転換点は近いのでは・・・

本日、ガンホー(3765)が18.8%安となった。新興市場の投資家は結構、痛んだのではないだろうか?ジャスダック指数は急落している。一方で、資金はREIT市場へ向かっている。

(ジャスダック指数)


(東証REIT指数)
東証REIT1030



突然だが、上のリンクはベア・グリルスがはめていたウェイブ・セプター。彼の時計は最初はブライトリング・エマージェンシーなど。Gショックも使っている。

(※以下、ウェイブ・セプターのスペック)
ケース・ベゼル材質: 樹脂/ステンレススチール/メタルバンド(ステンレススチール)/ワンプッシュ3つ折式バックル/サイズ(H×W×D)/質量:48.7×43.5×13.4mm/94g

ネオブライト
樹脂ガラス(表面形状:球面・曲面)
10気圧防水
タフソーラー(ソーラー充電システム)
電波受信機能:自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信、
<日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz /60kHz(福島/九州両局対応モデル)
<北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
<ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz /77.5kHz
<中国>受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
ワールドタイム:世界29都市(29タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの都市入替機能
ストップウオッチ(1/20秒、24時間計、スプリット付き)
タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測、タイムアップ後経過時刻計測(24時間計)付き)
時刻アラーム
バッテリー充電警告機能
パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると運針を停止して節電します)
日付・曜日表示
フルオートカレンダー
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
機能使用の場合:約5ヵ月 
パワーセービング状態の場合:約23ヵ月

ホームタイム都市(受信機能対応都市) /受信電波
東京/日本の標準電波JJY40・JJY60
(ホノルル)、(アンカレジ)、ロサンゼルス、デンバー、シカゴ、ニューヨーク/アメリカの標準電波WWVB
ロンドン、パリ、アテネ/イギリスの標準電波MSF・ドイツの標準電波DCF77
香港/中国の標準電波BPC
※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
※ 電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。



上のリンクの型番の「Gショック」もはめていた。

糸の切れた米国株

米株が糸の切れた凧のごとく上昇している。いったいどこまで上昇するのか?

(S&P100のチャート)


短期線(赤)は上向きだがやや行き過ぎ。中期線(黄緑)も上向きだ。短期的な調整は何時来てもおかしくないし、それが大きな調整になる可能性も孕んでいる。

BTS その3

BTSのキリー会長は。2016年3月期(BTSは現在3月末決算)まで配当金を毎年10億バーツ増やす方針を明らかにした。路線延長でBTS利用客が増えているほか、BTSGIFから安定配当が期待できるためらしい。

同会長によれば、2014年3月期の配当額は60億バーツ超で前期から10億バーツ以上増えるとしている。今年8月に1株当たり0.19バーツ、総額21億9000万バーツの中間配当をしたため、期末には40億バーツ以上を配当として株主へ分配する。2015年3月期の配当額は70億バーツ、2016年3月期は80億バーツに増額するとしている。

BTSは今後1200億バーツを投じて合計4路線を拡張する。また、バンワーまで延長するシーロム線は、シナから20車両を購入し、今年12月5日から運航を開始する。

(BTSの車両)



グロース(成長)株ではないが、バリュー(価値)株としては良いかもしれないですね。
私は少しだけホールドしていますが推奨するものではありません。

「辞任考えたこともない」=「認識が甘すぎじゃないか」→「税金返せ!」

みずほグループでは旧3行の本店所在地を符丁に使って行員を色分けする。旧富士銀行出身者を大手町、旧日本興業銀行を丸の内、旧第一勧業銀行を内幸町と呼ぶ。内幸町は弱いので、主なヤクザ的な派別抗争は「丸の内」と「大手町」の間で行われている。

佐藤康弘頭取(1976年日本興業銀行入行)は「丸の内」派だ。今回のヤクザへの融資で、彼は「辞任考えたこともない」と発言した。認識が甘い!

(下写真は旧興銀IBJ出身の佐藤頭取。「みずほ行内でも興銀派と富士派の間の抗争があるんで忙しんだ」「ヤクザなんてほっとけ」「これは富士派の陰謀だ」とでも思っているのだろうか。)
さとうIBJ

ヤクザに融資する銀行なら、支店窓口でいちいち顧客(自分)に「個人情報を任意です・・と言いながら個人情報を嗅ぎまわる(詳細はコチラ)」んじゃない!慇懃無礼なダニめ!カブトデコム、ガマの女将、ハウステンポスを忘れたか!・・・国民の税金をいくら投入してきたと思っているんだ?

もっと国民は怒ってください!
少なくとも怒るポーズはしとかないと癖が付きますからね。

それでも年収5800万円!? 佐藤頭取「業界の常識で設定」

 みずほ銀行が二十八日に決めた佐藤康博頭取の社内処分は「十一月から半年間の報酬ゼロ」だった。みずほ銀は二〇一三年度の佐藤氏の報酬の見通しを明らかにしていないが、一二年度は一億千六百万円だった。一三年度以降も同水準と仮定すれば、半年間は無給でも一億千六百万円の半分の五千八百万円の「年収」を確保する計算になる。

 それでも佐藤氏は二十八日の記者会見で「われわれの給与は業界の常識から設定されており、突出して高くはない。(無給期間を除いた)残り(期間の報酬)の金額が過大ということはない」と言い切った。

 みずほ銀の持ち株会社、みずほフィナンシャルグループ(FG)の有価証券報告書によると、佐藤氏は一二年度、みずほFGの社長と旧みずほコーポレート銀行頭取の報酬を合わせ、一億千六百万円を受け取った。銀行の会長職を辞任したみずほFGの塚本隆史氏の報酬も佐藤氏と同じ一億千六百万円だった。

 みずほ銀以外の大手金融機関では、佐藤氏が「常識」と指摘したように三井住友銀行の国部毅(くにべたけし)頭取も一二年度、持ち株会社の取締役の報酬と合わせ一億二千七百万円という高額の報酬を得た。一方で国税庁の統計によると、民間企業で働く正社員が一二年中に得た給与は平均四百六十八万円。単純計算では、暴力団員への融資で責任を取った佐藤氏は「正社員約十二人分の年収」を得る見込みとなる。

