数


MSN(マサン)


HPG(ホアファット)


DRC(ダナンタイヤ)

春節(1/31)前のシナ株式市場

参考までに、春節前のシナ株式市場チャートをアップしておきます。時価総額の小さいベトナムは急騰しているが、シナの方は問題が多い。

2014/1/16に発表された「国際資本動向統計」によれば、2013年11月現在、シナの米国債保有残高は1兆3170億米ドル、一方、日本は1兆1860億米ドルだ。両国が米国赤字国債の16%前後をファイナンスしている。シナ株式が不良債権でバブル崩壊となれば、その震度は大きい。

上海総合指数は現在、1991ポイントで下値の節値近辺。一段下がれば結構ヤバイ位置にあることは頭に入れておきたい。

(上海総合指数、5年チャート)

(香港ハンセン指数、5年チャート)

セイコーメカ SUS/GMT/SCFF005-4S12(黒文字盤)(※この記事は相場に関係ありません。)

これは先週落札した赤SUS。自動巻きで4S系キャリバーを搭載している。

4S系とは、かつてセイコーのキングセイコー(KS)など高級時計向けに製造されていた自動巻き(Automatic)機械式ムーブメント(52系)を90年代に復刻したムーブメントだ。

赤SUSはセイコーSUSシリーズの機械式自動巻モデル。「赤SUS」、または「メカSUS」と呼ばれる。外径39mm。GMT針(単独稼働可能)と内転リングで第2時間帯を表示する。デイト付。裏蓋はスケルトン仕様。スケルトンガラスに世界地図が描かれていて日本の位置には「S」の文字がある。
なお、「ミリタリデザイン」で大人気の「ミリタリ」赤SUS(4S15モデル)にはGMT針は無く、ブレスはSSではなく革ベルトになっている。ミリタリ赤SUSは中古市場で大きなプレミアムで取引されている。


赤SUSの特徴はセイコーSUSの「S」の文字が6時の位置にあること。そして、この「S」の文字がSUSの機械式でのお約束で赤字になっている。つまり、赤SUS。また、文字盤には「赤」「青」「黒」がある。個人的には「黒」または「青」が好みだ。なお、SUSとは「ストロング、シンプル」とか「ステンレス」の意。

製造は1997年頃。当時のコンセプトは高級ムーブメントの腕時計をできるだけ安価で提供することにあったようだ。その意味では、旧セイコーアルピニスト(4S15)と同じコンセプトで、どちらも手頃な価格での本格的機械式時計ということで(どちらも)製造中止後に人気が出てオークションで販売時の定価を超える値がつくようになった。

赤SUS-4S12の発売当時の定価は38,000円程度だが、実売価格は3万円程度だったと思う。それが今では、「幻の時計」として特に海外では高値で取引されている。将来は、Eベイで売却するのも良いかもしれない。私は今のところ、趣味なので売る気は無し。

以下は写真。

セイコークオーツ・チタニウム(7N43-7B80)(※この記事は相場に関係ありません。)

セイコー・マレーシア製のチタニウム無垢水晶時計。キャリバーは7N43-7B8020気圧防水。デイデイト日本語表示

巻きステンレスでキャリバー7N42の時計をホールドしているのだが、現在、その時計のデイト(日付)が故障(タイルの上に落下させてしまった・・・)していることから欲しくなった。故障はいずれ直すとして、修理代は30ドル位だろう。ならば、デイデイトでしかも曜日が日本語表示でほぼ同型ムーブメントでチタン無垢の腕時計がほしくなったわけだ。銀無垢時計(オリエントスター)を手に入れたのでチタニウム無垢も欲しくなった面もあるかも。チタンなのでスクラッチが付きやすいが安いので遠慮なしに使える。

帰ってきたベトナム株

現時点で、ベトナムのVN指数は前日比+12.2/+2.29%の545.74ポイント。このところ、ベトナム株の上昇がすごい。これは景気回復と外人投資家への規制緩和を期待した買いだ。



外国人株式保有比率上限の引き上げ規定、テト前に公布か

国家証券委員会(SSC)のある人物によると、外国人投資家の株式保有率上限を改正する規定が旧正月(テト)前にも承認・公布される見通しだという。それによると、海外投資家は上場企業の議決権付株式総数の最大60%まで保有できるようになる。

