VN指数のチャート(since inception)

大きくみて、900ポイントのところで軽い節。そして目標値は1000ポイント程度か。



目先ばかり追うと、近視になる。たまには遠くをみると良い。




サムスンがドラゴンキャピタルへ出資

サムスン証券は香港のプライベート・エクイティ・ファンド「カルデラ・パシフィック」と共同でドラゴンキャピタルの株式40%を買収する。

Samsung Securities to acquire stake in Dragon Capital Released at: 17:38, 07/09/2017
・ 30% of FPT Retail sold to Dragon Capital and VinaCapital entities
・ Dragon Capital offsets annual carbon emissions
・ Dragon Capital sets foot in Myanmar

Samsung Securities will acquire a stake in Dragon Capital, the largest asset management company in Vietnam, to accelerate its presence in the country rather than establishing a corporation, foreign newswire BusinessKorea has reported.
The move indicates that since the issuance of bills of lading, one of the main tasks of a large investment bank, was suspended in South Korea, Samsung Securities turned its eyes overseas so as not to lag behind its competitors.
According to securities industry and financial authorities on September 6, Samsung Securities will acquire Dragon Capital shares by partnering with Caldera Pacific, a Hong Kong-based private equity fund.
Samsung Securities and Caldera Pacific will jointly become the second-largest shareholder in Dragon Capital, with a 40 per cent holding. Caldera Pacific will be a general partner and Samsung Securities a limited partner.
Samsung Securities will own about 10 per cent of the stake, shelling out a considerable sum in the process.
A representative from Dragon Capital declined to confirm the news with VET, saying it will make an official announcement soon.
Dragon Capital is the largest asset management company in Vietnam, with assets under management amounting to $900 million. It has also played a role as a bridgehead for capital from Hong Kong to enter Vietnam.
“The opening of an office or a corporation, a general overseas advancement form, takes a lot of time from the input of money to results,” an official familiar with the acquisition said. “But the takeover of a stake in a local asset management company allows a company to efficiently and effectively secure a sales network and infrastructure.”
Unlike Mirae Asset, the Shinhan Financial Group, and Korea Investment, which all set up corporations in the early stages of their operations in Vietnam, Samsung Securities has no bridgehead to Vietnam except for the strategic alliance forged with the Ho Chi Minh Securities Corp. (HSC) in March. Thus, market experts say that there is a possibility that Samsung Securities will additionally acquire stakes in other companies, with this investment just the beginning.
Five South Korean securities firms - Mirae Asset Daewoo, NH Investment, Korea Investment and Securities, Golden Bridge, and Shinhan Financial Investment - have seven offices or corporations in Vietnam. Korea Investment & Securities increased its stake in EPS Securities in Vietnam to 98.2 per cent by investing an additional $39 million after launching KIS Vietnam and acquiring an initial 49 per cent stake.
KIS Vietnam, which hovers at around 70th among the Top 100 securities companies in Vietnam, increased its market share in the brokerage market by nearly 5 per cent from 0.25 per cent over the course of five years. NH Investment Securities entered Vietnam by establishing an office in Ho Chi Minh City in 2007. In 2009, it acquired a 49 per cent stake in Vietnam CBV, a local securities company. It is currently in negotiations with CBV to ramp up its stake to 100 per cent.
However, as external uncertainties increase and the overall overseas sales performances of South Korean securities companies are on a downward trend, financial authorities are paying attention to risk from overseas. Last year, brokerage firms’ overseas branches suffered a net loss of $4.5 million due to a spike in selling and administrative expenses related to losses on valuations under the equity method of accounting by some overseas branches and the provision of prime brokerage services (PBS). Large South Korean securities firms that made a foray into Vietnam have also targeted expanding new business items such as investment banking and prime brokerage services, breaking away from brokerage-oriented sales.


