38度線から対馬海峡へ

藤井厳喜氏の「ボイス」での発言を以下にまとめる。
・韓国は5年以内に北鮮に吸収合併され、一国二制度となる。
・それに伴って、多くの経済難民が日本へ押し寄せる。
・アメリカは韓国を見捨てる。米軍は韓国から撤退。
・米シの最前線は38度線から対馬海峡へ南下する。
・これまでは朝鮮半島が緩衝国だったが、今後は日本が緩衝地帯となる。
・日本は米ロシ朝鮮の5つの猛毒核保有国に囲まれ、大ピンチ。
・日本は早く9条を改正しないと手遅れとなる。
・とりあえずは、北爆撃はシナの経済封鎖の効果待ち


非常に参考となる見識だ。また、頭のなかを整理できる。なお、北問題の長期化はNINJA300も予想した。カールビンソン打撃隊はわざわざ南シナ海を避けて日本海へ来た。豪州で演習とかなんとかTVでは言っているが、これから経済封鎖をするシナを刺激しないように南シナ海航路を避けただけだ。で、結果はどうなる?おそらく、経済封鎖は失敗し、習が瀋陽軍区を掌握できていないことがはっきりするだろう。
ぜひ、藤井厳喜氏の「ボイス」を聞いてみてほしい。

株の方は、日本は上昇トレンド、アメリカとタイは現在は下落トレンドとみている。慌てて日本株、タイ株を購入してしまったことを「我ながら下手くそ」と思った。



日本は最低限でもトマホーク(巡航ミサイル)1000発を保有しないと滅びるだろう。いや、ICBMが必要だ。ICBMは強力な抑止力となる。当然、北鮮とシナの支配下に入る韓国と同様に、日本でも北が誘導するサヨク勢力が反対することだろう。特に、サヨク人権弁護士はクソ売国奴と理解したほうが良い。




「アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は2家族がトップ50入り

このアジア富豪一族トップ50は昨年11月発表のもの。
現在、サムソンはランクダウンしているだろう。日本は2家族だけだが、両家族とも「こんなリストに掲載されたら税務署が怖い」と青ざめているだろう(笑)。インドの躍進と資産税の高い日本の低迷が目立つ。





北朝鮮国境地域・海域に米ソ支の軍隊集結

アメリカ空母カールビンソンが配置についた。
シナは北国境地帯に15万の人民解放軍をステーションさせた。
ロシアも北国境に兵を集結させている。兵隊を出さない国は戦後処理で意見を重視されないからだ。
これから何が起こるか?誰の目にも明らかだ。


SPOTTED: Putin 'moves military forces' to North Korean border as world prepares for WAR
VIDEO has been released allegedly showing a mass military mobilisation in Vladivostok, Russia, just eight miles from the border with North Korea, as the world edges towards war.
Russia has reportedly moved military vehicles towards the city, which is within striking distance of North Korea.
The dramatic move, unconfirmed by the Russian government, was spotted by residents in the border city and posted on social media.
This comes as North Korea warned that they are prepared for all-out war with the US, while China pleads for the two powers to back down from escalation.
Since the emergence of the Vladivostok footage, fears have grown that North Korea could become the trigger for a conflict involving the US, China and Russia.
Both China and Russia consider North Korea as a necessary buffer state, which they need to keep stable for their own national security.
According to the reports, a military convoy of eight surface-to-air missiles, part of Russian Air Defence, were on the move.
The S400 anti-aircraft missiles were moved to Vladivostok, where Vladimir Putin already has a major navy base.
There is mounting speculation that current leader Kim Jong-un will soon order a new nuclear test.
This comes after a US aircraft carrier group continues to move towards the region.
President Donald Trump has already pledged to remove the threat from the Korean peninsula.
China has pleaded for the US and North Korean to back down from the war-footing.