この改正案が承認されれば、上場企業は自社の海外投資家保有率上限を決定し、SSCに報告しなければならない。しかし、以前の草案にあった財政省への提出は必要ないことから、外国人保有枠拡大は予想よりも早く進む見通しだ。なお、上場企業は株主総会の開催または文書による株主の意見聴取を通じ、自社の海外投資家保有率上限を決めることができる。

今年初めから幾つかの海外投資ファンドが、石油ガス業関連銘柄をはじめとする大型優良株を中心に大きく資金を投入している。ホーチミン証券取引所(HOSE)のデータによると、年初の8営業日だけで、海外投資家は4220億ドン(約21億円)の買い越しとなった。これは過去数年における買い越し額の中で最も多い水準となる。

ある投資ファンド大手によると、通貨ドンの対ドル為替レートがこの2年安定しており、今年も安定が続けば通貨ドンへの海外投資家の信頼度が回復し、海外間接投資(FII)の増大に繋がると期待されている。

ベトナム国家銀行(中央銀行)のグエン・バン・ビン総裁は、サイゴンタイムズ紙のインタビューに対して、海外送金による外貨が増加しているため、外貨購入を強化していることを明らかにした。ビン総裁によると、2012年に200億ドル(約2兆0800億円)のドル買いを行い、2013年には70億ドル(約7300億円)買い越した。また、今年は昨年と同水準の外貨準備高を積み上げるべくドル買いを継続する方針だという。


上記は現地紙記事を翻訳したものだが、ベトナムは景気低迷から脱出するためにいやおうなく規制緩和へ進み始める方向にある。

ソロスがシナへ警鐘

ソロスがシナへ警鐘を鳴らした。一方、ソロスのアナリストの一人だったジムロジャースは引き続きシナ株をホールドするとしている。しかし、彼の場合は購入簿価が異常に安いはずだ。今年の台風の目は「シナ」だろう。

【コラム】ソロス氏、次なる標的は中国のエンロンか-ペセック

1月14日(ブルームバーグ):資産家のジョージ・ソロス氏は、北京から熱烈歓迎の招待状が届くと一切期待すべきではないだろう。空売りの名手として中国巨大危機説を唱えたところなのだから無理もない。

ソロス氏が最初に大国の政府を敵に回したのは、1992年に英ポンドの空売りを仕掛けた時だ。英政府は面目を失い、当時のメージャー政権は欧州為替相場メカニズム(ERM)からの離脱を余儀なくされた。この取引でソロス氏は20億ドル(約2100億円)を手にしたとされる。米国のサブプライムローン危機でも同氏は相当額をもうけた。アジアでは1997年、マレーシアのマハティール首相(当時)がアジア危機を引き起こそうとするユダヤの陰謀の首謀者だとして同氏を批判した。

そのソロス氏が今、目をつけているのが中国だ。プロジェクト・シンジケート向けの2日の寄稿で、同氏は中国資産を空売りしているかは明らかにしなかった。しかし同氏が展開した論旨は、習近平国家主席を喜ばせる内容ではなかった。ソロス氏に言わせれば、世界が直面しているリスクの最たるものはユーロでも米議会でも日本の資産バブルでもなく、今眼前で実態が明らかになりつつある中国の債務危機なのだ。

「中国の現在の政策には、解決されていない自己矛盾がある。経済の加熱炉を再稼働させれば、急激な債務拡大にも再点火することになる。これが持ちこたえられるのはせいぜい2、3年だろう」とソロス氏は記している。

習主席がソロス氏の警告を無視するとすればそれは怠慢だろう。北京大学のマイケル・ペティス教授もキニコス・アソシエーツのジム・チャノス氏も数年前から同様の警告をしている。シルバークレスト・アセット・マネジメントのパトリック・ホバネツ氏は中国の「影の」バランスシートを不安視する。

中国は外からの警告に従って政策を決めたなどと絶対に認めないが、それでもシャドーバンキングをめぐる政策当局のここ1週間ほどの動きは注目に値する。例えば、中国国務院が簿外の融資を対象に規定の強化を命じ、シャドーバンキングに新たな規制を設けたと事情に詳しい関係者が述べている。