BTS その2

BTSの事業内容は、1)大量輸送(バンコクの高架鉄道BTS)、2)メディア(広告)、3)不動産、4)その他サービスだ。

1)大量輸送については、BTSは高架鉄道の乗車運賃や駅構内広告の料金などが売上高となる。但し、実はBTSの主要部分をBTSは今年4月にBTSGIFというインフラファンドに売却した。これが今後、どう影響してくるか。
この大量輸送事業は売上高の58%を占める。バンコクの「BTS」には一日で760万人が乗車するから乗車運賃も広告収入も大きく安定している。また、バンコクのBRT(Bus Rapid Network)というバス会社も保有する。

2)広告事業は売上高の27%を占め、直接的には子会社VGIが行う。VGIは戸外広告でのタイ最大企業でBTSの電車内や駅構内以外の広告事業にも進出している。

3)不動産は売上高の15%で、BTS沿線沿いにマンションやオフィスビル・サービスアパートメント・ホテルなどを開発・運営する。BTSの所有不動産簿価は110億バーツで(1)住宅用(一戸建て、マンション)、(2)商業用(ホテル、オフィスビル、サービスアパートメント)、(3)土地在庫(ランドバンク)に大別できる。

BTS開発マンションのブランド名は「アブストラクツ(Abstracts)」。「アブストラクツ」はBTS駅から250メートル内という好ロケーションで、購入者には「BTSに10年間乗り放題」というフリンジも付く。
また、ホテルのブランド名は「U Hotel」と「Eastin」でホテルマネジメントは合弁会社(50:50)が受託する。

4)その他サービスは省略

BTSの業績は好調で、2012年通年の営業利益は前年比33.8%増の103億バーツ(前年は77億バーツ)、営業利益率は48.8%(同47.2%)。配当政策は「利益の50%以上は配当する」というもの。

2013年Q1でBTSの純利益が激増している理由は、大量輸送事業や広告事業の好調や不動産売却益もあるが、BTS主要部をBTSGIFに売却したためだ。「Gain on sale of future net fare box revenuesという勘定に巨大売却益が流入したことが大きい。

BTSは持ち株会社に変わりつつあるが、東京へ来れば営団地下鉄に乗るように、バンコクへ来ればBTSへ乗るだろう。個人的には安心感のある銘柄だと思う。

現在(2013/10/25)のBTS株価は、8.90バーツ、PERは8.10倍、配当利回りは4.14%。

(バンコクのBTSマップ)


BTSの車両はスクンビッド線がシナ製、シーロム線がドイツ製となっている。日本製は無駄な機材が多く付いて高価すぎてデザインもダサく、なによりも「コスパ」が悪いからだ。タイは日和見な国で、シナに脅威を感じている。そして将来は、シナのタイへの観光客は劇的に増える可能性がある。その時(まだまだ先だが)、上昇する可能性があるタイ銘柄を今から探しておくのも悪くはない。

マレーシア。2015年4月から物品サービス税導入

マレーシアは消費税に相当する物品サービス税(GST、goods and services tax)を2015年4月から導入すると発表した。ニュースクリップの記事本文は2014年4月からと導入としているが2015年4月からだ。日本の消費税と勘違いしたのだろう。

マレーシア版消費税GSTの税率は6%。導入目的は財政赤字削減と課税ベースの拡大だそう。「アメ」として、個人所得税と法人税の引き上げと低所得層向けの一時金支給(1回限り)が併せて表明された。「消費税」=「フラットタックス」で「逆進性」があり、政府はそれを助長する政策を採っている。貧富差は世界的に拡大傾向にあるのだ。

マレーシアは法人税を現在の25%を2016年から24%へ1%引き下げる。マレーシアならば、企業減税の資金は設備投資に向かうだろう。しかし、日本で法人減税をしても高齢者層の消費に火が付かない限りは企業は内部留保するだけだ。安倍政権は法人税減税よりも設備投資減税をすべきという意見を個人的に持っている。

マレーシアで消費税導入、税率6% 2013年10月25日(金) 20時42分

【マレーシア】マレーシアのナジブ首相は25日、2014年予算案の発表に合わせ、来年4月1日から消費税を導入すると発表した。税率は6%となる。

 コメ、砂糖、塩、小麦粉、食用油、大豆、香料、塩蔵魚、水道料金、電気料金(月200ユニットまで)、公共交通機関の運賃、医療費、教育費、不動産の賃貸・売買などは課税対象外となる。

 ナジブ首相は「税率は東南アジアで最も低い」と強調した。また、消費税導入と同時に低所得層への減税措置も拡大し、所得税納税者のうち30万人が納税を免除されると説明した。このほか、中小企業の法人税率(現行20%)を2016課税年度から19%に引き下げる。


ASEANでGSTを導入していないのは、マレーシアのほか、ブルネイとミャンマーだけ。ナジブ首相は6%の税率について、「インドネシアやベトナムなどの10%やシンガポールやタイの7%と比べASEAN諸国のなかで一番低い」と強調している。マレーシアは独自の道を進み、経済で成功しているのにもったいないことだ。

BTS(BTS) その1

BTSは10月16日に権利落ちで既存株主の保有3株に対して1枚のワラントを発行した。SETはワラント発行をXWという記号でSETのHPに表記していますが、実は、私はすっかり3:1の増資と勘違いしてしまっていました。お詫びと反省です。

新ワラントのコードはBTS-W3期間5年、4年間はワラントのままで売買可能、4年目からは株式への転換可になります。つまり、今後4年間は現実には株式希薄化(潜在株式ではあるが)はしないわけです。そして、4年目以後の行使価格(E)は12.0バーツでワラント1枚で1株に転換できます。

BTSはもう一つBTS-W2というワラントを発行しており、11月8日が最終権利行使期限となります。つまり、今はファイナンス期間で株価は微妙な動きの時期。幹事証券がどこかはしらないが、日本のように株価安定工作とかやっているのかもしれないですね(不明)。一般的には権利行使で株式供給が増えるため、これは悪材料となります。

直近3年のBTSの株価推移

ダイバーズウォッチ他。独断で今欲しい時計(※本日は相場とは関係ありません)

これまで私は、自分自身の評価では「物欲がほとんど無い」と思ってきた。しかし、最近は自分にも人並みの物欲が出てきたように感じる。頭のなかに「Shopping Scheme」が渦巻いているのを感じるからだ。特に株なのだが、それ以外にも色々ある。心境の変化の理由は内緒。