問題は、北は瞬殺されるか?それとも残存兵力が残って、ソウルや日本へ攻撃をするのか?その攻撃の強度はどの程度か?特に日本国内の北スパイの破壊工作が気になる。
水と食料を備蓄して、生物兵器の恐れもあるので、外出しないことだ。日本の傀儡政府は拉致被害者をずっと放っておいた。要するに自立した国家ではないからである。今回も国民を守ろうなんて思っていないだろう。「戦後利得」をどうやって得ようかと血眼になっているだけだろう。せいぜい、Jアラートという警報を流すくらいのことだ。


株式市場の反応については、北の抵抗の規模によって異なるので、今は何とも言えない。
しかし、NINJA300はテクニカル・トレーダーなので特に問題はない。本当はこういう時は、中長期投資ではなく、場について短期でトレードしたいのだが、今は控えている。時期が来ればやる。そして、自分を証明する。その準備は十二分に積んだと思う。
格言では「遠い戦争は買い、近い戦争は売り」。つまり、返り血の被害状況次第というわけだ。




金正恩ニュトラライズ計画進捗中

金正男を暗殺したのは、ほぼ金正恩で決まりだろう。
古代バビロニアのハムラビ法典には「目には目を、歯には歯を」と書かれている。ブッダ様は「因果応報」を唱えた。
アメリカは「現代のバビロニア」だ。
当然、アメリカは金正恩ニュトラライズ計画の実行可能性を検討中だろう。

アメリカにとって北の制空権なんて朝飯前で掌握できる。金正恩の居所は、潜入スパイやスパイ衛星で把握するだろう。金、核施設はバンカーバスターで根こそぎ破壊することになる。
核施設の位置を把握できているのか、アメリカ諜報部の役割は重要だ。北京スパイのレンポーが国会でしょうもない森友学園問題ばかり取り上げている日本とは「生き方」に対する真剣味が違う。現実世界は”Dead or Alive.”世界は「生きるか死ぬか」だ。

仮に、北のミサイル施設が破壊されずに残存した場合、ソウル市民、いや東京でさえ射程圏と考えた方がいいだろう。仮に福島原発がミサイルで破壊されれば、東日本は全滅する。可能性としては精度を考慮すれば低いだろうが、まったくありえない話ではない。いや、ミサイル以上に気になるのは日本国内に無数に潜入している北のスパイによる爆破工作だろう。

アメリカがシナとロシアの合意を得られるか?シナと北は水面下で繋がっているだろうから、情報漏れを警戒すべき。シナは国境を超えるだろう数百万人の北難民を恐れている。しかし、基本的にアメリカの召使いになりたいシナはアメリカがやるといえば、反対はできない。一方、ロシアは中東問題やその他の地域での妥協を要求してくるだろう。プーチン大帝はハードな交渉をやるにちがいない。トランプは天才だが、プーチンも天才である。

朝鮮半島情勢が目まぐるしく変わる今、我が国は麻痺している。地元票ばかり考える議員には朝鮮半島の緊張度合いが見えないのだろう。ほとんどの議員はメクラだ。
また仮に、朝鮮半島に統一国家ができれば、それは日本が最前線化することを意味する。そして、慰安婦問題ではなく、統一朝鮮は戦後賠償を要求してくるだろう。日本は北とロシアとは戦後問題がまだ片付いていないのだ。

戦争はゲームチェンジャーだ。株価は下がり、金利は上昇し、コモディティ価格は上がる。強烈なインパクトを資本市場に与えることになる。
残念ながら我が国に危機感はまったく感じられない。環境変化に適応できない種は滅びる。ダーウィンの「適者生存の法則」である。







2017年、欧州での選挙

枝葉末節と歴史の大きな流れが整理されていない文章だが、参考にはなると思うのでアップしておきます。
欧州がどういう選択をするか、興味深い。
但し、NINJA300は欧州はムスリム化を抑えられず、社会対立から治安はさらに悪化するという予想を見立てている。当然、EUは崩壊する。離脱予想国はドイツ(とフランス)である。😁


