ヤワラーの金行

ヤワラーのタン・トー・カン/Tang Toh Kangで金ネックレスを5バートほど買った。価格は9万9500バーツ。内加工賃分は1バート当たり700バーツの3500バーツ。

タン・トー・カンはヤワラー1の有名金行で雑貨で有名なサンペンレーンにある。あらかじめ電話(0-2224-2422)で予約すると、6Fのタン・トー・カン博物館を見学できる。一応見学したが、そんな大したものでもない。暇ならばというレベルだ。

ヤワラーの金行を選ぶ際には、店頭で混雑している店を選ぶこと。タン・トー・カン以外ではChin Hua Heng Gold smith、聯成興大金行(Liang Seng Heng Goldsmith)、和成興大金行(Hua Seng Heng Goldsmith)などの評判が良いようだ。そして、誰もいないような金行は避けること。治安に最大限の注意をすることが大事。

(下写真はタイの金行。インターネット上より拝借した。ヤワラーの金行は外部から壁で区切られ玄関には警備員が配置されている。安全のためだ。)


大手金行で購入すると、売却時の価格が有利になる。金アクセサリーには、その店の刻印が入っているのだ。また、領収書は大事にラミネートでもして保管しておいたほうがいい。その店で購入したことを証明するためだ。

日本では、金製品と言えばK18(純度75%)が主流だが、タイやシナ、インドでは純度96.5%のK23がほとんど。アクセサリーというよりも、資産保全の感覚が強い。

バートとは、重さの単位で、通常1バートは15.2グラムといわれる。但し、アクセサリー用の金は1バーツ=15.16グラム、延べ板・金塊は15.244グラムとなり複雑だ。

15.2グラムとすると、5バートならば、76グラムだ。購入品の重量は75.35グラム位しかなかったが、商品は二つだけでそれ以外はないと言われた。さすが、「カネがすべて」のシナ人の血を引き継ぐ、あらゆるところで手数料を抜こうとしている。地道な交渉が必要だったのだが、その後の予定が詰まっていたので今回は妥協した。ぜひ、交渉を行ってほしい。30分もかからないだろうから。

※但し、日本のように合法的に財布のなかから、5%→8%→10%を掠め取る税制よりはましだろう。

今回はアクセサリーを購入したので、金価格+加工賃3500バーツを支払ったが、ゴールドプレート・延べ板は加工賃はかからないのでお勧め。5バート以上なら手数料無料(といっても、ビッド・オファー制なのだが)。5バート以上の延べ板・金塊購入が有利と言える。

その他、国際金の単位は、米ドル/トロイオンスなので注意。とてもややこしい。なお、1グラム = 0.0321507466トロイオンスだ。ややこしいので私はエクセル表を作成している。

LNG船特需

LNG船特需だそうだ。また、修理需要も多い。LNGの修理は高度で、実質で日本企業だけの技術となっている。半島やシナは盗みたくて必死だ。
たしか、川重(7012)が昨日の日経で一面広告を出していたが、川重に関してはLNG船の修理なんてものは大した業績へのインパクトはないだろう。

造船株や海運株が堅調、LNG船特需報道で

  三井造船 <7003> 、三菱重工業 <7011> 、IHI <7013> 、佐世保重工業 <7007> 、名村造船所 <7014> などの造船株や、日本郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽船 <9107> など海運株が堅調。

  LNG(液化天然ガス)の世界的な需要増に対応するため、国内の海運会社がLNG輸送船を大量発注すると28日付日本経済新聞が伝え、関連株に物色の矛先が向かった。北米産シェールガスの対日輸出開始や、オーストラリアなどでの生産設備稼働を背景に、2020年までの発注数は現在よりも5割増え、90隻にのぼるという。

  きょうはトーヨーカネツ <6369> 、石井鉄工所 <6362> などLNGタンク関連銘柄も買われている。(編集担当:宮川子平)