この業界については、真実を表す名前で呼ぶことが必要だと私は考える。それは中国のエンロンだ。2001年に経営破綻した米ヒューストンのエネルギー会社エンロンの真のビジネスはエネルギーでも商品でもなく、帳簿の操作だった。中国のシャドーバンキングも同じだ。中国政府はこれを、格付け会社や米財務省の注意を引かずに「加熱炉を再稼働」させる燃料として使っている。

中国の金融システムは究極のブラックボックスだ。同国のシャドーバンキングの規模は2012年の同国国内総生産(GDP)の69%に相当したとJPモルガン・チェースは見積もったが、これが極めて控えめな試算だとの結論には天才でなくとも達する。中国が貿易などのデータをお化粧させていることを考えると、信用バブルの度合いを隠すために手を尽くすであろうことは想像に難くない。

ソロス氏は中国について、「2008年の危機を前にした数年間の米国における金融環境と不気味な類似性がある」と書いている。その上で「しかし、大きな違いは米国では金融市場が政治を動かすが、中国では国が銀行と経済の大きな部分を掌握していることだ」と指摘した。

スティーブン・ローチ氏が指摘するように、中国にはスローガンを掲げればそれで良しと考える傾向がある。経済改革と持続的成長、公的な説明責任についての崇高な決意表明と、年率7%以上の成長を続けると習主席が繰り返すことの間には本質的な矛盾がある。両立は不可能だ。中国が高い成長率を維持する限り、改革は進まず見えないところで債務が膨らみ続ける。

これまでのところ、中国について空売りを仕掛けて大もうけをした人はいないが、ソロス氏の警告は絶対的に正しい。高成長を犠牲にせずに過剰投資・債務の経済をサービス業主導の経済に転換できるという中国の主張には懸念すべき矛盾がある。習主席が今行動しなければ、ソロス氏はまた20億ドル、いやそれ以上をもうけるかもしれない(ウィリアム・ペセック)


伝説の相場師「独眼流」

お正月3日、伝説の相場師「独眼流」の貴重なインタビューが日経新聞に掲載された。日本が誇る相場師だ。

「常に自分の頭で考えよ」 伝説の相場師・石井久氏  立花証券元社長
2014/1/3 2:00 日本経済新聞 電子版

 1953年3月のスターリン暴落を予言し、伝説の相場師として知られる立花証券元社長(現在は立花商事会長)の石井久氏(90)。コンピューターが席巻する市場に人間はどう臨めばいいのか聞いた。

 ――株式市場は人間の手から離れています。

 「ロボットは短期的な売買は得意だが、時代の趨勢を読んで相場の大きな波をつかまえるのは苦手だ。人間の強みは洞察力。思考訓練を積めば、コンピューターを使わなくても十分戦える。高頻度で高速な取引が、米国で起きたフラッシュ・クラッシュのような現象を起こすことはあっても、あくまでも部分であって相場全体を支配することはないだろう。株価の決まり方は昔と本質的には変わっていない

 「私は情報は新聞や雑誌などから得ており、インターネットは使えない。長期投資にはそれで十分だ。重要なのは書いてあることをうのみにせず、常に自分の頭で総合的に考えるようにすること。ロボットに対抗する唯一の道だろう」

 ――その力をどう養えばいいですか。

 「一度投資で利益が出てもおごらず、内外情勢の勉強を続けること。私は60年以上、規則正しい生活を続け、勉強もしている」

 「多数意見の逆を考えることも大切だ。15歳で福岡の鉄工所に勤めながら毎月残った2円で反物を買い続け、それが起業の元手になった。国力を考えれば戦争に突入すれば敗戦となり、インフレが起きて現金の価値が下がることは自明だった。当時の大多数からは相手にされなかったが

 「スターリン暴落の前は通常は株式投資をしない人まで参加し始め、相場は惰性で上昇していた。みんなが有頂天ななかで反対のことを言うのは異端視されるが、だからこそ相場が暴落する条件がそろっていたといえる。朝鮮戦争で米国とソ連が疲弊するなかで、米紙の情報から3月ごろに休戦になると踏んだ。世の中にある情報をそしゃくして冷静にみれば、時代の流れを読める

