高級時計の「格付け」

2008年のリーマンショックでアメリカ政府は富んだものに援助し、富者はさらに富者となった。本当は5年程度の調整期間が必要だったのに、アメリカ政府はそれを避けた。世の中は矛盾を先送りした。アメリカ政府は富者にコントロールされているからだ。
そして、「格差」は更に広がった。
アフリカや中東などの荒廃に加えて、先進国内では「格差」問題が熾烈を極める。

日本は世界標準からみれば「格差」の少ない社会なのだが、最近は年収10億、20億の会社社長も多く出現している。これは日本社会の伝統に反する。社長が平社員の100倍も働いているはずはないのにである。グローバル化が日本を侵食しようとしているのが現代である。

腕時計価格の上昇は続いている。PPやロレックスなどブランド価値と流動性を持つ時計の価格は株価など資産価格と連動するようになった。
この世界では、クオリティは大した問題ではない。クオリティと価格のコラレーション(相関関係)は低下した。
クオリティなら、セイコーのMM300とロレサブに価格差はそれほどないはずだ。シチズンのグランドツーリングとパネライルミノールの価格差もさほどではないだろう。しかし、現実には価格差は存在する。田中康夫の80年代のごとく、ブランドという記号を消費しているのだ。


参考:「格付け」の高級時計版。これらは常に変化する。

【上上】パテックフィリップ、ランゲ&ゾーネ
【上中】ブレゲ、バセロンコンスタンチン、オーデマピゲ、ピアジェ、ブランパン
【上下】ジャガールクルト、リシャールミル

【中上1】ショパール、FPジュルヌ、グラスヒュッテオリジナル、ロジェ
【中上2】ゼニス、IWC、カルティエ、ショーメ、モーザーパルミジャーニ、グルーベル
【中上3】ロレックス、ユリスナルダン、ボヴェ ジャケドロー

【中中1】オメガ、パネライ、ブライトリング、ルイヴィトン、コルム、,ウブロ、クロノスイス、ベダ&カンパニー
【中中2】タグホイヤー、ブルガリ、フランクミュラー、ボーム&メルシエ、モーリスラクロワ、ポールピコ、エベル、グラハム、シュワルツエチエンヌ、コンコルド、クエルボ・イ・ソブリノス、アランシルベスタイン
【中中3】ロンジン、シャネル、バルカン、マーティンブラウン、カルロフェラーラ、アントワーヌプレジウソ、シャウアー、ブヘラ、ペルレ、エベラール、ダービー&シャルデンブラン、ECW、ポルシェデザイン、ユニバーサルジュネーブ、モンブラン、ファーブルルーバー

【中下1】ノモス、フレデリックコンスタント、ベル&ロス、チュードル、リメス、ジン、アイクポッド、グリモルディ、ボール、チュチマ、モバード、ミューレグラスヒュッテ、ウォルサム、ラドー、エドックス、インビクター
【中下2】レイモンドウィル、ジャケエトワール、ジャンリシャール、レビュートーメン、エテルナ、ストーヴァ、オリス、ダンヒル、エルメス、クリスチャンディオール
【中下3】ティソ、エポス、ハミルトン、フォルティス、ドクサ、ユンハンス、ルイエラール、ハンハルト、ジュベニア、オーガストレイモンド、エニカ、シーガル、クロードメイラン、ボストーク、ポレオット、グッチ

【下上1】スウォッチ、セクター、ルミノックス、トレーサー、MTM、ティファニー、テクノマリーン、フォリフォリ
【下上2】ラコ、ゾディアック、スカーゲン
【下上3】ブローバ、タイメックス、ウェンガー、モンディーン、バルコ
【下中1】テクノス
【下中2】エルジン、ランボルギーニ
【下下】ピエールギオネ、RELAX、その他



参考:X軸をブランド力、Y軸がラグジュアリー度としたグラフ。投資としてみるなら、流動性に注意。





参考:ブランド時計の定番シンプルモデルクロノグラフダイバーズ


NINJA300が小さい頃は南北問題が世界の懸念事項とされていた。今も南北問題はある(が、報道はされない)。実感をしたければ、南の国々へ旅行すれば実感できるし、時間がなければ鈴木傾城氏の著作を読んでみれば良い。キンドルの読み放題で安く読める。そこではカンボジアのベトナム人少女達の運命、インドやバングラデシュの最下層の女性達が描かれている。そこで描かれている世界は「地獄」だ。


世界の貧困を理解するのに役に立つ本。最初の2冊はショッキング。怖い方には「真夜中のカリマンタン」がお勧め。

NINJA300は今後、一時的な波乱局面はあってもこうした格差社会傾向の継続を予測する。
民主主義というフィクションをもつ社会は、偽装民主主義社会から貴族社会へ変質した。この後に来るのは何か?NINJA300はウォールストリートや多国籍企業を支配する一部の人間(ノーメンクラツーラ)がすべてを支配するグローバル主義時代(共産主義)が訪れるのではという懸念を持っている。