日本株は15日のオランダ下院選後どうなるか 東洋経済オンライン 3/14(火) 11:00配信
■オランダ下院選は、仏大統領選に影響する? 
 日経平均株価は3月13日、1万6933円(終値ベース)で昨年来高値を更新した。だが売買代金はさほど膨らんでおらず、勢いは感じられない状況にある。勢いだけで考えると22営業日ぶりに反落したというものの、21連騰を演じた日経ジャスダック指数や、東証マザーズ指数のほうに分があろう。
 取引高の大きい日経平均の上値が重くなっている要因は、政治、金融政策などに絡んだ重要なイベントが今週半ばに集中している点だ。オランダの下院選挙が15日、米連邦公開市場委員会(FOMC)が14-15日、米債務上限問題の期限も15日、日銀金融政策決定会合が15-16日となっている。このなかで日銀会合は波乱要因となりにくそうであり、本稿ではオランダ下院選挙とFOMCを注目したい。

 欧州の今年前半の最大イベントであるフランス大統領選挙(第1回目投票4月23日)が近づくなか、その前にオランダでの下院選挙が3月15日に行われる。足元では、ヘルト・ウィルダーズ党首が率いる反欧州連合(EU)を掲げる自由党が、議会第1党となる可能性が高まっている。
 ウィルダース党首は「オランダのトランプ」ともいわれている人物だ。これまでのウィルダース党首の発言を確認すると「私はハイダー(オーストリアの極右政治家、2008年事故死)やルペン(フランス極右政党党首、大統領候補)の仲間ではない。われわれはイタリアのムッソリーニのようにはならない。私はファシストの団体と同じ扱いをされるのがとても嫌である」などと発言している。
 一方で、「私はムスリム(イスラム教徒)が嫌いなのではない。イスラムが嫌いである」などと「反イスラム」を宣言しており、急進的ムスリムの国外追放などを主張している。3月に入って支持率は失速しているとも伝わっているが、依然第1党を狙えるポジションにはある。
 今回のオランダの下院選挙では、単独で政権を握る政党はなさそうだ。自由党が政権を樹立するという流れも確定しているわけではない。だが、もし自由党が躍進すれば、約1カ月後に選挙を控えるフランス大統領選挙には少なからず影響を与えることになるだろう。そのフランス大統領選挙は、5月7日に改めて決戦投票が実施されることもあり、第1回目の結果がそのまま反映されるわけではないが、極右政党のルペン氏を支持する声は多い。オランダ下院選挙の結果が、フランス大統領選挙の流れを変える可能性は残っている。

 もう一つの有力な様子見材料であるFOMCを確認しよう。米連邦準備制度理事会(FRB)は、14-15日開催のFOMCで0.25ポイントの追加利上げを決定する可能性が高い。FRBのイエレン議長やフィッシャー副議長、ブレイナード理事などの金融当局者は3月利上げに前向きな見解を何度も示しており、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が算出する米金利引き上げの時期をめぐる数値(Fed Watch)でも、「3月利上げ」の確率は90%を超えた。追加利上げそのものは、ほぼ完全に当面のマーケットに織り込まれたといえよう。

■利上げがあっても、ドル高になりにくい? 
 問題は利上げ決定後の話だ。利上げがあったとして、ドル・円相場は小幅ドル高となる可能性はあるものの、市場予想の大勢を占める「年内3回の利上げ見通し」が維持された場合、利益確定を狙ったドル売りが増えることから、ドルの上値はやや重くなる展開が見込まれる。
 つまり、今回のFOMCでは、利上げの有無よりも、今後の追加利上げペースを含む政策見通しについて、FRBが強気な姿勢を示すかが焦点となる。仮に「2017年4回利上げ」を示唆するような声明がでれば、米10年債利回りは上昇し、ドル買いが加速しそうだが、10日に発表された2月米雇用統計で平均時給の伸びは市場予想とほぼ一致したことから、2017年における利上げペース加速の思惑は後退している。トランプ大統領が利上げに消極的な姿勢を示していることも考慮すると、「2017年4回利上げ」のハードルはかなり高いといえよう。

