鬼ホールドすべきか?(VN指数ロウソク足長期チャート)

ベトナム景気は絶好調、インフレは沈静し、外貨準備は史上最高の500億米ドルだ。
ビナミルク(VNM)など政府保有株式放出も進捗中。経済指標をみる限り、現在の状況に死角はない。
一方、チャートをみれば、2007年の日本人投資家がサイゴンに押し寄せた越株バブル時の高値に近づきつつある
当時の高値は2007年3月12日の終値1170.67ポイント。トリビアだが、ベトナム株の転換点はテト前後の場合が多い。なお、今年のテトは2月14日~20日。
本日(22日ザラバ)午後2時前(越時間)でVN指数は1083ポイントだが、高値まで(1170-1083=87)であと87ポイントのところまできた。

NINJA300としては1200ポイント程度で投資家に「ヤレヤレ感」がでるのではと思っている。日本のソニーや京セラやホンダまたはセブンイレブンを鬼ホールドした投資家が勝者になったごとく、ホールドすべきか、いったん手じまいをすべきか、悩むところだ。

(VN指数のロウソク足月足チャート)


(VN指数:NINJAトレンドチャート)




FPTコーポレーション(FPT)のチャート

10年チャート

4年チャート

1年チャート

価格不連続は増資だろう。

FPTは上場関連会社にFPTテレコムやFPT証券をもつ。最近ではFPTリテールを子会社から分離した。FPTリテールは来年3月までに上場予定だそう。FPTリテールは携帯販売会社で、モバイルワールド(MWG)の競争相手となる。FPTリテールの上場で順調に株式放出が進捗すれば、FPTには好材料となる。但し、外国人投資枠は埋まっている。




日越のNINJAトレンドチャート

ベトナム株は調整入りしたようだ。年初から一貫して上昇したわけだから無理はない。
しかし、基調は強い。世界的な株式市場の調整が起こらない限り、下値はVN指数で最悪850ポイント程度だろう。いや、景気の強さを考えれば900ポイント程度かもしれない。
今年のベトナム株は世界のベストパフォーマー株式市場は「成長期」を迎えている。
懸念はベトナムもシナと同じく共産党独裁政権だということに尽きるが、シナ株だって直近3~5年を除外すれば長期の上昇相場を出した。しかも、シナ共産党はバブルが崩壊しても統制経済で借金経済を支え(コントロールし)ている。日本で日銀や財務省が必死でバブルを潰したのと比べると、シナの方が結果として投資家を肯定していることになる。というか、日本の官僚連中は国民のことなんて眼中にないのだ。バブル潰しは官僚のバブル紳士への「嫉妬」と経済への「無知」で発生した。そして、日本は長期調整に陥った。

(VN指数のNINJAトレンドチャート)


(日経平均のNINJAトレンドチャート)


いずれも、保合い局面にある。



開戦3日目にして、ゼロ戦はマレーシア沖海戦で大きな戦果をあげた。そして、シンガポール占領により、イギリスをシンガポール以東のアジアから追い出したのだ。


弱い米ドルの恩恵

今年、米ドル指数は年初から7%下落し、ASEAN各国の通貨は安定化した。
今年、ベトナムドンはほとんど対ドルで動いていないが、この米ドル7%の下落を除けば、実際には7%減価したと考えられる。現在、ベトナムは過去最大の460億ドルの外貨準備高を保有している。安くなったドルを買ったわけだ。



日本は世界最大の債権国でBSはとても綺麗だ(日本の財務省だけはそうは思っていないようだが)。そのため、世界市場でリスクが高まったときは日本円が買われる。
しかし、北から天然痘攻撃、ミサイル攻撃、ダーティーボム攻撃、毒ガス(VXガスなど)攻撃を受けたとき、日本円は下落することになる(*これは不明なので自己責任)。
NINJA300としては、日本人もある程度の外貨準備を持つことを提案させていただきたい。香港に行ったことがある人なら、ところどころに為替両替所があるのをみたことだろう。しかし、日本では為替両替所なんてみたことない。ドルを買うには、正規の銀行へ行って、非常に大きなスプレッドを支払って買い付ける必要がある。「田舎」の日本では、その点、FXトレードというのはメリットが大きいと思う。

(VNDの対ドルチャ―ト)


2011年以降、ベトナム経済は大変革した。
それまで、常時、対ドルで下落していたドンは安定化した。なぜか?
理由は外資によるベトナムへの直接投資だ。
サムスン電子の工場が2009年に建設され、2年後の2011年には第2工場が完成した。日本企業では、キャノンや富士ゼロックスなど多数の企業がベトナムへ進出した。今年年初から9月末までのFDIは前年比53%で伸びた。2008年のベトナムバブル崩壊の傷は癒えつつある。銀行セクターの不良債権比率は9月末で2.34%(昨年同期は2.46%)で金額ベースでは566兆ドン(600兆ドン)。
ベトナムを代表する株価指数のVN指数は世界各国中のベストパフォーマーとなっている。



