熱水鉱床

日本にある資源は講談師じゃなくて参議院議員・青山繁晴の「メタンハイドレート」だけではない。
但し、日本政府はなんでもやることが遅いのだ。開発には資金が必要だが、財務省はプライマリーバランス(PB)の念仏を唱えるのみで先輩の「天下り先を作れ」という指令には逆らえない。そして、経産省は東大のサヨク学者に貴重な予算を分配するのみということになりかねない。
いくらでも公共事業の種があるのに、PBを理由に公共投資をさせない財務省。

ハニトラにでもやられたのだろうか?それとも、有名な中曽根大勲位の娘婿の文科省の前川元事務次官のように、四六時中スケベなことでも考えているのだろうか?

中国の資源外交怖くない!?日本は資源のない国ではない証明、世界初の海底鉱物引き上げ 商業化の行方は…
10/11(水) 10:00配信
 海底に沈む金や銀、財宝を目指す冒険譚に心を躍らせたことはないだろうか。そんな夢物語が現実になるかもしれない。経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が9月下旬、海底の鉱石を安定的に引き揚げる実験に世界で初めて成功したと発表したのだ。平成30年代後半の商業化を目指す。海に囲まれ、世界有数の広さの排他的経済水域(EEZ)を持つ日本にとって国産資源の開発は“夢”。商業化にこぎつければ、他国との資源外交で下手に出る必要もなくなるが、果たしてその実現性は…。

 成功したのは、マグマで熱せられた海水が海底から噴き出した際、海水に含まれる金属が冷えて固まってできる「海底熱水鉱床」から鉱石を連続して大量に引き揚げる実験だ。鉱石には金や銅などのレアメタル(希少金属)、自動車など鉄のメッキに欠かせない亜鉛などを多く含むとされる。8月中旬から9月下旬まで、JOGMECなどが沖縄県近海で実施した。水深約1600メートルの鉱床に投入した掘削機で鉱石を直径約3センチに砕き、水中ポンプで引き揚げた。
 重い鉱石を海水とともに目詰まりなく吸い上げるのが課題で、実験では、期間中に数十分間にたわる連続採掘を16回実施し、計16.4トンを引き揚げた。鉱石には7~8%程度鉱物資源が含まれているとみられる。
 これまでは海底熱水鉱床から鉱石を引き揚げる手段がなく、潜水艇で試験的に採掘するしかなかった。

 今回、世界に先駆けて海底鉱石の連続採掘に成功したのは、日本の企業が高い掘削技術を持つからだ。掘削機やポンプは三菱重工業が手がけた。海流がある中で船を停止して掘削する高い操船技術もあった。
 商業化には、ポンプの大型化や掘削機の低価格化など技術革新に取り組まなければならないが、日本は他国より技術的に優位だ。



 経産省はEEZの他海域での資源量などを調査し、30年度に商業化できるかどうか判断する。
 海底熱水鉱床は沖縄県近海のほか、小笠原諸島近海など8カ所で確認されている。沖縄本島から北西に約110キロの海底にある伊是名海穴(いぜなかいけつ)の資源量は740万トンで、国内の年間消費量と同等の亜鉛が埋蔵されているとみられている。
 また、日本のEEZは世界6位の広さで、海底熱水鉱床だけでなく、より深海には、コバルトやニッケル、白金などレアメタルを多く含んだ岩石の集まり「コバルトリッチクラスト」、レアメタルが含まれる球状の岩石「マンガン団塊」など有力な海底資源が存在するといわれている。
 これらには、高性能モーター用磁石の原料となるレアアース(希土類)なども含まれているとされる。本州から約1800キロ離れた日本最東端の南鳥島周辺からはレアアースを含む泥(レアアース泥)も発見されている。

 世耕弘成経済産業相は記者会見で「日本近海では、国内の年間消費量を上回る鉱物の存在が見込まれている。今回の成功を踏まえて国産資源の開発を進め、わが国の鉱物資源の安定供給体制のさらなる強化を主導したい」と述べた。
 ただ、これらの海底資源の開発を成功させるにはいくつもの壁が立ちはだかる。
 まずは水深だ。比較的浅い海底熱水鉱床でも水深700~2000メートル。マンガン団塊やレアアース堆積物は4000~6000メートル、コバルトリッチクラストは800~2400メートルと深海の底に眠る。採掘機器は海底熱水鉱床でも大切だが、さらに高い耐圧性や密閉性が求められる。
 また、不純物と有用鉱物を分離する「選鉱」の手法が海中鉱物と陸上鉱物では異なるため、海中鉱物に適した選鉱方法を確立する必要がある。
 国内ではほとんどの鉱山が閉鎖され、かつては鉱山とともにあった選鉱施設がなくなったことも障害の一つだ。
 「登山に例えるなら、ようやく装備が整って、登山口に立てたところ」
 経産省幹部はこう打ち明ける。すべての海底資源を有効利用できたとしても、数十年先の未来になりそうだ。
 ただ、国産資源を持つことは、「生き馬の目を抜く資源外交」(関係者)において、有力な交渉材料となる。


こういうのは将来への投資であるから、国債発行すればいいのだ。国債ならPBとは切り離せる。




原油価格予想

以下は直近10年のWTIのチャート
シナ経済の活性化、投機的取引から原油価格は1バレル=150ドル近くに達したが、原油取引規制やリーマンショックで原油は下げる。その後は、巨大公共投資を実施したシナの爆資源買いで価格は80~120ドルへ水準訂正。2014年はシナの景気大不振、上海株式市場の急落で需要減退、おまけにシェールオイルで供給過多となり、2016年2月には26ドルまで下げた。現在は50ドル近辺でちょうどシェールオイルの生産コストよりもやや上の座りの良い位置にある。