本日は身近なところで「欲しいな」と思う時計をご紹介したい。

・まずは、「ブラックモンスター(SKX779K1)」。これは一目ぼれ。デザインがカッコイイ。価格は安いので欲しいのだが、※色々理由があって多分購入はしないと思う。200M防水のダイバーズウォッチだから凄い。自動巻きなのでメンテナンスコストがかかるのが難点。外径はかなり大きいが、小さいのが好きな人には「ベイビーモンスター」というのがあるのでそっちが良いだろう。

ブラックモンスター(SKX779K1)のビデオ






※「色々な理由」・・・(できれば消費税増税を避けて)来年3月末までに購入予定のカシオのレンジマンと被る部分が多いのです。自重しております。

・もう一つは、「セイコー ブライツ」の「SAGA111」。デザインがとにかく最高に気に入ったのだが、電波受信範囲が「日本、シナ、米国」だけ。「ASEAN」はしょうがないとしても「欧州」をカバーしていないのがネック。
でも、主に日本にいる方ならまったく問題ないと思う。こちらは、ブライツの最高級品なので値が張る。定価21万でネット販売でアマゾンで14万6800円位だ。

SAGA111のビデオ




「機械式」と「クオーツ」に大きく分かれる腕時計の世界だが、機械式の世界は時計というよりも趣味とアンティークと芸術の世界になっている。クオーツの世界では「SEIKO」と「CITIZEN」の日本の2大メーカーだろう。カシオは海外で知名度が高いが異分野を切り開いている感触だ。そして、方向的にはクオーツ時計は「GPSサテライト時計」に行き着くのではないかと思う。

となると、「アストロン」が一番手だと思うが、セラミック仕様のせいか・・デザインがいまひとつ。まだまだこれからの世界だ。セラミックにさまざまな意匠を施す技術ができれば少々高くても購入したいと思う。

「SAST009」のビデオ




最後に、時計について色々書かれている時計屋さんのHPだけご紹介して終わります。

今週のまとめ、来週の展望

MSの来週の相場展望。さて、どうするか?米株は驚くほど強い。

株式週間展望=為替をにらみ神経質な展開―ヘッジF決算で荒れ模様、好決算銘柄が下値の支えに 8時46分配信 モーニングスター

 今週(21-25日)は、焦点だった現地22日の米9月雇用統計で非農業部門雇用者数が14.8万人増と市場予想の18万人増を大きく下回ったが、QE3(量的金融緩和第3弾)縮小先送りへの期待から23日の東京株式市場は買い優勢でスタート。しかし、後場に様相は一変する。再び高騰し始めた不動産価格に歯止めを掛けるべく、中国当局が金融引き締めに向かうのではないかとの見方が広まり、安全資産として買われた円が対ドルで約1円上昇。日経平均は287円安となり、その流れは翌24日にも受け継がれた。が、終盤に為替相場が円安に振れたことで日経平均は急浮上。日立製作所 <6501> が情報・通信システム部門、オートモティブシステム部門の好調を主因に今期(14年3月期)上期業績予想を上方修正していたことも買い安心感につながってか、東証1部の値上がり銘柄数は1321と全体の75%に膨らんだ。

 しかし、25日は再び逆戻り。24日には、昼に発表された10月のHSBC中国PMI(製造業購買担当者指数)が50.9(速報値)で市場予想の50.4を上回り、3カ月連続で改善したことがいったん、株高、円安に作用したが、PMI(購買担当者景気指数)の改善は金融引き締めの根拠を強めるとの観測からか、この日は円高への懸念が台頭。週末事情も重なり、日経平均は大幅安となった。

 これを踏まえた来週(28日-11月1日)の展望だが、一つ押えておきたいのはヘッジファンドの決算が11月に集中していること。為替相場に急激な変動が起こると、先物主導で株式の需給が乱される可能性があることを認識しておきたい。そのため、中国や米国の動向には細心の注意が必要だ。ただ、一方で企業の業績見通しが、同じくヘッジファンドの決算月だった5月の段階より強まっているのも確か。下値の買い意欲はおう盛とみられ、決算発表が本格化するなか、多数出るであろう好決算銘柄の存在が下値を支えそうだ。日経平均は1万3800-1万4400円のレンジを予想する。

 イベントでは現地29日のFOMC(米連邦公開市場委員会、30日まで)、米9月卸売物価、30日の米10月ADP雇用統計、米9月消費者物価指数、11月1日の中国10月製造業PMI、米10月ISM製造業景況指数。国内は29日の9月失業率・有効求人倍率、9月家計調査、9月商業販売統計、30日の鉱工業生産、31日の日銀金融政策決定会合など

日経平均。398円安

日経平均はNYダウが昨晩95ドル高となったにもかかわらず、円高を嫌気して、398円(2.75%)安。市場ではシナ市場の下げを嫌気したとか。しかし、これは後付けの話のための話で香港ハンセンは0.6%安、上海総合は1.45%安で東京市場よりはましだった。

今回の下げの根底には消費税3%増のマイナス効果>>>12月に決定するかどうかわからない公共投資5兆円のプラス効果》があると、私は考えている。
消費税は出口での「フラットタックス」で貧富差拡大を促す。
また、法人税実効税率を下げても個人消費が盛り上がらないと企業は設備投資に資金を回さない。内部留保するだけだ。デフレは続く。そして、米国のように貧富差は拡大する。

安倍総理はいったい経済がわかっているのだろうか?靖国にも参拝しないし、総理はいったい何を狙っているのだろうか。



一方、テクニカル的には下にあった二つの窓に引き寄せられた形。
一目均衡表では、日経平均は丁度、雲の交差するところまできている。ここを割ってくるとまずくなる。また10/9と10/10で窓が有り、窓埋めは14037円で完了になる。取りあえず、今晩のNY市場の結果を待とう。

《S&P500》1987年と2013年の比較グラフ

現時点で米株市場は堅調に推移している。今年もまた、ウォールストリートのストックマン(株式市場関係者)には大きなボーナスが支払われそうだ。羨ましい限り・・・



ところで、今年(2013年)のS&P500の推移をブラックマンデーの1987年と比較してみた。2013年の株価はゆっくりと上昇している。
おそらく、仮に、年末にかけて暴落があるとしても1987年のように大幅安になることは考えにくい。

日本株は目先底付けたかも・・・

本日のザラ場安値で目先底を付けた感じです(日足で見事な「下髭付き大陽線」)。良かったです。
問題は・・・NY市場ですね。昨日は湿りましたが・・・そして、今の相場は円相場次第です。