世界的なエビ供給不足

東南アジアの養殖場で、えび(バナメイエビ) の感染症が蔓延し、世界的なエビ供給不足が発生している。輸入冷凍エビの価格は高騰。その余波で、「スシロー」がエビ商品の販売休止、「天丼てんや」が上天丼の販売を、2013年10月20日に終了したのはいうまでもない。個人的には、「今までが安すぎたのではないだろうか」という感想を持っているが実はよくわからない。

(安かった頃のバナメイエビ)
バナメイエビ

エビ最大輸出国のタイでは、CPF、CFRESHが影響を受けている。CPFはチキン(C)とポーク(P)だけかと思ってはだめ(笑笑)で、エビもやっているのだ。総合食品企業なのだから。

一方、CFRESHは売上高は増えているのだが、販売及び管理費増など管理コスト増から年初から9月末までで281百万バーツの純赤字となっている。「配当株」として買われてきたCFRESHだが、来年3月の配当はどうなるか?

日本の商社はベトナムの水産会社へ投資したりして、エビ輸入先をベトナムやインドネシアへ移すとか・・・「生モノ」は難しいですね。

NYダウ。84年前と類似??

以下は、日経新聞の記事から引用。

著名チャーチストのトム・デマーク氏が1カ月前に米国の経済誌ブルームバーグビジネスウイークの電子版で示した通り、最近のダウ平均の値動きは84年前の「暗黒の木曜日」の大暴落前夜に似ている。グラフは同氏の指摘をヒントに作成したが、もし今後のダウ平均の軌跡が84年前と同じと考えれば、年末にかけて1万6800ドル近辺まで上昇した後、来年3月にかけて1万3000ドル割れの水準まで下がるイメージだ。本当に起きれば、東京市場は外国人の売買が委託売買代金の6~7割を占めているから、巻き添えを食う可能性は十分にある。

a href="http://ninjafighter.blog.fc2.com/img/fc2blog_2013112616142701d.jpg/" target="_blank">

ソフトバンク(9984)を柱とする、つまり米国株を「写真相場」とするのが現在の日本株相場だ。外国人投資家の日本株式保有比率は30%に迫ろうとしている。仮に「暗黒の木曜日」の再現があるならば、日本株も大きな影響を受けるだろう。

住友化学(4005)。カンボジア高官に賄賂

住友化学、カンボジアでの入札不正「厳粛に対応」=公表には遅れも

 住友化学のシンガポール法人の現地社員2人が2006年から10年にかけ、同社の製品である蚊帳受注のためカンボジア政府高官に総額約26万ドル(約2640万円)を供与した問題で、同社は25日会見し、「厳粛に受け止めている」とコメントした。(2013/11/25-21:57)


米倉

住友化学(4005)の米倉会長は25日、経団連会長としての記者会見で事実関係を認め、「住友化学としてアジア地域で日本と同程度の法令順守の徹底を図っている最中だ」と述べたようだ。売国奴・米倉が辞任しない限りは、住化は一切買えませんね。

※「除鮮期間」を終了し再開します。始めは更新ペースは遅くなると思いますが、次第にペースを戻していくつもりです。

米国で日本人証券口座開設受付が中止へ

米国の金融機関が次第に外国人投資家口座開設に厳しくなっている。9.11同時多発テロでビンラディンがデリバティブで大儲けしたことが原因の一つだ。

「11月1日より、Firstrade証券は日本人の口座開設の受付を中止」した。また「E*Trade証券のInternational Accountも現在は日本人の口座開設を受け付けていない」。
米国の証券会社が日本人の口座開設に厳しくなってきているのは、「日本の証券税制改悪に伴って日本当局からの要請に応じているのではないか」と私は勝手に想像している。

現時点で、日本人が口座開設可能で、米国市場に発注可能な海外証券会社は、香港やシンガポールの銀行・証券会社か、米国のブローカーで日本で支店登記をしているInteractive Brokers証券に限定される。

