ティラワ経済特区が開業

ティラワ経済特区の400へクタールが開業した。特区では外資規制の適用除外、法人税減税など優遇措置がある。47企業が進出とは、最初としては上出来だろう。インフラ部分(火力発電所、送電線、ガスパイプライン、港湾、道路)はJICAの円借款事業なので、麻生副首相が出席したようだ。
株式は49%が商事、住商、丸紅そしてJICA。残りをミャンマー側が保有する。


ミャンマー:ティラワ経済特区が開業 毎日新聞 2015年09月23日 22時30分
 日本の官民が支援するミャンマーのティラワ経済特区23日、開業式典が行われた。最大都市ヤンゴンの南東約20キロにあり、造成が進んでいた。13カ国・地域の47社が入居を決めており、外資導入に弾みがつきそうだ。
 式典に出席した麻生太郎副総理兼財務相は「特区の開発はミャンマー経済の発展と雇用創出につながる重要なプロジェクトだ」と強調した。
 特区の開発面積は約2400ヘクタールで、開業したのは先行開発区域の約400ヘクタール。入居予定企業の約半数が日本勢で、王子ホールディングスやワコールホールディングスなどが進出を決めている。
 日本の大手商社3社が工業団地開発を担い、国際協力機構(JICA)も政府開発援助で整備を支援している。(共同)


日本証券取引所と大和証券によるミャンマー証券取引所はどうなったのだろうか?年内に設立という触れ込みだった。ああいうのは設立と宣言して、その後何も取引しなくてもいいのはプノンペン証券取引所をみてもわかる。だが、日本企業の場合はなかなかそういうことはできないようすだ。チャットは弱いし、民族・宗教問題を抱えているが、ミャンマーには注目している。但し、少なくとも3年はかかるだろう。


キリン、ミャンマーのビール最大手を買収へ

ミャンマーは11月に総選挙を迎え、ミャンマーチャットは急落中である。
おそらく、今後2-3年は混乱するのではないだろうか、と予想している。
但し、混乱の地獄のあとには、ラストフロンティア・ミャンマーとなるだろう。3年投資なら地獄、10年超の投資期間ならば見込みは大きい。
キリンのMBL買収は、キリンの長期戦略に大きく貢献するのではないだろうか。ポジティブに評価する。

キリン、ミャンマーのビール最大手を買収へ 読売新聞 8月19日(水)7時20分配信
 キリンホールディングス(HD)がミャンマーのビール最大手「ミャンマー・ブルワリー(MBL)」を買収することが分かった。
 株式の過半数を取得し、子会社化する。近く発表する。日本のビール市場が縮小する中、需要の伸びが期待できる新興国で事業を強化する。買収金額は最大1000億円規模となる見通しだ。
 MBLは人気ブランド「ミャンマー・ビール」を持っており、ミャンマーのビール市場のシェア(市場占有率)の大部分を占めているとされる。株式の55%を保有していたシンガポール企業が株式を手放すことになり、この株式をキリンHDが買い取る。
 今回の買収で、キリンHDの売上高に占める海外事業の割合は現在の3割超からさらに高まる。キリンHDはブラジルのビール大手「スキンカリオール(現ブラジルキリン)」や豪ビール大手「ライオンネイサン(現ライオン)」を完全子会社化するなど、海外事業に力を入れている。MBLを子会社化し、ミャンマー市場で一気にシェアを伸ばす狙いがある。


(年初からのミャンマーチャットの対米ドル相場)





「チャット」暴落

予想通りミャンマーチャットが暴落中です。この国は今年11月の選挙が鬼門。少数民族はイギリス人の分割統治のコンテクストでキリスト教化され、狂暴です。死ぬまでやります。天国へ行けると信じ込んでるんですもん。



今年中に、株式市場を設立するとか大和証券や日本取引所が計画だけしていましたが「延期」でしょう。当分はだめです。




ミャンマーバブル崩壊途上(参考:日経ビジネス)

「日経ビジネス」の記事をまとめてみた。ミャンマーはまだまだ山あり谷ありだ。

2010年以降の民主化で米国金融緩和で発生した遊資が流入し、ミャンマーバブルが発生した。
(現象)
・ホテルは一泊5万円
・SIMカードは一枚20万円
・オフィス賃料は丸の内より高い
・駐在員住居は空きがなく200人待ち
・新築でもない1LDKのアパート賃料が月50万円超