ISの闇石油はほぼ消滅したようだが、クルド(トルコ、シリア、イラク、イランにまたがる)やイランの原油はトルコなどを通じて国際市場に供給されている。シナの景気減速はまだまだこれからが「本番」だから、仮にシナの東北部や朝鮮半島で戦乱となっても上値は80ドル程度だろう。
残念ながら、日本に入ってくる石油はスポットではなく、長期契約分がほとんどなので今は市場価格より高い価格で石油を買っていることになるが、ベトナム経済など新興国経済にとっては原油が50ドル位であることは非常に朗報だ。新興国のデフォルトリスクを考慮すれば、日本にとってもスポット50ドル位で推移してくれるのはベストなシナリオだろう。シェールオイルのコストは40ドル程度だから、ボックスの下限は40ドル程度か。

極東で戦乱になれば、世界一の純債権国・日本の円は上昇するだろう。これは日本株の下落を意味する。原油は上記の通り、80ドル程度までのラリーの可能性はある。金は上昇するだろう。一番怖いのは、米株と米金利。米金利が急騰すれば、世界は混乱し、世界経済は新局面入りするだろう。11月初旬から中旬にかけて、トランプ大統領はアジア各国を歴訪する。今年12月以降、我々は歴史の目撃者となる。



カパー

調査していないので理由はわからないが、直近1年以上、カパー価格が上昇中だ。現在、3.08ドルで2014年来の高値になっている。
銅の用途は主に産業用。産出国は南米のチリが世界一だからチリの貿易収支は改善しているはず。相場モノなので需給により、大きく価格変動する。価格が下がれば、鉱山の生産が減少し、価格が上がればラグをおいて生産は増える。
シナの状況から考えて、高値の4.5ドル弱を超えるとは思えないが、アメリカの景気の強さが影響しているのだろうか。

(カパーチャート、直近6ヶ月)


(カパーチャート、長期チャート)





ゴールドの2年チャート

金価格が1300ドルを抜けてくれば、チャートは強くなる。
しかし、極東戦乱が来年前半とするシナリオならば、もうしばらく1200-1290ドルの間でラインとなる可能性が高いと見立てる。
北が暴発すれば、別だが、アメリカは北が怖いだろうか?アメリカにとってはあんなものはいつでも中立化できる。
トランプは中間選挙のある来年まで爆撃をしたくないだろう。




戦乱になれば、株価は急落だ。





銅価格は上昇局面入りか?FCXが急騰

FCXが2Q決算を発表した。
業績はアナリスト見通しよりも強いが、良くはない。しかし、評価されたのはFCXとインドネシア政府の権益争いが当分続き、FCXは銅減産するというもの。その結果、銅需給は締まり、上昇するという見方が大半となった。鉱山会社の業績にとっては、生産量より価格が重要である。その結果、FCXの株価は昨晩15%弱上昇した。よくわからんが、市場は複雑で面白い!チャートは確実に銅(カパ―)価格の上昇を示している。日本の同関連株も面白いかもしれない。


FCX(1週間チャート)


FCX(1年チャート)


FCX(長期チャート)




(カパ―1年チャート)


(カパー5年チャート)


(グラスバーグ鉱山)


Freeport-McMoRan Is Ready For Upside
Freeport-McMoRan (FCX) has just reported its second-quarter results, which are very interesting to see in the light of ongoing problems in Indonesia and the recent upside in the copper market. The company reported adjusted net income of $0.17 per share on revenue of $3.7 billion, missing analyst estimates on earnings and beating them on revenue.

More importantly, the company revised its full-year production guidance. Previously, Freeport-McMoRan expected to mine 3.9 billion pounds of copper, 1.9 million ounces of gold and 93 million pounds of molybdenum. The revised version of this guidance calls for 3.7 billion pounds of copper, 1.6 million ounces of gold and 93 million pounds of molybdenum. The hit on copper and gold production is due to ongoing tensions on Grasberg and cannot be called unexpected. Following the decrease of the production guidance, Freeport-McMoRan lowered its full-year operating cash flow guidance from the previous estimate of $4 billion to $3.8 billion. The impact from lower expected copper and gold production was mitigated by the increase in projected copper sales price.

On Indonesia, the report stated the following: "We are encouraged by recent progress in our active negotiations with the Indonesian government to resolve issues involving our contractual rights […]". Speaking about the operating and development activities at Grasberg, the company added: "If PT-FI (Freeport Indonesia) is unable to reach agreement with the Indonesian government on its long-term mining rights, FCX intends to reduce or defer investments significantly in its underground development projects and pursue arbitration under its COW (Contract of Work)".

So, will this report bring upside to Freeport-McMoRan shares? I think so. In my view, the major driver is the copper price, which looks ready to break to new highs:

Worker unrest, be it Grasberg in Indonesia or Zaldavar and Escondida in Chile, are hitting production rates in the industry, pushing copper prices higher. I'd argue that in commodities, price is more important than volume, so recent upside in copper prices may ultimately translate into improved guidance for Freeport-McMoRan. In this light, the length of negotiations in Indonesia is almost a positive factor for the company.

Speaking about these negotiations, I continue to expect a lengthy soap opera. The Indonesian government and Freeport-McMoRan start from opposing positions and it will take a lot of time to reach common ground. I expect that Freeport-McMoRan will never agree to divest as much as 51% of Grasberg, as this will lead to a complete loss of control over the operation with unpredictable results. At the same time, building a smelter in Indonesia looks unavoidable, although this investment makes no economic sense. Perhaps more light will be shed on the topic during the conference call, but I don't expect to hear something concrete on the solution of the Grasberg problem.




NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・