あと一日で一番警戒してた今週を通過します。
来週は中間決算が本格化ですが、私は中間決算については、「楽観」しています。ソフトバンク(9984)が崩れなければ大丈夫!バンクも見事な「なんちゃって包み線」になっています。



225は26日MAを下抜けなければOK。昨日の大虐殺から持ち株はだいぶ回復して、本当にほっとしています。

シナ「空洞化」

ベトナムの縫製業が好調だ。ベトナムは地理上、大消費市場・シナの隣に位置している。
上海商報(23日付)によると、上海税関が今年7~9月に扱った衣類・服飾品の輸入額は前年同期比15.2%増の22.5億米ドルに増加した。ASEANからの輸入が49.7%増の5.4億米ドル、特にベトナムからの輸入は74.9%増の2.4億米ドルだった。上海で伸びているということは、香港でも北京(天津)でもほぼ同様だろう。

上海商報では輸入増の背景を(1)シナ人件費増に伴う製造拠点のASEAN移転、(2)シナ・ASEAN自由貿易協定による関税低下、(3)欧米日の衣料ブランドのシナでの積極出店と分析している。

人件費増でシナ企業はベトナム、バングラ、カンボジアなどASEAN諸国へ移転している。「空洞化(Hollowing out)」という言葉が頭に浮かぶ。空洞化によってシナでの失業率増(※母数が大きいので失業率が1%上昇すれば、数百万人の失業者が発生するだろう)→治安悪化→反政府という流れを連想する。

但し、衣類・服飾品の最大輸入先は依然、EUで、7~9月は9.1%増の8.3億米ドル。EUで最大はイタリアの5億米ドルだった。あいかわらず、シナ富裕層はイタリアのブランド服がお好きなようだ。日本のバブル時代と似ている。

シナは国というよりも古代帝国と同じ。王族とその周辺、支配層5000万、それを守る軍隊、有象無象の人民から形成される。面子を大事にするシナでは、習近平皇帝即位後、1年間は平穏かもしれない。しかし、その後はどうなるか?日本は関与してはならない、巻き込まれてはならない。


《サイゴン縫製(GMC)の株価チャート》

先物主導で日本株急落

快適なウインドサーフィン中に大きな横波が来てチンした感覚。しょっぱいです。やっぱり10月は舐めちゃいけないですね。

日経平均287円安、安値引けに1万4500円台割れ、円高進行で先物売り主導=23日後場 15時23分配信

 23日後場の日経平均株価は前日比287円20銭安の1万4426円05銭と3日ぶりに大幅反落し、安値引け。終値での1万4500円台割れは16日(1万4467円14銭)以来、1週間ぶりとなる。対ドル、対ユーロでの円強含みを受け、後場寄り付きから売りが先行し、再びマイナス圏入り。円高が進むにつれ株価指数先物にまとまった売り物が断続的に出て、下げ幅拡大の流れとなった。中国当局による金融引き締め観測が強まり、上海総合指数が下落したことも重しとして意識され、全面安商状となった。

 東証1部の出来高は27億2733万株。売買代金は2兆2048億円。騰落銘柄数は値上がり233銘柄、値下がり1452銘柄、変わらず69銘柄。

 市場からは「後場は為替連動で、先物主導の展開だ。現物株市場の指し値売り注文に大きな変化はないが、指し値買い注文が半減し、売り超の状態となり、先物の影響力が増した。この日の日経平均は5日線を割り込み、25日線にも接近し、ここを下抜けるようだと調整色が強まってくる。もっとも、基本的にはレンジ内の動きとみている」(準大手証券)との声が聞かれた。


明日の状況を見守ります。年末は「証券税制改悪」等の関係で「個人」には期待できず、「外国人」が頼りの綱なんですが。

チュラローンコーン大王記念日でSET休場

10月23日(水)はチュラローンコーン大王記念日でSET市場はお休みです。

Please be advised that October 23, 2013 is our public holiday (King Chulalongkorn Memorial Day). Consequently, The Stock Exchange of Thailand (SET), The Market for Alternative Investment (MAI), The Thailand Futures Exchange (TFEX) and all the Securities companies in Thailand will be closed on this coming Wednesday.




シナの海洋戦略

ミャンマー西部チャウピューからシナ南西部に向けて延びるパイプラインが20日(日曜日)、全面稼動した。この2500キロのパイプラインはミャンマーからシナへ天然ガスを供給する。シナではパイプラインで輸送した天然ガスを主に雲南省、貴州省、重慶市、広西チワン族自治区で利用することになる。

パイプラインの建設期間は約3年で、今年7月に天然ガスの供給を開始したが、今回のフル稼働で年間120億立方メートルの天然ガスのシナへの供給が可能となる。今後のシナ国内での影響としては、天然ガスの価格下落や工業用天然ガス使用上限引き上げが実施されるだろう。

一方、ミャンマー政府は18日、シナ輸出入銀行から1億米ドルを借り入れている。年利は4.5%と高く、一部国会議員から批判の声が上がったようだが、ミャンマーにはシナとの関係が深く強い勢力が残存している。決して、一枚岩ではない。

シナは南シナ海からマラッカ海峡までのシーレーン確保を目指している。国際法を無視して、ベトナム領の南沙諸島(ミスチーフ礁)を盗み、コンクリートを流し込んでヘリポートを建設した。同じくベトナム領の珊瑚礁の小島からなる西沙諸島も盗み、航空管制センター、ジェット機が離着陸できる2600メートルの空港を建設して軍事基地としている。フィリピンからはスカボロー環礁を盗み、約30個のコンクリートブロックを設置している。またハノイ沖の海南島南端に潜水艦基地があることも要注意。シナは南シナ海を「自国の内海」にしようとしているように見える。

一方、南太平洋のフィジーは伝統的に、日本やオーストラリア、ニュージーランドなど、アジア・太平洋諸国との関係を重視してきたが、軍事政権樹立後は民生復帰や民主化への対応をめぐって内政干渉を行うオーストラリアやニュージーランドと対立している。この隙間に「毎度」のシナが登場。多額の経済援助を利用して、フィジーをコントロールし、南太平洋で拠点作りに精を出している。

インド洋沿岸部では、バングラに進出したシナ企業が100万人のバングラ女性をミシン工として雇っている。歴史的に非人道的な搾取を行う技術は自家薬籠中の物で、日本企業には無い独自の強みを発揮している。