要するに、少数の者が多数を収奪する社会である。カースト制度を持つ「古代インド」のような社会である。世界は「古代インド化」しつつある。




「ツナ缶」解説

セイコーダイバー「ツナ缶」とは?
・セイコーダイバーの特徴は、主に視認性の良さ、幅広の針と強力なルミ(夜光)。また、4時位置の竜頭も特徴。竜頭が3時位置にある例外はSHOGUNやセイコー5ダイバーなど。
・回転ベゼル(昔は両方向回転だったが、現在は一方向回転)
・特殊パッキンでバルブや弁は不要とした。
・セイコーダイバーは1965年に登場、外胴プロテクター採用「ツナ」は1975年に初登場
・「ツナ」とは本体を包む外胴(プロテクター)付きセイコーダイバーのこと。
・「ツナ」の由来はアメリカ人ユーザーにとってセイコーダイバーのイメージが裏蓋の波マーク、彼らは波マークを北斎の神奈川沖浮世絵の「TUNAMI」マークと呼ぶが、それに外胴から「Tuna Can」のイメージを併せて、「TUNA」という呼び名が広まった。


主な「ツナ」
1000Mツナ(SBDX XXX)
1000M防水ツナは主にメカニカル(8L35)。しかし、クオーツも存在する。特徴は、フラットサファイヤと竜頭とラグが本体に隠れること。機械式のため、本体が大きくなりすぎるためだろう。
・SBDX011(エンペラー)

・SBDX013、SBDX014(ニューゴールデンツナ)は8L+チタン+1000M防水+フラットサファイヤ等々、35万円+

クオーツ(7C46)の1000Mダイバー
・SBBN013(ダースツナ)

・SBBN027(イエローツナ)
クオーツ1000防水、定価:22万円

・SBBN025(ニューダースツナ)

Cal.は7C46でクオーツだが、本体チタン+外胴セラミック+フラットサファイヤ+ワンピース構造と付加価値が付く。イエローツナ。

600Mツナ(SBDB XXX)
SBDB013(スプリングドライブツナ)

スプリングドライブ、Cal.5R65、サファイヤ、50石、72時間(3日)パワーリザーブ、パワーインジケーター、チタン・スーパーハードコーティング、38万円+
・SBDB011
スプリングドライブ、Cal.5R66(GMT付)、サファイヤ、50石、72時間(3日)パワーリザーブ、パワーインジケーター、チタン・ダイアシールド、47万円+

300Mツナ(SBBN XXX)
・1978年登場。すべてクオーツ(7C46)。バッテリーは5年超稼働(7~8年稼働するというユーザーも多いが、セイコーは5年と言っている)する。耐用性からみれば、明らかにメカニカルよりクオーツが耐用性で上回る。また、セイコーはクオーツの「パイオニア」であり、「キング・オブ・クオーツ」と云っても良いメーカー。7C46はトルクが強く、文字盤が大きく、針が太い機種に対応可。
・1000Mツナ比で竜頭とラグが外側にでている。とはいってもラグは非常に小さく短い。
・新型の新ルーム採用モデルは従来モデルより夜光30%増し(セイコーによれば、残光時間が60%長くなった)といったところ(先端技術)。
・「漢字・英語」デイ表示
・新型モデルはデイデイト表示の地の色は黒。字は土曜が青/日曜が赤/その他は白。
・「ダブルドームドハードレックス」…外光を反射(非反射加工無し)してみずらいが、サイドから文字盤をみて歪まない様に設計されている。また、フラットよりはダブルドームドの方が反射は少ない。ハードレックスとサファイヤは好き好きだろう(NINJA300はサファイヤの方が好きだが、セイコーによればハードレックスの方が水圧に対して粘りがあり、割れにくい)。
実は、今回、NINJA300はダブルドームドハードレックスをサイドから見たとき歪みが修正されていることにはじめて気づいた。ハードレックスの反射にしても、考えてみれば、暗い深海で外光が反射することはないだろう。通常、深海での使用はまずないだろうが・・・。デザイン的にはたしかにダブルドームドは「味」がある。
・新型モデルの竜頭にはプロスペックスの花文字サイン。NINJA300は「旧型」やSARBシリーズの“S”サインの方が刻印が深いし格好よくみえる。
・SBBN015

・SBBN017

旧型ツナ、ベゼルはSS、ウレタンバンド

以下は新型ツナ(針、ルーム、インデックスポイント、デイデイトの地の色、シリコンバンドなど改良)
・SBBN031/外胴はサンドブラステッド(ブラッシュト)SS、ベゼルは黒、ステンレスベルト

・SBBN033/外胴はポリッシュトSS、ベゼルはシルバー、黒シリコンベルト
・SBBN035(ダークツナ)/外胴は黒SS、ベゼルは黒、黒シリコンベルト、PVD加工

・SBBN037(ブルーフィンツナ)/外胴はサンドブラステッドSS、ベゼルはネイビー・黒、文字盤は2段で色はネイビー、ネイビーのシリコンベルト、オンラインショップ限定。