早めに香港・シンガポールで口座開設することをお勧めしたい。基礎的な英語力に欠ける人は、ジャパンデスクがある証券や銀行にすれば良いだけだ。香港・シンガポールの金融機関にとっては日本人大口顧客を獲得するチャンスがやってきた。しかし、彼らは金融庁の規制で日本でのマーケティング活動は禁止されている。ゆえに、日本人投資家側からコンタクトしなければ何も起らない。こんなのは当たり前だろう。

マーク・ファーバーは、「米国で金を購入し金融機関に預けていたり、金ETFを購入していると、換金できなくなる可能性がある」と主張している。したがって、彼は「アジアの金融機関で金ETFなどを購入すべき」としている。仮に、アジア、特に、シナ、ベトナム、カンボジア、タイ、シンガポールなどで政府が金を凍結すれば激しい反政府運動へ転化するだろう。私には、マークの意見は「もっとも至極」に聞こえる。

香港雑誌がシナ共産党崩壊を予測

香港雑誌「辺境」が今後3年でのシナ共産党崩壊を予測した。以下、宮崎正弘氏の文章から引用。

有力雑誌『辺境』が最近号で「中国共産党は三年で崩壊するだろう」という衝撃的な記事を配信した。 
「まず2014年に経済が崩壊し、2015年に共産党の秩序が破壊され、16年に社会全体が昏睡状態に陥る」
同紙は理由として(1)経済的苦境と海外へのカネの逃避(2)不動産バブルの瓦解(3)シャドーバンキング問題の爆発(4)地方政府の債務不履行がおこり、しかし金持ちらは国の将来に期待を寄せず、高官は腐敗を止めないからだ。
それはバブル崩壊という文脈だけでは日本や米国でも経験したことだが、中国は共産党独裁という秩序、社会システムの差違があり、むしろソ連崩壊の1988年から91年の三年間のプロセスに酷似するだろう、とした。 
ソ連の崩壊は経済苦境、財閥の海外逃亡、ソ連共産党の権威失墜の瓦解、社会の大混乱からロシア連邦へと脱皮したように、党の秩序崩壊プロセスを重点的にみていることが分かる。
北京よりの『文わい報』は、こうした予測に真っ向から反論しているが、「中国経済の崩壊は世界に裨益せず、誰も望んでいない」と主観的で脆弱な言い分が論理基盤にある。


人民解放軍(実質は共産党の私兵)、公安、武装警察、ネット軍団という体制維持装置を抱えてシブトイ独裁体制を維持しているシナだが、一体何時頃から崩壊が始まるのか?

おそらく、崩壊後は滅茶苦茶な状況になるだろうが、重ねていうが、日本はシナ情勢に深入りしてはならない。ほうっておけば良い。人道的支援なんてするのは「自己満足」だから止めろといいたい。シナに現在も投資を続ける自動車関連産業の投資は無に帰すだろう。ヒラリーは、「10年後のシナは最貧国」と言った・・らしい。おそらく、私が死ぬ頃位に新生シナのが興るはずだ。そのときは、「ウイグル」「チベット」「モンゴル」「満洲」は独立を回復し、シナ本土は4-6カ国に分裂しているだろう。

シナはウイグル人の少年の内臓を盗っている。シナはチベット人を虐殺している。今のシナ製品(Chinese products are blood stained.)は血塗られていることを日本人は忘れてはならない。



※ベア・グリルスが使っていたGショック。第2ウォッチにしようかと今、思っています。当初はレンジマンを購入しようかと思っていたが、GSを購入したので、こちらのレンジマンの半値以下の価格とアナログ表示、黒・赤のGショック配色、ベア使用というタフさのイメージが魅力です。もちろん、レンジマンの高度計、気圧計、コンパス機能、温度計は魅力がありますが今の気持ちはこっちに振れています。彼が使っていたウェーブセプターはヨーロッパでしか販売してないようです。デザイン的にはあまり好きでないのでGショックの方が好みです。

NY株が下がれば・・・

NY株が下げれば、金も下げるだろう。理由は金の金融商品化だ。金ETFの金売りから株と前後してさがるはずなので注意が必要だ。おそらく、金の底は来年以降になるだろう。

(国際金、5年チャート)