 「優れた人から考え方を盗むことも大切だ。私が証券界に入りたてのころ、エコノミストの草分けである高橋亀吉先生のところに出入りし、株式の注文をもらいながら対話を通じて先生の物の考え方を盗んだ。3年間で高橋先生の知恵を習得したと思う。騰落を繰り返す株式の性質を利用して、知恵、言い換えれば相場の見方をもうけにつなげることも重要。私が証券界に入った時の元手は3万円だったが、相場を読み、あっという間に数千万円になった」

 「1953年に小さな証券会社を設立してから間もなく、東証の会員だった立花証券を57年に買収したのも長期の相場観から。小が大を飲む大胆な投資だったが、高度成長時代がきて株式市場に反映するとの確信があった。当時はのほほんとしていた人が多かった。私は短期売買でもうける気は毛頭ない。長期の観点でもうけていくことが大事だ

 ――株式相場の転換点は近づいていますか。

 「この20年は弱気で沈黙を続けてきたが、向こう3年ほどは強気のほうがいいのではないか。安倍晋三首相の政策で景気の大きな落ち込みはなく、景気はじわじわ拡大し、じわじわ型の相場になるとみる。条件がそろえば、2000年のIT相場の高値(日経平均株価で2万833円)は超えるだろう。もうこの辺で利食っておこうとか、足元が明るいうちに早くやめておこうという人も出てくるだろうが、あまり利口じゃない。ただし安倍政権が続き、経済重視の政治が続くことが条件で、安倍首相が突然辞めるようなことがあれば、株価は暴落する。当面は強気だが、89年末の最高値をうかがうような大相場にはならないとみている。全面高にはならないので、個別企業の業績をしっかりみて投資したほうがよい

 ――長期的にはどうみていますか。

 「長期では日本経済を悲観している。人口減少下でも政府は移民政策に消極的だ。国の借金は1000兆円に及ぶ。貿易赤字も定着し、必然的に円は弱くなる。だから個人資産の6割はオーストラリアドル債で保有している。為替水準が1豪ドル59円、利回りが6.25%の国債もあり、為替の含み益も出ている。資源国の通貨は高くなり、10年内に為替は1米ドルが130円、さらに160円という場面もあるだろう。税金では賄えない支出を毎年40兆円以上も国債を発行して借りている現状は長くは続かない。キャピタルフライト(資本逃避)が本当に起きる前に、政府は行動しないといけない」

 ――相場に勝つための生活は。

 「もうかっても私生活を変えないことが大事。証券会社を設立した当時に買った家に今も住んでいる。運動したり、散歩したり特別なことはしていないが、暴飲暴食をしない、不摂生をしない、夜更かしをしないことを続けている。不摂生では相場で勝つことは難しいし、長生きもできない」




 石井久氏は1923年に福岡県の貧しい農家の13人兄弟の五男として生まれ、鉄工所で働きながら勉強。53年に証券会社を設立し、57年に経営危機の立花証券を買収した。長年、株式の専門紙に「独眼流」のペンネームで相場観測の記事を執筆した。
 スターリン暴落は53年3月。旧ソ連最高指導者の重体説から朝鮮戦争の休戦観測が強まり、復興特需に支えられていた株式相場が急落した。石井氏は直前、専門紙で「桐(きり)一葉、落ちて天下の秋を知る」と詠み、相場の転換が近いと予測した。今も証券業界で語り継がれている。

日本。タイ産生鮮鶏肉の輸入再開

現地紙(13日付)によると、タイは日本が昨年12月25日にタイからの生鮮鶏肉の輸入停止措置を解除したことを受けて、今月末に第一回分の輸出を実施する。日本は2004年1月に鳥インフルエンザを理由にタイ産生鶏肉の輸入を停止していた。タイ農協省は、2014年の日本向け生鶏肉8万トン(80億バーツ)を輸出できると予想している。3年以内に停止措置以前の20万トン台への回復を目指す。

鶏肉関連(CPFなど)には朗報だ。でもちょっと古いニュースかもしれない。書くタイミングが無かったのでご容赦。記録はしておきたいので記事にしました。「ガイヤーン」は本当に美味しいね。

ハローキティ ブレスレットウォッチ(ストーン)(※この記事は相場に関係ありません。)