シナはミャンマーの沖合いココ島に軍事レーダー基地を租借し、インド海軍を常時監視、同時にバングラの港に軍事基地を租借する思惑がある。

また、ネパールのマオイスト(毛沢東主義者)にはバングラ経由でシナ製武器が流れ込んでいる。シナが「友好価格」でバングラ軍に武器を供与しているからだ。シナはバングラ空軍にジェット戦闘機も供与している。

ベンガル湾からアンダマンにかけての海域は「チャイナの内海」となる可能性がある。となると、BWK(Before We Know)知らぬ間に、インドとインドシナ半島はシナの海と山に取り囲まれた形になる。 「オセロゲーム」や「囲碁」のように。







「空洞化」するシナ・韓国

台湾のタッチパネル大手ウィンテック(勝華科技)はタッチスクリーン(タッチパネル)の貼りあわせ業務をシナ工場からベトナム工場へ移転を計画している。ウィンテックはキンバックシティ・グループ(KBC)が運営するクアンチャウ工業団地に18ヘクタール購入(リースホールド)しているが、フェーズ2の拡張計画として100ヘクタールを追加購入する予定。来年上半期から、生産拠点などの移転を進めていくという。

これにより、1ヶ月当たり1億5000万台湾ドル(約5億円)のコスト低減効果が見込まれる。ウィンテックによれば、シナ人件費は近年急騰し、平均月給は2万台湾ドルに達しているが、ベトナムでは同5000台湾ドルで1/4に過ぎないという。
ウィンテックの単月売上高の損益分岐点は現在、70~80億台湾ドルだが、人件費低減で60億台湾ドル程度に下がるらしい。

携帯のサムソン電子ノキアもベトナムに工場移転を進めているが、経営者にとっては人件費が1/4になるのは大きな魅力だ。シナや韓国の「空洞化」はどんどん進んでいくことでしょう。
ベトナム、特に北部ではシナ人労働者の不法単純労働者が絶えず、社会問題化しています。なにしろ、陸路で観光ビザでベトナムへ入国して単純労働者へ化けるのですから・・・困ったものです。ベトナム公安警察は断固たる態度で不法労働者を摘発するべきでしょう。

英雄ザップ将軍死去とベトナム自由化

マレーシア金融最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)のシンガポール証券子会社メイバンク・キムエン・ホールディングスは、ベトナム子会社メイバンク・キムエン・ベトナムの保有比率を現在の48.55%から100%に引き上げ、完全子会社にすることを発表した。ベトナム国家証券委員会(SSC)から承認を得た。ベトナム初の外資100%証券会社となる。

ベトナムはこれまで※通達で外国人の証券会社への投資上限比率を49%としてきたが、最近、49%または100%に変更している。現在は、日越イニシアティブで現行の49%または100%をより柔軟に解釈し、49~100%まで自由に設定できるようにすることを求めている。おそらく、今後数年で49%の次は60%とか・・・49%と100%の間の比率が承認されるだろうと予想する。進捗はとても遅いがベトナムは自由化方向にある。ベトナム支配層は、自由化をしないと世界(特にASEANとシナ)から取り残されることを理解しているからだ。

現在、ベトナム政府は不良債権過多で機能不全の銀行(金融)システムを強化のために外資導入をする意向だ。つまり、現在30%の外国人の銀行株投資比率上限を40%とか49%とかに引き上げる方針。また、銀行以外の上場企業の同投資上限比率は現行49%だが、これもNVDR(非議決権付株式)を導入するなどして10%以上引き上げることが予測される。

今後は彼ら(支配層)自身の既得権益である「国営企業の民営化」ができるかどうかだろう。現在、ベトナムの国営企業の大半は大赤字。コネのある有力者の子弟の引き受け場所と化している。換言すれば、国営企業は大赤字なのに過剰人員が凄まじい。改革には痛みが伴う。国営企業はペトロベトナムグループ傘下企業他多数ある。

ベトナム経済への処方箋ははっきりしている。しかし、共産党他の既得権益層の反発でなかなか世の中が動かないのがベトナムだ。ベトナム一般庶民のためには外圧が必要だろうが、ベトナム人のことはベトナム人に決定させるのが筋。我が日本は米国のようになってはならない。

ベトナムでは今も「報道の自由」はない。先日のザップ将軍死去のニュースが好例。英雄ザップ将軍は10月4日午後6時過ぎに102歳で大往生した。しかし、公的なザップ将軍死去の発表はVTV(ベトナムテレビ)による翌5日正午のニュースと遅れた。この「18時間の誤差」がベトナムの現状を示している。なお、ザップ将軍は共産党の汚職体質を厳しく批判し、国民に大人気だった。共産党といえど、ベトナム戦争の英雄ザップ将軍には何も言えなかったわけで、共産党内部にはほっとしている筋も多いとされる。

今後のベトナムがどうなるかはわからない。しかし、私は原則、ベトナムもカンボジアもラオスもミャンマーも含めて、「低賃金地域は今後豊かになっていく」という予想を立てている。戦争にならないという限定下でだ。

※元共産国家で現在も共産党1党独裁の集団官僚体制のため、ベトナムの行政権(行政機関)の権力は超強大。

Gショックのビデオ(※本日は株式相場には関係ありません)

Casio G-Shock RANGEMAN GW-9400J-1(レンジマン)について解説した秀逸なビデオがあったのでアップします。このアメリカ人のマニアは使用法解説ビデオも作成してくれるそうです。「Gショック78個を保有しているが、このレンジマンが最高」とのこと。



次はCasio G-Shock MRG-8100B(ミスターG8100B)で、「マスターオブG」シリーズのレンジマンとは違う位置づけ。高級品路線で、カッコイイ。ROLEX(ロレックス)などのブランドに劣るのはブランド価値だけだろう。カシオがMRGブランドを育てていってくれることを望む。生産数管理のみならず、「長期の修理体制」が特に重要だろう。もうひとつ、「ミスターG」というのは「007」を意識したものかもしれないが、「爺々」のように聞こえるので、MRG(エムアールジー)と呼ぶようにしたほうが正解だと思います。密かに欲しい・・・な。