欧州中銀利下げ。史上最低金利0.25%へ

ECBは11月7日の定例理事会で、ユーロ圏17ヶ国の主要政策金利を0.25%引き下げ、史上最低の0.25%にすることを決めた。ユーロ圏の短期金利市場はすでに0.1%を下回る水準で推移している。

4~6月期に景気後退から脱却したが、回復ペースは緩慢。ギリシャをはじめとして、スペイン、イタリアなど南欧では失業率は高水準で、将来的には治安悪化と民族主義台頭が起こるだろう。日本型の長期経済低迷に陥る可能性もある。

(ユーロストックス50指数、直近5年チャート)


◆◆あなたはこのユーロストックス50指数のチャートがさらに上値を抜けて、果たして上昇すると考えますか?◆◆

BTSにみる。「したたか」なタイ

タイは伝統的な緩衝国だ。植民地時代はビルマを支配した英国とコーチシナを支配したフランスの間で独立を維持した。

6日、丸紅と東芝はバンコクのBTS(高架鉄道)への車両納入と運行システム及び10年間のメンテナンス事業を受注したと発表した。受注額は非公表。日本企業連合が海外の鉄道メンテナンス(保守)事業に参画するのは初となる。
受注したのは「パープルライン」で、全長23キロ、2016年開通予定。JR東日本が製造した車両63両を納入する。タイの鉄道を日本製車両が走るのは初。

日本のODAで建設されたバンコクのMRT(地下鉄)の車両・運行システムはドイツ(ジーメンス)にさらわれた。スワンナプームから市内へのエアポートリンクもジーメンスだ。BTSではスクンビットラインがジーメンス製車両を使用。そして、BTSのシーロムラインはシナ製車両を使っている。しかし、日本もパープルラインで初の参入となった。旨みは乏しいだろうが。

ドイツ、シナ、日本にバランス良く発注してリスク回避する。タイ人は「したたか」だ。

カンボジアが日本人向け銀貨発行

日本の財務省と独立行政法人造幣局は5日、カンボジア国立銀行から記念銀貨鋳造を受託したと発表した。日本とカンボジアの国交樹立60周年事業の一環で、最大1万枚を製造し、主に日本国内で販売する。
記念銀貨は額面3000リエル(約73円)で、表はアンコールワット遺跡、裏は両国友好のロゴマークを描く。6日から造幣局で申し込みを受付。

日本では電子マネー普及などで貨幣の製造量が減少しているが、造幣局は生産設備を有効活用するために海外からの受注に力を入れている。昨年はバングラデシュの貨幣製造を受託した。

現在、国際銀価格はオンスが21.68米ドル(≒1キロで700米ドル弱)。2011年4月には46.47米ドルの高値を記録したのだが、今年(2013年)6月に19.83米ドルまで57%下落した。現在は2011/4の天井から53%安の水準にある。


一枚6000円。額面73円のものを6000円で発売するのだから、82倍以上で販売することになる。コイン収集マニアが買うのだろうが、果たして売れるのだろうか?

銀は値動きで金よりボラティリティは大きいが換金性で金に大きく劣る。例えば、タイでは銀なんて換金性は無いと考えた方が良い。投資としては、銀現物購入は止めた方が良いだろう。1キロで約7万円だから持ち運びも大変だ。

(銀チャート)
シルバーチャート

キャピタランド(C31:SP)

シンガポール最大不動産会社のキャピタランド(C31:SP)は10月31日、第3Q(7~9月期)決算を発表した。売上高は前年同期比52.5%増の10億5000万Sドルだったが、純利益は同8.7%減の1億3550万Sドルと冴えなかった。売上原価が92.8%増の7億7410Sドルと急増した。オーストラリアとベトナムでの不動産開発事業売上が好調だったという。