ハローキティ ブレスレットウォッチ(ストーン)をゲッツしました。カワイイですねぇ。

実は、今月に入って、「オリエントスター・ロイヤル」とこの「キティちゃんブレスウォッチ」以外にも既に2個ほど時計を購入しています(まだ届いていません)。そしてさらにもう1個・・・実は目をつけているのがあります。既に今月4個、たぶん5個ほど(今月)購入計画です。はまっています。笑・・・

「バフェット」の銘柄選定

バフェットが求める銘柄は以下の条件を満たす企業だ。

1.安定した産業の中で
2.長期に競争優位性を保持
3.潜在的企業価値よりも株価が割安


バフェット銘柄はROEは20%前後で、有利子負債から手元資金を差し引いた純有利子負債が自己資本の何倍かというネットDEレシオは0.5倍前後などの特徴がある。つまり、高いROEでキャッシュを安定的に稼ぎ、配当や自社株買いなどを実施できる財務安定性のある企業だ。



投資の世界には色々なやり方がある。バフェットの手法のみが正しいわけではない。自分に合った手法を体得することが肝心だと感じる。

気をつけろ!

以下は日経新聞(本日)の記事より。

「金融市場で2014年も円安・株高の流れが続くとの見方が広がっている。市場参加者の間では、円相場は1ドル=110円を下回る円安水準を目指し、日経平均株価は1万9000円が視野に入るとの声が多い。4月の消費増税後に一時的に需要が減少するものの、景気腰折れは避けられるとの見立てが多いためだ。ただ日米の金融政策や国内外の政治の動向次第ではシナリオが崩れるリスクもくすぶっている。」


投資の専門家とやらは、株は上下調整もしないで一直線に上昇していくとでも考えているらしい。

株は地獄を潜り抜けてから上がるものだとNINJA300は思っている。相場よ。野獣の本性(the nature of the beast)を何時みせるのだ?



※私の警告は無視して頂いて、一向に構わない。

越米貿易は拡大傾向

ウォルマート(WMT)は米国アーカンソー本拠で全米にディスカウントストアチェーン店を有する小売企業だ。EDLP(Every Day, Low Price)を掲げ、低価格、物流管理、コスト削減などを推し進めて急成長。世界最大の売上高を誇る企業となった。

WMTのビル・フォルディ副社長(ソーシング担当)は年初、ハノイで越副首相と会談し、「ベトナム製品の輸入販売を強化したい」と語った。ベトナムはシナや韓国との貿易で大幅な貿易赤字を抱えた分を米国との貿易黒字分で相殺する貿易構造だ。昨年2013年は一昨年に続いて貿易黒字を達成した。

ベトナムはTPP成立で失うものはなにもない。もとい、関税自主権は失う。TPPや越米両国の包括的パートナーシップ確立で、今後、越米貿易は急拡大を予測する。まずは、衣料品、製靴から始まり、携帯電話・部品など工業製品へ移行してくるだろう。

オリエントスターロイヤル入手(※本日のブログは相場に関係ありません。)

オリエントスターロイヤルを中古だが買った。銀無垢は初めて。手巻きのみも初めて。これで腕時計はグランドセイコー、セイコークオーツ、アルピニスト、Gショックと合計4本体制となった。

石井久は戦前から戦後のインフレに備えて給料を貰ったら預金をするのではなく、反物を買い集めたという。そして、戦後インフレを乗り切って起業の元手とした。しかし、反物を購入しているときは、当時の世間は相手にもしてくれなかったらしい。

スイスやドイツまたはイタリアの時計はもはや素晴らしい芸術品だ。しかし、国産時計もなかなか価値がある。オーバーバリューされた欧州時計、アンダーバリューされた国産時計。国産時計は芸術品というより、実用品といえよう。私は今のところ、スイス時計を買う資金はないし、資金があっても買わないだろうが、国産時計は買っている。








【スペック】
【オリエント】 ORIENT オリエントスターロイヤル WZ0071EG
商品詳細手巻き
3気圧防水
精度:日差+10秒~-5秒
駆動時間:50時間以上
ケース材質:925銀、りゅうず:ステンレススティール
ガラス:表、ボックスサファイアガラス(無反射コーティング) 裏、サファイアガラス
パワーリザーブ機能
シリアルナンバー入り
秒針停止装置
シースルーバック
21石
バンド材質:クロコダイル
尾錠:925銀
サイズケースサイズ:34mm
バンド幅:18mm
厚み:10.2mm
重さ:49g
付属品説明書
保証書
専用ケース