 日本の金融政策に関しても、少しだけふれておきたい。日本銀行は15-16日開催の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を賛成多数で決定する見込みだ。日本銀行の雨宮理事は9日、国会答弁で「物価上昇目標の2%まで距離があるため、現在の方針で強力な金融緩和を推進すべきであり、長期金利目標の引き上げは適正でない」と述べている。日銀は長期金利の目標水準を変更せず、金融緩和政策を堅持すると予想されていることから、為替、株式市場ではさほど手掛かり材料視されないとの見方が多い。
 日経平均が2万円をターゲットとした動きをみせるには、為替市場での円安ドル高が必要だが、急速に米3月利上げを織り込んだ状況下、円安ドル高進行のハードルは高い。米国の雇用は堅調だが、2月の米雇用統計は、「2017年4回利上げ」の機運を後押しする内容とまではいかなかった。日経平均が一段高を試すには現状は材料不足で、少々ハードルが高い地合いといえよう。下値を警戒といった状況ではないものの、上値も重い膠着相場は継続するとみる。





NEXT≫
プロフィール: Profile

NINJA300

Author:NINJA300
ASEAN在住日本人の資産運用ブログ。NINJA250からNINJA300へ排気量アップしました(2013/11)。

最近気付いた点は、自分が永遠に"a bud looking for bloom"であり、「捨石(a stepping stone)」であるということです(2015/03/26)。

☆☆☆ムーンフェイズ/月齢☆☆☆




☆☆フライング・トゥールビヨン☆☆



The Pirate's Code 1: Take every thing you can, give nothing back!

※データ記載には注意を払っていますが一人で書いておりますので、間違いが全くないというわけはないと思います。若し、間違いにお気づきになられた方はご一報いただければ幸甚です。また、ご承知のように、投資は全て自己責任ですので当ブログは一切責任を負いません。

http://ninjafighter.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

※また、徹底して日教組が大嫌いです。天敵だと思っていますので宜しくお願いします。

なお、プレビューは天龍寺の雲龍画。日本は「龍国」です。
http://www.rinnou.net/cont_03/10tenryu/

※最後に、NINJA300は完全に「アマゾン」「楽天」等の回し者で、アフィリリンクをクリックすると商品ページに飛んで購入額のわずか数%の"under the table"をもらえる約束になっています。したがって、数円単位でもNINJA300を儲けさすのがムカつく人はどうか買う時は自分で「アマゾン」にアクセスをお願いします。

最新記事: Latest article
カテゴリ: Category
日米欧中の株価指数ボード(β)
ASEAN新興国の株価指数
JKSE指数 ^JKSE指数 SET指数 SET指数 STI指数 ^STI指数 KLSE指数 ^KLSE指数 フィリピン総合指数 フィリピン総合 VN指数 VN指数 上海総合指数 上海総合指数 香港ハンセン指数 香港ハンセン指数
ドル円・為替レート

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
為替レート表

ForexProsこの為替レート表の提供はForexpros -外国 為替 証拠金取引ポータルサイト
月別アーカイブ: Monthly archive
ブログ集へのリンク:
人気ページのランキング
にほんブログ村ランキング(新興市場)
世界のグルメ
文献(English)
知恵ノート等々
「動画」「静画」のリンク集
いつも心に音楽を
ショップ工事中
http://astore.amazon.co.jp/ninja300abs-22
バンコク(タイ)の格安ホテル
メールフォーム(ご意見・ご感想、限定記事パスワード)

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2カウンター: FC2 counter
カレンダー/Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
非メンバー制掲示板
最新コメント: Latest comment
リンク集
別枠リンク集(個人ブログ)
別枠リンク集(日本のメディア)
別枠リンク集(海外メディア)
別枠リンク集(インターネット・メディア)
トレード用データ・資料
証券取引所、ブローカー
リアルタイム・チャート
データ・ダウンロード/Data Download
不動産/Real Estate
(趣味)時計、革製品、バイク、サーフィン
モーターバイク/Motor Bike
サバイバル/Survival
懐中時計/Pocket Watch
根付/Netsuke etc.
金融時計/Social currency/Financial watch
ホロロジー/Horology
ロレックスにうんざりしたら・・・