日経ビジネス」の記事によれば、
(新現象)
・商業施設やオフィスビル、ホテルの開発が相次ぐ←シンガポール、ベトナム(HAG)、韓国、シナなどの資本
・しかしよくみると、資金難で不動産プロジェクトが途中で止まったところも少なくない←完成前販売不調で資金がショート。
・不動産購入者は投資目的中心から、実需を持つ主体に変化した。
・宿泊料金が1万円を切る割安ビジネスホテルが登場して、高級ホテルの宿泊料も2万円台まで低下。一年前と比べても半額以下の水準。
・駐在員向け住居も続々誕生。少し離れれば1LDKで10万円台の新築物件も。
・賃料が最も高いビルの一つ「サクラタワー」の賃料が2014年後半から下落。現在、入居者募集中。一等地でも空室がではじめた。
・駐在員向け高級住宅街が続々誕生(YOMAのプロジェクトなど)
・SIMカードは20万円から今や約150円で投売り状態に。(ミャンマー郵電公社の独占→テレノールと折れどーの2社が参入し、価格競争が激化したため)
・スマホ普及率急上昇(2013年:10%、現在:30%)。露天商がスマホを弄っている。
・シナから中古スマホが大量流入→道端で中古スマホが売られる。
・経済制裁下で中古「マーク2」は2000万円したが、2011年秋に個人の中古車輸入規制が緩和され一気に自動車が輸入された。2014年に、日本からの中古車の輸出先として、もっとも輸出数量が多かったのがミャンマーで16万台超。ロシアとUAEの2強の牙城を崩した。中古「マーク2」はかつての1/10の200万円へ。
・反面、未開発の土地を買う投資マネーも流入
・日系企業数は4年前の4倍超の221社まで増えた。


但し、
・依然として電気などのインフラが未整備→自動車部品、半導体などの生産計画に厳格な産業は無理。現在、労働集約型の縫製業のみ進出。
・ビジネスの基盤となる法制度が未整備
・管理職人材がいない。優秀な人材は欧米やシンガポールへ。


なかなか情報を含んだパワーのある記事だった。まだまだミャンマーは時間がかかりそう。JPXと大和総研は今年中にヤンゴン証券取引所をスタートするとのことだが、いまとなってはそう焦らずにじっくりとやって「良いもの」にしてほしいという気分です。今年秋には上下両院総選挙があるが、スーチーはいまや婆さん。憲法規定を改正する前に、いまさら政治実務は無理でしょう。欧米の「パペット」になるだけのことです。ミャンマーについては、慌てずに長い目でみていきたいと思っています。






JPXがミャンマー証取設立準備室設置

JPXが4/1付けでヤンゴン証券取引所設立準備室を設置した。

JPX、ミャンマーの証券取引所設立で準備室 時事通信 4月1日(水)20時0分配信
 日本取引所グループ <8697> (JPX)は1日、ミャンマー初となる証券取引所「ヤンゴン証券取引所」の開業支援を強化するため、同日付で設立準備室を設置したと発表した。JPXは取引所の準備会社に出資しており、今秋の開業に向け、取引所ライセンスの取得や上場会社の募集などを後押ししていく。 

ヤンゴン証券取引所設立準備室は専任4人、兼任6人の計10名。専任4人のうち、3人はミャンマー駐在となる。
ヤンゴン証券取引所は昨年末に、ミャンマー経済銀行(国営)、大和総研、JPXと設立に向けた合弁の準備会社設立契約を交わした。準備会社の株主構成は大和総研が30.25%、JPXが18.75%で日本側が計49%、ミャンマー経済銀行(ミャンマー政府)が51%となる。つまり、51%株式を保有するミャンマー側は何でもできる(支配権をもつ)という契約だ。

ベトナムとカンボジアの証券市場は韓国証券取引が主導した。だから、ベトナムは証券市場が採用した取引プログラムの関係で、タイのようなNVDRを利用した外国人投資規制緩和が出来ない。韓国製の安物をこういう基幹金融インフラに使用するからこういうことになるのだ。結果、ベトナム証券市場の発展は遅れた。
ミャンマーでは日本が頑張るということだろうが、注意すべきはミャンマー経済にはバブル機運が強いことだ。シャン州では現在も麻薬権益を巡って戦乱の渦中にある。ベトナムはキン族(90~95%)がほとんどだが、ミャンマーではミャンマー人は60~65%しかいない。英国のdivide & conquer政策でインド人やシナ人が大量に入植し、少数民族の一部はキリスト教徒になってしまったからだ。民族、宗教面でかなりの分裂をしている。
証券取引所設立後2年は活況・・バブル破裂で終了。長い低迷・・・といういつものパターンにははまって欲しくないと思う。





NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵メモ等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
Collectibles/Netsuke etc.
*悪徳業者が多い、要注意。
  • 根付生活
  • Joytec
  • JADEISUS.COM
  • 日本ヒスイ鉱業
  • 金融時計/Social currency/Financial watch
    ホロロジー/Horology
    ロレックスにうんざりしたら・・・