・SBBN039/PADIコラボ、限定700本、定価135,000円、発売日2017年1月27日


ソーラーツナ(SBDN XXX)
・2016年発売(プロスペックスライン)
・安いというのが第一印象。小型化(コンパクト化)のために、デザインは文字盤比でベゼルが大きく感じる。つまり、小型になった分、文字盤を小さくしたのだろう。
・SDDNのブレスレットと互換性有。
・竜頭にサイン無し。
・ハードレックス
・200M防水
例えば、
・SBDN025

定価4.5万円、ステンレス・外胴プラスティック、 V147 Solar、シナ組立、200M、ハードレックス。

キネティックツナ(SUN XXX)
・Kinetic 5M89(GMT付)、従来と異なる新デザイン、サファイヤ、200M防水
例えば、
・SUN019/文字盤黒(右)、SUN023(左)

・SUN021

・SUN065/PADIコラボ


ランド(フィールド)ツナ
ベゼルは両方向回転、メカニカル、ラグは外に出る。
SBDC011(フィールドマスター、フィールドツナ)/自動巻き(6R15 )、コンパスベゼル(両方向回転)、200M防水

SBDL027(フィールドマスター)/ソーラー、クロノグラフ、サファイヤ、200M防水

Cal.はV175ソーラークロノグラフで安価。しかし、フィールドならプロトレック(カシオ)が捨てがたい。ソーラークオーツではなく、ただのクオーツなら欲しいと思った。余談だが、かつてセイコーのH558ダイバー(ARNIE)が良いなと思ったときも、アナデジならカシオ製が幾らでもあると思って踏みとどまったことがある。
SEIKO H558-5009 330241_Arnie in Predator

なお、H558ダイバー(ARNIE)の外胴はプラスチック製。




「ロレックス復活」か(?)

現在は落ち着いてきたが、円安に乗じてロレックス価格が再び上昇してきている。
エクス1が現在66万円らしい。中古実売は50万円台か。
チャートをみると、社会通貨(Social Currency)の本質が見える。このチャートってほぼ外国為替のチャートですよね?
つまり、ロレックスを保有するとは、外貨預金(特に、欧州通貨ラストリゾートのSF)をホールドすることとほぼ同意義なのだ。換金性で外貨預金に劣り、利子や配当もないが、ロレックスやPPには「インフレ耐性」がある。こういう時計の買い方は100年戦争や30年戦争など多くの戦乱を経験した欧州貴族の資産保全法である。


チャートをみれば、完全に”相場物の動き”をしている。だから面白い!

時計の価値からいうと、セイコーのアルピニスト(SARB011, SARB013, SARB017)と大きな違いはないが、これが冷徹な事実である。なお、NINJA300はアルピニストの38ミリ、つまりSARB011, SARB013, SARB017をすべてホールドしているが、3つ合わせても取得価格は10万円以内ではないだろうか。この歴然たる価格差の根拠はわからない。Cal.?仕上げ?いやそんなものでもない。しかし、こういう現象が生起するのが人の世であり、面白い。ダイバーズウォッチでも同じだ。サブマリーナと8LのMM300。価格差ほどの違いはないということは、時計ファンの常識である。


ツナ缶がほしいなぁ。


「ヤラレターーー」

今回の下落で主に日本株で含み損を抱え込んでしまいました。ヤラレターーー。
でもまだまだまだ致命傷になるようなものではないのですが、軽率だったので反省したいと思います。
日本株は良いトレンドだったのですが、アメリカ株が下落トレンドなのに、ポジションを縮小しなかったのが反省点ですね。
対処としては、反発で売るか、持続か、考えています。
サルでも反省できますが、反省を書くことはできないのでNINJA300のほうがちょっとましです。


ところで、今欲しい時計は以下です。

SRPB55SRPB49
・竜頭ガードがカッコいい200Mダイバー
・機械は4R35
・ガラスはハードレックス。セイコーダイバーは粘りがあるハードレックスをダイバーに使います。サファイヤで良いと思うのだが、ハードレックスの在庫が山積みなのかもしれません。
・サイズは43.8ミリ。ダイバーなら大丈夫。
・6振動、23石


デザインの良いのもあるのですが、ソーラーとかキネティックとかは今は好きではない。
とは言ってもこういうのはタイミングだから、たまたまバンコクのMBKとかに行って安く販売していれば買うだろうという程度のものです。とは言いながら、タイへ行く機会があればきっと買うと思う。ここベトナムは関税が高くて腕時計価格は高いですから買いません。あと、オリエントのレーベン2も魅力的ではある。

「昔のサムライ・ウォリアーと違って、相場で負けるとおカネは泡と消えますが、命までは奪われることはまずありません。」
「そう考えれば、ラッキーでした。」




「52系」解説

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
根付/Netsuke etc.
金融時計/Social currency/Financial watch
ホロロジー/Horology
ロレックスにうんざりしたら・・・