急騰中のベトナム銘柄

ベトナム株式急騰中。当然に、こういう地合いでは大型株が上昇する。

先日、ベトナム乳業最大手のビナミルク(VNM)の株価が急騰した(最初のチャート参照)。材料は、自動車販売を中心とするシンガポールの複合企業ジャーディン・サイクル・アンド・キャリッジ(ジャーディンC&C)が11月13日に、子会社を通じてVNM株式5.53%を6億1660万米ドルで取得と発表したこと。VNMの時価総額は109億米ドルで、ベトナム最大の上場企業だ。
今回購入した株式の一部は、ベトナム政府の投資機関である国家資本投資公社(SCIC)が11月10日にVNM株3.33%を競売入札にかけた際に取得し、残りはホーチミン証券取引所で取得した。
VNMは国内10 カ所で大規模な牧場を経営し、オーストラリア、米国、ニュージーランドから輸入したウシを飼育している。生乳販売契約を結んでいる農家のウシを含めると、同社の抱えるウシは12 万頭を超える。また、国内13 カ所でミルク工場を稼働させるほか、カンボジアのアンコールミルクに100%、ニュージーランドのミラカに22.8%、米ドリフトウッドに100%出資し、ポーランドでも事業展開を図っている。VNM製品は世界40 カ国で販売されており、昨年の輸出額は2億6,000 万米ドル(約295 億円)近くに上った。乳製品の国内シェアは58%。
一方、ジャーディンC&Cは、VNMが昨年、外国人による出資制限を撤廃したことを受けて株式取得に乗り出した。東南アジアで市場をけん引する企業に投資するのを投資戦略としている。蓋し、ベトナム市場では、今回のVNMと同様のことが再度起こり得るだろう。

(VNMのチャート)


以下、SAB(サベコ)のチャートおよび解説。
ホーチミン証券取引所は、サイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)の株式売却を目的とした海外ロードショー(投資家向け説明会)を開催する。投資説明会では、SABの代表が、会社概要、製造体制、子会社、流通ネットワーク、財務状況、民営化後の成長計画などについて説明予定。投資家が追加情報を必要とする場合は、SAB幹部が29日から直接、事務所で応対する。
ベトナム商工省(MOIT)によると、サベコの政府の持ち株売却は12月に実施予定だが、今のところ、政府がSABの89.59%の株式を所有しているという。しかし、計画の細部が未定で、売り出し株式数、売り出し価格、海外投資家への割り当て株数などといった重要情報が未開示だ。さすがベトナム・・・お粗末。
一方、SAB株式の取得については多くの機関投資家や企業が関心を示している。例えば、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ系列のカールトン・アンド・ユナイテッド・ブリュワーズ(オーストラリア)とタイ・ビバレッジ、ハイネケングループ(オランダ)、日本のビール会社などだ。
SABの海外ロードショーは、ベトナム国家資本投資公社(SCIC)が国有乳業大手ビナミルクの株式を2度目に売却した際の手法を踏襲したもの。 SCICはかつて、香港とシンガポールで、ビナミルクへの投資を誘致するために、ノンディール・ロードショー(個別訪問などの説明手法)を企画したが、それを機会に、これまでVNMへの投資に関心がある投資家としてリストアップされていなかったシンガポールの自動車販売大手ジャーディン・サイクル・アンド・キャリッジ(JC&C)が株式購入を申し出た。その後、同社は市場で追加購入した6.7%と合わせて、ビナミルクの10%の大株主となった前例がある。
SABは、ベトナム最大のビール会社で、65億米ドルの国内市場で約40%のシェアを占めている。ビール販売は、サベコの総売上高の85%、2014~16年の利益の95~97%を占める。

(同SAB)


以下はペトロベトナムドリリング(PVD)のチャート。同社は油田掘削会社だ。
ペトロベトナム・ドリリング&ウェル・サービス(PVドリリング)の業績が、原油価格の上伸や掘削市場が回復基調を背景に堅調だ。2017年第3四半期(7~9月)の税引き後利益は250億ドン(約1億2500万円)と前年同期比2.5倍に拡大した。
同社は、仏系石油会社トタルE&Pミャンマーに対する掘削装置(リグ)の操業を成功させると、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、タイなどの海外市場で掘削リグや関連技術サービスを提供する契約を次々と獲得。今後も、親会社の国有石油会社ペトロベトナムが展開するカーロンドー(レッドエンペラー)やカーボイサイン(ブルーホエール)などのガス田開発で、大規模な石油探査・掘削事業に絡む受注が増えるチャンスが拡大している。 さらに、ペトロベトナムのナムコンソン第2パイプライン事業(フェーズ2)でも、十分なガスを確保するため、オモンB鉱区やサオバン・ダイグエットなどが開発される見込み。 同社のドー・ザイン・ラン副社長は、競争力強化のためにコスト削減、特に石油リグの操業コストの削減に向けた組織再編や財務管理に力を入れていると述べた。また、好調な業績以外に、安全面では「時間損失負傷災害(LTI)」ゼロを何年間も継続している。

(同PVD)


NINJA300はPVDといえば、ステンレスの黒染め(Physical Vapor Deposition,物理気相成長)をつい想起してしまう。PVDとは、金属の表面処理技術のひとつで高真空装置の中で、チタン、ジルコニウム、炭化水素など薄膜の材料となる物質を加熱させ、蒸発・イオン化させ、そこに反応ガスを吹き込むと金属加工物が生成され、それを物質に蒸着させること。
本日、つい・・・つい・・・チュードル・ブラックベイの青とバーガンディーの色違い2個買ってしまった。合計50万近く。チュードルはラグジャリーウォッチのロウエンドの位置にあるブランドだ。2つともETA2824を搭載。黒は製造期間が6ヶ月と短く、玉不足ですでに高値が付いている。製造個数でいえば、黒(79220N)<青(79220B)<バーガンディー(79220R)。ダイバーウォッチとしては、ペラーゴの方が確実に優れているだろうが、希少な「薔薇ロゴ」のチュードルは楽しみながら値上がりが期待できる。クリスマス前のこのシーズンは心理的にも微妙なシーズンである。無駄使いとなるか、それともインフレヘッジになるか、誰にもわからない。



NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
世界の株価
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
ハノイの大気汚染度
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
Micro Brands etc.
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・