最後は、G-Shock Aviation Gravity Defier GWA1100-1A3(最新型のスカイコックピットモデル)。これは綺麗なモデルだ。







イオンリート。11月22日上場

イオンリート、上場承認 公募・売り出し94万5000口 2013/10/17 23:30

  東京証券取引所は17日、小売り大手イオンが設立母体となる不動産投資信託(REIT)、イオンリート投資法人の上場を承認した。国内外での公募で90万 投資口を発行するほか、需要に応じて追加で4万5000投資口を売り出す。資金調達額は945億円程度になる見込み。上場予定日は11月22日。イオン子 会社のイオン・リートマネジメント(東京・千代田)が運用する。
 イオンが運営するショッピングセンター(SC)などの店舗資産を投資対象 とする。当初の保有資産は国内の16店舗とマレーシアの1店舗で、総額1589億円。日本のREITとしては初めて海外の物件を組み入れる。イオンはイオ ンリートにSCを売却することで資金を調達し、新たな出店投資などに振り向ける考えだ。


イオン(8267)はREIT上場で調達する945億円と銀行借入(最大740億円)を加えた最大1685億円をファイナンスする。REITはイオン本体から大型SC(商業施設)を購入する。イオン本体はSC売却後も施設運営を続ける。
イオン本体としてはREITを介して多額負債を抱えずに新規出店を増やせるというわけだ。REIT投資家にエクイティリスクを負担させる手法は、タイでは既にセントラル・パタナ(CPN)が実施しており、珍しいことではない。但し、日本では初だろう。イオンはこの手法で海外(シナやASEAN等)でのSC新規出店を加速していくことになりそう。

(SEIKOの最高峰時計、グランドセイコー・スプリングドライブ)

※日本でホワイトカラーやるなら、この時計は「最高峰」だと思う。カッコイイね。でもどうせ買うならもう少し・・・遊びがあってもいいような気もする。





※しかし、「グランドセイコー」。一個欲しいなぁ・・・と思った。「グランドセイコー」を買うか、「ロレックス」や「オメガ」を買うかで悩む人は多いようだ。参考までに。ロレックスデイトジャスト ターノグラフ WGベゼル / ブルー116264を貼っておきます。スポーツタイプだからかなり味が違います。

「韓国人慰安婦の歌」赤丸上昇中 

歌手は日本人のYOKOさん



日本人としては、基本は相手にせず無視すれば良い。それにしても「大概にしてくれ」ですね。

ASEANの割安・割高ビーチリゾート

熱帯のASEANは年中暖かい。だから、北の先進国からビーチリゾートへ金持ち観光客が続々とやってくる。世界のセレブがやってくるバリ島(インドネシア)では不動産は大暴騰。「兄貴」とかいう方は真昼間からプールサイドで8ハンドマッサージされているという。ハハ・・・羨ましいね。

米大手旅行サイト「トリップアドバイザー」のTTR指数(TripAdvisor's TripIndex Island Sun 2013)では、東南アジアの対象20島中でサントーサ島(シンガポール)が最もコストがかかる島に選んだ。

2位はランカウイ島(マレーシア)、3位はパワラン島(フィリピン)。逆に、東南アジアで一番コスト安の島はパンガン島(タイ)。パンガン島はレイブで有名だ。パンガン島に行く層はヒッピーぽい若者が中心なので例外としておくとして、その他にはセブ島(フィリピン)、バリ島(インドネシア)などが※安い。※但し、個人的には決して安いリゾートだという印象は受けてはいない。ビーチリゾートならば、プーケット(但し、クラビは薦めない)やパタヤの方がよほどお手軽だろう。

セントーサ島の自転車レンタル料金(8時間、2名)は146米ドルだが、フーコック島(ベトナム)では同5.92米ドルで約25倍だ。セントーサ島ではシュノーケリングのレンタルはしていないが、代わりにカヤック(4時間、2名)のレンタル料金は164米ドル。一方、ピピ島(タイ)のシュノーケリングのレンタル代金は4.79米ドルだった。

また、ホテル(4スター)宿泊料金では、ペナン島(マレーシア)は157.85米ドルに対して、パラワン島(フィリピン)は425.86米ドルと価格差は場所場所で大きい。

「トリップアドバイザー」の分析では、コストに対して最もバリューがあるのは、タイの島々だという。タイは観光立国で、個人的にも旅行ならタイがホテル、レストラン、レンタル料など一番安いと感じている。但し、インドネシアやフィリピンにも多くのコスパの良い島々があると思う。そういう島へ行くのが面白い!

シンガポールは高い。また、マレーシアのペナンはタイより高くて、何もなかった(「新婚さん」が多いのかと思ったが、日本人は少なかった)。フィリピンは貧富差で地域が分かれており、リゾートアイランドは高いようだ。フィリピンはそのうち、行ってみたいがどうも縁がない。

(「TTR指数」の豪ドルでの評価ランキング表)


(ビーチリゾートが呼んでいる。セブ島)


世界の遊資はこうした「リゾートアイランド」の不動産市場に流れ込んでいるようすだ。

財政の崖。上院与野党が暫定案で合意

来年2/7まで延長は良いが、問題は「いつまでこれを続けるのか」です。

米債務上限引き上げ、上院与野党が暫定案で合意 2013/10/17 0:35

 米議会上院の民主・共和両党は16日、来年2月7日まで国債発行を認めることを盛り込んだ暫定案で合意した。米主要メディアが一斉に報じた。同日中の上院本会議での可決を目指している。債務上限の引き上げ期限を17日に控え、市場混乱をぎりぎりで回避できる道筋が見えてきた。

 上院の暫定案は政府に当面の国債発行を容認するほか、暫定予算の編成によって政府機関の閉鎖を解除するのが柱。同日中に共和党が多数派となる下院でも可決できれば、大統領の署名を経て法案はただちに成立する。


永久にこれを続けるのは無理。つまり、現状が継続すればいずれどこかで誰もコントロールが出来なくなります。その負担を誰が負うのか。米国人か日本人か。それとも米ドルを使用している人々全員か・・・それが気になるところです。

日米株価チャートは陽転

うっかりしていたのですが、日米(日経平均とS&P500)の株価チャートが陽転していました。日本は先週末に陽転しています。米国はこれからチェックしてみますが、陽転しています。

(日経平均、短中期トレンドチャート)

シナ。タイとコメ・天然ゴム購入で合意

タイの面積は513120平方キロで農産物栽培に適した熱帯に位置する食糧輸出国だ。一方、シナの国土では農産物は毒物しかできない。したがって、シナは13億人の大人口を抱える食糧の大輸入国だ。