ドラゴンキャピタルと言えば、ズン元首相の娘がCEOをやっていることで有名な投資会社だ。アセットアンダーマネジメントは900百万ドルだから約1000億円程度。日本の運用会社と比較すれば、大したことはないが、将来の成長余地は大きい。同社はズン元首相の権力を使って大きな利権を得てきたが、果たして今後はどうなるか。
ズン元首相が権力の座から遠ざかる一方、サムソン証券の地元韓国の経済状態は「ボロボロ」でサムスングループとしては成長力抜群のベトナムに資金を振り向けたと解釈する。香港の「カルデラ・パシフィック」を介したのは税金を軽くするためだろう。地元韓国人の怒りを買わない様に目立たぬようにしなければならない。シナの「裸官」のようなものである。ドラゴンキャピタル側は近々に今回の株式売却についてブリーフィングを発表予定だ。
なお、韓国の証券会社では未来アセット大宇、NHインベストメント、コリア・インベストメント&セキュリティーズ、ゴールデン・ブリッジ、新韓フィナンシャル・インベストメントの5社がベトナム国内に7支店・現法を保有している。




VN指数が800ポイント超え

VN指数が800ポイント超え。
もちろん、2007年のWTO加盟を材料にしたベトナムバブル崩壊後の新高値だ。
現在、VN指数は801.20ポイント。このまま、1000ポイント超えを期待している。
個別では、SAB(サイゴンビール)が281.70と急騰し、時価総額で第2位となった。時価総額第1位VNM(ビナミルク)で堅調に推移している。
最後のチャートはACV(ベトナム空港コープ)。まだUPCOM登録だが、年末年始には上場が予定されている。

SAB


VNM


ACV





堅調な上昇を続けるVN指数

米金利安、原油安の相場環境のなか、ベトナム株は堅調に上昇している。いまの環境が続けば、1000ポイントは行くだろう。
問題は米金利上昇による世界的不況、戦争による財政破綻でトランプノミクスが機能不全に陥ること。一方、原油高シナリオは当面はないと思う。


(VN指数のNINJAトレンドチャート、赤:VN指数、青:中期トレンド、黄緑:短期トレンド)


今は、何が起こるかわからない世の中。安全保障意識の希薄な日本は綱渡りをしている。だから、分散投資をいつも考えて投資すべきだ。他の投資家が資金を半分にした時に、資金を30%しか失わなければ勝ちと考えよう。細心の注意を払いたい。





【ベトナム】外国人の住宅保有解禁

ベトナムでは2015年7月に外国人の住宅用不動産の所有権取得が認められるようになった。頭の古ぼけた人間は、ベトナムが共産主義国ということに拘るあまり、「所有権ではなく、定期借地権だ」というかもしれないが、それは現地の実情を知らないからである。これは外国人に「事実上の所有権」を認めたという意味である。
もっともベトナムには共産党という強力な既得権益層が存在する。そのため、改革は遅々としている。遅々としているが今後も方向は変わらないだろう。ベトナム国民がすでに越共産党を嫌っているからだ。

外国人の住宅保有期間、99年に延長。経済特区での優遇策法案
 オンラインメディアのVNエクスプレスによると、ベトナム計画投資省はこのほど政府に対し、外国人が特別経済区で購入する住宅などの保有期間を現行の50年間から99年間へと約2倍に延長する法案を提示した。外国投資家への優遇を拡充し、投資をさらに呼び込むのが狙い。政府は法案を支持しており、今後10月の国会に提出し、審議される予定という。
 ベトナムには現在18の経済特区があり、さらにクアンニン、カインホア、キエンザンの3省でも設置が進んでいる。グエン・スアン・フック首相は、法案には特区内にさらに投資を呼び込むための「目玉」が必要との考えを示し、住宅保有期間の延長条項を評価した。
 ベトナムは2015年7月に外国投資ファンドや適正なビザを持つ外国人、ベトナムで事業を行う国際企業などが軒数の制限なく住居用不動産を購入し、50年間保有できるように住宅法を改正した。不動産業界関係者は、住宅保有規制の緩和で不動産市場への関心が高まったと評価しているが、外国人購入者にとって規制や書類手続きは依然煩雑だとの声も多い。


日本の土地は外国人でも購入可能だ。現に、シナ富裕層は北海道の土地を買い占めに掛かっている。水源地や将来の戦略拠点など。しかし、これは「相互主義」に反する。日本人がシナで不動産を購入不可能なのに、どうして日本政府はシナ人の日本での異常な土地買い占めを認めるのか?これは法律なので国会で議決すれば阻止できる。しかし、国会は盛りそばや掛けそばの問題で機能しない。日本は亡国の道を進む。




NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・