現在の「ロイヤルオリエント」は「オリエントスター」の上級モデル「オリエントスター・ロイヤル」の上の最高級モデルとして、新開発のCal.88700を載せて復活したブランドだ。その後、Cal.40系のムーブメントを使ったスケルトンモデルを追加した。

やがて、「オリエントスター・ロイヤル」は「ロイヤルオリエント」にブランド統合され、現行モデル「WE0021EG」等の系譜となった。そのため、ロイヤルオリエントには、元々のロイヤルオリエントで高価格で「ハイビート」の「WE0011JB」等の系譜と同時に低価格でシックな「ロービート」の「WE0021EG」等の系譜が並存している。これが、同じ「ロイヤルオリエント」に2つの価格帯のモデルが混在している理由。

ロイヤルオリエントの「ハイビート」モデルは雰囲気がグランドセイコーと似ており、価格を考慮するとグランドセイコーに分があるような気もする。一方、「ロービート」モデルはオリエント時計の最高級ラインで価格も割安感があると思う。購入モデルは今のモデルよりもデザインで勝っていると感じるが、皆様はいかがでしょうか?オリエント時計のデザインは何か・・・妙な方向へ進んでいるような気がするのだが。

【参考:同ライン各モデルの違い】

WZ0071EG:ケース/銀無垢、針・インデックスが金メッキ
WZ0081EG:ケース/銀無垢、針・インデックスも銀
WZ0021EG:ケース/銀無垢、針・インデックスが金メッキ、外径/38mm
WZ0031EG:ケース/銀無垢、針・インデックスが銀、外径/38mm
現行モデル
WE0021EG:ケース/銀無垢、針・インデックスが金メッキ
WE0031EG:ケース/銀無垢、針・インデックスも銀

※オリエントの時計価格もここ数年でかなり値上がりしている。デフレだったのは実はシナやASEANから輸入される日用消費品限定だったのではないか?

Orient Star Royal Modèle WZ0071EG Quick Specs:

* Orient Hand Wind & hacking movement
* Accuracy: +10 ~ -5 seconds daily
* 21,600bph with more than 40 hours power reserve
* Case Diameter: 35mm
* Lug to lug: 41mm
* Lug width: 18mm
* Calber: 48A40

Features

* Exhibition case back
* Cotes de Geneve finish on movement
* Power Reserve Indicator
* Case, case back and buckle solid 925 Silver
* Crystal: Sapphire front and rear
* Strap: Crocodile

アドバンスト・インフォ・サービス(ADVANC)

タイ携帯大手アドバンスト・インフォ・サービス(ADVANC)ミャンマー国内でデータローミングサービスを開始した。ミャンマー郵電公社(MPT)と協力し実現した。

ADVANC(AIS)では、同サービス開始について「ビジネスや観光などミャンマーを訪問するタイ人は増えており、顧客利便性を高めるのが目的」としている。サービス料金は1MB当り約6バーツ。データプランは1日50MB、3日150MB、5日250MBの3種類を用意した。ADVANC(AIS)はミャンマーで既にボイスローミングサービス(2011/09~)や国際SMS(2013/12~)を提供済み。

ASEAN統合後を意識した企業戦略とみて間違いないだろう。

BTSの日中足(タイ時間16:40時点)

KTZMICOがレポートしたBTSだが、引けにかけて強くなってきている。記録しておく。



さて、来週の成人の日(13日)は反政府派が大規模デモをやる。いったいタイはどうなってしまうのか?軍のクーデターはあるのか?タイ国の発展を祈りタイ。

日本株は陰転?休むも相場?