有り余る政府買い上げ米の膨大な在庫を抱えるタイでは、タクシンの妹インラック首相はシナへの農産物セールスに成功した。インラック首相は、12日に訪タイした李克強首相を北部チェンマイ(シナワトラ家はチェンマイのサンカンペーン出で客家系)に連れ出し、バンコクへ戻った後の記者会見で、シナ政府がタイ産コメを毎年100万トン購入することで合意したと発表した。また、シナ政府は年20万トンの天然ゴム購入でも合意した。

シナは当初、タイ産コメを今後5年間、毎年100万トンづつタイの輸出業者から購入するとしていたが、インラック首相はチェンマイ訪問中、李首相に改めてコメ購入を要請。インラック首相は輸出業者から購入するとしたコメ以外に、シナ側が政府間取引で別途年100万トンを購入することで合意したと述べた。シナ側は、「タイとの長期的で友好的な関係構築のため」としている。

シナとタイは農産物を通じて、強く結び付く可能性がある。そもそも、タイ人は欧米では「日焼けしたシナ人」と呼ばれる。バンコクとチェンマイを結ぶ鉄道はシナ系企業が受注した。バンコク・ノンカイ間の鉄道は、シナと欧と日で受注争いしている。タイでは来年、高速鉄道建設の入札が行われる見通しで、李首相は中国企業による受注を積極的にアピールしている。

日本政府は風見鶏・タイを日米陣営に取り込むためには一体何をすれば良いかを真剣に考えるべきだ。なお、バンコクの高架鉄道(BTS)や地下鉄(MRT)は日本国民の税金であるODAで建設されている。

Li agrees to boost rice, rubber imports
China has agreed to increase its annual purchase of Thai rice to 1 million tonnes and to also buy 200,000 tonnes of rubber a year from the country, Prime Minister Yingluck Shinawatra said Sunday. Published: 14/10/2013 at 12:57 AM Newspaper section: topstories

The rice purchase agreement is a major increase on the nations' previous deal, under which China promised to buy 1 million tonnes of rice from Thailand over a period of five years, Ms Yingluck said.

The prime minister was speaking upon her return to Bangkok, after earlier Sunday leading Chinese Premier Li Keqiang on a visit to Chiang Mai's One Tambon, One Product (Otop) display and distribution centre in San Kamphaeng district.

Mr Li left Thailand Sunday after his three-day official visit. He travelled on to Vietnam.

Good ties between Thailand and China were the main reason China had agreed to increase the rice import at the Thai government's request, Ms Yingluck said.

The new agreement would take effect immediately and would not include the volume of rice Chinese companies would buy directly from Thai exporters, she said.

China also agreed to purchase 200,000 tonnes per year of Thai rubber under the agreement, she said.

The possibility of trading more agricultural products was also discussed, and Deputy Prime Minister and Commerce Minister Niwatthamrong Bunsongphaisan would follow upon the matter, Ms Yingluck said.

On reports that former deputy prime minister and finance minister Pridiyathorn Devakula was preparing to disclose information about alleged corruption in the government's rice-pledging scheme, Ms Yingluck said she was willing to listen to MR Pridiyathorn. The government would respond to MR Pridiyathorn's points if they are clearly worded and relate to specific acts, she said.

However, if he is simply commenting on the overall rice-pledging programme, it will be difficult to respond, Ms Yingluck said.

Opposition leader Abhisit Vejjajiva, meanwhile, said the government had misled the public by claiming the high-speed train route from Bangkok to Nong Khai would be constructed in only seven years.

The government needed to stop raising false hopes and should instead make clear that its planned 2-trillion-baht infrastructure loan would only cover the costs of the high-speed train route from Bangkok to Nakhon Ratchasima in the seven-year period, Mr Abhisit said. The government also had to admit that such a large amount of borrowing would put the country in debt for at least 50 years, he said.

"The media should investigate the government's failure to provide accurate information to the public and its misleading propaganda [regarding the high-speed train project]," he said.



2013年。タイは「インフレ」

タイのプチャカーン紙によれば、バンコク大(私立)の調査でバンコク住民の最大関心事は「物価上昇」と伝えた。

バンコク大は、18歳以上の男女1746人を対象に調査し、過去3ヶ月の関心事を聞いたところ、全体の39.3%が物価上昇問題を挙げた。2012年の調査比で10.7%ほど上昇した。2位以下は交通渋滞問題11.8%(前年比0.6%減)、政府の政策10.3%(同5.1%増)だった。

一方、政府への要望部門でも、物価上昇の解決(43.1%)がトップ。続いて、政治対立解消21.4%、汚職対策15.0%だった。


バンコクの物価上昇は激しい。私の体感では年率10%を超えている(政府のCPI統計なんてまるで当てにならない)。物価上昇を抑えるには「金利引き上げ」が常套手段だ。しかし、今、金利を引き上げれば、オフショアの遊資はタイへ移動しバーツは高騰するだろう(また、タイ株も上がらない)。すると、輸出企業は騒ぐ。さてどうなることか。

インフレ率(期末値)の推移 - 世界経済のネタ帳

もはや、タイは日本人にとって"promised land"でも"paradise"でもなくなった。但し、相変わらず屋台料理は旨し。

カシオ(6952)の「Gショック」

7年以上書き貯めていた(私の個人日記風)楽天ブログをアホ楽天に削除されて気分が悪い。そもそも楽天でブログなんてはじめたのが間違いだった。本当に腹が立つ。もっとまともな経営者がいる会社のブログにすべきだった。

とにかく日曜日の本日は、相場には関係ないが、趣味・実用的なことを当ブログに書いてみようと思う。

カシオ(6952)「Gショック」が海外で売れているようだ。海外でも特に新興国での売れ行きが良いらしい。例えば、バンコクのセントラル・ワールドへ行くと大きくて凝ったGショック販売店がある。日本よりもGショックの売り場はよほど大きく、凝っている。Gショックの大半は、実はタイ製なのだ。シナ製もあるようだ。※私は「made in China」は決して購入しませんが。

カシオは日本では一般にダウンエンドのメーカーだが、時計の分野では「Gショック」ブランドは耐久性の強いブランドとして有名だ。しかし、タイでは「Gショック」はトップエンドのブランドの一つとして認められている。トップエンドの高級時計で、しかも耐久性・実用性が高いというブランドだ。この辺に、Gショックが新興国で売れる理由がありそうだ。