C31の中核4事業は1)不動産開発、2)不動産金融サービス、3)ホテル運営、4)不動産投信。事業地域は主にシンガポールと中国本土だが、オーストラリア、ヨーロッパ、湾岸地域など世界中で事業を行なっている。
また、不動産投信では、「キャピタモール・トラスト(29.7%保有、C38U)」「キャピタコマーシャル・トラスト(31.3%保有、C61U)」「アスコット・レジデンス・トラスト(47.0%保有、ART)」「キャピタリテール・チャイナ・トラスト(26.6%保有)」「オーストラランド」などを保有。

2013年1~9月期決算では、純利益は前年比5.9%増の7億690万Sドルだった。リム・ミンヤンCEOは、1~9決算について「健全」と強調し、シナとシンガポールに引き続き注力する考え。シナの不動産バブル動向の影響を受ける銘柄だ。

(C31の5年株価チャート)

日本株のトレンド分析

日経平均株価は短期・中期トレンドともに下を向いている。来週は中間決算発表で一喜一憂となりそうだ。

(日経平均株価、赤茶色:短期トレンド、黄緑:長期トレンド)



カイマンの高級財布。クロコには、入江ワニ(豪州)、大クロコ(ニューギニア)、ナイルクロコ、シャムワニの4種類がある。アリゲーター(中南米産で最も流通している)は業界ではクロコとみなされない。カイマンはアリゲーターの一種で中南米に生息する。価格差の理由は主に「人気と需給」に過ぎず、品質に大差はない。絶滅危惧種は高くなるわけだ。カイマンで十分。クロコが一番安く購入できるのは、タイとベトナムだ。




風水では黄土色、茶色などは財布に適した色だ。


Gショックのクロコモデル。これはウケルと思う。個人的には大好きだ。

中間業績発表。明暗分ける

セイコーエプソン、今期経常を3.1倍増益に67%上方修正

 エプソン <6724> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は306億円の黒字(前年同期は141億円の赤字)に浮上し、従来予想の90億円の黒字を上回って着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の330億円→550億円(前期は176億円)に66.7%上方修正し、増益率が87.2%増→3.1倍に拡大する見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比11倍の257億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.0%→10.5%に急改善した。



ソニー「投機的」寸前 米ムーディーズ、格下げ検討 2013年11月2日06時49分

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは1日、ソニーの長期信用格付けを引き下げる方向で見直すと発表した。今は21段階のうち上から10番目の「Baa3」で、一つ下がると、投資に向かない「投機的な水準」とされる格付けに落ちる。

 ソニーは10月31日、2013年9月中間決算を発表し、テレビの不振などで純損益が158億円の赤字になった。中間決算としては3期続けての赤字で、14年3月期(通期)の純損益の見通しもこれまでの500億円の黒字から300億円の黒字へ引き下げた。


ソニーはだめですね。セイコーエプソンの好業績には驚きました。

日経平均の大局観

大した分析ではないのだが、基本の基本として、日経新聞から転載します。これは「誰もが想定している相場観測」なので、重要だからです。

上昇相場の「3段目」接近中 株価の波動、力強く 実践 ロジカル株式投資(8) 2013/11/1 7:00

 日経平均株価が前日比1143円(7.3%)安と急落した2013年5月23日から間もなく半年。日本株は底値固めをほぼ終了し、上昇に転じる兆しをみせています。過去の株価チャートを研究して法則を発見し、未来の株価を予想する「テクニカル分析」の基本を学んで、株式相場の大きな流れを把握する力を身につけましょう。

■ポイント1 過去の相場を分析して将来を予想する

 「強気相場は通常『5波動・3段上げ』となる傾向がある」(SMBC日興証券の吉野豊チーフテクニカルアナリスト)。テクニカル分析の基本的な理論である「エリオット波動」によると、1つの相場は「上昇5波動」と「下降3波動」で形成されます。我々が現在経験している上昇5波動は3つの上昇波(3段上げ)と、その間にある2つの下降波で構成されています。