日経平均と短期トレンド(赤紫)、中期トレンド(黄緑)


NINJA300のチャートでは、日本株市場は陰転している。レッドアラート@@が鳴り響いている。
しかし、日本株は強いので今後どうなるのかはわからない。NINJA300はとりあえず、本日、「キャッシュレジスターの音」を聞いてみた。相場にはいつでも入れるからね。

アマタ・コーポレーション(AMATA)

タイの工業団地開発最大手AMATAは昨年2013年の土地販売が合計約1000ライ(1ライ=1600平米)と発表した。これは昨年目標の3000ライの1/3を達成したに過ぎない。
現在進行中の反政府デモの影響で3~4件の大口顧客とのディールが延期された。

同社は今年2014年は、需要の高いベトナム(ホーチミン近郊)での工業団地販売に重点をおくほか、ミャンマーやラオス、カンボジアなど近隣各国へ進出を進めるとした。

要するに、タイは反政府デモだけが問題の根ではなくて、労働力上の制約からほぼ大規模工場の進出は飽和状態にあるとみる。

中国最大手の鉄道建設会社社長。投身自殺

シナ高速鉄道の営業距離は1万キロを突破。日本の新幹線は2750キロだから図体のでかいシナが日本を凌駕している。ところが、日本の旧国鉄と同じで赤字は垂れ流しで大きな負債を抱えている。

その鉄道建設最大手チャイナ・レールウェイ・グループ(CREC)のバイ・チュンジェン社長が飛び降り自殺をした。

フンセン首相をICC告訴へ

カンボジア最大野党の救国党は、フンセン首相を国際刑事裁判所(ハーグ)に告訴する準備を続けている。これは、首都プノンペンで1月3日、治安部隊がストライキ中の縫製業者労働者に発砲し、死傷者がでた事件の責任を問うもの。

これは完全な殺人だろう。カンボジアの治安部隊なんてその辺の体格の良い低脳連中を集めて武器を与えているだけのようなもの。馬鹿だから、人を殺すという意味すらわからない。その上、給料が極端に低いものだから強盗化するのも日常茶飯事。一回、全員死刑に処したらどうだろうか。一体、猫ひろしはこうしたカンボジアの現実を理解して帰化したのだろうか。そうじゃないとわかっているから、だから、俺は猫を認めねーー!

それにしても、低脳な国柄なことだ・・・まさに地獄よ・・・可哀相の一言・・・

台湾人之東京不動産購入激増

台湾の不動産会社「信義房屋」(台北市)によれば、2013年の台湾人の日本不動産成約額は前年約4倍の100億台湾ドル(約336億円)を突破したという。

台湾は就職難や物価高のニュースが多いが、富裕層に加えて中小企業経営者や退職公務員など「小中のカネモチ」が資金運用として日本の不動産を購入し、賃貸にだしているようだ。台湾人の視点からみれば、台湾の不動産よりも、東京の不動産は利回りがずっと良いらしい。果たして税金についてはどうなっているのかは知らない。

が・・・おそらく、今の台湾は大陸の経済力に押されまくっているから、想像するに、「若しもの時の逃げ場所を日本に確保しておこうという意味もあるのではないだろうか」。

日本不動産がブーム=円安、五輪追い風-台湾
【台北時事】2020年の東京五輪開催や「アベノミクス」による円安を追い風に、台湾人富裕層の間で、日本の不動産購入がちょっとしたブームになっている。
 台湾の投資家向けに首都圏の高級マンションなどを仲介する不動産会社「信義房屋」(台北市)の日本法人では、13年の成約額が前年実績の約4倍となる100億台湾ドル(約336億円)に達する見通しだ。1~10月の成約額は80億台湾ドルを突破し、既に11年、12年2年間の合計40億7000万台湾ドルを大幅に上回っている。
 何偉宏日本法人社長は「円安で東京の不動産価格は2割近く値下がりした。台湾と比べても割安感がある。年内の100億台湾ドル突破は確実だ」と強気の見通しを示す。
 大手財閥、新光グループ傘下の「新光国際開発」(台北市)は、円安に加え、東京五輪の開催決定を前面に出し、「50年に1度のチャンス」と銘打ち、10月末から毎週木曜日に日本の不動産の購入希望者を対象とした説明会を開催している。(2013/11/13-16:12)