ショッピングモールで販売されているGショックはすべて本物だが、道端の屋台で200バーツ程度で売られているGショックはすべてタイ製やシナ製の偽物だ。気をつけよう。
シナ製の「なんちゃってGショック」は日本でもネットショップで本物として売られている。数万の物が、9880円とかで・・・売られている。詐欺なのだ。微妙な1万を切る価格は詐欺師の保身のためだ。「ドナードナードナードーーナ。売られていくーーよぉ」。気をつけよう。

日本とタイのGショック価格だが、実は日本の方が若干安い。物価水準が高くて所得水準の高い日本のGショックのほうが、タイのGショックよりも若干ながら安いわけだ。日本は工業製品の物価が安いし、これがカシオのGショックの「マーケティング戦略」なのだろう。

ところで、以下写真のレンジマン最新型(¥36,698、上)とマッドマン(¥24,254、下)どっちのデザインが良いだろうか?
私は、「マッドマンの黒・金の色が気に入った」のだが、皆様はどうだろうか。レンジマンには黒・金のデザインは無いのだ。ちょっと1週間眺めてみたいのでアップしました。どうか、ご意見をお聞かせください。※追記:レンジマンって間抜けな名前は何を意味しているのだろうか。どなたか分かれば宜しくお願いします。電子レンジを連想してしまう。

Gショック売り上げ

(レンジマン、型番GW-9400BJ-1JF)


(マッドマン、型番GW-9300GB-1JF)

日本株4連騰

いやあ・・上げちゃいましたねぇ。参りました!
デイトレやっているのならば、当然に参加していたでしょうが、今は月足で売買しているつもりなので不参加でございます。果たしてバスに乗り遅れたのか、それとも行き先の違うバスだったのか・・WW

日本株4連騰、米議会の協議前進と円安-金融中心全業種上げ
 10月11日(ブルームバーグ):東京株式相場は4連騰。米国の債務上限引き上げをめぐる協議に前進が見られ、大幅高となった前日の米国株、為替の円安推移が好感された。ゴムや機械など輸出関連、鉄鋼など素材関連、金融株など東証1部33業種は全て高く、およそ9割の銘柄が上昇した。

TOPIX の終値は前日比19.22ポイント(1.6%)高の1197.17、日経平均株価 は210円3銭(1.5%)高の1万4404円74銭と、いずれも9月19日以来の上昇率で、4連騰は同5日以来、約1カ月ぶり。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、米財政問題への懸念が後退し、「投資家のテールリスクに対する緊張は緩んだ」と指摘。ただ、当面は問題がくすぶる可能性が高く、米国の景気回復も力強さに欠け、「日本株の戻りも上値が重くなる公算が大きい」と予想した。

米議会はこう着打開に向け、一歩前進した。米下院の共和党指導部は、11月22日まで債務上限を短期間引き上げる案を提示し、オバマ大統領と10日、提案について協議した。双方とも議論は建設的だったと述べたものの、ホワイトハウスは具体的な結論には至っていないとの声明を出した。双方は協議を続ける。

10日の米S&P500種株価指数 は2.2%高と、1月2日(2.5%)以来の上昇率を記録。きょうの東京外国為替市場のドル・円相場は、一時1ドル=98円55銭と1日以来の円安水準に振れた。こうした動きを追い風に、きょうの日本株は朝方からほぼ全面高の展開。香港ハンセン指数 が一時1.7%高となるなど、アジア株高を受けて午後にTOPIXは一時2%高、1200ポイント台に乗せた。東証1部の値上がり銘柄数は1547に上り、値下がりは162にとどまった。


明日から、CSシリーズですね。カープを応援しますよぉ。















Gショックのほとんどは実はタイ製のようです。2011年のアユタヤ大洪水で工場がだめになり、工場を洪水被害がないコラート高原へ移設しました。そして今年9月にやっと洪水前の生産水準を回復したそうです。また、バンコクの表玄関であるスワンナプーム空港の免税店にはGショックがいっぱいあります。でもあそこは新製品が多くて割高な印象です。もちろん、VAT還付できます。ああ・・・なんかGショックが欲しくなって来た。

日経平均は見切り発車。三日続伸

日本株は強いですね。一番怖いのは、来週後半だと思うのですが、さてどうなるか。なお、私は相場には参加していません。

日経平均156円高と3日続伸、引けにかけ一段高=10日後場 15時26分配信 モーニングスター

 10日後場の日経平均株価は前日比156円87銭高の1万4194円71銭と3日続伸。ほぼ高値引けとなった。後場寄りは、買い材料不足などから伸び悩む場面もみられたが、中盤から円安基調や株価指数先物への断続的な買いを背景に高値圏で推移。午後2時過ぎに急速に伸び悩む場面もみられたが、その後、引けにかけて再び強調展開となり、大引け間際には同162円47銭高の1万4200円31銭を付けた。東証1部の出来高は22億5097万株。売買代金は1兆7929億円。騰落銘柄数は値上がり1115銘柄、値下がり496銘柄、変わらず141銘柄。

 市場からは「米財政問題が浮上してから足元までの下落率は日経平均が世界でも突出している。米財政協議の進展期待もあり、下げすぎた反動から買い戻しが入った。ただ、やや見切り発車的でもある。今晩の米国での協議が進展すればあすも買いが続きそうだが、そうでなければ、利益確定売りが出てもおかしくない」(中堅証券)との声が聞かれた。

インドの景気後退

インドの9月貿易赤字幅が縮小した。輸入は前年比18.1%の大幅減少だから、よほど景気(国内消費)は低迷しているようだ。当面、インド株式に買い目はない。

インドの9月貿易赤字は67億ドル、2年半ぶりの水準に縮小 2013年 10月 9日 16:43 JST
[ニューデリー 9日 ロイター] - インド商工省が9日発表した9月の貿易収支(暫定)は67億ドルの赤字となり、赤字幅は2011年3月以来2年半ぶりの水準に縮小した。

モノの輸出は前年比11.15%増の276億8000万ドルと、3カ月連続で増加。輸入は同18.1%減の344億4000万ドル。
NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード
別枠リンク集(不動産、Real Estate)
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク
サバイバル
懐中時計
根付ほか
金融時計/ロレックス/"Will outchinese Chinese."
Horology
ロレックスにうんざりしたら・・・