 「5波動・3段上げ」の特徴を理解するために、03~07年の郵政解散相場で日経平均がたどった軌跡を確認してみましょう。当時の起点は03年4月28日に付けた7607円で、04年4月26日の1万2163円までが1段目の上げです(第1波)。05年5月17日に1万825円に下落(第2波)した後、06年4月7日に1万7563円に上昇して2段目の高値をつけます(第3波)。再び下落して06年6月13日に1万4218円で底値を確認(第4波)。3段目の上げに移行し、07年7月9日に1万8261円で天井を打ちました(第5波)。期間は4年余り、株価は2.4倍、上げ幅は1万654円という歴史的な上昇相場として記憶されています。

 当時の動きを現在と比べてみましょう。09年3月10日の安値7054円を起点とする上昇5波動の中にいるとすれば、13年5月22日の1万5627円は2段目の高値にあたります。SMBC日興の吉野氏は、高値から6カ月後となる11月半ばには調整が一巡し、3段目の上げに移行する可能性を指摘。「14年夏にも1万7700円近辺、最大で2万円近辺に上昇する」と予想しています。約5年で2.5~2.8倍の本格上昇となる見込みです。

 相場調整に約6カ月という期間を想定したのは、大幅上昇後1~2カ月で20%超下落した局面では回復に時間がかかることが過去の実績としてわかっているからです。1987年10月19日の「ブラックマンデー」のとき、日経平均は87年10年14日の高値2万6646円から11月11日の2万1036円まで約1カ月間で21%下落。88年4月7日に2万6769円まで上昇して急落前の水準を回復するまで、約6カ月を要しました。

■ポイント2 高値水準、上げ幅の「2倍」「3倍」を応用

 それでは1万7700円近辺と2万円近辺という水準はどのように導かれるのでしょうか。この場合も、答えは過去の相場が教えてくれます。

 前者は、まず03年4月28日に付けた7607円から07年7月9日の1万8261円までの上げ幅を算出(1万8261円-7607円=1万654円)。この1万654円を09年3月10日の7054円に加えると1万7708円、つまり1万7700円近辺となります。



 後者も同様に上げ幅を使います。09年3月10日の7054円から10年4月5日の1万1339円までの上げ幅は4285円。これを1万1339円に加算した水準が1万5624円で、13年5月22日に実際につけた1万5627円とほぼ一致します。ここが2段目の高値とすれば、さらに4285円を足した水準の1万9909円が3段目の高値になると考えられます。2万円近辺の根拠です。


これは小学生レベルの分析に過ぎないが、基本相場観として、忘れがちになるので記録しておいた。

危うい米株

米株が揺らいできた。

(S&P500:青線、短期トレンド:赤線、中期トレンド:黄緑線)


実は昨晩の終値で、S&P500の短期トレンドが陰転した。水準が高いため、中期トレンドも今後、陰転する可能性が高いと思う。イエローアラート!

影の首相。タクシン氏

どうして、亡命中の元首相に実力があるのか?このへんがタイの「民主制」の悩みだろう。

タクシン元首相、タイ中相互ビザ免除明言 2013年10月31日(木) 05時33分
【タイ】タイのタクシン元首相は28日、インターネットの交流サイト、フェイスブックの自らのページに、2014年からタイと中国が相互にビザを免除すると書き込んだ。

 タイと中国の相互ビザ免除は中国の李克強首相が10月中旬にタイを訪れた際に提案した。

 タイは中国人の旅行先として人気が急上昇中で、今年1―8月にタイを訪れた中国人は前年同期比88・4%増の322・1万人に上る。タイでは観光収入の増加を歓迎する一方、中国人旅行者のマナーの悪さを厭(いと)う向きもある。

 中国人に対するビザ免除については、タイ国内で、「中国人の急増で欧米などからの旅行者が減る」、「中国人の不法滞在が増える」といった懸念も出ている。ただ、タイ政権の最高実力者であるタクシン氏が明言した以上、実現する可能性が強まりそうだ。


いずれにせよ、流れとしてはタイとシナの相互ビザ免除の方向へ向かうだろう。
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード
別枠リンク集(不動産、Real Estate)
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク
サバイバル
懐中時計
根付ほか
金融時計/ロレックス/"Will outchinese Chinese."
Horology
ロレックスにうんざりしたら・・・