台湾人は親切で、可愛くて良いですねぇ。

揺れるタイ。13日に大規模デモ計画

タイでは1月13日、反政府派が「大規模デモ」を計画している。

そんななか、政情不安による旅客減少を予想して、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空、香港エアラインの3社がバンコク便の減便を発表した。現時点で3社のみが減便を通知しているが、シナ観光客はこういうことに敏感なためシナ系航空会社はさらに減便発表の可能性があるだろう。シナ観光客の大半は昔の日本の農協と同じく「団体」様観光客だからだ。
私としては、シナ系以外の航空会社は減便で信用を無くすよりも、バンコク経由便のプロモ実施をするケースが多いと思うので、結構楽しみにしている。2ちゃん風に書けば、「東京-バンコク便の大幅値下げギボンヌ」といったところ。

SETは本日午前は上昇。KTZMICO証券から「BTSのレコメンド(?)」のEメールがあったので、参考までアップします。日本語は多少修正しました(意味の通じるところは無修正)。

BTS(1 年間の長期投資家向け)

終値(2014 年1月6日) 7.90バーツ
2014 年のターゲット株価 9.80 バーツ
ターゲット株価との差 2.60 %
2013 年の配当利回り 5.60 %


企業概要
経営主体はバンコク大量輸送システム社(BTS)。タイの首都バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)。BTSははスクンビット線とシーロム線に分けれている。現在の運営しているビジネスは3 つをわけられ、1 つ目はバンコク内のスカイトレイン、2 つ目は駅周辺のコンドミニアム、そして駅周辺、及びデパートに宣伝する事である。現在は35箇所の駅があり、今後に政治のサポートで線路を拡大る予定である。
投資の注意点
・乗客数も増加しているし、去年の6月から運賃も7%値上げたし、VGIの宣伝会社も拡大していて、またBTSの運営しているTHE ABSTRACT PAHONYOTHIN マンションから収入もできる為、2014 年より2016 年にかけて、この3 年間に31%の利益を成長するだろう。
・政治から鉄道作る計画を得るとしたら、ターゲット株価がもっと高くなると考えられる。2014 年にBEARING-SAMUTPRAKAN 線、及びMOCHIT-SAPARNMAI線の新線路を拡大る予定だ。
・タイ反政府デモはBTSに対し、そんなに影響を与えていないと思われる。そして、新線路のTAKSIN-BANGWA は予想より乗客数が多かったそうだ。
・今年の配当金は一株あたり「0.50バーツ」を予定。最近の1-2 年は1年に3 回の配当を実施している。



先週からBTSを買い続けているが、さっき8.05で「ナンピン」の買い増しをしてみた。
配当が割合高いし、安定した事業内容と思われるからだ。BTSは初めてバンコクを訪問する外国人観光客には使いやすいのは間違いない。それに、株を少しでもホールドしてれば、BTS乗車が楽しくなるだろうしね。「投資は自己判断」をお忘れなく。

誰も止められない金融緩和政策

いよいよ、2月初には、FRBの「チェアウーマン」にイエレン(67)が就任する。バーナンキの米ドル紙幣印刷政策で富裕層は資産価値が上昇して大喜びしたが、中間層は歴史的な疲弊を遂げてしまった。

「おめでとう、ミスター・バーナンキ!!あんたの狙い通りになったよ。中間層の犠牲の下にね。」

Senate Confirms Yellen as Chairwoman of Fed
Janet Yellen, currently the Fed’s vice chairwoman, will be the first woman to lead the country’s central bank in its 100-year history. She will also be the first Democratic nominee to run the Fed since President Jimmy Carter named Paul Volcker as chairman in 1979.

昨晩は米議会が56:26でイエレン氏を承認した。

In December, the chairman, Ben S. Bernanke, announced that the Fed would start to taper its purchases of Treasury and mortgage-backed debt to a pace of $75 billion a month from $85 billion a month. The decision came as new data showed stronger economic growth and a significant drop in the unemployment rate, to 7 percent in November from 7.8 percent a year before.

イエレン氏にバーナンキが始めた金融緩和政策を止めることはできるはずがない縮小(tapper-off)でさえ無理かもしれない。いや、何かがあれば、彼女は黒田氏と組んで追加金融緩和をするはずだ。
NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード
別枠リンク集(不動産、Real Estate)
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク
サバイバル
懐中時計
根付ほか
金融時計/ロレックス/"Will outchinese Chinese."
Horology
ロレックスにうんざりしたら・・・